00421
大学時代に付き合ってた元カノで名前は美佐枝。


合コンで知り合って3年の時に付き合いだし、就職して別れた元カノです。


この前久し振りに偶然街で会い、そのまま飲みに行ってセックスしちゃいました。


付き合ってた当時の美佐枝は、男性経験が過去1人しかいなかった。


俺もそんなに経験数は無かった方だったから、今思えばお子ちゃまな付き合いだったと思う。


エッチも普通にしてたけど、軽く舐め合って正常位で入れて腰振って終わりみたいな。


ホントはもっといろんな事をしたかったんだけど、オモチャ持って行ったら泣かれた事がありまして。


「アタシはそんな下品な事はしたくない」

なんで下品なんだよって思いましたが、それ以来すげぇ〜ノーマルなセックスだけでした。


美佐枝は今で言う「宮崎あおい」みたいな感じの子でした。


ふんわりした感じでどちらかというと清潔感があるような。


身長も155cmぐらいの小柄で、でも脱ぐとDカップの美乳の持ち主。


見た目が少し子供っぽいところもあって、色気なんて全く無いと思っていました。


休日出勤した日曜日、夕方青山で仕事が終わったのでそのまま買い物してました。



フラフラ〜っとしてるとこに、後ろからいきなり肩を叩かれまして、振り向くと美佐枝がいたんです。


「やっぱりぃ〜〜!久し振りだね!元気だった?」

開口一番そう元気に言った美佐枝でしたが、美佐枝を見て俺はビックリしてました。


昔の面影はあるものの、女の色気がプンプンしてたんです。


「おぉ・・・お前美佐枝か?随分変わったなぁ」

「えぇ〜?変わったぁ??老けただけじゃない?」

22歳で別れてからかれこれ6年は会ってません。


よく俺だと分かったなと聞いたら、歩いてる後ろ姿で分かったと笑ってました。


疲れたように気だるく歩く姿は昔のままだと。


しかも髪型も当時とあまり変わってませんでしたしね。


「最近どうしてるの?」

と聞かれて、道端で近況報告をしてました。


彼女はいるけどまだ独身で、仕事も忙しくしてますよ的な話。


びっくりしたのは美佐枝はもう既に結婚してた事。


結婚して1年半ぐらいだと言っていましたが、相手はなんと9歳年上という。


今28歳だから旦那は37歳か?ビックリしました。


「この後予定あるの?」

と美佐枝に聞かれ

「何も無いよ」

と答えると、じゃ〜ご飯奢って!と強引に腕を掴まれて歩かされました。


美佐枝が行きたかったというイタリアンの店に入り、軽く呑みながら昔話をしていました。


机に肘をつき喋っている美佐枝の胸元は、寄せて上げているらしく胸の谷間がバッチリ見えます。


「お前って昔そんな胸元ザックリの服着なかっただろ」

「うぅ〜ん・・だってまだあの頃って子供だったからじゃない?」

「今は昔と違って色気撒き散らしてる感じだぞ」

「そりゃ〜結婚もしてますからね!色気ぐらい出ないと」

話す内容も見た目も随分と変わっていました。


昔のような照れもなく、セクシーさをモロにアピールしているように見えるんです。


スタイルは昔と変わらずのようで、少しムラムラしてきたのは事実でした。


メシも終わったんで帰ろうとしましたが、まだ呑みたいと美佐枝は言います。


「だって旦那だって待ってるんだろ?」

というと、

「残念でしたっ!出張中で御座います!」

と言ってきた。


休みだった日曜日も仕事して明日から月曜日が始まる俺にとっては、できれば後日に・・・と思ったんです。


