0312
大阪の某有名百貨店で働く38才の人妻と知り合ったのは僕がセールスをしてた時の事。


彼女は身長160cm位でボディは普通だけど、ヒップが肉付きのいい、スケベそうな人妻特有の体をしていた。

また、そのハスキーな少し低い甘えるような声はなんともイヤらしかった。

たまに作業中でこちらに背を向けて尻を突き出している時などは、タイトなスカートにバンティラインが出ていて、おもわずそのまま捲ってバックから犯してやりたくなるほどフェロモンがプンプン匂う女でした。


ある日、飲み会の二次会で男女10人位になるまでついてきた時、みんなかなり飲んでいて何組かいつの間にかチークダンスを踊っていたので、チャンスと思い、彼女を誘って一番隅っこで密着して踊った。

無礼講であのイヤラシイヒップを撫でまわして、人目を盗みながら大胆にも前から太ももを撫で上げてみたが、抵抗がないのでパンティ上からオマンコを擦りました。



チークダンスで人目を盗みながら、イヤラシイ人妻のヒップを左手で撫でまわして、右手はタイトスカートから見える黒ストッキングの美味そうな太ももを、初めは軽く、次に揉むように、そして徐々に上へと移動し、ついにパンティに。

彼女は嫌がりもせず、小さく揺れ動いてる。

右指二本でパンティの上を擦り回していると、パンストまで湿った感触が指に伝わってきた。


すると「ウゥン」と小さく甘えるような女の声。


かすかに匂う人妻の熟成された甘いアルコールの香り。


俺は「ヤりたい!」と思った。


・・・でも、社内の目があるので(出来るだけ自然に?)と間隔を空けては、不自然に何回も踊り触った。


お開きになって、皆ぞろぞろと店を出て行く。

最後の方で彼女に「終わったら、駅と反対方向の離れた場所に先に行って待っててくれ」と言っておいた。

少し遅れて皆には「タクシーで帰るわ」と見送ると、必死に目的地に向かった。


(居ないかもな・・・)と思いながらも、ヤりたい気持ちに後押しされて走った。


「居た!」

遠目でもわかった。


会うなり人妻の手を取って、死角になりそうなビルの暗がりに引っ張っていった。


「ヤりたい!」

壁に女を押し付けて激しくディープキスをした。


黒のタイトスーツの上から小ぶりの胸を揉み回す。

さすりながら下へ、スカートの中へ、パンストの上からオマンコを撫で回した。

強引に襲ってきた男に「いやぁだめぇ、ウゥン」と体をくねらす程度。


これはヤレルと思い、閉店した地下の店に降りて暗い階段に連れ込んだ。


(地上から見えない。

ここなら・・・)と思い、「大丈夫、見つからないから」と訳の分からない事を言いながら、立たせたままで、スカートを捲り上げて、パンスト・パンティを一気に膝までずりさげて、夜目にもわかる、黒々と繁ったオマンコにむしゃぶりついた。


重甘く淫靡で卑猥な匂いが、よけいに興奮を煽った。

夢中でオマンコを舌と唇で舐め回すと、アソコはもうグチュグチュ濡れ濡れになった。


「アァン、ウッ、ファ~」

女は俺の頭を掴み、その圧力が声と共に甘強くなってきた。

俺は立ち上がって、女を壁に手をつかせて後ろ向きにさせ、スカートを腰の上まで捲りあげ、想像通りの肉付きのいい丸~い卑猥なヒップを左手で鷲掴みにし、右手で“うまか棒”を握るとヨダレを垂らしたオマンコに擦り付け、鬼頭を膣口に持っていくと、穴の奥めがけて一気に突いていった。


「あっ、あーっ、う、うん」突いて「あぁん、あぁん、あぁん」突いて「フゥッ、フゥッ、フゥッ、フゥッ」突きまくった!

グチュグチュ・・パァンパァン・・・

ヌルヌルマンコに出し入れするチンポが甘く痺れるように擦れ、たまらなくなった俺は、より一層激しく突きまくりながら「イクゾ!ウウー」と言いながら一番奥に突き刺すと同時に精子を噴射した!

「クー!」

彼女は「エェ?エェッ、中に出したの?もぅダメだって言ったやん、もぅー、出来たらどうするのぉ」けっこう怒ってたけど、こっちは出した気持ち良さとヌルッと抜いた感触に酔っていて、あまり耳には入らなかった。