pic-0212000008
ずっとエッチがしたかった女友達とエッチが出来た時の体験談




おれは27歳になる普通の会社員です。

 

つい先日、念願の友達とのセックスが実現したので報告させて下さい。

 

その相手は大学時代に知り合った純子という27歳のコで、美人なうえかなりの巨乳の持ち主。

大学時代はお互い恋人も居て、正直何度も計画を練ってセックスまで持ち込もうとたがうまくはいかなかった。

 

純子は大学卒業と同時に実家に帰ってしまい、会う機会がほとんど無くなってしまいましたが、運のいいことにおれの仕事の担当エリアが純子の地元で、出張の度に飲みに行っていた。

 

おれはいつも「ホテル泊まろう」とか冗談っぽく言ってたが純子は「彼がいるからだめー」と言って断わられ続けていた。


一つ付け加えておくと、おれと純子は友人としてはかなり仲良かったし気もあっていたと思う。

 

そんなある日、今日も無理だろうなと思いつつも飲み屋に行くと、個室のカップルシート?並んで座る席に通された。

内心「おっ」と期待が膨らみ席についた。

 
2人とも結構酒は呑む方で、お互いいい感じに酔っ払っていった。

 

おれが「純子ってホント胸でかいよなー」とかしょうもない事をたくさん言うと、純子はいつも笑って「胸だけは自慢できるな」みたいな事をいいやがります。

 

隣に並んでいるせいもあって、おれは純子の胸を触りたい欲求が頂点に達していった。

 

いつもは「触らせて」とか「揉ませて」と口でいいながらも、一切行動にうつした事は無かった。

最低限のルールは守っていたつもり。

 

しかし、その日のおれは違った、 
あんなに密着するチャンスも無かったこともあり、心の中ではキスして巨乳を揉む計画で頭が一杯だった。

 

しばらく会話してると、パッと純子と目があった。

次の瞬間反射的に、おれは純子にキスをした。

 

頭では計画が立っていた。

すぐに舌を入れて、胸を揉んで、そのままアソコを弄って、その気にさせてホテルに連れ込もうと。

 
単純過ぎるがそれしか考えていなかった。

 

キスしたらすぐ純子は「こらっ、何して」とか言おうしたと思うが、構わず舌をいれた。

 
俺の手はついに純子の巨乳をも触っていた。

 

「でけぇ」 
ほんとにでかかった。

純子は「ちょっと、んっ」少しだけで抵抗したが酒のせいもあったのだろう、純子からも舌を絡ませてきた。

 
5年間ヤリたかった女との行為にかなり興奮した。

 

おれは純子の上着の中に手を入れすぐに乳首を触った。

「あっダメっ」純子の初めて聞く艶っぽい声に、おれのアソコはビンビンに。

 
ディープキスをしながらスカートの中に手も入れ、純子が完全に抵抗しなくなったのを見計らってホテルに誘った。

小さな声でうんと返事をもらった。

 
ホテルは自分の泊まっているホテルだ。

いつもなら純子と呑んだ後1人寂しく帰って来たが、今日は純子も一緒だ。

 

部屋に入って小さな照明にしてすぐにベットに押し倒し脱がせようとすると「シャワー浴びさせて」と。

 
純子がシャワーを浴びてる間もおれのアソコはビンビンだった。

 

10分後、純子はバスタオルを巻いて出てきたが、我慢できずすぐにまた押し倒した。

「チュパチュパ」舌を絡ませながらバスタオルをとると、念願の純子のおっぱいが見えた。

 

後から聞いたが92のGカップだそうだ。

 
決して太ってはいない、くびれもいやらしかった。

乳首はうす茶色という感じだった。

夢中でむしゃぶりついた。

 

「はあー気持ちいぃ」と純子の声が漏れた。

 

興奮しまくって純子の体を楽しんでいた。

アソコに手をのばすと、既にトロトロになっていた。

 

具は結構大きめで舐めると口のまわりにベットリついた。

指を入れて動かすと「あーん気持ちいぃ」と声を上げたが、イキはしなかった。

 

純子が「舐めてあげる」といい、おれをねかせた。

 

純子はよだれをたっぷりつけながらするエロビで見るようなフェラをする女だった。

 
何も言わずタマも舐めだした。

 

「ジュプジュプヌチャ」といやらしい音が部屋に響いていた。

 
興奮と気持ちよさで大変だったが、純子のしゃぶっている姿を見て結構経験は多そうな気がした。

 

「純子、パイズリしてよ」おれがお願いすると「いいよ」と何のためらいもなくすぐ始めた。

 
慣れた手つきでおれのチンコをはさみ上下に動かした。

 
舌先でチロチロされたのが、たまらなく気持ちよかった。

 

そして俺は、ついに純子のアソコを頂くことにした。

 
ゴムをつけようとすると「生でいいよ」と純子。

ラッキーと思い正常位でヌプリ。

かなり気持ち良かった。

 
突いてると胸が大きく揺れているのが印象的だった。

 

「あんっあんっあんっ」とおれの動きに合わせて純子は喘いでいた。

 

おれは純子を上にして突き上げた。

Gカップの巨乳が揺れていた。

 
おれは念願の純子の姿に大興奮しすぐにイってしまった。

 
朝方までおれは純子とヤリまくった。

 

バックから少し大きめな尻を掴んでヤったり、座りながら純子の乳首を吸いながらヤッたり、何回出しても大きくなった。

 

純子は普段は結構しっかりもので身も硬いと思っていたが、今までの経験を聞くと少し驚いた。

経験人数は20人で3Pもしたことがあると言っていた。

 

彼氏以外でした人はほとんどもう1回したがると言っていた。

 
気持ちはすごく分かる。

 
マジで気持ちよかった、興奮した。

絶対また純子とヤリたい。