Pic00270042
大学のテニスサークル時代の話。


合宿の最後の夜は、皆ベロベロになるまで飲むのが恒例。


しかも、男の先輩達はセクハラOKだろみたいな軽いノリがあって、彼らは

「飲み会」

じゃなくて

「揉み会」

と呼んでいた。


飲みながら、服の上からタッチしてくる。


1年生の女の子は、サークル辞めちゃうから獲物にならない。


私が1年生の時は、女の先輩が触られてるの見て、凄いなと思ってただけだけど、私はその時2年生になって初めての合宿で、いつの間にか自分が触られる立場になってる事を分かってなかった。


飲み会が始まって20分くらいで、そのサークルの中でも1番軽い感じの部長が隣に来て、

「ミカ(私)のおっぱい、バレーボールみたいだから、トスしちゃお」

と言って、私のおっぱいの下に手を入れて、服の上から触ってきた。



私はビックリして、

「やめてくださいよ!」

と言ったんだけど、

「揉み会、揉み会♪」

とか言って、手の平におっぱいを乗せ続けてた。


体を引いて逃げたら、今度はタンクトップの胸元を前から引っ張られて、谷間とブラが見られちゃった。


部長は

「水色のブラしてんだ♪」

とか嬉しそうに言うから、他の男の先輩も寄ってきた。


飲み会始まる時に、男子は全員ビール500ml缶を一斉に一気飲みしていたのもあって、男の先輩は全員既にめちゃくちゃ陽気になってる。


1人の先輩が

「ミカのおっぱいはミカが1年の時からずっと気になってたんだよね。

やっと解禁か」

とか随分勝手な事を言い始め、私は

「何言ってるんですか」

とか返してた。


でもその先輩は、

「部長も触ってたじゃん」

と言って、手の平で包むように前からおっぱいを触ってきた。


私は、

「きゃぁっ!」

と叫んで体を引いたけど、完全に揉まれてしまった。


すると、また別の先輩が

「ズルいズルい!」

と言い始め、私の後ろにドカッと座って、後ろから両手を回してきた。


私は触られまいと胸を腕でガードしていたが、くすぐられたりして、その隙に両手で揉まれてしまった。


そんな感じでイタズラされていたのだけど、周りを見ると、やっぱり3年4年の先輩も抱きつかれたりしていたので、

「こういうノリなんだな」

って感じで、私も本気で嫌がったりはしなかった。


しかし、部長が

「タンクトップ捲っちゃおうか」

と言い出して、

「それはさすがにダメですよ」

と断ったの。


すると、

「飲みが足りないな〜」

とか言われて、ビールをどんどん注がれ、

「水着と一緒だからいいじゃん」

と皆が言うもんだから、

「ちょっとだけですよ」

と言ってしまった。


すると、

「おぉー!」

という先輩達からの歓声。


後ろに回っていた先輩が私のタンクトップの裾を指で摘み、わざとゆっくりゆっくりと上に持ち上げていく。


ブラが見えた時に歓声、谷間が見えた時は大歓声。


恥ずかしかったが、酔いもあって、何か気持ちよかった。


その後、部長の発案で、コップ2杯のビールを一気飲みしたら、私の谷間を2回ツンツンしていいというゲームが勝手にスタート。


「練習の時、ミカの揺れてるおっぱい、ずっと見てたんだ」

とか言いながら触られたりして、恥ずかしかった。


しかし、最初は

「谷間をツンツン」

という約束だったのに、谷間に指を挟んできたり、ブラとおっぱいの隙間辺りを押してきたりとだんだんとエスカレート。


皆が私の乳首を見ようと、谷間を上手い角度で押し込もうとしてきて、私はそれを隠そうと精一杯頑張るみたいな攻防があった。


すると部長が、ビールじゃなく日本酒2杯一気飲みしたら、私のガードはなし、みたいな特別ルールをまた勝手に作り出した。


もう完全にオモチャにされている私。


言い出した部長が日本酒2杯を飲み干して、私の後ろにきた。


「10秒間は動いちゃダメだぞ」

と言ってきた。


部長は、私の両方のおっぱいの膨らみを指で押し込み、それに合わせるようにしてブラが浮き上がる。


周りの先輩は、その隙間から乳首を見ようと左右に回り込んで、

「もうちょっと、もうちょっと!」

と大歓声。


私は手で押さえようと思ったけど、ルールだしなぁと思って我慢。


すると、

「あ、見えた、見えた」

と大盛り上がり。


さすがに隠そうとしたら、その前に部長の指がブラの中に滑り込んできて、直接乳首をツンツンとタッチ!

