0403
高校生の海里です。


自分で言うのもなんですけど、私はそれなりに美人で、成績も優秀だし、気さくなタイプで結構モテてるみたいなんです。

私の彼氏の“龍”もかっこよくて、頭も性格もよく、私たちは周りからお似合いだと言われてたんです。

去年の冬は、彼氏が交通事故で入院してました。

私は毎日お見舞いに行って、学校の話や一緒に宿題したりしてたんですけど、12月に彼氏の親友の“K”に呼び出されました。

Kも龍と肩を並べる人気の男子で、私もいい人だと思ってて、でも何故か彼女は作ってませんでした。
呼ばれた体育倉庫へ行くと、中にKがいました。


そして、私が扉を閉めるなりキスしてきたんです。

すごい力で抱き締められて、抵抗も出来ずにいると、口の中に舌が入ってくるのがわかりました。

絡ませないようにしてもムリヤリ舌を奪われ、そのままくちゅくちゅとディープしてしまいました。

やっと引き離されたとき、Kは床に座り込んでいた私の真ん前に座って言いました。


「高校入ったときから海里が好きだった、それなのに高校で出来た親友の中学からの彼女と知って、諦めようとしたけどダメだった」と。


そして彼氏にも言われたことのないような“愛の言葉”を囁かれ、唇を奪われた間にブラウスははだけていました。

そのまま私のFカップの胸をいやらしく揉まれ、舌を絡ませている間にいやらしい手がスカートの中へ這わせられるのがわかりました。

太ももを撫でられていても、彼氏の入院でセックスレスだった私はつい許してしまって、パンツの中に指が入るのを感じました。


そして、倉庫中に私の愛液の音が・・・

くちゅくちゅ・・・

「もっと声出せよ・・・海里の声が聞きたい」

私は耐えかねて、よがってしまいました。


「ぁっぁぁあん・・・Kぇ・・・はぁぁぁ・・・んあああ」

頭がボーッとして、ただ気持ちよくなりました。


スカートを捲くられ、上半身は裸で、私は髪を振り乱し、Kにしがみついて悶えまくり・・・。


口にKのアレが入ってきても、龍にするときと同じように舐めました。

そしてKの精液を飲み、Kに抱き締められたとき、ついにアレが私のオマンコに入ってきました。

ぬるっと入るとそれはとても大きくて、Kが腰を振ると私は大声で叫びました。

そしてKに跨り、上下に腰を振って彼が果てるまで続けました。

Kは何度も射精し、私は後でピルを飲みました。

私も何度もイッて、龍とKをオーバーラップさせてKを抱き締めてました。


そして次の日の朝、学校でまたKに呼ばれましたが、もうこれ以上ズルズル関係を持ちたくなかったので、放課後に見つからないようにして逃げ、彼の病院へ行きました。

隠し事してるのを龍に感づかれ、誤魔化しきれずに龍にみんな打ち明けました。

龍はKに対してすごく怒り、私も説教されました。


でも後はギブスをはめた右手をかばって、左手だけで私を抱き寄せてキスしてくれました。


龍とは続いてます。

Kも彼女が出来たらしいので、もう襲われないとは思います。


龍も今は元気で、たくさんエッチしてます。