00089
会社の仲間と居酒屋へ行った時の事。

みんな仲良くて、色々なバカな話や仕事の事、どんどん盛り上がり、みんな酔っ払ってました。

その中で、20の後輩が、もうフラフラで、あまり呂律が、まわってなかった。

「そろそろ」

と後輩が嫁に電話をして、

「迎えにきて」

と電話をしました。

私は、この嫁を初めてみた時から、気になってしょうがなかった。

正直、電話をしている時には、あの娘が来るんだと思うと、ドキドキして酔いが覚めるほどでした。


後輩の携帯に

「着いたよ」

と連絡が入り、

「そろそろ帰ります」

と言うと、悪酔いした同僚や先輩達に、

「もう一杯いってから」

とか、後輩夫婦の馴れ初め時の話をしろなど、なかなか帰らせてもらえないようでした。

私は、一目でも嫁をみたくて

「腹が痛くなってきたからトイレ行って来るからまだ帰るなよ」

と言って、トイレに行くフリをして、外にでました。

そして、後輩の車を見つけると、嫁を見ました。

やっぱりかわいいなーと思って見てると、話をしたいと思い、嫁の美佳ちゃんの所へ行きました。

美佳ちゃんは、私に気付くと「こんばんわ」と、この礼儀正しいとこも好きだなー。

「後輩は結構酔っててフラフラだよ」

「考えて飲んでねって言ったのにすいません」

「気にしなくていいよ、それより、みんなに捕まってるから、もう少し待ってあげてね」

と会話が進んでいくうちに、美佳ちゃんとヤりたくなり、

「あれ?車の中綺麗にしてるね。チョットいい?」

と言うと、助手席のドアを開け

「俺も、こんな車に乗りたいなー」

と言いながら、助手席に座って、オーディオなどを見てるようにしながら、美佳に抱き付いた。

「え?何ですか?」

と驚いていたが、軽自動車でせまかったけど、座席を倒してキスをした。

「ちょっと〇〇さん」

とまだ事態が分かってない隙に、強引だったけど、美佳ちゃんを持ちあげて後部座席へ移動させ、すぐ運転席の座席を戻した。

これで少し広くなった。

今度は美佳ちゃんに覆い被さり胸を揉む

「服のうえからだけど柔らかいね」

美佳は

「イヤーちょっと」

と叫んでいた。

そして、素早くズボンを脱ぎ、美佳ちゃんを座らせ、その横に座り後頭部を無理矢理ペニスにあてた。

美佳は

「んーんっ・・ん」

と口を開けない。

そろそろ時間がヤバイと思い。

周りを見て誰もいない事を確認すると、美佳の単パンをパンティーごと力任せにずらした。

そして、指に唾液をつけ、美佳のマンコにつけ、指を入れた。

「あー・・やだ」

と言っていたが、その声もかわいい。

そして、両手を押さえて、マンコにあて、カリまで入れると

「イ・・ヤ・」

と言っているが、この感触が最高だった。

「美佳ちゃんとヤりたかったんだ」

そして、抱き付き少しづつ挿入した。

奥まで入ると、ゆっくりと腰を動かし始めた。

「美佳ちゃん気持ちいいよ」

「あん・・やだ・あっ」

「かわいい声だして・・気持ちいい?」

「や・あっ・・あん」

あまりの気持ち良さに、動きを早め

「イキそう、気持ちよすぎる」

「あん・だ・・めぇ」

そして、思いっきり押し付けて、キスをし舌をいれ、美佳の口内をなめまわしながらイッた。

そして、美佳が放心状態の間に体を離し、携帯で写メを、三枚とり、

「バラしたら、わかるよね?」

と言い、美佳に単パンをはかすと、車を駐車場から、2件隣りの駐車場へ移動させた。

そして、また美佳の服の下から手を入れ、キスをしながら揉んだ。

ほんと、思ってた通り柔らかくて、気持ちよかった。

唇を離すと

「もうやめよう?」

と言ってきた。

「やめたら、美佳ちゃんが、後輩のとこにもどってしまうから嫌だ」

「やめてくれたら、忘れるから」

「とにかく自分のものにしたい」

「駄目だって・・んっ」

また、キスをした。

そして、上着を捲り乳首に吸い付いた。

「あん・・だめ・あん」

美佳は敏感みたいで、こんな事をしているのに、自分の彼女のようだった。

どの位乳首を舐めたのだろう。

美佳の携帯がなっていたが、構わず単パンを脱がし、座席にもたれかかせたまま挿入した。

今度は、焦らず腰を振った。

「あ・・あん」

動きを早くすると

「や・あ・・あーっ」

イッたようだ。

また、ピストンを始めた

「あん。あん・・お願い・あっ・・やめっ」

私は構わず動かした。

美佳が三回イッた頃には、美佳に、力は抜けていた。

ハァハァと息を切らしている美佳に

「気持ちいい?」

と聞くと

「・・・」

ハァハァ言って返事がないので、またピストンを始めたら

「あん・あん」

と言い始めたので、動きを止めて、

「気持ちいい?」

と聞くと

「…気持ちいい」

と言った。

私は嬉しかった。

「おいで」

と言って美佳を起こし、

「舐めて」

と言い、美佳の頭を優しく股間に持っていった。

美佳はそのまま、私のペニスを咥えた。

チュパチュパと吸ったり舐めたりしながら上下に動いてくれた。

このままずっと一緒にいたかった。

フェラをしてくれている美佳に

「今更だけど、こんな事してごめんな。かわいい後輩の嫁だから、いけないとは分かっていたけど、初めてみた時から好きになって、ずっと辛かった」

美佳は、何故か優しくフェラをしてくれた。

そして、口の中に出すと

「出していいよ」

と言ったが、飲んでくれた。

どれくらいか、美佳を抱き締めていた。

そしてキスをして

「さすがにバレそうだから行くね」

と言い

「ありがとう」

と言って、仲間には腹が痛いから帰ったとメールを打ち、美佳とは別れました。