0501
私は中学の頃から援◯交際をしていました。

出会いサイトで知り合った男と多い時で月2~3回はウリをしてたんです。

やめよう、やめようと思いつつも、ほんの少し我慢すれば大金が入ってくるのでやめられず、高校入学後も続けていました。

ある日のこと、昼休みに同じクラスで新聞部のYが私の席にやってきて、「これ見てみぃ」と言って写真を数枚見せてきました。

その写真には、私が援◯交際の相手の男と会っているところや、ラブホに入る決定的瞬間が写っていたのです。


「噂には聞いてたけど、まさかホントにウリやってるとはな~」

Yは小声でニヤニヤしながらそう言いました。



「その写真・・・どうする気?」
「バカなこと聞くなよ。

オレ新聞部だぜ」
「そんな写真、顧問の先生だって載せるのOKするわけないじゃん!」
「別に校内新聞に載せなくたっていいんだよ。

おまえん家に送りつけるとか・・・ね」

私は思わず黙り込んでしまいました。

親にだけは絶対バレたくありません。


「まぁいいや。

とりあえず放課後、3Fの男子トイレ前来いや」

そう言うとYは自分の席に戻っていきました。


放課後、みんなが帰ったあと、Yから指定された3Fの男子トイレに向かいました。

到着するとYは既に待ち構えていて、私は1番奥の個室に連れていかれました。

Yは入るなり、私の胸を触り出しました。

興奮しているのか、顔面は紅潮し、息づかいは次第に荒くなっていきました。


「あの写真、バラまかれたくなかったら黙ってヤらせろよ」

Yは胸を揉みながら、無理矢理キスをしてきて、舌をねじ込んできました。

胸を揉んでいたYの手が徐々に私のアソコの方へと移動し、ついにはパンツの中まで入ってきました。

さらに、Yは私のワレメに指を這わせてきました。


「何だよ、濡れてんじゃん。

気持ちいいのか?」

私が黙って陵辱に耐えていると、「返事くらいしろ!気持ちいいのかっ!?」とYは大声で怒鳴りました。

私が黙って頷くと、満足そうな顔をしたYは充血したペニスをバックからアソコに入れてきました。


「はあああんっっ」

固くなったYのペニスは想像以上に大きくて、アソコが壊れそうでした。


「締まりが凄ぇよ!」

Yのピストン運動が徐々に速くなり、私も認めたくはないけど、ちょっと感じてしまいました。

Yが深く挿入する度にアソコからはグチュ、グチュとイヤラシイ音が聞こえました。

私のももの内側を溢れ出た愛液がつたっていくのがわかりました。


結局私はバック→正常位→バックの順にYに犯された上、ハメ撮り写真まで撮られてしましました。


今後も写真をネタにYとの肉体関係が続くでしょう。

私には当分明るい未来が見えそうにありません。