a11122343000050

以前彼氏と温泉旅行に行きました。




その温泉宿は露天風呂がある旅館。




温泉が大好きな私の一番の楽しみは、



夜に入る露天風呂も良いんですけど、



寝起きに入る早朝の露天風呂。




これが最高に気持ち良いんです。





旅行した季節が冬だったので、とても寒かったんですけど、



寒さが裸の肌に張り付くなか、暖かい露天風呂に入るのは



本当に最高に気持ち良いんです。




しかしそこでご一緒した年配のお客さんたちには、



ちょっと唖然とさせられたました。



さすがおばさんパワーって感じで。


最初は仲が良い熟年夫婦の会話からはじまったんです。


「ママー、景色はどおー?」

っと、年配の男性の声が、仕切の向こうから。


「景色いいわよー、○○川が素敵なのー。


奥さんがこっちから返事。


「こっちは山の風景だよ、○○川いいね、そっち見に行きたいなー。


「変な事、言わないのー、ほかのお客さんが居るのよー。


奥さん、苦笑いで周りを気にして、別の年配客が会話に割り込んで、

「いいですよー、ご主人もこっち、いらっしゃいよー。


「あぁー、いやー、やめときます、そこまで自信ないなー。


「あらぁ、自信って。

だったらこっちで、自信つけてさしあげますよー、いらっしゃいよー。


自信つけてさしあげるって、何すんの、私、吹き出して、

皆さんも、その奥さんも大受け、大笑い、男性客の笑い声も聞こえました。


「ママー、山の景色もいいよー。


主人が笑いながら

「そーね、私がそっち行こかー。


奥さんも可笑しさこらえてます。


それから、脱衣所に行って戻ってきた奥さんを見て、

びっくり、バスタオルを軍艦巻きにしてるんです。


本当に、男性露天風呂に行くんですかって感じ。


仕切壁の真ん中のドアを開けて、さっさと男湯に行っちゃって、女性客みんな、

「えー。


とか

「ひゃー。


とか叫んで大騒ぎ、大爆笑。


男性風呂は、会話が中断して、シーンとなったようでした。


露天風呂の仕切壁のドアのサムターン、

こちら側からだけ、開けることが出来たんです。


すかさず、そのドアを少し開けて、向こうを覗いてる人がいて、
こっち振返って、にこって笑いました。


奥さんは、すぐ、5分くらいでこっちに戻って来ました。


「お騒がせしましたー、さきにあがりまーす。


笑いながら、そう言って、脱衣所に上がりました。


一緒に温泉に行ってた彼に、後で聞いたら、

くつろいでた男性客たちが、あわてて前を隠した人もいたそうですが

奥さんに堂々と見られてた人もいたそうで、

その奥さん、バスタオルが湯の中でフワフワめくれて、


黒い陰毛が、ちらちら見えてたそうです。