072
某高校で人気者らしい女教師。



当時は控え目で清楚な感じで、いつも店の隅の方で彼女と友達の2人で飲んでいるのを良く見かけてました。


年末に珍しく彼女が1人で来ており、2時間程飲んでフラフラになりながら店を出て行くのを見掛けたので、声を掛けて場所を替え飲む事に。


飲む内に彼女が酔い潰れて寝てしまったので、彼女を私の部屋へと連れて帰りました。


彼女をベッドに寝せ、上着・ブラウス・スカートを脱がせると、淡いピンク色のお揃いのブラとパンティが現れました。


パンティの上から溝に沿って触ってやると次第に湿り始め、布に染みが出来ました。


下着をズラし、指を中に入れて中を描き回してやると、彼女は吐息混じりに喘ぎ始め、しばらくすると体を仰け反らせました。


そんな感じで何回かイカせると、痙攣して失神してしまいました。


私は彼女のブラとパンティを剥ぎ取って足を開かせ、その姿をデジカメで数枚撮りました。


ビショ濡れになったマンコを指で開き、又数枚撮影。



半開きの口にチンポを入れた姿をまた数枚撮り、正常位で嵌める様を数枚撮り終えると、彼女の胸を揉みながら出し入れしてそのまま中に発射。


チンポを引き抜いて、マンコから精子とマン汁が流れ出す所を数枚撮りました。


酔い潰れて寝ている事を良い事に、散々と抱き、生でハメた挙げ句、その姿をデジカメやビデオカメラで撮影して彼女の子宮にたっぷりと精子を注いでやりました。


翌朝目を覚ました彼女は、裸で知らない私とベッドに居る事に呆然としていましたが、慌てて股間を触るとセックスしたと気付いたようで、今にも泣きそう顔していましたが、私は平然と彼女に

「夕べはお互い気持ち良いセックス出来たね」

と言って一緒に風呂に入りました。


彼女は服を身に着け始め、"帰る"と言うので車に乗せて勤務先の学校近く迄で送ると彼女は

「どうして私がここだと判ったの?」

と驚いてました。


私は彼女と別れ、近くのコンビニに寄った際に彼女の携帯に掛け、

「帰りに駅前のコンビニで待ってる」

と伝えました。


夕方に駅前のコンビニに行くと彼女が居たので車に乗せ、ショッピングモールに連れて行きました。


そこで夕食を食べ終えた後彼女のアパートへ行き、昨日撮影した映像を見せました。


それらをネタに女教師を脅すと、彼女はずっと無言でした。


その彼女を全裸にし、私のチンポを口に入れると"ジュル…ジュル…"と舌を絡ませしゃぶり始めました。


次は四つん這いにし後ろから入れ次第に激しく突き捲って引き抜く彼女に顔射するとその姿をデジカメで数枚撮りました。


その後風呂場やベッドで生でハメると、彼女が

「中に出さないで」

と言うので、その代わりに顔射と口の中に出してやりました。


それからというもの、女教師が26〜29才の間は俺に性奴隷と扱われ、夏休み誰も居ない教室や屋上で口、マンコ、アナルにチンポを入れられて喘ぎまくっていました。


そんな彼女も今や30才目前。


彼氏と結婚式を上げ、引っ越した先は市営団地。


そこは私の住むマンションから歩いて4、5分の距離なので、旦那が居ない時や買い物途中で会ってはセックスしています。


彼女はもう普通のセックスでは満足出来ないようですが、それを旦那に言えないでいるみたいで、私の元へ来てはアナルとマンコにバイブを入れ、口にチンポを咥え込んで喘ぎまくってます。


トドメは生でハメつつ乳首を思いっきり引っ張られないとイカないのです。