kimamamh00322000340
ちょっと昔の話。


その当時付き合っていた彼女は結構可愛く、大人しく真面目な子でした。


色白、童顔、小柄でスレンダーなのにDカップあるおっぱいは美巨乳で、昔から男受け、特にオヤジ受けが良かったようだ。


そんな彼女と付き合ってた俺は結構心配で、彼女から周りの男の話を聞くようにしていた。


その話の1つに、当時彼女が勤めていた会社の社長の話があった。


彼女が入社したての頃、

「社長が結構格好良いの」

と話した事があった。


あまり他の男を褒めない彼女だったので何となく気になり、それからというもの事あるごとに会社の話を聞くようにした。


その社長は独身で、お金もあるしかなりの遊び人だという話だった。


しばらくして、彼女が少し暗かったので何かあったのか聞くと、その社長にセクハラをされている、との事。


俺は憤慨するのと同時に軽い興奮を覚えてしまい、詳細を聞いた。


最初のうちは、会社で2人きりになると食事に誘ってくるだけだったようだが、そのうち体に触れてくるようになり、尻やおっぱいを触ってくる事も日常茶飯事になったという。


でも立場上我慢するしかない…という事で、彼女が我慢できるなら…と俺も納得せざるを得なかった。



内心は、社長がカッコいいから我慢できるんじゃないか?と疑心暗鬼に駆られていたが。


それからまたしばらくして、彼女が会社の飲み会があると言ってきた。


以前にも何度か飲み会があったようだが、他の人もいるし社長もおおっぴらにセクハラをしてくるわけでもないようなので一応安心していた。


しかしその時は何となく嫌な予感がしたので、俺は会社を早めに上がり、彼女が飲み会をする場所を聞いていたのでそこに向かい、物陰から待つ事にした。


1時間ほど待っただろうか。


彼女が会社の人と出てきた。


勿論社長らしき人も一緒だ。


彼女はだいぶ飲まされたのか相当酔っているらしい。


お開きになり駅に向かうかと思いきや、彼女はその社長らしき人に支えられタクシーに乗ってしまった。


俺も大急ぎでタクシーを捕まえ、ドラマばりにそのタクシーを追いかけた。


かなり長時間乗っていた気がする。


気付くとメーターは5,000円にも達していた。


彼女の家は社長の家と同じ方向なので、たまに帰りは送ってもらう事があると言っていたのを思い出した。


今まではそれでも特に何もなかったようだ。


お触りくらいはあったようだが…。


とあるマンションの前にタクシーが止まった。


どうやら社長の家らしく、俺も少し手前で降りた。


物陰に隠れて様子を伺っていると、社長に引きずられるように彼女も降りてしまった。


耳を澄ますと、

「具合が悪いみたいだから少しウチで休んでいきなさい」

と社長の声が聞こえた。


彼女は断ると思いきや、前後不覚なのか返事をするわけでもなくそのまま社長に腰を抱かれマンションに入っていく…。


いよいよヤバい、と思って止めに入ろうと思ったが、その時の俺はなぜかすぐ追いかける事ができなかった。


少し間を置いて、フラフラと俺もマンションに入る。


エレベーターが止まった階を確認し、後を追う。


どこの部屋かは分からなかったが、窓に明かりが点いている部屋にとりあえず向かうと物音が聞こえた。


玄関隣の窓にはカーテンがかかっていたが、ほんの少し隙間があった。


俺はボーっとしながらチラっと覗いてみた。


そこには…彼女は抵抗しながらも社長にキスをされている姿があった。


俺の心臓は爆発しそうなほどドキドキしながらそれでも目を離せない。


長いキスのうちに抵抗はみるみる弱まっていく。


社長は彼女の後ろに回り込み、耳を舐め回す。


彼女は耳が弱いのだ。


