0183
派遣社員の彼女を抱いた時のエロ体験談




私は妻と子供が1人いる31歳で、彼女も同じ31歳で子供は2人です。

私は結婚して4年目になりました。

彼女は結婚9年目だそうです。

出会いは一年前に私が働いている会社に彼女が派遣社員として入ってきた事でした。

席が近く年も同じという事もあって、すぐに仲良くなりました。


休み時間に一緒にお茶を飲んだり、たまに昼飯を食いに行ったりと普通の友達といった感じでした。

ですが、3~4ヶ月ほど前の事です。

彼女は急に一週間ほど会社を休みました。

「子供が病気になった」
と言っていたそうですが、この頃の子供にはよくある事なので、あまり気にも止めていませんでした。


そして彼女が出社してきた日の昼間、お茶室にコーヒーを入れに行くと彼女がお茶室のシンクを掃除していました。

「子供、大変だったね?」
「え?・・・ええ」
何か奥歯に物が挟まったような感じです。


私は不思議に思って、
「何の病気?おたふく?水疱瘡?」「え?・・・うん、おたふく」
何か上の空で話をしている感じでした。

「・・・何かあったの?」
「・・・・・・」
彼女は何も言わず黙って行ってしまいました。




何か聞いてはいけない事を聞いてしまったような気がして、メールで「ごめんね」とだけ謝っておきました。

そしてそれから一週間後、前に送った「ごめんね」のメールに返信が来ていました。

そのメールの内容はこうでした。


「この間はごめん。

ちょっと考え事があって、うまく自分をコントロールできなかった。

よかったら昼休みお話でもしません?屋上でまってます。

というような内容でした。

昼休み、屋上に行くと彼女がカップコーヒーを持ちながら一人で佇んでいました。

昼休みとは言え、給水塔と分電室しかない屋上にはほとんど誰も来ません。


「・・・・・・」
「・・・・・・」
何も言わずにただフェンス越しに外の風景を眺めながら時間が過ぎていきました。

そして、ふいに彼女が切り出しました。


「・・・堕ろしたんだ・・・赤ちゃん」
「!!!」
「この間まで、あたしのお腹にいたんだ・・・出たくないようって・・・痛かったよね・・・無理矢理外に出されちゃったんだもんね・・・ごめんね」
目から大粒の涙がポロポロとこぼれています。


「何で・・・」
「うちの旦那が、もう3人目は無理だって・・・」
「そんなの・・・」
「そういったけどさ・・・」
彼女はふぅと溜め息をついて、
「ダメ親だよね?あたし」
「そんな事無いよ・・・」
そう言うのが精一杯でした。


「ごめんね・・・こんな話」
涙をぬぐいながらそういいます。

「いや、俺でよければ何でも聞くよ。

それで少しでも軽くなるんだったら」
「・・・ありがと」
「お願いだから誰にも言わないでね」
と言うと彼女の手が私の手をキュッと握りしめてそう言いました。


「大丈夫、誰にも言わない」
そういって手を握り返しました。

彼女は頷くと階段の方に歩いていきました。

それから二ヶ月くらい過ぎました。

彼女から「3時に屋上で待ってます」とメールがありました。


屋上に行くと彼女がこの間と同じように待っていました。

まるでこの間のリプレイを見ているような同じ光景です。

「・・・どしたの?」
そう聞くと、
「ねぇ・・・お願い、聞いてくれる?」
「・・・俺にできる事なら何でも」
今日は風が涼しいです。

遠くの方に鳥が飛んでいるのが見えました。


(・・・あっ)
鳥がふわっと上昇したなぁ、と次の瞬間、
「抱いてくれない?」
一瞬、回りが静寂に包まれたような、そして目の前の景色がグニャーッと歪んでいくような感覚に襲われました。

