03
学年一可愛かった女の子とラブホで再会した時の体験談






今から2年前の、大学を卒業して3年目の初夏の出来事です。

俺が24歳、由紀美が25歳でした。

俺と由紀美は高校の同級生で、大学も学部違いの同窓生でした。

高校の時は2年3年と同じクラスでしたので、必要最低限の会話はありましたが、

学年一の可愛さとモデル体型から人気一番の由紀美には近寄り難いオーラがあり、

また女の子同士で固まっていたので、個人的に声を掛ける事もままならず、

大学に入ってから意を決して、声を掛けて玉砕した経験があります。

ま、正直に言うて高校時代から俺は由紀美に興味があり、その姿を盗撮してオナネタにしてました。

球技大会や水泳大会などで由紀美の体操服姿や水着姿など身体の線が分かり、

脚が露出しているだけの写真でも痛いくらいに勃起しました。

また、同級生などが盗撮したパンチラや、胸元から見えるブラチラや谷間の

画像なども出回っていて何度もお世話になりました。
 
大学で玉砕した時は

「実は以前から由紀美さんが好きでした。出来たら付き合って欲しいので、お願いします」

と下手に出て紳士的に告白したのですが、

「あなたのことは知っているけど、付き合う関係は想像出来ない、無理」

と救われる可能性すら否定されたみたいに奈落の底に突き落とされました。

俺は身長174cmで64kg、中学からサッカーをしていて筋肉質、少年のようなあどけない顔に、関西人みたいな1人ボケツッコミのギャグ魔だったので、割りと取っ付き易いみたいで自分で言うのも変ですが、モテた方だと思います。

「ケン(俺)が処理に困るなら私が抜いてあげる」

って言ってくれる子もいたりして、そっちの方は助かりましたし、一度経験すると割りと平気になり飲み会で持ち帰りしたり、告ってラブホで抱いたりして、狙った女の子は大体ものに出来ました。

が、やはり高校時代から思いを寄せていた由紀美だけには違う感情がありましたので、由紀美の画像を見ながら週に一度はオナっていました。

俺が抱きたいと思う子は。何処かに由紀美の影があるような似たところがある子が多かったと思います。

由紀美の代わりにこいつらを抱いてるみたいな、今思うと失礼極まりないのですが。

そんなセックス三昧の大学生活から就職してからも、いわゆるナンパして持ち帰りヤって・・・というパターンは変わりませんでした。

就職して3年目の7月に入ったばかりの頃、大学からのヤリ友だった由佳里と居酒屋で少し飲んでから街中のラブホに行った時です。

2階にあるフロントにエレベーターで上がり、チェックインして部屋を選んで4階の部屋に向かう為に再びエレベーターに乗り、4階に上がった時の事でした。

4階に着き、エレベーターの扉が開いた時に中に俺らがいるのが判らなかったみたいで一組の男女が乗り込んで来ました。

男は40代後半くらいかな?

女は俺らと同じくらいで、ヒールを履いてるのか背が高いな、なんて思った。

ぶつかりそうになり、女が

「・・・ごめんなさい・・・」

と小さな声で言った。

その声に覚えがあって顔を見たら・・・由紀美だった・・・。

間口の狭いエレベーターだったから、由紀美たちが一度エレベーターから出るように後退りして開けてくれたところを俺たちがエレベーターから降りて行き、俺は由紀美の横を通り過ぎる時に小さな声で

