kimamamh5190225


ずっとROMってばっかりやったけど、徐々に触発されてきたんで俺も書いちゃいます(^^;)

今回は大学3年の時に友達の杏美にしてもらったフェラの話をします。


杏美は俺の一つ下の後輩で、大学のサークルで知り合った。


芸能人で言うと矢田あきこ(漢字忘れたよ…)を少しふっくらさせた感じのほんわか系で可愛らしい女の子だ。


外見に似合わずさばさばした性格のせいか、女よりも男の方が気が合うらしく、男友達は多かったが女の友達は数えるほどしかいなかった。

いつも男と一緒にいるせいか、女の子達の間ではあまり良くない噂もたったりしていたようだ。


俺も杏美とはよく話をしたり、決して仲が悪いわけではなかったが、まさかあの夏の夜にあんなことになるとは思ってもいなかった…



その日、俺は男友達と二人で酒を持って杏美の家に上がり込んだ。


上がり込むと言っても、彼女は下宿生だから独り暮らしだし、俺達はもう何度も彼女の家に言って酒を飲んで騒いだりしていたから特に特別な意識はなかった。


ただ、唯一いつもと違うところは、その日一緒にいる友達が彼女に告白すると意気込んでいた。


つまり俺は友達と杏美の仲を取り持つキューピット役という体裁だ。


簡単に作戦を説明すると、まぁいつものように酒を持って家に上がり込み、適当に盛り上がったところで一旦友達が席を外す。


その時に、俺が杏美に対して友達が杏美のことを好きだということをそれとなく示唆し、反応を見てそれを友達にメールで報告しつつ席を立ち、友達と入れ替わるというイマイチ意味の分からない内容だった(まぁそれ以前にも布石があったんだけど)。




しかし、なんと彼は作戦を開始する前に酔い潰れてダウンしてしまい、結局俺と杏美が二人でくだらない話を延々と続ける有り様となってしまった。





しかし俺はあずみと喋るのは好きだったし、友達もこれでチャンスがなくなったわけではないと思ったので、告白作戦のことは次第に頭の隅へと追いやられていった。


話は次第に恋愛の話題へとシフトし、お互いの近況報告をすることとなった。


俺には彼女がいた。


そして、実は杏美にも彼氏がいた。


俺はその事を知っていながら、杏美を想う友達には敢えてそのことを話さなかった。


なぜなら、彼女は最近彼氏とうまくいっていないということを以前聞いてあたから。


それならあいつ(友達)にも脈はある、と、そう踏んでいたのだ。


杏美は彼氏の話題になると、表情を曇らせて一言

「フラれちゃった」

はにかみながらつぶやいた。




杏美の部屋は狭い。


四畳半ほどの広さにベッドと簡単なテーブル、それにテレビやタンスが置かれているために床の面積は本当に少ない。


テーブルの上にはビールの缶が散乱し、床には友達が仰向けになってイビキをかいている。


だから、あいつが寝てから俺達はベッドに腰かけて焼酎を飲みながら話をしていた。


杏美が彼氏にフラれたという話が胸につっかえたが、やがてあずみはグスングスンとおえつを漏らしながら泣き寝入りをしてしまった。


俺は横になる場所がベッド以外にはなさそうなので、杏美の横に添い寝するような形でテレビから流れるやる気のない映画を見ていたが、やがて睡魔に襲われ眠ってしまった。


この日は夏休みに入ってすぐ。

うちの大学は夏休みが遅く、8月の頭からというのが普通だ。


記録的な熱帯夜だった。

彼女の安アパートの冷房など無力に等しい。


あまりの暑さに寝苦しくなった俺は、ぼんやりとした意識のまま体をよじろうとした。

が、動かない。


金縛り…?

