0116
昔の家はふすまで仕切られてて、夫婦の夜の営みもままならなかっただろう。


それでもなんとかやりおおせたのは、昔は子供が夜更かしをしなかった・・・と言うより、おいらが過ごした昭和三十年代は夜更かしする材料がなかった。

テレビの普及率も低く、12時には放送が終了していた。

だいたい小学生で九時位ではなかったろうか。

だから秘密の守れないふすまで仕切られた和室でも子供が寝入ってしまえばなんとかなった。



でもソレもさすが小学生までで、子供が勃起し始めたり、精通がある頃になると狸寝入りの子供のすぐそばで夫婦の営みが執り行なわれる事となった。

あの頃の子供の性の知識の仕入れ先はテレビでも新聞でもなく、母親が読んでいた婦人雑誌が多かったような気がする。

終戦後、国家主義から個人主義へと世相が代わり、『家族計画』なるものが出てきて、夫にその方面で協力させつつ妻も性生活を享受することが肯定されるようになった。

主婦の雑誌にも『避妊のやり方』と共に、夫との性生活の手ほどきや、相談記事が大手を振って掲載され、性に興味を持ち始めた子供が親の留守などによく読んだものだった。


かくいうおいらも・・・。


「最近夫が後ろから挿入したがります・・」
「私の性器にキスをしたりしますがだいじょうぶでしょうか?」
「夫婦生活はどれほどの頻度で営むのが正常でしょうか?」
「営みでどうしてもオルガスムスに達しないのですが・・」
「夫の早漏を直すには・・」
「夫は明るいところでしたがるのですが・・」
「夫にカラダを触れられただけで局部が潤ってしまい、挿入前にお手洗いへ立つので夫が嫌がります・・」

・・・とか、今なら話題にもならない事で秘事を想像し、包茎のチンポを硬くしてパンツを汚していたものである。

あの頃はパンツも布団の敷布も自慰で放出されたおいらの精液で黄色くなっていたのだが、母はソレについて何も言わなかった。


そういう記事は大抵綴じ込みになっており、開封しないと読めないようになっていた。

それを開けられていたということは母もその事に関心を持っていたということで、二重に興奮をそそる気持ちになるものだった。


うちの母は専業だったけれど、助産婦、保健婦の資格を持っていたので実際のやり方は知っていたろうし、いつだったか女性主体の避妊方法に『ペッサリー』というものがあって、子宮口のゴム製の蓋をして子が出来ないようにするやり方なのだが、雑誌に片足を椅子の上に上げ股を開いて女性がソレを膣の奥深く挿入する挿絵が載っていて、ソレを見て自慰を思わずしてしまった。

多分うちの母も父がワンマンだったからコンドームなる煩わしいものを拒否して、男本意で生で交合したろうから、ペッサリーなるものを母も自分で付けていたと思う。


・・・で、次回に中一まで両親と同じ部屋で寝ていたおいらが遭遇した父母の営みについて、またお話します。





父母の夜の営みに気づいたのはいつ頃か?

小学校の頃は朝起きると、父親が母親の隣りで寝ているのに気づく事があって「???」だったが、それが夫婦の営みに関係してると気がつくのは、中一になってからであった。

例えば、朝早く起きる母親が着替えるのを床の中から見ていると、寝間着の下に何も着けていなかったり、父の隣りから起きてきた時がそうであったり、それが伏線になって私の中で「なんでだ??」の疑問符が広がっていったような気がする。

そのうちに私は親の隣りの部屋で一人寝起きするようになった。


それから何日かしての夜、母親の弾んだような声が眠りにつこうとした私の耳に聞こえた。


「あなた、やる?」

父の返事は聞こえなかったが、私は直感的にどきっとして母親の言わんとする事を了解してしまった。

ふすま一枚隔てただけだから、がさごそと重なり合う気配や、「フフ~ン、へへ、ハア~ッ、チュ~バッ、ヒソヒソ、チュッ、チュッ」の言葉にならない気配は筒抜けに聞こえてきた。