「・・・それは・・・」
何を言っていいのかわかりません。

あまりの衝撃に目の前の光景はリアルなのか、夢なのか区別がつかないような感じでした。


彼女は黙ってフェンスの向こうを眺めています。

私は振り絞るように、
「・・・ダメだよ」
「・・・・・・」
意外とサバサバした表情で彼女がこちらを振り返ります。


「どうして?」
「それは・・・」
「・・・奥さんを裏切りたくない・・・から?」
彼女は私の目を見つめてそう言います。


「・・・・・・」
私は黙ってうつむきます。

もう視線を合わせられません。

悪い事をして廊下に立たされている小学生の様な姿勢でただ突っ立っています。

「・・・あたしみたいなお母さんは・・・魅力なんて無い?」
「そんな事ないよ・・・」
ふっと口をついて出ました。

そして金縛りから解かれた感じがして、
「魅力的だよ、でもさ・・・怖い。

寒くは無いのですが、体に震えがきました。


好きになったらもう戻れないかもしれない・・・そして何よりバレたら全てが終わる、という恐怖感が私の中にありました。

「・・・あたしも・・・怖いよ?」
フッと笑うと彼女はさらっと言ってのけました。

「でもね・・・もう、あの人(旦那)とは・・・もう二度としない事にしたの」
再び外を見ながら彼女が言います。


「でもね・・・でも昨日・・・あの人が無理矢理・・・」
その時、自分の中で何かプチンと切れたような音が聞こえました。

そしてそれから言葉は要りませんでした。

一週間くらい後、彼女は有給休暇を取り、私も午後から有給休暇を取ってホテルで落ち会いました。

部屋に入り、一緒にソファーに腰掛けながら取り留めの無い話をしました。


彼女は今の旦那と出会ってから、出産、育児と多忙だった事。

今までやりたかった仕事やなりたかった職業とか、宝くじが当たったらとか、子供が将来有名人になったらとか・・・本当に楽しそうに話していました。

ふっと、私の手を握り締めて「キスして」と眼を閉じる彼女。

私は彼女にキスをしました。

出来るだけ優しく、優しくキスをしました。


そしてそのまま抱き合いました。

彼女の体は柔らかくて、温かくて、いい匂いがしました。

「シャワー浴びようか?」
と言うと、うんと頷いて服を脱ぎ始めます。

一枚一枚服を脱ぐ彼女を見て、しばらく忘れていたトキメキの様なものが湧き上がって来たのを覚えています。


「恥ずかしいから、あんまり見ないで」
と下半身を隠す彼女。

お互いに10年前に戻ったような、そんな感覚です。

彼女のお腹には妊娠線がありました。

何気なく触ると「触っちゃダメー!」とプーと膨れています。

その表情が愛くるしいというか、また可愛い。

バスルームに移動して二人で体をお互いに洗いました。


新鮮味があるというか、久しぶりに非常に興奮したというか・・・乳首をソープをつけて洗っていると、ピンと立ってきて更に指で摘むと「ダメだって!」と笑いながら言いますが、嫌がる素振りはありません。

「ここ、洗うよ?」
とソープの泡を手に取りながら秘部に手を這わせます。


「うん・・・でもちょっと恥ずかしい」
とアハハと笑っています。

私は彼女の秘部を優しくマッサージするように泡を塗りたくります。

そして泡を塗りこむように手のひら全体で洗います。


そしてクリトリスを擦るようにシュッシュッと手を前後させます。

「あん!・・・声出ちゃった、恥ずかしい」
と顔を赤くしながら舌をペロっと出してこちらを見ます。

彼女の初々しい反応を見ていると、お互いに子供も家庭も忘れて、この時間だけは純粋に男女として共有している・・・そんな気分です。


今度は彼女が私を洗ってくれる番です。

彼女は、
「あたしは(香水で)ごまかせるけど・・・貴方はここ(ペニス)だけにした方がいいと思うの?」
と言うので、なるほど・・・と思いつつ「わかった」と言いました。

彼女が私のペニスに泡を絡ませます。

そして泡まみれのペニスを手でシコ、シコと扱きます。

私のペニスは見る見る大きくなって、すぐに最高段階になりました。


「おっきくなったね?」
クスクスと笑いながら彼女に言われると無性に恥ずかしさが込み上げてきて「そりゃ、されればなるよ」と口を尖らせながら言い返してしまいました。

彼女はペニスに付いた泡を流し落とすと「ちょっとだけサービスしてあげる」と言ってゆっくりとしゃがむと舌を私のペニスに絡ませてきました。


レロン、と亀頭を舌が這います。

ビシィとした電撃が私の体を走ったような感覚です。

彼女はレロン、レロンと舌を絡めながら袋から竿、そしてまた亀頭と嘗め回します。

そしてジュボッと口の中にペニスを頬張りました。

彼女の口内は温かく、柔らかくてとても良い具合です。

ジュボ、ジュボとペニスを口全体で刺激します。


いい感じになってきたなぁ・・・と、その時「はい、オシマイ!」と彼女が離れました。

「続きは向こういってからね?」
となんとも中途半端に・・・
部屋に戻って2人でベットに横になりました。

そしてベットの中でイチャイチャとお互いの体を触りあい、抱きしめ合い、そしてキスをしました。

「好きよ・・・」ふいに彼女が呟きます。

私も「好きだよ・・・」と答えます。

私はコンドームの確認をしようとベットの上に手を伸ばすと「ゴム、いらないよ」と彼女。


「それはマズ・・・」
「大丈夫、リング入れてきたから」
と私の伸ばした手を制するように彼女が腕に手を絡ませてきます。

「それに・・・あの人の・・・アレを・・・」
俯きながら彼女が続けます。


「アレ・・・無理矢理・・・中に・・・されちゃったから・・・」
黙って聞いていると助けを求めるように私の顔をみて、
「だからぁ・・・アレ・・・な、なかに」
私は「無理矢理、中に出されたの?」と聞くと、コクリと彼女は頷きます。


