00263
年始に彼女(A)と友達の(TとH、2人とも男)の4人で温泉に行った。

みんな専門学校の友達で、卒業してからも未だによく酒を飲んでいる。

今回も、せっかくの休みだから温泉で酒を飲もう!という感じで1泊2日。

温泉に浸かったら、後は豪華な夕飯を肴にとにかく酒を飲んだ。

で、2時間もするとみんなベロベロ。

Tはさっさと眠り始め、しかもはだけた浴衣からトランクス越しに分かるぐらい勃起してやがる。

みんな大笑い。


悪乗りして、トランクスずらして丸見えに。

そして写メ撮ったり、刺身についてた小さい菊の花を乗っけたりと、とにかく悪戯の限りを尽くした所で友達が

「Aちゃん、可哀そうだからイかせてやんなよ(笑)」

とか抜かしやがる。

彼女も

「え〜だって・・・」

と言って俺を見る。

待て、俺の反応次第では気持ちよくしてやるってことか?

酔っ払った頭をフル回転させて、色々考える。

気まずい事になる気もするが、一度乱交はしてみたかった。

相手もこいつらだし。

「よし、色々やっちゃったからな。仕上げにイかせちまえ!」

と、可能な限り明るく言った。

俺の許可が出ると彼女は

「え〜じゃあ、手で」

と、ちょっと恥ずかしそうにサワサワし始めた。

友達のチンコを彼女が触ってる!

そのシチュエーションに、俺フル勃起。

サワサワがシコシコになると、Tが目を覚ました。

すげぇビックリしてたが

「Aちゃんが抜いてくれるってよ」

とHが言うと

「まじで!?」

と、すげぇ嬉しそうにしやがる。

「Y(これ、俺の名前)のよりちょっと大きいね」

「そんなことねぇだろ」

と、俺もチンコを出し、

「よ〜く比べてみな」

と、片手で俺のをしごかせる。

元々乱交願望のあった俺さ。後はどうにでもなれだ!

「俺のもしてよ」

Hも全裸になった。

彼女がまた俺を見る。

「みんなで気持ちよくなろう」

と彼女を抱きしめるように愛撫した。

股間に手を入れると予想以上に濡れていて、ちょっと悔しかったけどすごく興奮した。

後は順番にフェラされて、俺がゴムを持ってたので順番にセックス。

俺の目の前で、彼女から腰を落としてチンポを挿入させていく姿にすごく興奮した。

俺の前なのに平気で他の男のチンポを楽しめる彼女のエロさに嫉妬と愛しさ半分半分だ。

全員がイッたところで温泉に。

今さら恥ずかしがることも無いので、人のいない男湯で混浴。

セックスまでしたのに、なぜか恥ずかしがって入浴してる彼女に萌え。

再勃起。

今度はじっくりとフェラしてもらい、それぞれ手コキだとかフェラだとか、一番好きな方法でイッた。

寝る時はさすがに他の2人とは隔離。

俺達の部屋に戻り

「凄いことしちゃったね」

と言って抱きついてきた彼女がすごく愛しい。

「大丈夫。今日の事は2人でしたくてしたんだから。誰とどんなことしちゃってもAが大好きだよ」

と全力で抱きしめ返した。

で、次の日なんだが、予想以上にみんな普通。

ちょっと気まずくなるかと心配したが、昨夜の話も普通にできてしまうTとHと彼女にGJ!って感じ。

これがキッカケで俺と彼女が別れたりしたら嫌だが、もしまたできるなら是非したいとぶっちゃけられたし、彼女も俺が良いならまたしても良いと言っている。

正直言って、俺もまた複数で彼女を汚したい。

「まぁ、お互いに良ければ良いんじゃねw」

と、とりあえず友達関係、彼女との関係が悪くならないなら続けてみることにした。

で、タガが外れたというか、帰りの車中でフェラしてもらい、ムラムラした俺の提案でラブホへ直行するも、複数人での入室を断られ撃沈。

欲情に任せて、人気のない海岸線の駐車場で代わる代わるした。

もう、複数でするのに何の躊躇いもないビッチでエロい彼女が愛しすぎて困る。