「久しぶり」

とだけ囁いた。

下を向いてた由紀美は更に顔を伏せたような気がした。

フロントで部屋を選んでいた時、4階の部屋は満室で、8部屋ある中で入室したばかりを示す赤ランプが4部屋。

1時間待ちを示す黄色ランプが3部屋で、間もなく出てくるらしい青ランプが1部屋。

その部屋の会計が終わった事を示すランプの消灯で、俺たちは部屋に向かってきた。

俺たちが使う部屋は由紀美たちが使った部屋に違いないと思った。

なんたる偶然・・・。

部屋に入ると、由佳里が

「さっきの由紀美だって分かった?」

と聞いてきた。

「うん、分かった。偶然だね。大学以来だから2年ぶり。こんなトコで鉢合わせなんてね」

「あの子、結婚したばっかだよ。なのに、あんなオジンとラブホなんてね~。開花しちゃったのかな?」

と由佳里は嘲笑った。

俺は由佳里に

「俺さ、由紀美に告ってフラれたんだよね」

と告白した。

由佳里は既に服を脱ぎ始めていて、クローゼットに脱いだ服をしまっていた。

「ねぇ・・・、下着さ、脱がしたい?脱がしたいなら着けとくし、私が脱いどく?」

「脱がしてやる。グチョグチョにしてから」

「やだぁ、ヤメてよ、そういうの」

と言いながらブラとショーツ姿でいる由佳里。


「あ、スマホ・・・、これ誰の?」

由佳里はクローゼットの床に落ちていたピンクのスマホを手にしていた。

俺はスマホのプロフィールを開くと、名字の変わった由紀美の名前と電話番号、アドレス、住所、自宅の電話番号などが現れた。

「由紀美のだ」

と俺が言うと由佳里は

「ロック掛かってないんだ」

と悪戯っぽく笑う。

データを開くと、家族の画像が少しと、裸で笑顔を見せている由紀美の画像が山盛り。

探っていくと、咥えている由紀美の顔のアップやら縛られてバイブを押し込まれている由紀美のマンコ、後ろから差し込まれている画像など・・・。

俺は由紀美のメモリーを俺のスマホに差し替えてコピーした。

本体から差し替えた俺のメモリーに移動して、本体のメモリー容量を確保して再び由紀美のメモリーから画像や動画を移した。

電話帳のデータもメールのデータも移した。

由紀美のメモリーを由紀美のスマホに戻してから、由紀美のスマホから由紀美の自宅に電話してみた。

10回コールして留守電に接続されたので

「由紀美さんのスマホを拾いました。電源を切りますので、ご連絡は此方のケータイにお願いします。090-....-....」

と入れて、由佳里を抱き締めた。

「朝まで良いだろ?」

「いいの?嬉しい」

由佳里とは大学から続いてる仲だから、ややマンネリ気味で普段は省エネセックスしかしないようになっていて、俺が2回射精したら終わりみたいなセックスだった。

それでも由佳里は俺と離れる事なく、月に2~3回付き合ってくれる。

「本命を作れよ」

と言っても

「めんどくさい、男はアンタで間に合ってる」

と言い、俺に抱かれに来る。

由佳里とは色々な事を試した。

社会人1年目の盆休みには、人里離れた温泉に3泊して

「俺が由佳里の身体で何回逝けるか」

を試したり、してヤリまくった事もあるし、俺が体調を崩して熱を出して寝込んだ時は俺を裸にして、由佳里も裸になって俺を抱きながら俺の熱を下げてくれたり、本当の夫婦以上に尽くしてくれた。

だから由佳里が望むなら、俺は由佳里と籍を入れても良いと思っているが、由佳里には、まだその気が無いらしい。

由佳里をベッドで抱きしめながら唇を貪り、マンコに指を出し入れしている時に由紀美のスマホが点滅し始めた。

マナーモードにして邪魔されないようにしてあったのだが、気になってスマホをチェックすると

「×××090-.....-....」

という表示。

由紀美の知人友人らしいのは分かったが、出てみよいかどうしようかと思っていたら、由佳里がスマホを取り上げて通話ボタンを押してしまった。

「もしもし・・・、あっ、由紀美・・・、うん、さっきの部屋に落ちてた。うん、良いけど・・・、えっ、今から・・・、う~ん、取り込み中だけど。えっ朝まで・・・、久しぶりに泊まりなんだ。私は良いけど・・・彼に聞いて見るよ」

と言い、由佳里は俺に

「由紀美が今からスマホ取りに来るって」

と言う。

由佳里からスマホを受け取り

「久しぶりだな。来てもいいけど、俺たちセックスしてるとこに来れる?ま、そっちも慣れてないわけじゃないみたいだし。久しぶりに色んな話もしたいし、声も聞きたいし。俺らは泊まりで朝までいるから、お前も一緒に泊まれば良いじゃん」

