0359
先日、寝ている友達の近くでしました。

そんなことはじめてだったのでとても興奮しました。


僕と彼女、僕の友達の3人で飲んでいたのですが、酒に強い友達がめずらしく酔いつぶれ、店からいちばん近い彼女の部屋に泊まることになりました。

僕と彼女がベッド、友達は床に横になった途端寝息を立てていました。


酒の酔いと友達が側で寝ているというスリルで僕は彼女の耳元で「したい」と言いました。

彼女は「何いってんの、やだよー」と、嫌がったんですが肩をつかみ僕の方を向かせました。

彼女は僕の胸を押し「ちょっとー」と抵抗したのですが、頭をつかんでキスをするとそれを受け入れました。

しばらく軽いキスをしてから舌を入れると、彼女から小さく「ん・・・」と息がもれました。
僕はTシャツの上から大きな胸を持ち上げるように触りました。

とても柔らかくて最高の手触りです。

彼女は「あん・・・ねえ、やめようよー」と小声で言いましたが僕は無視して、中指で乳首のあたりを軽くなぞりました。

体がかすかにぴくっとなり、乳首が固くなりました。

こめかみや首筋にキスしながら下に行き、乳首を軽く噛むと「あっ・・・」と体を震わせました。

僕は彼女をあお向けに戻しTシャツの裾から手を入れ固くなった乳首を何度かつまみました。

彼女は声を出さずに顔をしかめています。


僕は彼女の上にまたがりTシャツをたくし上げました。

彼女が「やだっ」といい手で胸を隠したので僕は手首を握り、彼女の肩の横に押さえつけました。

手首を押さえたまま胸に吸いつき、乳首を舌でころがしました。

右の乳首を舌先だけで舐めつづけると「あ・・・はぁ・・・」と声がしました。


僕は彼女の手を、自分の股間に持っていきました。

彼女はそれをきゅっと握り「起きるよー」と言いました。

僕は友達を見て、こっちに背中を向けているのを確認しました。

「大丈夫だよ寝てるって」と言い、パジャマのズボンに手を入れました。

彼女が僕の手を押さえ「だめだってー」と言ったので、左手で彼女の両手を握り枕に抑えつけ、右手をズボンの中へ入れました。


いつもなら最初は下着の上からさわるのですが、その時はすぐに下着の中へ手を入れました。

彼女が「やっ・・・」といい足を閉じたので人差し指と中指であそこを開き、中指を埋めていきました。

彼女は濡れていました。


「濡れてるよ」と耳元で言うと
「だって・・・」と言います。


僕はたまらなくなり腰を浮かして抑えていた彼女の両手を離し「俺のもさわって」といいました。

彼女がトランクスの上からぎゅっと握ると、ひとまわり大きく固くなり、腰が一瞬じわっとしました。


僕は彼女の閉じた足を右ひざでこじ開け、もう一度指を入れました。

とろとろに濡れた奥から穴を探り、中指を入れました。

あそこの肉が柔らかくゆっくりと動いています。

彼女から「あっ・・・」と声が出ました。

何度か指を出し入れすると動かすたびにくちゅくちゅと音がするようになりました。


「あ・・・んっ・・・あぁ」

彼女も声を出すようになってきました。


「起きるだろ、声出すなよ」と言うと
「もーいじわる・・・あっ・・・」とまんざらでもなさそうです。


僕は普段と違う状況に興奮して、入れるとすぐにいきそうだったのでしばらく指ですることにしました。

彼女の顔を見ながら指でするのが好きなんです。

頬が紅潮し目がとろんとして、普段は童顔でかわいいのにとても色っぽく見えるからです。


僕は普段と違う状況に興奮して、入れるとすぐにいきそうだったのでしばらく指ですることにしました。

彼女は両手で僕の肩をつかみ、時々力が入ります。

一度奥まで入れて中指を濡らし、人差し指と薬指を使ってクリトリスを剥き出しにしてからそっとさわりました。

つるんと丸い感触があり、彼女は「あんっ」と体をのけぞらせました。

その声が大きかったので僕は左手で彼女の口を押さえました。

口を塞いだままクリトリスを下から上へ何度かなぞってまた指を濡らし、クリトリスをなぞってというのを繰り返しました。

彼女も口を塞がれたままされるのに興奮したのか「んー・・・ん・・・んー・・・」とうめきながら体をよじり僕の肩を強く握り、目をぎゅっと閉じていました。


中へ入れる指を2本にすると、彼女は目を閉じたまま口を押さえた僕の手をほどこうと首を左右に振りました。

僕は口をもっと強く押さえ、2本の指を中に入れたままクリトリス側に曲げ押し付けるように彼女の中をかきまわしました。

彼女は体を何度もよじらせ「んー!・・・んー!・・・」とうめきまた首を左右に振り、僕の手が離れないのがわかると両手で僕の手をはがし、とろんとしたままの目で「もうだめ・・お願い・・・きて」と言いました。

彼女のパジャマとパンティを一気に脱がし彼女は僕のトランクスを脱がしました。

僕はぐちょぐちょに濡れた彼女の中にゆっくりと入りました。


熱くじっとりとしたあそこが僕のモノを締めつけ隙間なくまとわりついてきます。

あまりの気持ちよさに僕も小さくうめきながら彼女の中でゆっくり腰を動かしました。

彼女も口を塞ぐ手がなくなり「あ・・はぁっ・・」と声を出しています。

右手の指先を濡らしてからクリトリスに添え、腰をゆっくりと動かし続けます。


「あぁ・・・んっ・・・いや・・・」

じゅっ、じゅっという音がいつもより大きく響く気がしました。

枕元からゴムを取り、彼女にキスをしながらつけました。


彼女は待ちきれないように僕の手に自分の手を重ねていました。

彼女の中へ戻り、右手で胸をつかむようにもみ上げ指の間から出ている乳首に吸い付き「あんっ」と彼女の声を聞くと胸を揉みながら腰をまわしました。

クリトリスに添えた指も少しずつ動かしました。


「あっあっあん・・あっあっあぁっ・・」

彼女の声がだんだん大きくなり、腰の動きと重なります。


クリトリスから手をはずし腰の動きを速めると、彼女は僕の手首を強くつかんで「いやっ!・・やめ・・・やめてっ・・やめて!」と叫びました。

でも彼女の腰は僕の動きについてきています。

声が震えて、あそこは僕のモノをぎゅうっと締めつけてきます。

彼女の足を閉じさせ、ひざをまっすぐに伸ばしました。


僕は腰をちょっと浮かし、ぐっと奥まで入れました。


「ああっ!」

彼女がまた叫び、体を大きくのけぞらせました。

続けて奥まで突くと、彼女の奥の何かに先っぽがあたり僕の腰もじんわり温かくなってきました。

彼女の中をかき混ぜるように何度も何度も奥まで突きました。


「あっ!やあぁっ!いやぁっ!・・・・・・!」

彼女が息をとめあそこが小刻みにぴくぴく痙攣しはじめると僕も我慢できなくなり、彼女の中に何度も射精しました。


友達が起きていたのかどうかはわからないし、いつもよりも短い時間だったのですが僕も彼女もとても興奮しました。