a11122343001970
大学生の時、結構プライベートでも遊ぶ友達以上彼女未満みたいな紗耶香(仮)って子がいたんだよ。


だけど、別にセックスする感じでもないし、まあ酔った勢いでキスまではあるけど、お互いそこは一線を引いてたところがあった。


あっちが割と男勝りなところがあってってのと、154cmくらい?だったから妹みたいになってたんだな。


で、社会人1年目になって、あっちからDVD観よってメールが来たんだよ。


まあこれはいつもの感じで、あーどうせストレス溜まってるから愚痴りたいんだろうなって。


電車で2駅だから行ったわけよ、夜の21時くらいかな。


家に入ったら相変わらず露出の多い格好で寝転んでいる紗耶香。


メディキュットとショートパンツの寝間着、あとタンクトップ。


「久しぶり」

「もうちょっと着ろよ」

「良いんだよ暑いんだから」

「で?」

「早く観よ」

「どうしたの、今日は」

「どうもしないよ」

「どうしたの」

「……追々話す」

そんでDVD観る事になったんだけど、俺がソファに座って紗耶香を膝枕する感じで観てたのね。


で、観たのがノルウェイの森。



松山ケンイチのやつ。


そう、めっちゃキスシーン多い奴。


普通に勃起しちゃった俺。


「ちょっと立てないでよ」

「仕方ないだろ」

「寝づらいじゃん」

そのリアクションもあれだけど、なんか不意に冷静になっちゃったんだよその時。


2人でノルウェイの森観て、薄暗くて、股間に顔が近くて、ケツのラインが出てて、ノーブラで、風呂上がりで良い匂いがしたんだよ。


急に女に見えたんだよな。


4年くらいずっと一緒にいたのに。


あ、もう今日犯すわ、って思った。


普通に肩に手を置いてたんだけど、ゆっくり首筋の方になぞってみたわけ。


ただ移動してますよーって。


そういうつもりじゃないですよーって。


で、ゆっくり耳に手をやると。


「んー……」

「ん?どした?」

「耳」

「いいじゃん」

「よくないし。

集中させろ」

「いいじゃん」

ゆっくり耳から、顎から、首筋から、めっちゃゆっくり撫でていくと、少しずつ体をモゾモゾさせるようになってきた。


「ねぇ…」

「なに?」

「え、どうしたの?」

「どうもしないよ」

「嘘、だってさっきから」

「さっきから、なに?」

もう一度耳に戻って、ゆっくり撫でてやる。


「んっ!」

少し大きな声が出て、

「ダメだって、耳は」
「何で?」

「弱い。

ちょっと。

くすぐりなし」

「いいじゃん」

そのまま右手で耳をなぞりながら、左手でおっぱいを触る。


実はEカップだって後で知った。


「デカくね?」

「え、ちょっと待って」

「何で?」

「何でって、え、何で?え、ちょ、ま、だってあたし彼氏いるし」

「あ、そうなんだ」

「え、ねぇちょっと……んっ」

彼氏がいた事に多少驚いたけど、何も無い風を装って続けた。


タンクトップの上から乳首を擦ってやる。


「んっ……ちょっと……え、ねぇ待って」

「やだ」

「え、ちょっと……だめ今ブラ着けてない」

「知ってるって」

「ねぇいやっ……ん……んんーーー……」

ちょっと強めに乳首を摘む。


「んっ……!ダメ……っ……それやめっ……」

「耳も胸もダメなの?」

「ダメどっちもダメ……耳ダメ……っ!や……っ」

腕を掴まれてるんだけど、全然力が入ってないの。


「え、ほんとに駄目って思ってる?」

「ほんとにダメだよ、彼氏いるんだもん」

「彼氏と最近仲いいの?」

「いや……」

「どうなん?」

「いや……今喧嘩してるんだけど」

ビンゴ。


どうせそんなこったろうと思ったんだよ。


「耳とおっぱいだけでこんな感じてんの?」

「感じてねぇし」

「この先どうなんの」

「しないよ、もうこの先しない!」

「いつもこんな感じるんだ?」

「そんな事ないっ……あっダメそっちやほんとにやだ」

おっぱいから滑らせて、ショートパンツの上から股間を擦る。


「ダメダメダメダメッ」

「いいじゃん」

「ダメ……あんっ……やーもうダメだって」

「何で?」

「だから」

「いいじゃん」

背中を曲げて無理矢理キス。


「んー!!んーーーむーーーー!!」

結構本気で抵抗されたけど、強く抱き締めて離さなかったらだんだん力が抜けて来て、舌も絡めてきた。


「んー……あ……んー……ぷは……ねえ……ダメだよ……ちゅーダメ……」

もちろん聞く訳ないし。

 

