kimamamh00222000004


兄の友達とやった 

幼なじみみたいなもんだけどそんなわたしに欲情してくれるというのは わたしも大人になったんだなぁと感慨深いw 






夏休み中に帰省した晩、兄から居酒屋に呼び出され飲むことになった。 

田舎の居酒屋でいつも閑散としているからその日もいつも通りサシ呑みかぁと思っていたら、兄の他に懐かしい顔が。 

兄の悪友であり、わたしからしたら小学校低学年から顔見知りの人だ。 

わたしが中学生の時に会ったぶりなので実に十年以上ぶり。 



礼儀も何もない間柄なので久しぶりーなんて近況をグダグダ飲んでた。酔ってきたら鼻筋通ってて結構かっこいい顔してるんだなぁなんてぼんやり思った。 





麦焼酎しこたま飲んで、三人してベロベロになってしまったのでうちの実家に皆で帰り倒れるようにして、同じ部屋に雑魚寝で就寝。 



起きたら昼。 

その友達は、用事があるからって帰ってた。得に気にもせず、二日酔いと戦いながら夜を迎えて次の日。 

またその友達がうちに遊びに来て三人で夜通し飲んだ。 

朝方に二人が潰れたのでわたしは一人庭に出て朝顔見てたw 

10分くらいボーっとしていると、その友達も庭に出て来て、わたしの横座ってタバコ吸い出した。 





『なにしてんの?』 

『朝顔見てたw』 

『朝顔眺めてる人初めて見たW』 

『わたしも初めてだよ』 



… 

沈黙 

… 



『昨日凄い酔ったよね、記憶ある?』 

『まったくないw』 

『マジで?じゃあ寝てからは?』 

『寝に入ったらもうわかんないよw』 

『あのさー…』 

『(嫌な予感するわたし)えっ わたし変なことしてないよね?!』 

『いや、してないっていうか、俺がしちゃったんだよね』 

『(血の気ひく)どこまで?』 

『寝てるとこキスしたらなんか反応が可愛くて。ごめん。最後までした。覚えてないかもしれないけど黙っておくのは悪いかなって思って』 

『えええええ!?』 





頭の中ぐらんぐらんして、この時本当に信じられなかった。兄の友達と?!寝ている兄の横で?!わたし覚えてないけど本当か?次スムーズにやる為の布石じゃないのか?策士め! 

って感じで混乱した 



わたし、その時起きた?なんて言ってた?ときくと 

内緒だよ、内緒だからねって言ってた 



ギャー! 

自覚してたのか! 

思い出そうと想像してあーとかうーとかヒエェとかひとりごちていたわたしを見てか 

あいつの妹なのに本当にごめんって兄友達がひたすらに謝ってたのがかわいそうになってきてつい抱きしてしまった 

それでついでになんとなく花壇に座り直して、キスし直してしまったw 





間を置かずして平日に、酒のツマミをお土産にして兄友達が遊びにくる。やたらと頻繁に遊びにくるので正直マズイなーと思った。兄もいつもと様子の違う友達に疑問を感じているようだし、むしろ端から見て明らかにこれまでと違うのに一言も尋問してこないのが既に変。

もしかして…やってたのバレてるか??背筋が凍る。 



明日は仕事だということで、兄も友達も12時くらいに解散。車でw 

わたしは一人後片付けをしていると、着信。兄友達から。 

『もう着いたの?早いね』 

『まだいるよ』 

『えっ』 

『家の前にまだいるから、出て来て』 



ここで会うなら、まずやるかやらないか自分で決めようと思った。流されてやるようなのはやめよう。 

シンキングタイム30秒。うん。まとまらない。こんな狭いコミュニティの中でヤバい関係性だけどやってみたい。やばいって。でも。いやいやマズイ。よし、わからないからとりあえず、会うか。 