と言ってやる。

声も聞きたいし・・・というところは言葉に含みを持たせた。

多分、来ないだろうなと思った。

「宅配で自宅に送って」

とか言われて終わりみたいな気がした。

画像を手に入れてるからいいけどみたいな気持ちだった。

由紀美は

「行きます」

と言った。

「来るって」

と由佳里に告げる。

「え~っ何で?私たちの見たいのかな、そんなわけないか。弱み握ったみたいだし、やりたいでしょ?」

と由佳里が小悪魔な部分を覗かせた。

「いいか・・・?」

なんとなく由佳里に悪い気がして声を掛けた。

「いいけど・・・埋め合わせしてくれたらね」

と笑っている。

しばらく由紀美のスマホを眺めて由紀美の恥ずかしい姿を楽しんでいると、ベッドサイドの電話が呼び出した。

フロントだった。

「お連れ様がお見えですが、お通してよろしいでしょうか?」

「誰かな?」

と聞くと暫く間があって

「××由紀美さんだそうです」

と応答があり、俺が

「じゃ追加で3名泊まりでお願いします」

と言ったら

「ありがとうございます」

とフロントからの電話が切れた。

すぐにドアがノックされ、裸のまま俺が由紀美を迎えた。

ドアが開くと由紀美は俺の姿を見て、目を反らした。

「どうぞ、こちらに」

と奥のベッドサイドに誘うと大人しく付いてきた。

「あの、スマホ返してもらえたら帰りますから。お邪魔してすいません」

と目を伏せたまま言う由紀美を眺めながら、

「久しぶりだし話も聞きたいし・・・、君の高揚した声も聞いてみたいし」

と言うと、由佳里が

「さっきの人、旦那じゃないよね?そういうこと出来るようになったんだ?」

と追い詰める。

「あの、スマホを返して下さい。主人から連絡があるかも知れませんので」

と半泣きの由紀美。

「俺たち、裸なんだよね。君だけ服を着てるのはどうだろう?脱いでくれない?」

「・・・それはちょっと・・・」

「あのさ、私たち。久しぶりに会って愛を確かめあってたのね。あなたのスマホだって、明日返してあげようって話してたのね。せっかくだから積もる話もあるし、あなたも随分成長したみたいだから3人で楽しみましょうよ」

と由佳里。

スマホのデータ、見ちゃったし・・・と言うと泣き崩れる由紀美。

「お願いします、返して下さい」

「返してあげるから、取りあえずシャブって」

と俺は由紀美の顔に半勃ちのぺニスを突き付ける。

躊躇う由紀美に由佳里が

「さっきの人のチンコは嬉しそうに咥えてたのにね」

と言うと、恐る恐る口を開き、ぺニスを咥える。

「唇でしごいてみて」

と言うと、唇に力を入れて首を振り、頭を動かす由紀美の姿を由佳里が動画で記録する。

唇を離そうとする由紀美に

「まだ、最後まで」

と言うと

「最後って?」

と聞き返す。

「最後は飲んでもらうよ」

と言うと


「そんな・・・」

と絶句する。

由紀美は多分、Mなんだろうと思った。

もう一度咥えさせ、頭を押さえると由紀美は再び首を振り始めた。

時々頭を押さえつけたまま腰を突き出して由紀美の喉の奥を突いた。

由紀美の口の端から涎が垂れている。

目尻から涙が伝っていた。

俺は由紀美の頭を押さえつけたまま腰を突き出し、一番奥で止めた。

ぺニスが膨らみ、腰の底から射精感が沸き上がり、大量の精子が由紀美の喉奥に放たれた。

由紀美は首を左右に振るが、俺は更に力を込めて由紀美の動きを封じた。

由紀美が呼吸を戻した時に、由紀美の鼻から白い精子が流れてきた。

「鼻の穴から出てくる精子なんか初めて見た」

と由佳里が撮影した。

俺が由紀美の口からぺニスを抜くと由佳里が

「そのまま口を開いて中を見せて。うわっ凄い出てる。そのまま飲み切ってみせて」

と動画で撮影している。

由紀美の呼吸に合わせて白濁したものが上がり下がりしながら喉に吸い込まれていった。

「うわっエロイ、エロ過ぎっ」

と由佳里は声を上げて笑った。

「じゃ脱いで」

と俺がお願いし、諦めた表情で由紀美が脱ぎ始める。

由紀美の恥ずかしそうなストリップは由佳里が四方八方から撮影し

「あれっ、濡れてない?濡れてるよね?びしょびしょ」

と由佳里が指摘すると、由紀美が

「言わないで下さい・・・」

と涙声で答える。

ベッドに手をつかせて後ろから眺めると、滴るように由紀美のマンコが濡れているのが分かった。

そのままでも行けると判断した俺は、後ろから由紀美の腰を掴んでゆっくり挿入。

「記念だから上手く撮るね」

と言って由佳里が録画をした。

その時、由紀美のスマホが点滅し、表示を見て由紀美が

「主人からですから静かにして下さい、お願いします」

と言って通話を開始した。

こんな機会はないとばかりに俺は由紀美の中に挿入抽送を始め、由佳里は由紀美の顔を録画した。

呼吸が乱れながら由紀美は応答し

「あなた、ご苦労様。・・・うん、まだ・・・今日、大学の時の友だちと会ってて・・・うん、女の友だちだけで、男の子は一人もいないよ。私、苦手だし・・・うん?3人で、私を入れて3人で少し飲んで・・・今、友だちの家・・・良いよ・・・由佳里さんて子・・・うん、変わるの?私が信用できない?変わってもらうよ」