「だから・・・薄めて欲しいの・・・貴方の、で」
と言うとシーツを顔に引っかぶって丸まるような体勢で向こうを向いてしまいました。

相当恥ずかしかったのでしょう、首まで真っ赤になっています。

私はうなじをレロンと舌で舐めました。

ピクンと彼女が反応します。

そして、うなじから背中最後に彼女の秘部へとたどり着きました。


突き出されたお尻の間から、彼女の真っ赤な割れ目が顔を出しています。

私は舌で軽く舐めました。

酸味のある液体が舌につきます。

もう濡れているようです。

私はさらにその奥にあるクリトリスを舐めます。

ヒクヒクと彼女が体を震わせて反応します。

彼女を正常位の体勢にして両手で乳首をコリコリしながら、クリトリスをシャブリます。


「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」
と息が荒くなってきます。

そしてお腹がヒクヒクと動き始めたところで、
「お願い・・・挿れて・・・」
私は怒張したペニスを彼女の秘部にあてがうと、
「挿れるよ?」
「・・・きて」
グッと亀頭が彼女のビラビラをかき分けて温かい体内に侵入しました。


経産婦ですのでお世辞にも締まりがいい・・・とは言えませんが、それでも生挿入という事もあって、中の湿り気や体温が直に伝わってきて気持がいいです。

ゆっくりとゆっくりと浅くピストンを繰り返します。

「うん・・・気持ちイイ」
彼女は目を閉じて快感を味わっているようです。

そしてじっくりと速度を上げつつ中まで入れます。


「はっ・・・はっ・・・はっ・・・」
彼女の息も荒くなってきます。

そして速度を速めつつ根元まで入れます。

彼女の秘部は愛液でヌルヌルで、出し入れするたびにグボッ、グボッと音が鳴りました。

「はっ・・・はっ・・・ごめん、イッていい?」
「いいよ」
彼女は私の首に両腕を回してきて、顔を押し付けるようにキスをしてきました。


そして舌を私の口の中に入れてきます。

私はピストンを早めました。

「んんんんんんんっ・・・・んんっ!!!」
彼女の体がピクンと跳ねて、アソコがキュッ、キュッと数回締まってきました。

私は締まりに合わせてゆっくりと奥深くまでペニスを押し込みます。

「はぁぁぁぁ・・・はぁぁぁぁ・・・はぁぁぁぁ・・・」
荒い息をしながらも絶頂に酔いしれている感じです。


そして彼女が完全にイった後、一つになりながらお互いをギューッと抱きしめあいました。

「ごめんね・・・先にイっちゃって?」
「うん、大丈夫だよ・・・これからイってもいいよね?」
と私が答えると、
「うん、いいよ・・・」
ウフフと微笑みながら彼女が返しました。


私は再度ピストンを再開しました。

「うん・・・まだ気持ちイイ・・・」と彼女が呟きます。

私も余力は余りありませんでした。

「イクよ?」
「・・・いいよ」
彼女は目を閉じています。

「どこに・・・出す?」
私はまだ中に出すのにためらいがありました。


「ん・・・なか」
彼女は目を閉じたまま、そう言いました。

「・・・ごめん、一杯出ちゃうかも?」
彼女はプッと噴出して、
「いいよ、一杯出していいよ?」
私はもう限界でした。


「うん・・・出る・・・うんんっ!」
彼女の奥にドドッと熱い液体が流れ込みます。

頭が真っ白になった感じがして、何も考える力も無くただビク、ビク、ビクと私の体液を彼女の体内へと送り込むだけでした。

「あ・・・ヒクヒクしてる」
ニコッと微笑みながら彼女は両手を私の腰に回して、
「もっと・・・擦り込んで・・・一杯擦り込んで・・・」
と自分の方に押し付けるように手を動かします。

私は最後まで放出すると、ゆっくりと中をかき回すように動きました。


熱い液体が彼女と私に絡み付いてヌチャ、ヌチャと卑猥な音を立てています。

そのままの体勢でまた抱き合って、しばらく余韻に浸ってキスをしました。

こんなに甘美なSEXは今の妻と結婚する前・・・結婚後すぐ、くらいまでだった気がします。

お互いに満足した後はベットでゆっくりとテレビを見ながら残り時間を過しました。


彼女が私の手を握りながら、
「なんかさ・・・こうしてると、独身に戻ったような気がする」
「うん・・・俺も、そんな気がしてた」
彼女の手を握り返しました。

そして何度目か分からないキス。

そんな風に時間は過ぎていきました。

5時なる前にシャワーを浴び、着替えを済ませると彼女が先に部屋を出ました。


「また・・・ね?」
彼女が微笑みと共にこちらを見ます。

「うん・・・また」
私は手を振って彼女と別れました。
人妻