00205
酔った人妻とエッチなことをした時のエロ体験談




休日に職場にパートで入ってきた人妻と町でばったり会ったので、食事がてらに軽く酒を飲みながら話をしていると、酔ってきた彼女の口から「旦那とご無沙汰で」なんてよくある展開になってきた。

彼女は、33歳で子供が2人いる人妻。

なかなかいい女だった。

オレも酔っていたので、
「君、マゾだろ。

オレ、M女はすぐわかるんだよ」
と言って口説きに入っていた。




彼女は、いままで普通のSEXしかしたことがなく、自分がMなのか、Sなのかもわからないと言ったので、
「じゃあ、ちょっと試してみよう」
とホテルに誘った。

ホテルに入ると彼女は何度も、
「痛くしないで」
と訴えていたが、オレは彼女をネクタイやタオルで手足を縛って、目隠しした。


優しくキスをしてから、耳元でいやらしい言葉を囁きながら、震える彼女の服を脱がした。

彼女も久しぶりのセックスで期待しているのか、彼女の反応も敏感だった。

乳首をそっと撫でただけで、甲高い声を上げて仰け反り、アソコは触る前からグチョグチョになっていた。

首筋から、脇の下、背筋、内もも、足の指まで焦らすように舐めてやると、
「入れて」
と懇願してきた。


ただ入れたんじゃ、Sっ気のあるオレは満足しないし、M女の彼女の体も満足しないだろう。

彼女を全裸にすると、乳首を噛んだり、ベルトで尻を軽く叩いたりしてやった。

最初は悲鳴をあげて、
「やめて」
と叫んでいたが、アソコの濡らしようは半端ではなく、四つん這いになった彼女の太ももに大量垂らしていた。


まあ、初めてだからこのくらいで許してやろうと、マンコに亀頭をあてがって、
「今日は生で入れるからな」
と言うと、
「ダメ、やっぱりダメ!入れたら浮気になっちゃう」
と言って激しく抵抗してきた。


コンドームを付けても挿入は無理そうだったので、
「じゃあ、アナルだな」
と言って、抵抗する彼女のアナルに唾を垂らしてから、シワを伸ばすように、ヒダを揉むように揉んだ。

固く閉じて、ヒクヒク蠢いていたが、直接舐めたり、指を入れたりして、緊張とアナルを解した。


アナル処女にはちょっと時間が短かったが、ゆっくり調教している時間もないので、いきり立ったチンポにコンドームを被せ、その上から大量の乳液を塗ってからゆっくりと挿入した。


彼女は、
「ぎゃー」
と叫んで激しく抵抗したが、赤く腫れ上がるほど尻を叩いて
「力を抜け」
と言うと、観念したようにぐったりと尻を突き上げたので、一気に挿入した。

根元まで入った瞬間に「痛い!」と叫んだが、アナルの痛みの気がまぐれるように、挿入したまま尻肉を激しく揉んだり、クリトリスを指で擦ったり、乳首をつまんだり引っ張ったりした。


クリトリスをつまみながら、ゆっくりと動かすと、
「ダメ、痛い、痛い」
と叫びましたが、尻を叩いて黙らせた。

何度か腰を動かしているうちに、彼女の口から喘ぎ声が漏れるようになってきた。

気持ちいいのか聞くと、
「わかんないけど、変な感じ。

なんかよくわかんない。

あぁ、変、変なの」
と答えた。


オレは徐々にピストンのスピードを上げていき、イク寸前に抜いて彼女の口に発射した。

チンポをキレイに舐めさせてから、手足を解いてやり、優しく頭を撫でてやりながらキスをして、ギュッと抱きしめてやった。

彼女の股の下には、おもらししたみたいにシーツが愛液で濡れていた。


体は満足したはずだが、アソコの方は満足してないみたいで、膝をすり合わせるようにモジモジしていたが、
「これからも可愛がってやるから、オレの言うことを聞け。

次会うまでにオナニーは禁止だ。

オレがイカせてやるから誰ともセックスするな」
と言うと、彼女は、
「はい、ご主人様」
と言って、オレのチンポを握ってきた。

このままいけば、可愛いM女に調教できそうです。