もう一度キスした瞬間に、ホットパンツの隙間から指入れ。


「んむーーーーー!!」

もうめっちゃヌルヌル。


すげぇ柔らかくて、ゆっくり中指を出し入れする。


「ダメ!入れちゃダメ!!指ダメ!!!」

「もう入ってるし」

クリ弄りながら指を出し入れすると、めっちゃエロい顔になってきた。


「ねぇダメダメダメ……いや……あっいやそこダメほんとダメ……!」

「音聞こえる?エロいな」

「音立てたらダメ……やっ……んーー……あん……あっあっあっやん……やめよ、もうやめよ?」

「やめねえよ」

2本目を入れて、指のピストンを早くする。


うるさかったから右手の指も舐めさせる事にした。


「んーーーーー!ぷあっ……!ダメねえほんとダメ」

「だから何で」

「……ダメっ……あんっダメっいっちゃうからダメ……っなかダメ……ダメダメダメダメいっちゃう、いっちゃう、いっちゃうやだ恥ずかしい……っ!」

「いっちゃえよ」

「やだあっ……!あんっ!あっ!あっ!ダメ強い……あんっ!あ、いく、いく、いく……!ああっ!」

びくんびくんして、体にしがみついて来た。


「いっちゃった?」

「……うん」

「気持ちいい?」

「うん」

「彼氏より?」

すげえ困った顔して、あぁ、気持ち良いんだなって思ったんだけど、

「……まだ分かんない」

「ふーん」

「……」

「いいや、舐めて」

「……うん」

文句言わずソファの下に正座する紗耶香。


逝かせたら従順になるタイプか。


「Tとこんな事になるとは思わなかった」

「いいから、脱がせてみ」

「うん……」

恐る恐るズボンを脱がす紗耶香。


「おっきい……?」

「そうか?彼氏のがちっちゃいんじゃねえの」

「分かんないけど……ん……舐めにくい」

「玉から舐めて」

「え、玉?」

「下から、そう」

「こう?」

上目遣いでぎこちない舌遣いで、ゆっくり舐め始める紗耶香。


「ん……気持ちいいの……?」

「うん、気持ちいいよ」

「そう……」

「舐めるの好きなの?」

「まあ……嫌いじゃないよ」

「好きなんだ」

「どっちかと言えば」 

「好き?」

「はいはい、好きだよ」

かぷっと咥えられる。


舌で裏筋をねっとり舐められて、ぞくぞくと快感が走る。


それだけでなく、旧知の友人をソファの下から奉仕させてるっていうシチュエーションが堪らなくよかった。


頭を抑えて、喉の奥を埋めるように腰を突き出す。


「んんんんん……っ!!かはっ!んっ!んむーーーー!ぷはっ……!」

「苦しかった?」

「当り前じゃん」

「嫌い?」

「嫌い、これ嫌い」

「ごめんごめん」

謝りながら、立たせる。


俺がソファに座ってるので、ちょうど股間が俺の顔の前に来る感じ。


まぁ、もちろん舐めるよね。


「え、ちょっと待ってあんっ……!」

腰砕けになる紗耶香。


風呂に入ったばかりだったっぽくて、匂いはほとんどなかった。


でももう濡れ濡れ。


クリを中心に舐めていく。


「ちょっとまって駄目……んあっ!あっ!ダメっ!あっ!ダメダメダメっ!あっ!!……っ!んんっ……!」

白い太ももが気持ちいい。


「ダメダメダメダメ……またいく!あんっ!またいっちゃうから……!ダメ!ダメだって!ダメだってほんとにダメだって!」

無視。


「ダメダメダメダメあああああ!ああ……っ!あっ!あっ!いく!いく!いく……!んっ……!!あ……っ!」

俺の頭を掴んで押し付けるようにしてまた逝く紗耶香。


「おいで」

俺はソファに座りながら紗耶香がソファに膝立ちになる。


「……ね、やっぱやめない?」

「そのまま入れる」

「ね、T?やっぱさ、やめよ?生だし、ゴム……」

何も言わずにちんこを握らせる。


