0539
私は大学に通いながら男性専用のエステでバイトをしています。


エッチな事はしないところで、健全なエステです。


お客さんの男性はTバックを穿いて施術をするのですが、勘違いされる事が多く困ってしまう事も度々。


ある時に40代半ばの男性のお客でマッチョで短髪の方が来ました。


私が施術する事になったんですが、肌が陽に焼けていて水着の後がくっきりとあり、綺麗な肌なので、思わず

「肌綺麗ですね」

と言うと

「そんな事ないよ、齢のせいか乾燥するし…」


施術の間の会話でライフセーバーのボランティアをやっている事、普段は行政書士の仕事をしている事が分かりました。


お尻のマッサージの時に引き締まった身体がたまにビクンとなるので、

「くすぐったいですか?」

「いやぁ、際どいから、、、」

「これも大切な施術なんですよ」

私は男性が堪えてるのが楽しくなり、たまに指であそこをちょこっと触ったりしました。


そして仰向けの施術の時に、男性の股間が凄くもっこりしているのが分かりました。


普通はタオルを掛けるのですが、あまりにも似合っていて格好良かったので、そのまま施術をしました。


上半身をやっている時に、乳首に触れると、

「あっ」

と声を出しています。


私が

「ここ弱いんですか?」

と聞くと

「すいません」

と言うのでわざと乳首を弄っていると、股間がみるみる膨らみ、気付くと完全に勃っています。


手で隠そうとしたので、

「力を抜いてください」

と言って手をどかしました。


しかも凄く大きくて思わず凝視してしまいました。


男性はタオルで目を隠しているのですが、どこか恥ずかしそうにしています。


そして下半身のストレッチをしている時に、パンツからはみ出してしまったので私が

「邪魔なので、取りますね」

男性は

「えっ」

と言いましたが、脱がせました。


私もこんなに耐えているお客さんは初めてだったので、少し興味があったのかもしれません。


あまりにも無抵抗だったので、たまに指先で触れる程度でしたが、思いっきり先っぽを触ると、身体をくねらせます。


男性からは私が見えないので、舌でペロッとすると

「ふーっ」

と呼吸を落ち着かせる男性。


面白くなって更に続けていると、男性が

「だめぇぇっ」

と言って発射してしまいました。


「もう…ダメですよ。

でもしょうがないです、不可抗力ですね」

と言って笑い、場が和みました。


終わって部屋を出る時に男性が

「ありがとう」

と言ってハグをしてきたのですが、急にギュッとされて、私は変な気になってしまい、男性が離れようとした時に逆にギュッとし返して、男性を見つめて目を閉じると、男性がそっと唇にキスをしてくれました。


私はハッとして顔が真っ赤になりながら、出口までお見送りをしました。


その後男性は毎回、私を指名してくれます。


そして毎回いかせてあげます。


誰にも話せない、内緒の事です。