gaijineroeroe425000145
お互いの妻とエッチすることになった時の体験談




当時、俺(K)は35歳サラリーマン、妻は30歳専業主婦、子供はいない。


その当時、の俺はルート営業の仕事をしていて日中に数時間空くことがよくあった。


その日も昼から3時間くらい時間が空いたので近くのショッピングセンターで昼食を食べてからスタバでコーヒーを飲んでいた。


不意に名前を呼ばれ顔を上げるとそこには旧友のYが立っていた。



奴とは、中高と同じで付かず離れずの間柄だ。

近況を報告しあい、男二人の話題といえばやはりエッチ関係になってしまう。


俺は特に浮かれた話も無いので聞き役に徹していた。


Yは、唐突に嫁が浮気をしていると話もはじめた。

「お前も大変だな」とひとごとのように返事をすると、

驚く事に「今じゃ俺の生きがいだよ」と言うので、内心どうかしてしまったのか?と思った。


元々Yは寝取られ属性があって、自分の嫁が他人に抱かれる事が異常に興奮するそうだ。


自宅に隠しカメラを付けて盗撮動画楽しんでいるそうだ。


もちろん間男とはグルで知らないのは奥さんだけらしい。


身近にそんな奴が居るなんてビックリだ。


「k,興奮しないか?自分の嫁が他人に抱かれるのって」

更に、

「生で直接見るよりあとからビデオを見るほうが興奮するよ」

俺には理解できない。

つい、

「お前の変態趣味でかみさんは被害者だけど、相当な好き者だな」

と、言ってしまった。

Yは、少しムッとした態度で

「別に理解して貰おうとは思っていないよ。

俺はたしかに変態だけど女は皆んな好き者さ」

チャンスがあれば、浮気をすると言うのである。


俺の妻は、浮気や不倫に嫌悪感をもっていて、そのようなことには無縁です。


ましてや専業主婦だとそんな出会いはそうそうあるものではありません。


「自分の女房と俺の妻を一緒にするなよ」と言うと

「専業主婦のほうが簡単に食いついてくるんだよ。

なんなら賭けをしようか」

と下品な態度で聞いてくるのです。


俺の妻に限ってという自信はありました。


しかし、万一に備えていくつかの条件をだしました。


1、俺は一切の協力はしない
2、無理やりはしない。嫌がったら直ぐにやめる
3、SEXになっても避妊は必ずする
4、成功しても失敗しても一度かぎり
5、事の前後には俺にメールをする

以上の条件をつけました。


Yと分かれてから、妻が誰かに抱かれていることを想像すると少しですが、興奮してきます。


こんな訳の分からない賭けをしようとおもったのは、自分の性癖を確認したい目的もありました。


俺も結婚してからも何度か違う女も抱いた事もあるし、一回だけなら妻にも他人棒を入れさせても許せると思ったのです。


しかし本当の目的は、同じ条件でYの奥さんにもアプローチしてもいいという交換条件です。


しかしYの奥さんは既に浮気をしているので成功の確率は妻よりもはるかに高いと思いました。


もちろんお互いの妻には私達の顔はばれていません。


それから2ヶ月ほど経ったでしょうか。

妻には全く変化はありませんので私もYとの賭けも忘れていました。


妻が高校の同窓会に行くといって夕方から出かけた日です。


自宅に帰宅したとき郵便受けに大き目の茶封筒が入っていました。


住所の類が何も書かれていないので、直接投函されたのでしょう。


封筒の中にはDVDが1枚入っていました。


DVDには○香と妻の名前が書かれているので個人的に編集した物と直ぐに分かりました。


私は本能的に、見てはいけないものが入っていると感じました。


これを見たら私は全て失ってしまう・・

そんな予感がありました。


しかし見ないわけにはいきません。


DVDの中にはいくつかのフォルダが日付順に並んでいました。


フォルダには動画ではなく画像がかなりの枚数が入っていました。


画像を空けてみるとそこにはいつも見慣れた妻が全裸で横たわっている写真や男のち○ぽを美味しそうに咥えている写真。


男のチンポをマ○コに突っ込まれている写真です。


驚いたことに、どの写真も嫌がっている表情は一つもなくむしろ快感にのたうちまわっている表情です。


私はその瞬間、猛烈な吐き気を感じその場で吐いてしまいました。


食事前で空腹なので胃液だけが床にボトボトとおちます。


波のように押し寄せる吐き気を我慢してフォルダを確認すると最初のフォルダの日付は何と、Yに会った3週間後でした。


最新のフォルダは3日前です。


とっても全てを確認する気力は起きませんので、最新の日付のフォルダを確認しました。


そこには、ロープで厭らしく椅子に縛られている全裸の写真です。


妻の蜜壷には黒いバイブが差し込まれ、抜けないようにガムテープで固定されているのです。


妻の顔は苦痛にゆがんでいるのではなく恍惚の表情です。


髪はボサボサで、目は虚ろ半開きになった口からはだらしなく涎が垂れ流しています。


こんな表情の妻は初めて見ました。

いつもの妻からは想像ができません。


更に驚いたことに、陰毛は全て無くなっておりつるつるになっているのです。


思いだしてみるとYと話してから私は妻とは一度もSEXしていません。


もちろん風呂にも一緒に入っていないので分かるはずもありません。


そのフォルダには一つだけ動画ファイルが入っていたので再生してみました。


そこにはイスに座った全裸の妻とパンツだけはいたYが立っていました。


俯いている妻にYが何かを急かすようなしぐさをし、妻がしゃべりはじめました。


内容は私を地獄に叩き落すようなものでした。


「あなた、ごめんなさい。

私はあなたの妻だけど同時にご主人様の奴隷でもあるのです」

「ご主人様に仕えてからもう少しで2ヶ月になります」

Yに耳打ちされて更に妻が続けます。


「ご主人様の命令には逆らえません。

今私は二つの選択権を与えられています。

あなたにも関係することです」

「こんな私と離婚するかしないかです」

「離婚しない場合は、ご主人様との奴隷関係はそのままで、あなたとのSEXや愛撫、体を触ることも一切禁止ですが、私とご主人様のSEXを見ながらオナニーはしてもいいと言われています」