身じろぎして逃れようとしている。


意識はあるようだが、まだまだ酔っているようでフラフラしていて力も入らない様子だ。


俺はまだ迷っていた。


チャイムをガンガン鳴らしてやろうか、どうしようか、と。



止めるべきなのにこの光景を見ていたい自分もいた。


興奮している。


自分のペ○スも痛いほど脈を打っている。


俺が興奮しつつも逡巡してる間にも窓の向こうの現実は進んでいく。


彼女は社長に後ろから身動きできないよう抱きかかえられ、社長の手はついに彼女の豊満なバストを揉みしだき始めた。


彼女のバストは、少し前にブレイクしてたAV女優の川島和津美のおっぱいにそっくりの美巨乳だ。


夏に2人で歩くと、すれ違う男は必ず彼女のおっぱいに目がいき、俺も密かに誇らしげに思っていた。


社長の手は服の中に潜り込んでいき、もぞもぞと蠢いてしばらくして服をたくし上げられた時には、ブラも上にずり上げられ、真っ白い美巨乳が露わになっていた。


乳房は激しく揉まれ、形良く歪みその中心にあるピンク色の乳首を指で転がされ、弾かれ、彼女の抵抗はもはや殆ど無くなっている。


俺は彼女の感度の良さを嬉しく思っていたが、この時ほど恨めしく思った事はなかった。


胸を愛撫されただけで息も絶え絶えになる彼女を固唾を飲んで見ていた。


この時の俺はと言うと、あまりのショックと興奮のあまりに憤慨するのも忘れ、自分の生まれてからもっとも固く大きくなったであろうペ○スを摩っていた。


彼女はまた長いキスをされ、スカートをたくし上げられ、尻を揉まれている。


ストッキングも脱がされていき、マ○コにも手が伸びていく。


まだ彼女は酔っていながらも、快感とも戦っているのか顔を少ししかめながら社長の手を押し留めようとしていた。


健気な彼女を見ながらも既に俺は自暴自棄になっており、飲まされ過ぎてしかもガードが甘いんだ!と心の内で彼女を責めていた。


男の力に敵うわけもなく、好き放題マ○コを弄られ、もう彼女はカラダをビクビクさせる事しかできなくなっていた。


ショーツも剥ぎ取られ、ソファに押し倒された彼女は、社長に足を広げられ、露わになったマ○コを舐められている。


いつしか彼女の顔は眉からシワがなくなり、だらしなく口を半開きにして喘ぐ"女"の顔になっていた。


俺はマンションだというのにズボンからぺ○スを引っ張りだし、しごきながら夢中で彼女の痴態を見ていた。


社長のクンニがしばらく続いたが、いきなり立ち上がるとズボンとパンツも下ろし、エロオヤジにしては大きめで元気の良いペ○スを曝け出した。


そのまま彼女に何かを言ったかと思うと、彼女に正座させ、手を導き、顔にペ○スを近づけていく。


時間にすると10秒くらいだろうか……彼女が迷ったのは。


しかし再度何か言われると、舌を出して社長のペニスを舐め始めた。


俺にとってはもっともショックで、もっとも興奮した瞬間かもしれない。


彼女にとっては俺が3人目の男だった。


その前の2人にはフェラはしてなかったそうだ。


つまり俺が最初で、2人目は窓の向こうで気持ち良さそうに下卑た笑いを浮かべている中年オヤジだ。


彼女は俺が教え込んだ通りにフェラをしている。


他の男のペニスを……。


横咥えにして舌を裏筋に這わせ、亀頭の先端をチロチロ舐め、喉の奥深くペ○スを咥え込んでいる。


俺はこの時点で窓の下に1回目の発射をしてしまった。


なお続く狂気の舞台に発射後も一向に縮まる気配はなく、ますます固くなっている。


彼女は俺が教え込んだ通りに、従順に丁寧でツボの心得たフェラを中年オヤジにしていた。


命じられてもいないだろうに、時折立ち上がり手は玉袋を揉みながら社長の乳首に舌を這わせ、吸い付く。


