4
先週の事、いつものようにターゲットはいるかな・・等と考えつつ自宅から駅についた所、何と激込みで滅多に女性がいない先頭にJ◯を一人発見!

しかも身長165位とかなり背が高くスカートもミニスカートなので簡単に手を入れられそうな感じです。

僕は興奮気味に迷わずそのJ◯の後ろに並びました。

その際J◯が僕の方をちらりと確認したのを僕は見逃しませんでした、痴漢暦の長い僕に

「OK女だ!」

・・そう感じさせる視線でした。

電車が来るとJ◯の後ろにぴったり密着しながら乗車、同時にお尻に手を密着させ、

「痴漢ですよ・・」の合図。


OK女でなければここで反転したりして抵抗する事が多いのですがそのまま素直に乗車、この時点で予感はほぼ確信へ・・。

電車が動き出すとゆっくりとお尻を撫で始める、背が高いので簡単に手はスカートの中へ、生足の太ももから撫で上げるようにパンティへ・・。

ここまでで約30秒、全く抵抗は無し・・。

久しぶりの超OK女です!次の駅に着くと暫くはこちらのドアは開かない。

勝負は次の駅を過ぎてからだな・・等と考えつつ暫くはゆっくりとパンティーの上からお尻の感触を楽しんでいました。

と、ここでハプニング発生!

次の駅で何とJ◯の友達が乗り込んできたのです。

会話の感じから全くの偶然のようですが僕はせっかくのOK女だけどさすがに二人組みじゃまずいよな・・と躊躇してしまいました。

でも良く見ると乗り込んできたJ◯もかなりおとなしそうな感じ、これなら大丈夫かな・・僕は慎重に再び痴漢を開始しました。

僕のまん前に背を向けて痴漢されてるJ◯が一人、その子を挟んで僕と向かい合うように友達のJ◯・・。

そんなシチュエーションです…手をスカートに押し当てゆっくりタッチ、他愛も無い会話をしながらJ◯は無反応&無抵抗。

手をスカートの中へ・・全く抵抗無し!!

こうなれば行くしかありません。

両足の間に手を入れ指を奥へ、背が高いので少し屈めば中指が前に届きます。

僕は少し屈んで、中指でパンティーの上から割目をなぞります、するとさすがに僕の不自然な動きに気付いたのか目の前のJ◯が視線を下へ・・

「気付かれた!」

一瞬体が硬直!

・・しかし目の前のJ◯は一瞬戸惑った後無言で俯いてしまいました。

二人とも完全に抵抗できないようです、僕は今度は目の前のJ◯にはっきり分かるように肩を落とし、J◯の顔を見つめながら両足の間に手を差し込みました。

パンティーの間から指を挿入するとなんと割れ目は既に洪水状態、陰毛まで濡れてしまっています!!

中指でクリトリスを数回弾いてやると足をガクガクっと震わせ10秒くらいでいってしまいました。

目の前のJ◯も友達がいかされたのに気付いたようで真っ赤に顔を赤面させなんともいえない表情をしています。

まだ人がすく駅までは3分位、一度いったあとなのでゆっくりとお尻をなぜながら時々クリトリスを刺激してやります。

敏感になっているようでクリトリスを刺激するたびに体が反応します。

そして残りあとわずかという所に差しかかった時、もう一度激しくクリトリスを攻めると今度も10秒たらずであっという間にいってしまいました。

今まで生マンは何回かゲットした事ありますが二回もいかせたのは初めてです、最高の痴漢体験でした。