0385
大学3年生の夏休みのことです。


俺は当時、ダイニングバーのキッチンのバイトを始めたばかりでした。

彼女にはある程度料理がうまくなってからやってることを言おうと思っていたので、彼女Mにはバイトを始めたことを隠してました。

バイトを増やしたのも、近くにあったMの誕生日のプレゼントをちょっと奮発しようと思ってたんで余計に隠しておきたかったんです。


その日もダイニングバーでのバイトだったんですが、別でやっていた家庭教師のバイトって言っておきました。

もしかしたらサークルってウソついたかもですが、別にそんなことはいいっすね^^;
その日のシフトは俺は夕方6時から0時まででした(店自体は朝5時まで)。


で、その日俺がキッチンで働いていると、その店になんとMが来ました。


しかも男と二人で。


相手(A男とします)は彼女のサークルの先輩で、そのときはもう既に社会人になった人。

俺は直接の知り合いではないんですが、知り合いの知り合いみたいな感じで顔とかは知ってるって感じでした。

A男はMが俺と付き合ってるって知らなくて、Mのことを口説いたことがあるそうです。

普通に彼氏いるからって断ったらしいのですが。

Mからはサークルの女飲みだって聞かされたいて、男と二人で飲むとかはまったく聞いてなかったんで「は?」って感じでした。

一瞬その時に出ていってしまおうかと思いましたが、キッチン担当なので普通の動きをしてればホールに出て行くこともなかったし、店では新人でもあったので余計な動きはしづらいなって感じで、特に二人の前に出るとかはしませんでした。

今思えば、そこで牽制する意味でも料理でも持って行ったほうが良かったって思いますが・・・。


もう二人の様子が気になってしょうがありませんでした。

キッチンからはホールの様子はあまり見えなくて、動く場所によっては二人の様子が見えるって感じです。

で、なんやかんやお酒を飲んでました。

A男はビールメイン、Mはカクテルメインで飲んでいた気がします。

ロングアイランドアイスティーとか、強めだけど強く感じないようなお酒も何度か運ばれていき、俺は「なんだ?酔わす気か?」って思ってました。


二人の様子はすごく楽しそうでした。


その時点でも結構むかついていたので、帰ったら問いただしてやろうと思ってました。

で、大体二人が店を後にしたのが11時半くらいでした。

俺はまだシフトの時間が残っていたし、そのときはちょうど忙しい時間でもあったので、すぐに電話を入れることは出来なかったのですが、まあバイト終わったら連絡入れようと思ってました。

ってかそのあとA男とMがSEXするのはまったくの想定外でした。

なんか普通に考えれば十分にありうる話なんですが、Mのことを信用していたのでしょうか、そのときはそんなことは考えもしませんでした。

とりあえず、怒ってやるって気持ちだけ。


バイトが終わり、家に帰ると案の定彼女は俺のうちにはいません(当時はお互い合鍵作ってました)。

で、彼女に電話したけど全然繋がりません。

いつもはけっこう早く繋がるので、おかしいなと思いました。

別にいつも寝る時間でもないし。

おかしいと思うと同時に、彼女はSEXするときは携帯をサイレントにすることを思い出しました。

その時初めて、自分の中に変な感情が湧き上がって来ました。

嫉妬と表現すべきものなのでしょうが、嫉妬と呼ぶにはあまりにもグチャグチャしていて、混沌とした感情でした。


そのとき、携帯の着信がありました。

彼女からでした。

画面を見た瞬間、さきほどの一瞬の感情がスッとはずれてホッとしながら電話に出ました。

その電話はホッとするどころの電話じゃなかったんですが。

出てみると普通の電話とは少し様子が違いました。

すごく声が遠いのです。


「もしもし!もしもし!」って言っても何も反応がありません。


切ってこっちからかけ直そうとしたら男の声が聞こえてきました。


(こっから会話は完全に覚えてないので、ちょっと補完してるところもあると思いますが、できるだけ忠実にしておきたいとおもいます。


「Mちゃん可愛いよ」A男の声でした(A男の声わかんなかったけど状況からね)。


「んっ、んっ」

聞き慣れたあえぎ声でした。

Mの声でした。


また、俺の感情はグルグルしてまさしく頭に血がのぼったって言い方がぴったりだった気がします。


「きもちいい」Mが続けます。


「そりゃ、さっきMちゃんが気持ちよくしてくれたからお返しだよ」A男が言います。


(なに?さっき気持ちよくしてくれた?もうフェラは終わったの?)