もう心臓がドキドキして体が強張ってしまった。


そのうちに母親がうなされたようなため息を漏らし始め、「イイ・・そこ、いいよ」の声がはっきり聞こえ始め、「おとうさん、もっとゆっくり」とか、囁きが聞こえ始めたら、ミシミシと軋む音が聞こえ始め、そのうちにふたりが激しく運動する気配がしたかと思うと「いい、いって、私いきそうよ」と蚊のなくような母親の声がした。

・・・と同時に臆面もなく「ミシミシグラグラ、ハッハッ、ミッシミッシ」隠しようもない気配がしたきり、静寂が訪れた。


しばらくして、母親が手洗いに立つ気配がした。


初めて男と女のやる秘事に遭遇した私は朝まで眠れなかった。

怒濤のような響きと、睦み合う囁きに我を忘れ、硬く硬く勃起したものを上向いたまま、今起こったことを追体験しながら、熱い精液を掛け布団にぶちまけてしまっていた。

それから、なんとか、声や気配だけでなく、男と女の睦み合う場面を見たいと思い続けるようになった。

何せ、その頃は、マスコミにアソコの秘部どころか、オッパイすら載っておらず、大人の入り口に立った中学生の好奇心を満たすものは夜中の父母の“それ”しかなかったのだから。


中学に上がった秋のある晩、生まれて初めて、両親の交わりを見てしまった。

親戚の婚礼に二人揃って出掛け、深夜に戻ってき、多分冷めたお風呂に二人で入ったようで、珍しく母の嬌声が聞こえていた。


「早よ寝にゃならんから一緒に入らんか」
「ふふ、ええよ、新婚さんやね」

そんな若夫婦みたいにイチャイチャしながらお風呂の声が響いていた。

その後、なかなか灯火が消えないので廊下からもう寝たらとでも言おうと障子を開けようとしたら、隙間から・・・

「うふふん・・」
「いいやろ、どや」
「ほほ、いいわよ、いい、そ~」

・・・・・。


常夜灯ではなく、白々とした蛍光灯をつけて、父は仰向けになった母のオマンコを舐めまわしていた。

ひと通り済ますと、今度は母が仰向けになった父の勃起したチンポをしごきながら口に含み始めた。


「あ~、サービスいいのう、いつもこんなんだったら、なんでも買ってやるぞ」
「ほほ、それ忘れんといてね」

当時、母が35歳、父が40歳、子育てが一段落し、母の要求に十二分に応えられた頃であったと思う。

その後、灯りを付けたまま二つに重なり、正常位でヨイショヨイショやりはじめた。


「あ~、おとうさん、もっとゆっくりよ」

「こうか?」とか、ハァハァ云いながら、父は母のお腹の上で汗を流しながら腰を振っていた。


そのうちに、母が深呼吸をするように「はあ~っ、はあ~っ」と言い出したかと思うと、父の背中に両手を回し、両足も父に絡み付かせ、父が動けなくなるほど硬くしがみついて「いきそ、いきそ往って、って」と言い出し。

それと同時に父の腰のうねりが激しくなり、最後に硬く二人ともしがみついたまま、下半身を何度も震わせて死んだようになった。


わたしは射精寸前の父母の求め合う凄さに圧倒されてしまい、覗いている危険を忘れてしまっていた。

部屋に戻っても、精一杯女の官能を味わおうと腰をくねらせる母と、動物的なまでに愛する妻にに精液を注ぎ込もうともがく一匹のオスに化した父の姿が目に焼き付いてしまい、心の中で「すごい、すごい・・」とつぶやき続けていた。

随分長い間覗いていたようだったが、枕元の時計を見ると10分も経ってなかった。

その晩も自慰を盛大にしてしまった。


あの頃から私の下履きとか敷布団に黄色い地図が随分付いたはずなのに、母はそれをなんと思っていたんだろう。

まさか、自分たちの痴態を息子が・・・と思わなかったろうか。

でもあの晩は全く無防備に障子一枚隔てた明るい明かりの下でやってたのは、1日解放された余韻がそうさせたのだろうか。

私の妻でも、旅行から帰った夜なぞ、疲れているはずなのに、求めると待っていたように激しく交わりを求め、メスの要求が満たされるまで許してくれないものだ。


ひょっとしたら子供に見られているかも。