しかも奢らされるのが分かってたので、ちょっと考えてました。


「じゃ昔よく行ってたあの居酒屋行くか?」

「あっ!それイイかも!行こう行こう!!」

誘ったのは学生時代によく言ってた小さな居酒屋です。


個人でやってる店で、そこは大学生と卒業生で賑わっていました。


確か前に友達が行ったとか言ってたな・・・と思って、そっちに移動しました。


電車だと乗り継ぎが2回あるので、仕方なくタクシーで向かいました。


タクシーに乗っていると、後部座席なのに妙に距離が近いんです。


やたら会話中も顔を寄せてくるし、変に俺はドキドキしていました。


目的の居酒屋では座敷に座り、妙に艶めかしい元カノを観察してました。


髪をかき上げる仕草や飲む時の口など、何があったんだ?と思うぐらい色気があるんです。


そんな俺の気持ちを分かってか、やたらスキンシップもある。


「そんな触るなって、誘われてるかと勘違いするぞ」

「えぇ〜っなに可愛い事言ってんのぉ〜?もしかして誘われたい?」

「アホか、お前既婚者だろ。

俺にも彼女いるし」

「へぇ〜じゃ〜誘ったらどうする?」

「ちゃんとタクシーに乗せて帰りますけど?」

「帰りたくないって言っても?」

もうそんなやり取りが信じられなく、内心ドキドキしっぱなしでした。


酒を飲んでたからなのか、俺も気が大きくなってたんでしょうね。


やたら触ってきたりする元カノに乗せられて、俺も触るようになっていました。


はっきり言って、もう下心ありありでした。


だから店を出て「家に行きたい」と言われた時、ハッキリと断る事さえできませんでした。


コンビニで買い物してから元カノを部屋に入れてしまいました。


「わぁ〜凄い綺麗にしてるんだね!」

とソファーに座る元カノ。


ミニスカートだから太ももが露出しまくりです。


でもそんな事はお構いなしらしく、露出したまま座っていました。


「彼女が掃除してくれるからね」

と言いながらまた乾杯。


しばらくして昔の写真を出してきて、それをネタに2人ではしゃいでました。


写真を見てる時なんて、少し近付けばキスできちゃうぐらいの至近距離です。


甘い女のニオイを嗅ぎ、恥ずかしいですが勃起してました。


あぁ・・もう我慢できそうにない・・・と思ってた矢先、彼女から電話がありました。


「彼女だから静かにしててくれよ」

とキツく言って、俺は彼女の電話を出ました。


彼女は何の疑いも無く、疲れてるだろうから早く寝なよと気遣ってくれました。


あぁ〜〜すげぇ〜罪悪感・・・と思いつつ、無理して喋っていたんです。


女って電話好きじゃないですか。


寝てねと言いつつ友達との話をし出した彼女。


うん、うん、と相槌をしつつ聞いていました。


ふと視界の隅で動き気配があったので振り向くと、元カノが床をハイハイしながらこっちにやってきます。


「なに?どうした?」

と焦りながら口の動きだけで尋ねました。


美佐枝は

「シーッ」

と口に人差し指を当て、ニヤニヤしながら近寄ってきたんです。


「待て!何してんだよ!おい!」

と声を出さずに言いましたが、なんと美佐枝は俺の太ももに頭を乗せてきたんです。


思いっ切りヒザ枕状態になりやがって、しかも喋ってる俺を下からニヤニヤしながら見てるんです。


さすがに焦りまくりでしたが、彼女に察せられるのが怖いわけで。

 

