00371
先輩の奥さんは僕より1つ年上で31歳。

色が白く凄く可愛くて、それでいて肉感的でセクシー。

下手な芸能人より圧倒的に全てが整った女性、まさに完璧な女。

ただそれが先輩の奥さんと言うだけ…。

僕はいつか奥さんの裸を見てみたいと、心底狙っていた。

と言うのも、以前先輩の携帯をそっと見た時に、写真データの中に奥さんのセクシーな見えそうで見えない下着姿が写っていたからだ。


内緒であれを見てから、僕はずっと狙っていた事があった。

それは先輩のPCだ。

デジカメ好きの先輩なら確実に奥さんの裸を保存してる!と踏んでいた。

とある夜、その時はやって来た。

先輩の部屋に遊びに行った時、丁度先輩が電話で呼び出され、部屋には僕一人!猛ダッシュで先輩のPCを開いた。

セキュリティも何もなく、マイピクチャーを開くと、明らかに怪しげなフォルダを発見!

すかさず覗いてみると…予想通り、夢にまで見た大好きな奥さんの恥ずかしい写真が、ゆうに500枚以上はそこに保存してあった。

普段の何気無いショットから、全裸オールヌードまで、奥さんの全てがそこにはあった。

想像をはるかに超えた巨美乳、思ってたよりドッシリした腹。

ムチムチの尻。

唖然とする未処理の剛毛。

全てが想像とは違っていたが、良い意味で無茶苦茶に興奮し、余計に奥さんの事が好きになってしまった。

常にバッグに携帯しているCD‐RWを挿入し、大至急焼いた。

しかし、思ってた以上に容量が大きく、なかなか焼けない。

先輩が帰って来たら終わりだ!

焦る気持ちを抑え、必死で焼き上がるのを待った。

…完成!!先輩が帰って来る前に焼き上がり、何事もなかったかのようにPC電源を切った。

奥さんの全てをゲットした!そんなウキウキ気分でその日は帰宅。

勿論、帰宅後すぐに自宅のPCで開き、奥さんの恥ずかしい表情と顔に似合わないモジャモジャ剛毛を見比べながら3回も一人で処理をした。

…しかし、翌日。

なぜか先輩から呼び出しを食らい、ボコボコにされた…。

鼻の骨が折れて即日入院…。

どうやらマイコンピュータの履歴から、僕がPCを開いた事がバレたらしい…。

奥さんの写真を見た事は認めたが、僕がCDに焼いて持ち帰った事はバレてないみたいだ…。

二度と奥さんには会えないが、当分オナニーには困りそうもない…。