と由佳里に目で訴えながらスマホを渡す。

由佳里がスマホを受け取り、

「今晩は~ご主人ですか?初めまして。××大学の文学部で一緒だった由佳里です。今日は由紀美さんをお借りしてすいません。2年ぶりなので懐かしくて・・・はい、よろしいですか?ありがとうございます。明日の午後には・・・あ、そうですか?えっ単身赴任ですか?新婚ですよね?寂しくないですか?浮気、浮気ですか?由紀美が・・・いや、私が知ってる限り無いですよ。隠れてしてたら分からないですけど。あっ嘘ですよ。由紀美は奥手の奥手で、そんな勇気はないと思います、はい、ありがとうございます。由紀美に変わりますね」

と凄い演技派。

スマホは由紀美の元に渡り、

「え~、今?友だちが聞いてるよ。恥ずかしいょ。・・・言うから、ちゃんと聞いててね・・・愛してる・・・じゃ、またね」

息の乱れを整えながら由紀美のアリバイ工作は無事に終わり、

「ありがとうございました」

と言った。

俺は由紀美のマンコを激しく味わい、ベッドに手を付く由紀美の前に由佳里が座り、身体を後ろに倒して由紀美の顔の前で股を開いた。

「私にもしなさい」

と由佳里は由紀美に命じた。

由紀美は俺に突かれながら、由佳里の股間を舐めた。

「もっとよ、あなたも分かるでしょ」

と言われ、ジュルジュルと音を立てながら由紀美は由佳里を愛でた。

「お尻も舐めて欲しいなぁ」

と由佳里に言われ、舌をすぼめながら由佳里のアナルを舐める由紀美。

「出すぞ」

と俺は声を掛け、これ以上奥はない突き当たりに亀頭を擦りながら射精した。

「浮気しに出掛けてくるくらいだから安全日なんだろ?」

と言うと

「危ない日なんです。いつもコンドーム使ってます」

と泣きながら由佳里のマンコを舐める由紀美の尻を叩いてやった。

「これから、どうする?」

と言うと

「はい?」

と言い、無言の由紀美。

「弱み握られて、君はこれからどうしたいのか?どうするのか?」

「え・・・どうすれば・・・良いですか?」

由佳里が

「だから、旦那に全てをバラされたいか、私たちと仲良く遊ぶか、どっちにする?って事」

と言うと

「選択肢は2つだけですか?」

と言い、しばらく考えた末に

「一緒に遊んで下さい」

と言った。

「何でもするんだよな?」

「何でもします、どんな事でもしますから、主人には内緒にして下さい」

「俺の子供を生めるか?」

無言。

「覚悟はあるかないかだけ?」

「・・・生みます」

由佳里が

「良かったじゃん、生んでくれるって」

嘲笑ってる。

「じゃ、何でもしてもらうよ」

それからというもの、半年くらい月に二度のペースで泊まり、調教してアナルも使えるようにしてから、大学時代の友だちに連絡して貸し出すようにした。

人気のあった由紀美を好き勝手に自由に出来る事から、大繁盛で

「ヤリマン由紀美」

は更に人気者になり、由紀美の大学時代の人気を妬んだ女からも玩具として扱われた。

合コンのビンゴの景品として差し出されたり、由紀美とは所縁のない連中にレンタルされたり、AVを撮影されて無料で配布されたり、由紀美も色々な男を知り嬉しそうにしていた。

俺は由紀美を孕ませる為だけに抱いた。

旦那の単身赴任は続き、月に一度帰ってくるだけの旦那との少ない受精の機会に対して危険日、排卵日、安全日、基礎体温などを駆使して最も受精しやすい日を選んでセックスをした。

この頃には俺と由佳里は正式な夫婦になっていて、由佳里ともセックスをしていたが、由佳里はまだ子供を持つ気持ちが無かった。

そしてある時、由紀美の妊娠が発覚したが父親は分からなかった。

確率から言えば俺が一番高いが、大学時代の友だちなど数十人に中出しされている訳だし、由紀美自身にも分からないだろう。

ご主人の子供である可能性もある訳だし。

由紀美は一度、俺たちから離れていった事がある。

旦那の事を思うと騙しているのが辛い、許して欲しいと土下座して許しを乞うので、最後に自主的にフェラチオさせて飲ませて自由にしてやったが、一週間もしない内に戻ってきて

「もう二度と離れませんので以前みたいに遊んで下さい」

と言ってきた。

だから大学時代の同級生に貸し出す事を条件にしたら、その条件を受け入れた。

金が欲しけりゃ自分で値段を決めて相手に請求しろと言ったら、フェラ飲精で500円、フルサービスで2000円というリーズナブルな価格設定をして、リピーターを増やす戦略で絶えずセックス出来る環境を選んでいた。

但し、複数は恐いらしく、NGだった。