相槌を打ちながら動きましたが、完全に動こうともしない美佐枝。


もういいや・・・と諦め会話をしていると、今度はスエットの上から股間も揉み揉みし始めたんです。


彼女との会話でやっと萎え始めたチンコを、美佐枝が揉み出したわけです。


焦った俺は腰を引いて逃れようとしましたが、そうするとチンコをガシッと掴んでくる始末。


「やめろって」

と声に出さず抵抗する俺を楽しんでいるかのように、美佐枝は揉み揉みしまくりです。


遂には俺の意思とは関係なくチンコは元気ハツラツ。


「おっきくなったよぉ〜」

と口だけで言う美佐枝は、なぜか嬉しそうでした。


なんでこんな事するのか・・・昔の美佐枝からは信じられない行動でした。


「やめろってば」

と何度も抵抗する俺に、いきなりホホをプクッと膨らませた美佐枝は、いきなりスエットを擦り下げやがったんです。


スエットとトランクスのゴムを掴んで引っ張るもんだから、思いっ切り勃起したチンコが顔を出してしまいました。


「ダメだって!やめろってば!」

という俺に、

「勃ってるぅ〜〜」

とからかう様にはしゃぐ美佐枝。


腰を引こうとした瞬間、美佐枝が亀頭にキスをしてきたんです。


思わず俺は

「んはっ」

と変な声を出してしまいました。


「どうしたの?」

と彼女に聞かれ

「お茶こぼした!」

と必死に言い訳。


その頃には亀頭を舌でベロンベロンと美佐枝は舐めていました。


付き合っていた当時からは信じられないほどの舌の動かし方で、ホントにコイツは美佐枝かと疑いたくなるほどウマい。


俺を見上げるエロい顔には、昔の面影なんて残って無かった。


俺をおちょくるように亀頭を舐め回し、俺は会話に集中できなくなってた。


「でねぇ〜・・・聞いてる?」

彼女のツッコミに

「んっ?あぁ〜聞いてるよ」

と、快楽と現実の世界を行ったり来たり。


その反応が楽しいのか、美佐枝のフェラは激しさを増していった。


気がつけば根元までチンコを咥えていて、口の中で舌をローリングさせてた。


絡み付く舌が気持ち良過ぎて、彼女との会話がまったく聞こえない。


そんな俺の態度を

「疲れてるんだね」

と勘違いしてくれた彼女。


早く寝てねと言われ電話を切った。


「美佐枝何してんだよ!バレたらどうすんだよ」

「えぇ〜っ・・・だって楽しいんだもん。

バレなかったんでしょ?」

「そりゃバレてないと思うけどさ。

いくらなんでも・・・」

文句を言いつつ俺は美佐枝にチンコをしゃぶられっぱなしだった。


「ホントに彼女としてるのぉ?こんなにカチカチになっちゃってさぁ」

「してるよ、ただ最近は忙しいから会ってないだけで」

「じゃっ溜まったアレを沢山出してあげるね」

促されるままベッドに移動した俺は、美佐枝にあっという間に全裸にされた。


美佐枝は洋服を着たままだったが、そのまま覆い被さってきて猛烈なキスをしてきた。


あの頃のウブなキスしか記憶にない俺は、美佐枝の貪欲で卑猥な舌の動きに興奮した。


文字通り 

「舌にしゃぶりついてくる」

キスをされ、自然と手は美佐枝の胸にいってた。


久し振りに揉む美佐枝の胸。


ブラのせいか少し固く感じたが、やっぱり昔通りの大きさだった。


美佐枝は俺に胸を揉まれ、鼻から抜けるような吐息を洩らしつつキスをする。


まるでAV女優のように舌を出し、ベロンベロンと舐めてきてた。


「んぁぁっ・・アツくなっちゃった・・・」

俺の上に跨って座ったまま、見下ろすような感じで洋服を脱ぎ出した。


脱ぎ方までエロくなった美佐枝は、焦らすようにゆっくりと服を脱いでいった。


上半身がブラ1枚になった時、またキスをしてきて

「取って?」

と。


ホックを外すと目の前に懐かしい美乳が現れた。


少し垂れてきちゃった・・・という美佐枝の胸は、昔に比べたら少し垂れたけど、それでも美乳レベル。


思わず手を伸ばし柔らかい巨乳を下から揉みあげた。


乳首を指先で転がし、俺はもう無我夢中で胸を見てた。


その俺を見ながら美佐枝はスカートも脱ぎ、ゆっくりとパンスト・パンツも脱いだ。


お互い全裸になってまずは抱き締め合って、体温を肌で感じた。


抱き締めてみると当時のままの感触だったから、スタイルを維持してるんだなぁ〜と漠然と思った。


もうこうなると俺も美佐枝を求めてしまい、俺が上になってキスをしながら巨乳を揉んだ。


美佐枝はチンコを握り、シコシコと手コキをして応えてくれる。


こんなにエロくなるとは思わなかったな・・・と昔を思い出しながら体を舐めてた。


それで

「あれっ?」

と思わず声が出たんだが、なんと美佐枝はパイパンだった。


脱いでる時はオッパイにしか目がいってなかったらしく、体を舐め初めてやっと気が付いた。


「剃ってるの?」

「うん、旦那が剃れっていうから」

「じゃ年中パイパンか?」

「もう剃ってるのと脱毛してるので大変なんだから」

懐かしい美佐枝のオマンコを、両足を広げてジックリ観察してみた。


パイパンになっているから全てが丸見え。


やっぱりビラビラが昔より大きくなってる感じがした。


それより膣から透明な液体が滴り落ちそうになってるのを発見。


指ですくってクリトリスに塗り、指先で転がしてみた。


もともと陰毛は薄かったんだけど、剃り残しとか全く無い綺麗なパイパン。


クリを触りながら割れ目を指で左右に開いてみると、赤く充血したオマンコがパックリ。


「昔さぁ〜俺が舐めようとしたら毎回嫌がってたよな」

「うんっ・・・だって恥ずかしかったんだもん」

「今じゃ恥ずかしくも無く舐めて欲しいって?」

「えへへっ・・・舐めて欲しいっ・・・」

両手でオマンコを左右に開き、クリトリスから膣へゆっくり舌を這わせていった。


ヒク付く腰を見て

「感じてるんだなぁ」

と妙に冷静な気持ちになりながら、膣穴や尿道付近を舐め回した。


今の彼女がクンニ好きで、クンニでイカせる事に変な闘志を抱いてたんだよね。


そのおかげで今じゃクンニで彼女は昇天するし、あれこれと嬉しい事も時々あったりするんです。


そのワザを見せつけてやる!と本気でクンニしてやりました。


初めのうちはそんな反応を示さなかったけど、途中からの悶えっぷりには正直ビックリした。

 