いや、そうではない。




誰かが俺の体に馬乗りになっているのだ。




目を開けた。


目の前に顔があった。




それが杏美の顔だと分かるまでどれほどかかっただろう。

俺は自分の置かれている状況に混乱した。






「Rちゃん…(俺は杏美からそう呼ばれていた)」

「…杏美?おまえ何してんねん??ι」

「うち、魅力なかったんやろか…」

まだ頭がボーっとしている。


杏美とは今まで何度も同じ部屋で寝泊まりをしたが、今まで男女の関係になったことは一度もなく、俺もそれがむしろ自然なんだと思っていた。

俺にとって、杏美は仲のいい男友達と何も変わらない。


しかし、今日の杏美はいつもと違って見えた。


タオルケットが足元でくしゃぐしゃになっている。

映画はもう終わって、お決まりの外国テレショップが気だるく流れていた。


ブラウン管の無機質な光を浴びた杏美。


アディダスのジャージに白いTシャツ。

突き出した胸の陰影に目を奪われる。


布一枚を通して伝わる彼女の体温。


半開きの唇が妙になまめかしく、鮮やかだった。


俺は、初めて「杏美は女だ。

女なんだ」と分かった。




俺の中で、何かが音を立てて切れた。


気が付くと俺は身を起こし、杏美を抱き締めていた。


杏美は俺の背中に黙って爪を立てる。

鋭い刺激に俺は思わずうめきにも似た声を漏らした。


続いて彼女は俺の耳たぶを唇で挟み、舌を小刻みに動かしながら背中を優しくさすってくる。


耳元で彼女の生暖かい鼻息を感じる。

下半身が充血していくのが分かる。

ふと左を見ると、友達が幸せな顔をしてぐぅぐぅと寝ている。


「…いいのか?」

俺は最後の確認をした。

もう、これから何をするのかということは、言葉すら交わさないが二人は理解できていた。


「…うん。

Sっち(友達、以下S)には内緒だよ」

杏美のその一言が胸に突き刺さった。




こいつは知らないんだ…なにも知らないままなんだ…ずっと……



しかし、もう一度転がり出した大岩は止められない。


俺は、これから友人の意中の女を目の前で犯すんだという歪んだ背徳感を、逆に心地好くすら感じた。

これから起こる出来事は今夜限り。

一夜限りの真夏の夜の夢。


ロマンチックで馬鹿げたな妄想が、余計に欲望を増幅させた。





俺は、杏美の「女」をまじまじと認識した。


杏美は俺にそっと唇を重ねると、チュッと可愛い音を立てて軽いフレンチキスを何度もした。


彼女は目を閉じていたが俺は杏美を凝視したまま応戦。

杏美の首の後ろに手を回してうなじを撫でまわしてやると、「んっ、あっ」と敏感に反応し、背中に突き立てた爪にも力が入る。


そんな彼女の全てが愛しく、かけがえのないものに思えた。


俺はまだ重ねたままの唇を舌でこじ開けると、あっさりと受け入れてくれる。

杏美の中はとても熱く、ねっとりとしてホットチョコレートのような唾液が舌に絡み付いてきた。


夢中で彼女の舌を吸い、唾液の交換を楽しみながら、首に回した両腕の片方を背中へと這わせた。


既に俺の怒張ははち切れんばかりに勃起し、俺と彼女の体に挟まれて窮屈だった。

我慢汁でパンツが濡れているのが分かる。




クチュクチュといやらしい音をたてながら長いキスを交わしている間、今度は杏美が俺のシャツをたくし上げ、腋や乳首をサワサワと攻める。


感じやすい俺は「うっ…」と声を漏らすが、ここで負けるわけにはいかない。

やられたらやり返すのが俺のモットーだ。


今度は俺が彼女のシャツを捲り上げ、バンザイをさせるようにしてスポンと首から抜き取ってやった。


杏美はブラをしていなかった。

寝るときはいつも着けていないのだろうか。


その時に杏美が漏らした「ひゃっ」という声が可愛くて、思わず彼女にもう一度キス。


キスをしながら、彼女の決して豊満とはいえない可愛い胸の膨らみを指でなぞり、柔らかな感触を楽しむ。


乳首は綺麗なピンク色で、ツンと立った突起が愛らしくて仕方がない。

しばしの間、みとれていた。


「あんまり見ないで。

恥ずかしいやんw」

「杏美の胸、綺麗やな」

「Rちゃん…早く…」

杏美が何を言いたいのかは分かったが、俺は意地悪をしてワザと乳首を避けるように胸を舐め回した。


「ん…ふぅん……はぁんんぅ……Rちゃん、あかん、早く舐めて」

我慢出来なくなったのか、杏美は俺の頭を抱えて乳首へと導いた。

俺は待ってましたとばかりに吸い付く。

その瞬間、彼女の体がビクンと脈打った。


「ああっ……!」

いつもの杏美じゃない。

あの杏美が、こんなに乱れている。

しかも…Sの前で。