「入れていいよ」

無言のまま、少しの間。


「……ずるい……」

腰を落としていく紗耶香。


先っぽが入ると、んんっと声を上げながら、ゆっくりゆっくり入れていく紗耶香。


中はもうめっちゃ熱くなってて、ぬるぬるで全然抵抗なく入った。


全体的にキツくてヤバい。


「ああ……ん……ん……やっぱおっきい……よ……」

もう優越感しかなかった。


歯食いしばって耐えてるのがめっちゃ可愛い。


「奥好き?」

「……あ、ダメまだ動かないで」

「奥当たる?」

「……うん、当たってるから、ちょっとまって」

1回、ずん、って腰を動かす。


「ああっ!」

「奥好き?」

「……」

もう1回、紗耶香の腰を掴んで、大きくグラインドさせる。


「あああっ!!あっ!ダメ!今動いたらダメ!」

「奥好き?」

「……好き」

「ん?」

「奥好きだからあ……ダメ……当たってるからあ……おっきいから……」

「彼氏より?」

「ダメ……おっきいよ……」

腰を掴んで、前後に動かしてやる。


「あ……ダメ……ぐりぐりするのダメ……ダメ」

「めっちゃエロい顔してるよ。

腰振ってみ」

「やだぁ……ダメ……ダメだよ……」

「彼氏より気持ちいい?」

「ダメ……あんっ!ああ……っダメダメそこ触ったらダメ」

「ねぇ」

「あっ!うんっ!あっ!ダメ!気持ちいいからあっ!」

「ん?」

「やばい……気持ちいい……彼氏より……」

「聞こえねえよ」

下からガンガン突き上げる。


「ああっ!あんっ!意地悪しないでっ!ダメ!気持ちいいからあっ!彼氏より気持ちいいからダメ……っ!あああああっ!」

「ベッドいこうか」

1回抜いて、ベッドに寝かせる。


すぐに正常位で突っ込んだ。


「ああっ!」

小柄なのにおっぱいが揺れるのがめっちゃエロかったから、乳首をつねってみる。


そのままガンガン突いてやる。


「あああっ!」

「強いの好きなの?」

「あんっ……!いやっ!あんっ!あっ!』

「好きなの?」

「好きぃ……」

「ドMじゃん」

「Mじゃないっ!あっ!あっ!あああっ」

「ドMですって言ってみ」

「Mじゃない……っあっ!んっんっんっ」

「言ってみ。

言わなきゃやんないよ」

ガン突きやめて、待つ。


もう顔真っ赤。


すげぇ顔とろけてて、かなりエロい。


「ドM……です……」

「紗耶香は?」

「紗耶香は……ドMです……あんっ!!あっ!あっ!変態っ!!」

「どっちだよ」

足を開かせて、奥まで突っ込む。


まんぐり返しみたいにして、上から叩き付ける感じ。


「ああっ!深っ!ダメ!」

「いいんだろ?」

「よくないっ……よくないからあっ!ダメ!おくダメ!おっきいからダメっ!ダメ!あんっ……あっ、あっ、あっ!いくっ、またいっちゃうっ!」

「何回目だよ」 

「あんっ!ダメっ!いっちゃう!ダメ!」

「いけよ」

「ダメダメおくダメっ!!おくっ!ダメっ!いくっ!あんっ!いっちゃう……!いっちゃうってば……っ!」

膣がきゅーって締まって来て、俺もギリギリになってきた。


「あ、俺もいきそ、中出していい?」

「ダメダメ中は絶対ダメ!!あっ!あっ!ダメだよ!あんっ!!ダメえっ中はダメ!」

「あ、いく」

「ダメ中はぁっ!いくっ!あっ!中ダメっ!っ!」

「いくぞ」

「ダメっ!あっ!いく!いっちゃっ、あ、奥だめぇ!あんっいくいくいくああ……っ!!」

後からピル飲んでたって知ったんだけど、その後定期的にセックスする中になった。


バックで突きながらエロゲみたいな台詞(彼氏じゃあいけないとか、彼氏より大きいとか、ちんこ大好きとか)言わせるプレイがお気に入り。


まあ、結婚するくらいまでは続くんだろうか。