俺がよくやらせていた事だった。


微かに見える彼女の顔は目は潤み、酒のせいか、それまでの執拗な愛撫のせいか上気して見えた。


ペ○スを頬張り前後に頭を振る彼女はおねだりしている牝奴隷にしか見えなかった……。


激しいフェラの後、社長は彼女を後ろ向きに立たせソファに手をつかせた。


尻を突き出す格好にさせている。


その間、彼女は抵抗する事なく、むしろ喜んで応じているように見えた。


俺の大好きな立ちバックの体位で、彼女とのSEXの時も要求していた。


最初は恥ずかしがっていたが、慣れてくると自分から尻を突き出すようになった。


それを、今は俺じゃなく中年オヤジにしているのだ。


社長は彼女の真っ白な肉付きのいい尻を抱え、間髪置かずペ○スを挿入した。


ゴムを着ける余裕はなかったはずだから、生だ。


しかも一突きですんなり入ったのか、すぐに激しいピストンが始まった。


尻肉を掴み、時に揺れる乳房を激しく揉んでいる。


彼女の顔は見えないが激しく頭を横に振っている。

 

あまりの快感の為か…。


しばらくして社長はソファに座り、彼女を上に跨らせた。


顔が見えた。


俺はまた新たなショックを受けた。


その顔はもう、快楽の虜だったと思う。


目は尋常の色ではなく(まぁ酔っているからもあるだろうが)口は半開き、涎まで垂れていそうな感じに見えた。


俺が今まで見た事もない淫乱な顔をしていた。


彼女は自分から激しく腰を振り、社長のペ○スに自分のマ○コを打ちつけている。


社長はリズムに合わせながら彼女の乳房を揉みつつ乳首を転がしている。


もう俺はそれを見ながら自慰を続けるしかなかった。


また体位を変え、今度は彼女がソファに仰向けになり社長が覆い被さった。


社長の顔もあまりの快楽に歪んでいる。


もしかして俺もこんな歪んだ顔をしているのか?とふと思った。


いつしか俺もだいぶ冷静になってきていた。


というより冷めていったと言った方がいいのかもしれない。


しかし、それもしばらく続いたピストンの後にまた気持ちをかき乱された。


彼女のマ○コはかなり締りがよく、なかなかいない名器だと俺も思っていたので、エロオヤジも長い時間は耐え切れなかったのだろう。


早めにフィニッシュを迎えたのだが、彼女の中から抜き、腹にでも出すのだろうと思いきや、彼女の顔にペ○スを持っていった。


俺からは見えなかったが、快楽の余韻からか彼女は身じろぎもしていなかった。


顔射か口内発射か分からなかったが、しばらく社長は彼女の顔に跨ったままだった。


口内発射で中年オヤジの精液を飲み込んだのか、そう思った瞬間俺は2度目の発射をしていた。


あまりに虚しすぎて、俺はもう覗き続ける事ができなくなり、その場を後にした…。


それからしばらく経ったある日、彼女に会う事になった。


俺は平静を装ったが、彼女の様子が暗かったので、どうしたのかと聞いてみた。


彼女は俺に打ち明けた。


"かなり飲まされ社長にレイプされた"と言って泣いていた。


怒りはなかった。


それよりも、俺が悪かったのだ。


彼女が他の男に犯されて興奮する自分が確かにいたのだから。


彼女の社長に対する熱心なフェラ、淫乱な顔、自分から腰を振っていた事を思い出しながら、ただ静かに別れを告げた……。


泣きじゃくっている彼女を置いて……。


どこかでやはり許せなかったのかもしれない。


今思えば、あそこで自分の気持ちを割り切り、彼女を肉奴隷にしてしまえばよかったかもしれない。


それからというもの、他人の彼女に手を出したり、新しく出来た自分の彼女でもパンティの見えそうなミニスカやスケスケのタイトを穿かせて一緒に出掛けたりしている。