興奮はますますヒートアップしていく。


耐えられなくなった俺は、杏美の腕をチンポへ導いた。


「Rちゃんも我慢できへんのやろ?ふふふ」

杏美はちょっと得意気な顔をしてニヤッと笑った。

その表情に俺は脳殺されてさまい、

「…杏美、もう無理…触って……頼む」

悔しいが折れてしまった。


しかし杏美はまだまだ俺をジラしてくる。

膝をついて腰を浮かせ、ジーンズの上からさすってくるだけだ。

俺も腹が立ってきたので、彼女の足と足の間に膝を入れて、マンコを圧迫してやった。


「意地悪…」

「どっちが」

「ふふ…もううち限界。

あっ……お互い気持よく……ねっ??」

彼女の懇願に、俺はまたも脳殺された。


「服、脱がして…」

言われるままに、彼女のジャージを下ろす。

これで杏美はショーツ一枚になってしまった。


続いて俺も脱がせてもらう。

シャツを脱ぎ、俺はジーンズと一緒にパンツも下ろしていく。


勃起したチンポがパンツのゴムに引っ掛かる。

杏美の顔は好奇心と期待でいっぱいなのか、口元が緩んでいる。


一気に引き下ろすと、ガチガチのチンポがビョンッと跳ねた。


「うわぁ…やらしいねぇ、Rちゃんのオチンチン。

ビクビクしてるよ?」

耳元で囁かれ、電撃のような快感が脳を突き抜けた。


俺はそのガチガチのチンポを杏美に委ねると、彼女の細く白い指先がそっと亀頭先端に触れた。

我慢汁に濡れた亀頭は彼女の指先をヌメヌメと滑らせ、その刺激にいちいち声が漏れた。


「気持ちいいの?」

「うん…」

テレビの光に照らされ、ニヤニヤしながら俺のチンポを弄る彼女。

その傍らに眠るS。

未だかつてない快感だった。




やがて彼女の掌がチンポ全体を優しく包み、ゆっくりと上下運動をはじめた。


「杏美、こっちにケツ向けて」

快感に身悶えながら杏美を方向転換させる。

彼女の小さなぷりっとしたおしりがこちらに向けられる。

俺はケツ全体を掌で撫で回して、その感触を存分に味わった。

その後、クロッチの部分にそっと指を這わせ、小刻に擦った。


「ふぁ…あっ…上からじゃ嫌…」

それならばと、すかさずクロッチをずらす。


とうとう杏美のマンコ、それにおしりの穴が俺の目の前に現れた。

先ほどから続いているチンポへの刺激も相まってすぐにでも射精してしまいそうだったが、ここはグッと我慢した。


杏美のマンコは涎を垂らして俺を心待ちにしていた。

きらきら光るそれに、俺の視線は釘付けになる。


そっと指を当てがってみた。


「あぁぁっ!!!」

Sが起きるのではないかと思うくらいデカい声を出したので、かなり驚いた。

感度は抜群のようだ。


トロトロと溢れる愛液が、俺の指先に絡み付いてくる。

しばらくはそのヌルヌルした感触を味わいたいので掌全体を使ってマンコをこねくり回してながらクリを攻めた。


杏美は、もう言葉を失うほどに乱れており、チンポを握る手も元気がない。


「ほら、休んでたらしてあげへんで?」

杏美をいじめるのは気分がいい。

手を話すと、おしりをクネクネさせて「やめんといて、もっと!もっと!」

と懇願してくる。


俺はとにかくもう射精をしたくてたまらなかったので、

「杏美、順番。

まずは俺からな」

と、あずみにこっちを向かせてチンポを顔の前に持っていった。


「うん…」

杏美は躊躇うことなくチンポを口に含んだ。


まず、根本まで一息にくわえて中で舌をクルクルと動かしてきた。


舌のザラザラした感触が裏筋やカリを刺激する。

その後、たっぷりの唾液で刺激しながらジュポッと吸い付きながら口から抜く。

それの繰り返し。


「Rちゃぁん、うちのお口気持ちいい?」

杏美が俺の勃起したチンポを愛しそうに舐めてくれている。


上目使いの彼女のせりふに腰が砕けそうな快感が込み上げてくる。


俺は一生懸命な杏美が可愛くて仕方なくて、彼女の頭を抱えてストロークが楽なように軽く腰を振ってやった。


「杏美…」

しばらくして、杏美は俺のチンポを口から引き抜くと、手で刺激が途切れないよう扱きながら、

「Rちゃん、うち知ってるよ。

Sっちがうちのことを好きなの」

一瞬空気が凍った。


俺は唖然としていたが、彼女はこう続けた。


「でもうちはRちゃんが好き。

ずっと前から…」

まだ意味が分からなかったが、しばらくしてから自然に涙がツーっと流れてきた。


俺はあいつの気持ちに気付かずに、今まで苦しい思いをさせていたのかと。


「Rちゃんにその気はないのは分かってるねん。

でもRちゃん優しいから…うち甘えてしもた」

もうそれ以上の言葉はいらないと思った。