車に乗り込み、ダーツバーに向かう。が、なんとわたしに身分証を提示しろと言う。 

たしかに汚い家着で髪の毛うざったいから前髪だけ柔ちゃんみたいに結っててファミレスにたまってる高校生みたいな格好だけど…私26歳ですよと。 

出かけると思ってなかったから手ぶらだし…。 

仕方なくバーを後にし近所の居酒屋へ。飲み屋でも駐車場が広い田舎特有の造り。 

ずっとキウイが食べたかったわたしはキウイフルーツ酎ハイというギャル酒を頼む。面倒なので兄友達もそれ。乾杯を済ませると兄友達が 

『会いたかったー』 

しまった好かれてたか。わたしは過去の彼氏と色々あり疲れてしまい、現在は恋人はいらない主義。好かれるくらいならお互い楽しいけど、イザコザになりたくないなと思った。 

こういうとき、土壇場で引いてしれっとした態度取ると、逆にあとひきテクニックになってしまって惚れられちゃうので、あたりさわりなく 

『そうだったんだ~』で受け流す。 



3、4杯飲んだところであまり饒舌ではない兄友達が 

『その、笑顔にやられたんだよね。笑ったときの唇が好き』と目を見ずに言い放った 



わたし、ちょっとドキドキしてまんざらでもないw 





ふと時計を見たら3時。 

お開きにして、家まで送ってもらう。軽く話して、じゃあバイバイまたねって言って少しの沈黙、アレ?キスされない?なんだよ、もどかしい、きっかけ作ろう。兄友達の髪を撫でた。 

何回かゆっくりさすると、兄友達の顔が近づいてきてキス。キスしながら自然にお互い体が傾く。兄友達の首に、腕をまわす。Tシャツ越しに私の胸を触る。徐々に強く揉まれる。荒い息遣いで強引なさわりかたが、求めてる!というようで堪らない。 





エンジンの消えた真っ暗な車の中でデニムを脱ぐと助手席でM字に開脚させられ、下着をなぞられる。 

「うわ、凄い濡れてる…凄いよ」 

そのまま身をかがめてクンニ。優しい舐め方が背中までビリビリ感じる。 

堪能していると兄友達が 

「前もきいたけど下の毛、どうしたの?ww」 

あー。忘れてた。前ふざけてパイパンにしたのが生えてきてたんだった。前もってことは、見たってことは、やっぱり前回もやったんだw 

恥ずかしくなりながら、固くなってるものを出して運転席に座っている兄友達に跨がった。





車の狭さにコツを掴めず手こずって無理矢理いれたせいか 

「すごいキツイ…」と切なく言われて余計に感じた。 





全部入って、ゆっくり動く。すっごい気持ちいい。自分の気持ちいいように、前後にスライドさせたり、深く奥についたり。気持ちよくって顔がトロンと溶けてきたんだと思う。 

ハァハァと息つきながら兄友達が、 

「妹ちゃんって、意外とスケベだったんだな…」と言いながらわたしのアナルに指を少し入れながらお尻を上下に動かしてきた。正直指入れは抵抗があるので、「いや、いや」と拒否すると「この間は、これが気持ちいいから好きって言ってたよ…」と抜かない。 





「あ、やだ、やだ」と言いながらも突かれる方が気持ち良すぎて、アナルを段々気にしなくなったことを良いことに第二関節まで入れられる。「あっ、やだぁ」と半泣きで懇願すると兄友達は指を抜いて舐め、「おいしいよ」と言った 



なんでさっきまで優しいセックスだったのに急に獣っぽいのー?とクラクラ。我慢できなくて、「後ろからして…」と大好きなバックをお願いしてしまった。シートを倒してお尻を突き出すと兄友達がグッと挿入してくる。最深部に到達するともう声が我慢できない! 

