0654
僕たちは変態カップルです。

前から自分の彼女が他の男に・・・という妄想ばかりしてました。

そんなある日のこと、彼女の友達カップルと一泊旅行に出掛ける事になりました。

僕は33才、彼女は24才(Eカップ)の可愛い感じです。

友達の彼氏は25才のサーファーで、見た目は怖い感じでした。


海で遊んだ後、ホテルの部屋に分かれてくつろいでいると彼女の友達から電話があり、親戚が近くにいるから夕食は3人で食べて欲しいとの事でした。

3人で夕食を済ませてカラオケBOXに行き、歌とお酒で盛り上がってきたころ、友達の彼氏S君から過去の体験談をいろいろ聞きました。


内容はかなりのSプレイばかりで、僕たち2人・・・特に彼女は興奮してました。


S君は簡単な縛りから亀甲縛りまで何でも出来るみたいだけど、今の彼女が細くて縛っても物足らないらしいです。

僕の彼女はEカップで肉好きも良く、縛るには最高の素材だなって思っていたら、彼女が「縛られてみたい」って言い出しました。


S君は「あーいいよ」って僕を真顔で見るもんだから、つい「縛ってやって。

こいつかなりのエムだし」なんて余計な事まで言ってしまいました。


縛るといっても普通のホテルだから紐がありません。

コンビニで荷作り用の白い紐を買い僕達の部屋へ3人で帰りました。


早速縛る準備をしていたら、彼女が「どんな格好になるかみたいから縛られてよ」って、僕に言い出しました。


彼女が縛られるのを見たかった僕は渋々S君に縛られる事になりました。

服の上からだと紐が見えにくいという理由でブリーフ一枚にされ、両手を頭の後に縛られ正座させられました。


次はいよいよ彼女の番です。

ビキニに着替えてS君の前に立つと目を閉じてました。

S君がくるくる回りながら彼女を縛り始めたんですが、僕にした形と違って胸に2本きつく紐が入り、Eカップが飛び出しそうになってて両手は腰の後あたりで縛られていました。

あまりにもエロイ感じに仕上がったせいで僕のアソコはビンビンに立ってしまいました。

彼女はあきらかに目を潤ませ興奮してます。


S君は2人も縛ったせいで汗だくだったので服を脱ぎ始めたんですが、パンツまで脱ぎ、全裸になりました。


そして彼女の前に立ち「しゃぶってよ」と言いました。


彼女が僕を見るので「S君勘弁してよー」ってお願いしたら、僕の前に立ち「じゃあ代わりにやって」と言い、僕の顔にビンビンのアソコを向けてきました。


自分がしなければ彼女が危ないのと、一度してみたかった思いで口を開けました。

S君は何のためらいもなく僕の口に突っ込んで来て腰を振り始めたのです。

かなりむせながらも咥えていると何か興奮してきて、僕のアソコがビキニから出てしまいS君に見られました。


「えー男なのにチンポ咥えて興奮してるの?」と言われ、咥えながら頷きました。


この後、彼女と2人でS君に奉仕した話はまた書きます。