私はきゃぁ!と叫んでブラを押さえると、

「いえーい!」

と部長は叫んでいた。


「乳首触るのは絶対なし!」

と私は断固主張。


というのも、私は乳首が凄く感じやすいので、ちょっと触られただけでも、冗談にならなくなってしまう。


「いいじゃんいいじゃん!俺にもミカの乳首触らせて」

と皆に言われたが、

「乳首は絶対ダメ!乳首触るなら一切触らせません!」

と譲らなかった。


しかし、

「じゃあ、見るのはいいよね?」

と言われ、日本酒ルールで皆に胸を触られ、ブラを着けたまま乳首を見られた。


すると、

「もうどうせ乳首見えちゃってるんだから、ブラ取ろうよ」

という話に。


その頃になると、私もかなり開放的になっていた。


と言うのも、実際にブラを取って手で隠しながら飲んでいる女の先輩とかいた。


そういうのを見ていたら、日常的なモラル感覚みたいなのが薄れていく。


確かに乳首見られちゃってるしなーと思っていたら、部長が 

「今から日本酒を3杯一気するから、それが出来たらブラ取ってよ」

と言ってきた。


「サークルの人皆に見らるのは恥ずかしいので、隣の和室でならいいですよ」

と言ってしまった。


それで先輩たちは大盛り上がり。


部長は自分で言った通りに日本酒3杯一気して(「死なないのか」と心配になった)、皆(私と4人)で隣の和室にいく事になった。


宴会場の隣にある個室みたいなところ。


そこで後ろ向きになってブラを取る。


手で隠しながらくるっと振り向いた。


「手は取らなきゃダメだよ」

と言われ、手を下ろすと皆凄く喜んでた。


私が

「はい、終わり。

戻りましょう」

と言うと、部長が、

「その前に、1回だけ後ろから揉ませて。

向こうだと恥ずかしいでしょ」

と言う。


部長は日本酒だのビールだの散々飲んでいるから超陽気。


何かそのテンションに負けてしまい、

"乳首触らないで揉むだけならOK"という事に。


私が畳に足を投げ出す感じでぺたんと座って、その真後ろに部長、周りに男の先輩3人という感じ。


部長が後ろから私を抱きかかえるように腕を伸ばしてきた。


その時の私は上半身裸で完全無防備状態。


部長は後ろから回した両手で、私のおっぱいを包み込むようにムニュムニュと揉んできた。


微妙に手の平が乳首に当たったので、私は笑って、

「ちょっとくすぐったいですよー」

と言った。


すると部長は、約束違反で乳首を摘んできた。


私は

「くすぐったいからダメ!」

と少し強めに言ったが、そのままクリクリされてしまった。


「あっ...!あっ...!」

突然の責めに、人前では絶対出さない甘い声で喘いでしまった。


「ダメ...くすぐったいから...ぁっ...!やめて...!」

すると部長は、私の耳元で、

「ダメ、やめないよ」

そう言って、そのまま私の両方の乳首をクリクリ...。


私は身体をビクンビクンさせてしまった。


部長が耳元で、

「ミカ、くすぐったいんじゃないんじゃないの...」

と囁きながら、いつまでも乳首をコネコネしてくる。


「ぁん...ぁん...だめ...だめ...」

と喘ぎながら、手で強く払おうとすると、囁いていた部長が私の耳に舌を入れてきた。


私は耳も弱いので、耳の穴を舌で掻き回されてまた力が抜けてしまった。


「ぁっ...はぁっ...ダメです...」

と言うが、聞き入れられない。


すると、部長が周りの先輩に、

「乳首舐めちゃえよ」

と。




「ぁん...ぁん...やぁん」

と喘ぐ私。


いつも優しい1人の先輩は、 

「いいのかなー」

と呟く。


しかし、もう1人の先輩は無言で私の乳首を舐め始めた。


「ぁっ...だめ...舐めちゃだめ...ぁん...ぁぁん...!」

それを見て、迷っていた方の先輩も、もう片方の乳首を舐め始めた。


2人の先輩に両方の乳首を舐められている私。


感じすぎて喘ぐ事以外何も出来ない。


残ったもう1人の先輩は、私が穿いていたスウェットの上から私のあそこを弄りだした。


その時は既にありえないくらい濡れてしまっていた。


耳を舐めていた部長は

「キスしよう」

と言って、唇を重ねてきた。


口を閉じようとしたが、喘ぐ時に口が開いてしまい、舌が入ってきた。


おっぱいとあそこを弄られて、あまりに気持ちよくなっていて、喘ぎながら、先輩の舌に応えてしまっていた。


「ぁん...ぁん...だめです...先輩...だめ...」

私は身体をビクンビクンさせながら、とにかくそう繰り返していた。


先輩達は、

「ダメじゃないでしょ」

とか

「可愛い声出ちゃってるよ」

とか。


「おっぱい凄く感じるんだね」

とか

「ミカちゃんのおっぱい美味しいよ」

とか、とにかく恥ずかしい事をたくさん言ってきた。


その時、私のあそこを触っていた先輩が、スウェットを脱がせようとしてきた。


「濡れてるのが見られちゃう、それだけはダメ!」

という気持ちで、私は突然正気に戻り、身体を回転させるようにして先輩達に背を向けた。


「これ以上はダメです!」

と強く言うと、部長が空気を読んだように、

「ごめん、ごめん、ちょっと悪ノリしちゃったね」

と言ってきた。


元々悪い人たちではないので、無理矢理どうこうしようというのではなかった。


それで、また皆で宴会場に戻り、少し飲んで自分の部屋に帰った。


トイレでパンツを見ると、ありえないくらいの大きさの染みができていて、陰毛がグチュグチュになっていた。


以上です。


今でもよくあの夜の事を思い出してオナってしまいます。


長々と書きましたが、ありがとうございました。