なんせ清楚だったあの頃の思い出が残ってるもんで。


シーツは握り潰してグチャグチャにしちゃうし、仰け反るわ腰はクネラセルわで動きまくり。


隣に聞こえるから・・という俺の忠告も忘れ、かなりのデカい声で喘ぎまくってた。


汁もドクドクと溢れるぐらい流れ落ちてくるし、まだ指を入れる前にデカい声を発しながら昇天。


すかさず指を入れて膣内とクンニの両攻撃。


調子にのるもんじゃないなと後悔しました。


中を刺激しまくりだったから、2回目の昇天時に潮をふいたんです。


しかも

「出ちゃう」

とか一言もなしで。


噴いた美佐枝自身もビックリだったらしく、ブシュッブシュッと出しながら腰を引いて堪えたっぽい。


それでもベッドには30cmぐらいの大きな染み。


我に戻った俺はすぐタオルを濡らして持ってきて、とりあえずシミ抜きみたいに叩いて拭いた。


その後はバスタオルを敷いたんだけど、妙に冷静になっちゃってw

美佐枝も

「ゴメンね・・・」

とテンション下がり気味。


「噴くなら出るとか言いなさいよ・・・」

「だってぇ〜・・・・出た事ないんだもん・・・」

「マジでか?」

「うん・・・舐めてもらってイッたのも初めてだし・・・」

この時の優越感と言ったら・・・ねぇw

こんなにエロく様変わりした元カノなのに、28歳にして初めてクンニでイカされたとか・・・最高でしょw

イカされたからなのか、初めて潮を噴かされたからなのか、なぜか美佐枝はしおらしくなってた。


「まぁ〜まぁ〜サワーでも飲みなさいよ、出ちゃったんだし」

とサワーを半分渡した。


「なんか昔よりイジワルになってるなぁ〜」

とサワーを飲む姿を見て、やっと昔の美佐枝が垣間見れた気がした。


全裸のままダラダラ喋ってると、今度は突然美佐枝の携帯が鳴った。


「あっ!旦那だ・・・シーッだからね」

そういって全裸でオッパイを揺らしながら携帯に出た美佐枝。


「もしもし〜うん、今?今ヤスエの家だよ、もう寝てる・・・うん、うん・・・」

どうやら家に帰って無いのがバレたらしい。


静かに見守っていたが、会話を聞いてると美佐枝の方がなんか強気。


おっぱいプルプルさせながら何言ってんだよ・・・と思うと、無性にイジめてやりたくなってきた。


さっきのお返しだな・・と思い、美佐枝の隣に座った。


美佐枝もすぐに察知したらしく、ダメダメと手で俺を押し退けようとする。


そんな事は関係なし!という事で、押し倒して美佐枝を寝かせた。


両足を掴んで閉じようとする足を開き、問答無用でクンニしてやった。


美佐枝の声が時々変に上がったりするから、気持ちイイのを堪えてるのが手に取るように分かる。


もう足には力が入って無くて、電話しながらのクンニを受け止めてるみたい。


舐めながら美佐枝を見ると、ダメダメと首を振ってた。


強気な美佐枝はそこにはいなくて、ただのM女みたいなノリ。


さてどうなるか・・・と膣に指を1本だけ入れて、クリを中心に舐めてみた。


さすがにコレはヤバいらしく、苦しそうな悶え顔。


グチョッグチョッと音も鳴るから、少しゆっくり目に動かしてみた。


