gaijineroeroe425000203
親友の婚約者とエッチした時の体験談







親友が結婚することになり発起人やってくれないかと言われて
詳しい話聞くために飯喰いながらすることになったので居酒屋で
打ち合わせした。

そこには親友と婚約者のMさんがいて紹介された。

Mさんはモデルのように綺麗でいつの間にこんな綺麗な人と付き合ってた?
とびっくりしました。

飲みながら日取りや会場の話を聞いて親友の晴れ舞台に役に立てるならと
発起人の引き受けました。


その後日他の発起人達を紹介されて結婚式の為に準備始めたんですけど
ある日Mさんと二人で打ち合わせする事があってこれまた居酒屋で飲みながら
話をしていました。



その席でMさんの話し方や考え方に共感するところもあり
親友の婚約者じゃなければ口説くのになんて思っていました。


彼女も俺の事を少しは気にしてくれてるみたいでお互い出会いが
もっと早かったら付き合ってたかもねーなんて冗談を言い合いつつ
また一緒にご飯食べに行く約束をしてその日は帰りました。

それから結婚式までたまに二人で食事したり買い物したり端からみたら
付き合ってる恋人同士のデートのような感じで会っていたんですが
キスどころか手もつなぐこともなく3日後は結婚式とゆう日になりました。


その日もMさんと夜食事をしていたんですがMさんの表情が暗く
マリッジブルーなのかな?と心配になって大丈夫?と聞きました。

その時Mさんが俺の顔を見つめながら泣き出してしまいました。

結婚することが決まってから出会ってしまった俺の事が好きになってしまった。

でもいまさら結婚はやめられない辛くて苦しいとMさんは告白してくれました。

俺は結婚式を前に頭が混乱してるんだよと慰め肩をポンと叩くと
彼女が落ち着くのを待ちました。

泣きやみ落ち着いたようなので居酒屋を出て彼女を家まで送ろうと
駅まで歩き出そうとしたときMさんが俺の手を握ってきて
「もっと一緒にいてくれませんか?」
と俺を見つめてきます。

そのまま二人で手をつなぎながら駅裏のラブホテルに行きました。


ラブホテルの前まで来て俺は親友と彼女の関係を壊すことになるんじゃないかと
躊躇していると
「こんなところに居るのを見られると困ります」
とMさんが俺の手を引きホテルの入り口に入っていきます。

ホテルに入り空き部屋のランプがついてる部屋を探すと
割と立派な部屋しか開いていなくてその部屋のボタンをおすと鍵が出てきました。

Mさんは鍵をとると俺をみて行きましょうとエレベーターの方へと歩き出しました。

エレベーターに乗り込むとMさんが俺に抱きついてきて
「ごめんなさいわがままいってしまって。

でも後悔したくない・・・」
とつぶやきながら俺にキスしてきました。

部屋のフロアに付きエレベーターの扉が開くまでMさんに口をふさがれ
扉が閉まる音でMさんは扉を開くボタンでフロアにおりました。


部屋の前で鍵をドアノブに差し込むMさんを俺はまだ信じられないとゆうような
表情で見ていたようで俺の顔をみたMさんが少しだけ笑って部屋の中へと
俺を引っ張り込みました。

部屋に入ると俺に抱きつききつく抱きしめられながら唇を重ねてきます。

「好きです好き・・・」
といいながらキスしてくるMさんを抱きしめながらこうなったら
今日起こることは死ぬまで心の中にしまう覚悟を決めて俺も彼女をきつく
抱きしめました。

部屋に入りお互い靴も脱がずに抱きしめあってキスだけでもう10分ほどたった
でしょうか。

重なった唇を離すと
「はいろっか」
と照れ笑いするMさんに俺もそうだねと
靴を脱いで彼女について部屋の中に入りました。


部屋には淡いイエローのカバーが掛かってるベッドと白いテーブルに白いソファ
があってお互い座るでもなく手をつないだまま部屋の中を見回しました。

まだMさんはちょっと照れてるような感じで俺を見ていました。

軽くキスしてからソファに腰を下ろしMさんは隣に俺に体を密着させるように
座ると俺に覆い被さるように抱きついてきてキスしてきます。

彼女の舌が歯をこじ開け侵入してくると俺も迎え撃つように彼女の舌を味わい
絡めつかせて唾液を吸いあいました。

そのままソファで抱き合っていると
「もうすぐ結婚するのにこんな事するなんて軽蔑する?でも
貴方と一緒になりたい貴方じゃなきゃこんな事しない。

好きなの」
とまた泣きながら俺にしがみついてきます。

俺も初めてあったときからMさんの事を気になってたって告白して
彼女の目を見ながら俺も好きです。

と告白しました。

その時にすごく嬉しそうに笑顔を見せるMさんは今までみせたどの笑顔よりも
素敵に見えました。


しばらく服を着たまま抱き合っていましたが
俺がシャワー浴びてくるとソファを立ち上がるとMさんは少しの間一人になるだけなのに
怖いような表情をしました。

俺は脱衣場で服を脱ぎながら今の勢いが醒めるのが怖いのかなと妙に冷静に考えて
居ましたがシャワーを浴びてる間は何も考えないようにしました。

下着をはいてバスローブを羽織りどきどきしながらベッドルームの扉を開けると
Mさんは入れ替わりにシャワーに立ちました。

すれ違う時にキスしてきて少しまっててねといって脱衣場に消えました。

俺はソファに座りながらMさんが用意してくれていたコーヒーを飲み
彼女が出てくるのを待っていました。


ピンクのバスローブを羽織り扉を開けて恥ずかしそうに部屋に入ってきたMさんは
俺の隣に座り彼女がシャワー浴びている間に俺が用意したコーヒーを飲みながら
ありがとうと言ってカップを手に取り俺に頭をあずけ寄りかかってきます。