「でも離婚する場合は、私は一生ご主人様の奴隷として見知らぬ男たちに恥辱されながら生きていきかなければなりません」

「あなた、私は離婚したくありません。

あなたの性癖もご主人様から聞きました。

こんな私に興奮するのですよね。

お願い離婚しないで」

動画はそこで切れています。


私は呆然としてまるで人形のように何も映っていないPCの画面を凝視していました。


恐らく30分ほど経ったのでしょうか。


玄関のチャイムがなり、妻が帰ってきたようです。


慌ててリビングに行くと、妻とYが立っていました。


ニヤニヤ笑いながらYがDVDは見たか?と聞いてきます。


私は何も言わず立っていると、妻とYが並んでソファーに座りF香(妻)が言っていたこと、お前はどっちを選択する?

と聞いてきます。

妻は俯いたままです。


「Y! お前・・」と言いかけましたがYと交わした交換条件を妻に聞かれるわけにはいきません。


Yの胸ぐらを掴んで、隣の和室に連れて行き、

「あのときの約束を破ったのか!!」

と押し殺した声で言いました。


「そういえばそんな約束もしたな・・でもかみさんが他人に抱かれてお前も興奮しただろ」

「お前だって俺の嫁を落とそうとしたらそんな約束なんて守らないだろ」

というのです。


確かにその通りです。

私は何も言えなくなってしまいました。


Yに「ここから先は妻と話しをするからお前は帰ってくれ」いうと妻が

「あなた、ごめんなさいご主人様がいないところであなたの選択は聞くことができません」

何かが切れました。


私は普段、怒りの沸点が高く簡単に人に怒りを露にすることはめったにありません。


ここからの私の記憶は曖昧です。


気がついたときには病院のベットで寝てました。

左腕の骨折とあばら骨が数本のヒビだそうです。


ここから先は妻から聞いたものです。


妻の言葉を聴いた瞬間、私はYの胸ぐらを掴んで外に連れ出し我が家の庭で、殴り合いをしたのです。


Yの顔面にパンチをいれ鼻血を出しながら倒れていく残像が見えました。


その後は、2人とも揉みくちゃになっていたそうです。


Yは鼻の骨の骨折とあばらのヒビ。

それと私が執拗にYの男性自身を踏み潰していたそうです。


Yの睾丸は二つとも無残つぶれ陰茎も皮一枚で繋がっている状態だったそうです。


勃起は一生かなわない身体になったそうです。


妻が救急車を呼んで騒ぎを聞きつけた近所にも謝ってYの家にも連絡を入れてくれたそうです。


妻とYとの出会いですが、バカみたいに単純なものでした。


ショッピングセンターの駐車場で、車がパンクして困っていたところをYにタイヤ交換をしてもらい、

偶然の出会い→お茶→お酒→ラブホでSEX→SM調教。


タイヤのパンクもYがしたものでしょう。


妻は機械系に弱いので、タイヤ交換をしてもらったときに既に好印象を持っていたと思います。


人妻が旦那に内緒で、旦那以外の男と2人っきりでお茶や飲みに行くことはすでに心の浮気をしているのです。


その後の私と妻ですが、話し合った結果離婚することにしました。


Yは私も寝取られ願望があるので絶対離婚はしないと言っていたそうですが、私は寝取られ願望ではありませんでした。


Yをご主人様と呼び、身体どころか心までYに奪われた妻を許すことはできませんでした。


やつは妻のM性を見抜き、SM調教を2ヶ月かけて行ったのです。


その中には、乱交や、露出調教もされ妻の穴という穴は全て犯されてだらしなく広がっていました。


妻との離婚が成立したてから俺はYとの交換条件を実行しました。


Yが私の妻をものにしたのと全く同じ方法です。


その後、3ヶ月かけて、Yの妻を私なしではいられない身体に調教し、Yとは別れさせました。


Yの妻は旦那の性癖を理解して、いやいや他の男に抱かれていたそうです。


しかし俺の妻との関係を知ってから、急激にYへの愛情が冷めていたのでまもなくYとは離婚しました。


最初Yは泣いて謝ったそうですが、Y妻は既に俺の奴隷になっていることを告げて

「あなたもKさんの奥さんを奴隷にしたんだから私がKさんの奴隷になっても文句はないよね」

と言ってやり荷物を持って俺の家に転がり込んできました。


半年後、俺たちは結婚しました。

元妻は、ご主人様のYとは一緒にならず実家に帰ったそうです。


もしかすると間違った私の性癖をインプットさせられ普通なら離婚されるところをYの奴隷になるという

条件付きでも私と離婚したくなく、あのような選択を受け入れたのかもしれません。


Yは奥さんと離婚した後、会社を辞めてマンションも引き払って消息不明です。


やつのチンポには悪いことをしましたが、今後の為にもSM調教の極意を聞きたかったです。


これが5年前に私と元妻が別れることになったいきさつです。