0578
初体験は、高校三年の時でした。


相手は姉の友達の涼子。


髪が長くてスタイルもいいし、ミニスカは堪らなかった。


挨拶とちょっと会話をするくらいでしたが、姉が

「かっこいいって涼子が言ってたよ!」

とか言われました。


でも、

「彼氏いるから残念」

と言われてた。


しばらくして、夏場の休みの日に起きたらみんな出掛けてて、俺が遅く朝ごはんを食べて、昼過ぎにチャイムがなる。


出たら涼子。



「お姉ちゃん居る?」

と言われ、居ないと話すと彼女はCDを借りたからと渡され、帰った。


しばらくして、またチャイムが…出たら涼子が

「暑いからアイス食べない?」

と言われて居間で一緒に食べた。


「何かこんなに話したの初めてだよね?」

と言われ色々話ながらも、ちょっとムッちりした太ももとかにドキッとしてた。


話をしてると恋の話などになり、彼女が居ない話等をしてると

「ねぇ〜エッチした事はあるの?」

と言われ恥ずかしながらないと話した。


しばらく沈黙した彼女。


「かっこいいのにぃ!」

と言われ照れてると彼女が

「私とする?」

といきなり。


驚いてたら

「だってタイプだしさ〜私でいいなら」

と。


「おっぱい触っていいよ」

と言われ、突き出すような格好をした涼子の胸を触ると堪らないくらい柔らかい。


興奮してきて触ると彼女が服を捲り、ブラを外し

「小さいけどね…」

と見せてくれ、我慢できずに押し倒して貪りつきました。


「いゃん…エッチ」

と言いながらも感じてくれました。


ですが、居間で誰かきたらヤバイ。


「お部屋に行こうよ」

と言われ、部屋のベッドで。


裸になり、彼女の綺麗な体に夢中になり

「入れてみる?」

と言われ、パンティを脱がして挿入しようとしたけどなかなか位置が…手間取って焦ってると

「いいよ…」

と起き上がり、逆転し彼女が上に。


「おっきいねぇ〜入るかな?」

と跨がり、ゆっくりと沈める。


「ちょっとまだ痛いかな?」

とゆっくりと沈めてグニュっと生暖かいヌルヌルした感触の中に。


キュット締め付けて来て上下に動かれると、擦れあって気持ち良かった。


「アンッ!アンッ!アンッ!」

と腰を動かしながら涼子も感じてくれました。



「気持ちいい?」

と聞かれ

「凄く!」

と答ると

「可愛い」

とキスされ、彼女が腰を動かしてきました。


そうすると高まりがすぐ来てしまい

「ヤバイ!」

と話しましたが、彼女は止めずに…一気に高まってしまい中に…とろけるような生暖かい感触に包まれて快感に浸ると

「良かったよ!」

と抱きつかれキスをしました。


抜き取ると精子がダラッと溢れ出て、ティシュで拭いて隣に横たわる彼女。


話をしてるとまたムラムラし、二回目をした。


彼女とは、姉に秘密で二年くらい続けてました。