美佐枝の腰はクネクネと動き、騎上位で腰を振ってるようなグラインドまでする。


クリトリスの周辺も一緒に強く吸い付いてみると、明らかに

「あぅんっ」

という声を出した。


その言い訳を必死にする美佐枝を見ながら優越感に浸り、またスローペースでクンニしてやった。

 

やっと電話を切った瞬間

「マジで危ないってば!」

という美佐枝。


そこからまた一気に指マンとクンニを加速していくと、今度はちゃんと

「出そう」

といった。


出されたら困るから中断し、顔の近くにチンコを移動させた。


もう待ってましたとばかりにチンコに食らいつき、シックスナインで舐め合った。


「ねぇ・・っ・・・もう入れてっ・・・」

初めて催促された。


ちょっと待ってね・・とゴムを探そうと立ち上がった。


ゴムをつけようとしていると

「ゴムはイイよ・・・信じてるから」

という。


どうせ旦那ともつけないし、病気とか無いでしょ?と。


ヤバいだろ・・と思いつつも、性欲に負けてしまいました。


昔はいつも生でしてたけど・・・とか言いつつ生挿入。


正常位で腰をゆっくり動かしながらキスしてたら、なんと彼女の方が爆裂し始めた。


「もっとっ・・!もっとしてっ!」

と俺を睨むような感じで見てきたかと思ったら、いきなり下から腰をグラインドさせてきやがった。


さすがにこの動かし方にはビックリしたが、俺は巨乳を鷲掴みにして止まってみた。


美佐枝は勝手に下で腰を動かしまくり、クリトリスを擦り子宮に亀頭が当たるよう動いてた。


「何勝手に動いてんだよ、どうやったらそんなにエロくなるんだ?」

「だってっ・・・んぁぅっ・・・だってぇ・・・っ」

やっぱり騎上位が1番凄かった。


俺の胸の上に手を置き、グリングリンと戦後左右に腰を振りまくり。


巨乳をブルンブルンさせるもんだから、俺が代わりにガッチリ掴んで揉みまくり。


強く揉まれると興奮するというから、強く掴んで指の間から乳首がムニュッと出るほど掴んでやった。


「ダメッ・・・イッちゃうっ・・・イッちゃうっんっ・・・・!」

騎上位で勝手に腰を振り、大絶叫のまま昇天した美佐枝。


グッタリ俺に倒れかかってきて、ゼーゼー肩で息をしてた。


疲れてしまった俺は正常位に戻ってから腰を振りまくって、最後は腹に発射させてもらった。


もう何度もイッた美佐枝は満足だったみたいで、俺にも早くイッてと言ってた。


お腹に出た精子をティッシュで拭き終ると、美佐枝はお掃除フェラをしてくれた。


もうその時チンコがヒリヒリしてたからウケる。


全裸のまま爆睡しちゃって、気が付いた時は朝。


急いでシャワーを浴びて着替えて、美佐枝と一緒に駅に向かった。


「また遊ぼうよぉ〜」

と駅に歩いている時美佐枝は絡んできた。


「朝からジャレてくんなよ」

「えぇ〜イイじゃん、遊ぼ?」

「分かった分かった。

またメールするから」

「旦那が出張の時は遊んでね?」

「彼女と遊んでなきゃね」

「会ってくれたらご奉仕してあげるからぁ」

朝っぱらから全開だった美佐枝を見て、ホント女って変わるもんだなぁ〜とつくづく思った。


彼女には申し訳ないけど、また多分会っちゃいそうな気がする。