069_20140309131524721
年下の男の子としているエッチの体験談





31歳の主婦です。

パート先とか近所でも、「最近きれいになったよね」
と言われるの。


「化粧品とかクリームはなに使ってるの?」
なんて言われます。


「週に2~3回スポーツジム行ってるからかしら」 と答えてます。

実際、スポーツジムには行ってるんですけどね。

でも、綺麗になった理由は、別です。


実は5歳年下の独身男性と週1のペースでエッチしてるんです。
知り合ったのはスポーツジムでした。

大胆にも、私から声をかけちゃったんですね。


メール交換から始まって、デートするまで、
それほど時間はかかりませんでした。

彼の休みと私の休みの水曜日に初デートしました。

ドライブに行ってお昼食べようとしたら店が休みなので、
彼がご飯食べてお風呂に入るだけと言ってラブホテルに入ったのです。


本当にご飯食べてお風呂別々に入り、
バスロープだけでテレビ見てました。


彼、なにもしてこないんです・・・
私から彼にちょっかいを出すと、
肩を抱き寄せてきて見つめてきたので、
目をつむるとキスしてきました。


彼は唇に触れるだけの軽いキスのつもりだったみたい。

かわいいのは、ちょっと震えていること。

私のキスは、こんな軽いのでは我慢できないの。

思い切り舌を突っ込んであげたわ。

お互いの舌が絡み合うような激しいディープキス。

唾液が飛び散るような、ちょっと下品にも見えるキスです。


彼ったら、ちょっと怯えているみたいでした。

でも、火がついた私は、もう止まりません。


私のほうから、彼を押し倒しちゃった。

いっぱいキスを堪能してから、今度は彼の体を味わっちゃった。

スポーツジムで鍛えた若い身体は、筋肉質で引き締まっているの。


大胸筋とか乳首とか・・・いっぱい舐めちゃたわ。

舐めるたびに、彼ったら、

「ああぁぁ・・・ああぁぁ・・・」

なんて声をあげるんですよ。

私、こういうの、すごく新鮮で、すごく興奮しちゃいました。


股間に手を伸ばすと、おちんちんは立派に勃起しているんです。

細マッチョに、巨根・・・。

理想的な肉体の持ち主でした。


巨根は太くて、私の小さめの手のひらでは、掴みきれないほどでした。

その太さに驚嘆しながら、握って、擦ってあげました。

そうすると、さらに、硬くなっていくのです。

ああぁぁ・・・これが若いおちんちんかぁ・・・。


たまらず、口の中に頬張りました。

口の中がいっぱいになります。

しかも、ビクンビクンと震えるものですから、
口の中で暴れているかんじなのです。

エビの踊り食いをした感じかな?
ううん・・・もっと刺激的な感触なのです。

思わず、かじりつきたくなったけれど・・・そこはこらえて・・・。


舌で執拗に巻きつけると、彼がか細い声で叫びます。


「出ちゃう・・・」

私の口の中で、濃厚な芳醇が広がりました。

若い男のエキスです。

おいしくて、狂いそうになるほどの、精液でした。

生まれて初めて、ザーメンを、ごっくんしちゃいました。


若い男のエキス・・・それが私の若さの秘密なのです。


もちろん、セックスもしちゃいますけどね。

若い男は、早漏気味ですけれど、何度でも射精できるから問題なしです。


膣の中に出させずに、毎回、口の中に出させます。

そのたびに芳醇な体験を得られるのです。


若い男の精液は、若さを保つ秘訣だということは、
みんなには内緒です。

もちろん、夫にも秘密です。