・・・って冷静に判断してる自分がいました。


冷静っていうよりは、自分が二人いて一人が混乱する一方で、もう一人が判断してるってのがぴったりな気がします。

電話を切ろうと思いましたが、聞き入ってしまいました。

なんか人間わけのわからない行動をとってしまうものですね。


「あんっ、んっ、やだ、口はだめ」
「大丈夫だよ、俺の舌使いには定評あるから」

おい、A男なにバカなこと言ってんだよ。


「やだ、ん、なんかすごい・・・」ってM。

「彼氏とどっちがすごい?ってか彼氏だれだっけ?」
「彼氏は◯◯だよ、わかる?」
「あー、顔と名前は知ってる。

ってか大丈夫?ここ来ない?」
「多分、今日飲み会って言ってるし。

ってか今さらそんなこと、あっあっあっ・・・」

って感じだったと思います。

なんか思い出しながら鬱になってきた。

でも興奮してきた^^;

「で、彼氏とどっちがいいの?」
「A男さん・・・」
「じゃあもいっかいMちゃんがして」
「はい」
「きもちいいよ、Mちゃんうまいね」
「やん、してる時はさわっちゃだめ。

んっんっ・・・舐めれなくなっちゃいますよ」

なんか電話ごしなんだけど、結構会話って聞こえるんだなって思ってました。

まあ、俺自身ボリュームマックスにしてたけど・・・。

フェラも性感も俺が育てたものが他の人に使われてるって思ったら、ってかMが他の人とエッチしてるって思ったら、もうわけわかんなくなってきました。

もうその時から4年ほど経ってるんで、こんなに冷静に書けるんです。

しばらくはホント思い出すのが辛かった。

でも、こんなに覚えてるってのが、やっぱり自分の中では大きいのでしょうね。


「あっあっあっ、もうムリ。

入れて」Mの声がします。


「ん?なにを?どこに?」

それは俺がいつもMに言ってることだよ。

A男はSっ気があったんですかね。


「やだ、わかんない」
「わかんないわけないじゃん。

いいよ、言うまではずっと指でしてる」
「ああっ、いや、はっ、A男さんを私に入れてください」
「わかんない」
「A男さんのおちんちんを私のおまんこに入れてください」

そのセリフ俺が教えてんだよ・・・。


「はい、よくできました」
「あっ、すごっ、きもちいい」
「俺も気持ちいいよ」
「んっんっんっ・・・」

その時俺はもう我慢できなくなって、Mの家に向かってました。

でも電話は繋げたままで・・・。

電話からはもう会話はなくてあえぎ声だけでした。

Mの声がしてました。


で、家について、もう何も考えずに鍵を開けてドアを開けました。

ドアチェーンはかけてなくて、幸か不幸かすぐに部屋に入りました。

部屋に入ると二人が繋がってました。

二人とも目が丸くなってました。

俺はA男をMと離すと、思いっきり金玉蹴りました。

悶絶してるところに、顔を殴って倒れたとこを踏みつけました。

そのあと思いっきり、腹のあたりを蹴りました。


何発か殴ったりしてるとこでA男は謝りはじめました。


「すいませんでした。

すいませんでした。

許してください」

Mは泣きはじめました。


「A男さん死んじゃうよ」

そうして裸のMに抱きつかれた時にスーッと激昂が引いていくのがわかりました。

それからA男を部屋の外に追い出しました。


Mは泣きながら「ごめんなさい、ごめんなさい。

◯◯と別れたくない」と繰り返しました。


俺は何も言わずに前戯も無しで、Mの中に入れました。

ですが、しばらくしたとこで萎えてしまって、最後までできませんでした。


Mは「ごめんなさい、ごめんなさい」ってずっと言ってました。


A男が誘ってきてお酒の勢いもあって断れなかったらしいっす。


「お前、酒の勢いって、それ2度目もありうるから」って言ったら、
「絶対しない、ホント、信じて」って言ってきました。


「お前、エッチを目の前で見た俺が何を信じるの?」って言って平手打ちして帰ってきました。


そのあと、Mからはずっと謝りメールや電話が来て、ずっと俺の家の前で待ってました。

しばらくは俺の部屋の前にいてもシカトして部屋に入ってましたが、夜中になってもずっと待ってるので、部屋に入れました。


そして一旦許しましたが、半年してからそのことが原因なのかわかりませんが、俺の気持ちが冷めてしまい別れました。