pic-0212000973
中◯2年生の頃、同級生の春花という女の子と付き合っていた。


付き合い始めて2ヶ月くらい経った土曜日の午後、春花の部屋でキスをしていると、突然彼女のママが入ってきた。


狼狽える2人に、春花ママは涙目で

「あなた達はまだ◯学生なの…そんな事しちゃダメなのよ!こんな事してると、いつか赤ちゃんが…」

春花は泣きながら怒っている春花ママに、

「ママ、ゴメンね!もうしないから、約束するからね!」

しばらく泣いていた春花ママも2人で約束をして、必死に説得すると部屋から出て行ってくれた。



そして夕方になり、春花は塾に、俺は家に帰る為に一緒に外に出ると、別々の方向へ歩いて行った。


すると後方から

「キミ〜!ちょっと待って〜!待ってよ〜!」

春花ママが叫びながら、走ってきた。


「ちょっと話したい事があるから、少し時間良いかしら」

と言って再び、春花の家へと連れていかれた。


そして、リビングのソファーに座らされ、

「キミはその…春花とその…もうその…えっと、したの?」

「ハイ?何を?」

「だから、もう…!えっと…ん…エッチはしたの?」

「エッ!アッ!キスだけです!」

「ふぅ…良かった!そうなんだ…」

「はい…」

「それでね、相談なんだけどね。

あの子、キミの事凄く好きみたいなのよ。

でもね、まだ流石に早いと思うのよ」

「あっ!はい」

「いや、別に付き合うのは、全然構わないのね」

「あ、ありがとうございます!」

「だけど、キミだって男の子でしょう。

だから、その…我慢出来なくなる時が…だからその時は、私に言ってくれたら…」

「えっと…よく解らないです」

「だから、春花はまだ◯学生なの。

今のままでいて欲しいの!だからキミに、春花にエッチな事して欲しくないわけ!だから、私が春花の代わりに…キミの…その…堪った…を…手伝ってあげるわけ、解った!?」

「ゴメンなさい!最後の方がちょっと…」

「はぁ…いいや、ズボンとパンツ脱いで!」

「えっ!?あっはい?!」

「いいから!おちんちん出して」

春花ママの容姿は、春花よりも身長が低く、童顔の為にかなり若く見える美人。


そんな人の前でズボンを脱ぎパンツを下ろすと、既にMAX状態

「あらあらもうこんなに…でも春花の為だからね。

他の人にも、絶対内緒だからね、解った!?」

「はい!分かりまウッ!」

俺が答え終わる前に、春花ママはおちんちんを優しく掴むとパクッと咥えてきた。


オナニーとは全然違う気持ち良さに、

「アァァァァ〜!」

と思わず声が出てしまってた。


そして、次に舌先でおちんちんの裏側を下から上へとツーツーツー。


その瞬間、春花ママのおでこと頭にピュッピュッピュッ!と出してしまった。


「エッ、ウソ!もう!ちゃんと言ってよー!髪の毛もTシャツも、あーあ…床もだよ」

それからというもの、俺は土曜日になると、春花の塾に合わせ、一度外に出て、また戻り

「アァ〜!気持ちいいよー!」

「コラッ!おっぱいを触るな!」

「触ってた方が興奮して早く出るんだよ!ハァハァ春花ママもその方が楽でしょう?ハァハァ」

「もう〜!段々生意気になってきたなっ!よしっ、それならこれでっ!」

春花ママは亀頭部分を口で含み、自らも首を振り、舌での刺激もしてジュルジュル音を立て吸い込む。


これをされると、あっという間に射精してしまう。


「アッアッアッアッハァハァアッアッアッアッウッウッウッウッアッッッ!」

その頃は春花よりもママと会う為に春花と付き合っているような気がしてた。