元彼との抜けない癖で気持ちいいと「喋ってしまう」 



「ああ、奥がすごい気持ちいいよぅ」「すごい、すごいよぉ」「気持ちいい、もっとしてもっとして」を連呼してしまう… 





「本当スケベだな…」と耳元で囁かれながら、兄友達に限界が来てわたしの背中に射精。 

ああ、生でしてしまった… 

少しイチャイチャしてからバイバイ。 



次の日兄に、「あいつすぐ帰った?」と誘導尋問じみたことをされるw 

帰ったんじゃない?と言っておいたが兄は納得いかない顔してた。 





一回目終了。 

 








間が開いて、週末。 

また同じメンツで家飲みをした前回と同じように深夜まで飲み続け、兄友達が潰れてトイレの友となった。 

何故こんなに潰れる飲み方をしているかというと、その時、カードゲームをしてビリは酒を一気(ショットグラス程度の大きさ)という遊び方にはまっていたから。 



兄友達はトイレに突っ伏したまま寝てしまい起きる様子がなかったので、放っておいてわたしと兄も居間に転がって寝た。 



意識もとんだ頃…しつこい足元の振動で起きる。目を開けるとわたしを揺らして起こそうとしている兄友達がいた。 





軽く酔っていたわたしは暗い部屋の中こっそり、というシチュ萌えしてしまい思わずマウントポジションとってそっとキスしてしまった。 なんでそっとしたかっていうと兄友達は吐いた後の口だったからちゃんとゆすいだのかちょっと気になったw 

何分かキスしあっていると兄友達がわたしの胸をまさぐり出した。ワンピース型のパジャマを着ていたので中々直に触れなくて焦れている様子。 

そのうちに諦めたのか布越しに器用にブラを折り込み乳首を出させクリクリといじってきた。 

実はわたしは直接触られるより布一枚隔てて爪でカリカリされるのが最高に感じる。あっ、、と動きが止まり、深いため息が出る。 





感じすぎて声が出ない。 

ハッ、ハッ… はぁ~、と吐息だけ荒らげる。 

もうどうでもよくなって舌を絡めていると同じ部屋で寝ている兄がいびきをかきながら寝返り打った。ふたりして動きが止まる。兄友達がわたしに耳打ちする。 

「外、いこ」 



子宮がきゅんとなるのがわかった。わたしは初体験の影響?で青姦が大好きなんだw 

うなづいて庭に出る。 



腰ほどの高さの物置に寄り掛かり、キス。ねっとり、長いキス。 





兄友達の腰から尻にかけて撫でると固くなっているところに手を持って行かれる。軽く握ってからゆっくり優しく爪を立てて上下にさする。布地が我慢汁で滲んでるのがわかる。それに気が付いたと同時くらいに兄友達が私を後ろ向きにさせ一気に下着を下ろした。 

後ろからお尻にキスキスキス。そのまま足を開かされてあそこをぐちゅぐちゅに舐められる。たまに強く吸われるのがたまんない。 

かなり体格のいい兄友達の太い指がググッと入ってくる。 

指を上下にピストンされてもあんまり気持ちよくないはずなのに、太くて長い指がわたしの中いっぱいで気持ちいいところを捕らえる。 





声殺して感じていると一瞬間があいて一気に兄友達の挿入。 

「外でこんな濡らして変態なんだね」 

と囁かれながら激しいピストン。わたしの膝が崩れてしまうと抱き起こされて、庭から移動して車道まで連れ出される。 



「えっやだぁっああ」 

「車通ったら見えちゃうね」 

「やだっあっあっ」 



『やだ』って言うと激しいピストンされて拒否は掻き消されてしまう。真夜中だから殆ど通りはなくて車道は真っ暗だけど遠くからヘッドライトが。 





「いや、見えちゃう、やだ」 

「見てもらおうよ」 

「やだっあっあっ」 



車がきても有無言わさず続くピストン。 

ザーッと通り過ぎてく車の光が見えなくなった頃、 

「妹ちゃん、中に出していい」「だめぇ出さないで」 



無言で動きが速くなって、抜いたと思ったらわたしの背中にあったかい感触。 

地面に手をついて肩で息するわたし… すっごい気持ち良かった…… 



ポケットティッシュで拭いてもらって、イチャイチャしてから、こっそり居間に戻って何事もなく寝直しました。 





二回目終了 

まとめ遅いしへたくそですいませんでした 

今週か来週また会う予定なのでまたするのかな…