0261
週に1、2度お邪魔しているお得意さんは家族で商店を営んでいる。


経営者である旦那さんは会合やらなにやらで、あまり顔を合わせることもない。

いつも奥さんが応対してくれる。

普段はお茶を出してもらって、30分くらいおしゃべりをする。

仕事の用件は最初だけで、あとは俺のつまらないギャグに笑って付き合ってくれる。

年は40歳前後かな・・・。

小学生の男の子がいる。

と言っても、昼間の時間帯だから男の子には会ったことがない。
一言で言えば、とっても清楚で綺麗な奥さん。

スラッとした体型でありながら、おっぱいは少し大きめだ。

腰はくびれていて、お尻は丸くて形がいい。


おしゃべりしながらも、視線はいつも頭の先から足の先まで気付かれないように楽しんでいる。


先日、とてもラッキーな事があった。

いつもはきちんとした服装なのに、その日は、カットソーとタイトスカートという格好だった。

ちょっとの時間、店を閉めて出掛けるところだったようだ。


そんな時でもいつもの笑顔でお茶を入れてくれた。

発注書に商品を記入してもらっている時にふとカットソーの胸元に目が行ってしまった。


前屈みになったことで、次の瞬間、胸元が広く開いてしまった。

一瞬金縛りにでもなったかのように、固まってしまった。

そう、奥さんのおっぱいが、まるで衣服をまとっていないかのように生々しいおっぱいが飛び込んできた。


「どこを見ているの?」と、優しい声にふと我に返った。


「えっ・・・」

言葉にならなかった。


「◯◯君はこんなおばさんのを見て、楽しいの?」
「あっ・・・」

なんて答えていいのか><

発注書を書き終えた奥さんは店のシャッターを閉めに行った。

そのガラガラという音に少しずつ冷静さを取り戻した。


「あっ、これで失礼します^^;」
「あれっ、忙しいの?」

「だって、奥さんはお出かけなんでしょ?」
「出掛けようと思ったけど、また今度にするよ」

「じゃあ、なんでシャッターを???」
「ねぇ、◯◯君、ちょっとここに手を入れてみて!」

そう言いながら、俺の手を取り、奥さんの胸元へ導いた。


何が始まるのか、期待で手が震えていた。

奥さんに導かれた俺の手は、ブラジャーに包まれていない部分を触ってみた。

柔らかい・・・それはまるで生クリームのようにふわふわしているおっぱいだった。


もっと奥へと奥さんは俺の手を引いた。

今度はブラジャーの間に手を滑り込ませた。

乳首に触れた瞬間、「あんっ」と奥さんは可愛らしい声を上げた。


しばらくその体勢で乳首とおっぱいを触らせてもらっていた。


奥さんは立ち上がるとキスをしてきた。

目を瞑って、唇を重ね、少しずつ舌を入れてきた。

もう理性も吹っ飛んでしまった。


ねっとりとしたキス、奥さんの唾液と俺の唾液が口の中を行ったり来たりしていた。


奥さんのカットソーをおっぱいの上まで捲り上げ、ブラジャーをずらした。

真っ白な肌に、やや小豆色をした乳首・・・。

この年齢では美しすぎる色、そして形も良すぎるほどだった。


乳首を優しく舌と唇で愛撫し、もう一方の乳首は親指と人差し指で摘んではおっぱい全体を揉んでいた。


「テーブルの上に寝て」

トロンとした目をした奥さんは俺に指示した。

言われたようにテーブルに寝ると、ベルトに手を掛け、スラックスとパンツを一緒に下ろした。


天井に向かって、いきり立っていた俺のものに唇を付けてきた。

舌先で鈴口をちょろちょろと舐めてもらった。

そんな愛撫に3分と持たなかった。


「出ちゃうよ」と訴えると、「ちょっと待って」と言って、奥さんは全裸になり、俺に跨いできた。


69の格好になり、俺は一生懸命奥さんのクリちゃんと穴の入口を舌で舐め回した。


体勢を変えた奥さんは、俺のものを持ち、亀頭で自分のクリちゃんを刺激した。

ヌルヌルの感覚が今にでも発射の合図を送ってしまうようなものすごい刺激があった。


クリちゃんへの愛撫に満足したのか、そのまま亀頭をスライドさせ、穴の入口に持っていった。

そして、俺のものは熱い密壷の中にゆっくりと入っていった。


白く柔らかな奥さんのおっぱいを下から揉み上げ、気持ち良さそうに顔を歪めている奥さんの表情を見て、俺のモノはぐちゅぐちゅの愛液と心地よい締めつけに、5分も持たず、奥さんの子宮の奥にたくさんの精子をぶちまけてしまった。


そして、今日も奥さんとの楽しいひとときを楽しんできた。

こんな素敵な奥さんと、こんな刺激的なエッチが出来るなんて不思議だよね。

旦那さんはなんでこんな素敵な奥さんを構ってあげないのか、本当に不思議だ。


来週も月曜日の早い時間からお邪魔する約束をしてきた。


これからはオナニー禁止の約束も。