右手をMさんの肩にかけ抱き寄せながらなにか言おうとしましたが
頭に浮かぶのはくだらない言葉ばかりで口には出来そうもありません。

無言のままMさんがカップをテーブルに置くと俺は彼女の手を取りベッドに
押し倒しました。

バスローブ越しに彼女の体の柔らかさを感じ髪の毛から漂うMさんの香りに
頭がくらくらになりながら彼女の頬から目元に唇を這わせると
泣いているようでしょっぱい涙の味がしました。


俺は「後悔してるの?やめようか?」と聞くと
「違う嬉しいんです。

好きになったけど結婚決まってる相手がいて
きっと何もないまま年を取っていくんだと思ってたからこんなに貴方が近くに
いてくれて嬉しいんです」
と俺の背中に回した手できつく抱きついてきます。

そのままきつく唇を吸い合い彼女のバスローブの紐をほどきました。

はだけたバスローブから彼女の白い肌があらわになり
その中で胸元に色づくピンクの乳首がバスローブとマッチしてて
綺麗でした。


普段着てる服の上からは想像できなかった彼女の胸のふくらみは
こんなに大きかった?と思うほどふっくらと盛り上がってて
息するたびに上下に動いて俺はじっと彼女の胸を見ていました。

「恥ずかしいです電気けして・・・」
「暗くしたらMさんが見えなくなるでしょう?このまま
Mさんのヌードを見ていたいMさんの感じる顔見ていたい」
俺はそう言うと少しかたくなっていた乳首に吸い付いた。

舌で転がすたびに俺の頭を抱えながら軽く呻くMさんの声を聞きながら
もう片方の乳房を左手で優しく揉む。

バスローブをすべて脱がせMさんの首筋から脇腹へ脇腹からくびれた腰
腰からへそへと舌で愛撫すると彼女はすすり泣くように嗚咽を漏らす。


下着越しに彼女の一番敏感であろう部分をさわると
すでにびっしょりとシミをつくるほどに濡れていた。

パンツの脇から指をさしれて直接さわってみると暑い体温と
イヤらしい匂いが漂ってくる。

指を引き抜くと指にまとわりつくように彼女の愛液が絡みついていた。

それを彼女に見せると恥ずかしさの為かいやいやをしながら
俺の指を握り隠そうとする。

俺は今度はMさんの下着をぬがし隠す物のない彼女のヌードを
イエローのベッドカバーの上に現した。


Mさんは顔をすこし横にむけ両手を投げ出してベッドに横になっていた。

ピンク色の乳首と白い肌に映える股間の黒い茂みに俺は興奮して
Mさんにすごい綺麗だよと耳元で囁く。

Mさんは俺に抱きついてきて俺をベッドに組み敷きバスローブの紐を
ほどいて俺がMさんにしたように唇を体に這わせてくる。

顔や首筋から胸までMさんの舌で舐められながらMさんはすでに最大に
膨張してる俺の股間をさわりパンツ越しにしごいてくる。

すこし痛かったがその傷みが彼女の俺に対する想いのような気がして
よけいに気持ちがよくなった。


Mさんは当時24歳俺30歳独身
Mさんは森下くるみってゆうAV女優に似ていました。

もっと美人でしたけど。


Mさんはパンツの隙間から手をいれてきて直接ペニスを刺激してくる。

俺の顔をみながら
「気持ちいい?気持ちいい?」
と問いかけつつ乳首に吸い付いて舌で愛撫してくる。

俺のパンツに手をかけ脱がすと躊躇なく先端にキスして
そのまま口に含んだ。

Mさんはいとおしそうに俺のペニスをほおばり裏筋のあたりにキスしたりしてきた。

あまりうまくはないフェラチオだったがそれでもだんだんと射精しそうになってくる。

「イキそうだよもうそろそろ・・・」
俺がそう告げるとMさんは頭の動きを激しくし舌と唇とで一生懸命にペニスを
愛撫してきた。

激しく上下に動くMさんの頭をみながら俺はMさんの口の中に放出してしまった。


Mさんの口の中に大量に放出しそのあまりの気持ちよさに放心していた。

しぼみ出すペニスをまだフェラチオしてくれているMさんをみると
「気持ちよかったですか?」
とペニスをしごきながら聞いてきた。

「すごくよかったよ。

精液はどうしたの?」
Mさんの口に出したはずなのに普通にしゃべりかけてくるのできいてみた。

「おいしかったです・・。

Mさんは飲んでしまったらしい。

「飲むのは好きなの?」
「あまり好きじゃないです。

でも貴方のなら飲みたい」
いままで精液を飲んだのは数えるほどしかないらしい。


とりあえず飲み物を用意して休憩することにした。

冷蔵庫からオレンジジュースをとりだすと彼女に渡しそうとプルタブをあけて
渡そうとした。

だが俺はあることを思いつきジュースを口に含むと彼女にキスをした。

そのまま彼女にキス心ながらジュースを彼女の口に流し込む。

それを何度か繰り返し裸で抱き合いベッドに倒れ込んだ。