杏美は全部分かってたのだ。

自分に脈がないと分かっていた、しかし、一夜限りでもいいから俺と体を重ねたかったのか…そう思うと胸が熱くなった。


「ごめん、急に…気持ちよくなろうね」

彼女は再び俺のチンポを口に含んでジュポジュポを始めた。


彼女の気持ちに気付けなかった自分の不甲斐なさ、Sへの背徳、それに、杏美を愛しいと思う気持ち…そんなものがごちゃまぜになって、怒涛のごとく襲いかかってきた。


込み上げてくる射精感に限界を感じ、俺は声を漏らした。


「杏美…イク…」

あずみはチンポをくわえたまま

「んふぅ」

とうなづいた。


そして、頭がおかしくなりそうな快感と共に俺のチンポから物凄い量の精液がほとばしった。


俺の怒張が脈打つたびに、杏美はゴクゴクとそれを飲み干そうとしてくれていたのだが、あまりの両と濃さに、喉に引っ掛かったらしい。


途端、激しくむせ返ってしまったので急いでチンポを抜いた。


が、射精はまだ続いており、俺の白いそれは、杏美の可愛い顔や胸に容赦なく降りかかった。


長い長い射精を終え、飛び散った精液を掌ですくって杏美の前に持っていくと、涙ぐみながらもそれを飲み干し、ニコッと笑ってくれた。


「量多すぎw」

俺はそんな彼女が本当に愛しくて、まだ精子にまみれている彼女にキスをした。






それだけの射精をしたにも関わらず、俺のチンポは依然として上を向いて更なる快感を求めている。


俺はキスをしたまま杏美を仰向けに寝かせ、

「明日からはまた普通の友達やからな」

と言うと、彼女は「うん…分かってる」と少し寂しそうに微笑んだ。


マンコに指を入れながら形の良い乳房を揉みしだく。


彼女は目を閉じ眉間にしわを寄せ、込みあげる快楽と戦っているようだった。


マンコからはものすごい量の愛液が溢れ、シーツを汚していた。


右手の人指し指と中指を杏美の中に入れ、彼女の内側の感触を楽しむ。


そこまで締まりが良い訳ではないが、ザラザラとして、熱く、指が溶けそうだった。


親指で愛液まみれのクリを擦りながら、丁度クリの真下あたりの膣内の突起を刺激していく。


「Rちゃん…Rちゃん…」

杏美の上擦った声に指のスピードも次第に上がる。


狭い部屋は異常な熱気に包まれ、男と女のいやらしい匂いにむせ返りそうだった。


ジュクジュクと毘猥な音がどんどん早くなり、ついに杏美の体が弓なりにのけぞった。


「あぁっ……!!」

ビクビクと痙攣を繰り返す彼女。


「気持ちよかった?」

「う、ん…」

まだ痙攣でヒクヒクしているマンコに軽く触れてみると、杏美は「ひゃっ」と行って飛び退こうとした。


イッたばかりで全身が敏感になっているのだ。


しかし俺は容赦しない。

彼女の両足を開き、腕でロックすると、無防備に露出する彼女のマンコにいよいよチンポの先端を当てがった。






「あぅっ、今はあかん!」

彼女は抵抗したが、がっちりと両足を固定され身動きがとれない。


それをいいことに、

俺は亀頭の裏をクリに擦りつけて、これからついにこの中に入るんだと息巻いた。


「あぁぁぁ…あかん、あかん」

杏美がジタバタしているが、それが逆に可愛く思えて、俺は

「入れるで」

「あかんて…」

一息にズブッと彼女を貫いた。

愛液たっぷりの膣内は、なんの抵抗もなくすんなりと俺を受け入れてくれる。


「ああぁぁぁぁぁぁ……!!」

あまりの刺激に杏美が暴れる。

が、俺はここから更に腰を動かしたらどうなるのか興味津々で、とろけるような彼女の中を突きまくった。


突くたびにグチョグチョと音が鳴り、汁が溢れてくる。


杏美は言葉を失ったのか、ぐっと歯をくいしばって耐えていたが、俺が容赦なくピストンを繰り返していると、再び弓なりに痙攣した。


俺も射精しそうになっていたし、さすがにこれ以上攻めると彼女がおかしくなるのではないかと思ったので、動きを止めてチンポと杏美が落ち着くまでキスをした。


正上位で体を密着させたままキスをすると、たまらなく幸せな気持ちになる。


二人とも汗だくで、体を合わせると汗がぬるぬるしてローションのようだった。


そのぬるぬるを楽しみながら、腰は動かさずに彼女の舌をむさぼる。


「杏美…どう?気持ちいいか?」

「……」

杏美はハァハァと荒く息をしていて、答える余裕もないようだったが、何度もコクコクと頷いてくれた。


しばらくして俺も杏美も落ち着いてきたので、体を密着させたままピストンを再開。


しかし、今度はとてもゆっくりと。

彼女の膣内の襞の一枚一枚をじっくりと亀頭で味わう。

女の子の中って本当に気持ちがいい。


杏美と愛し合っててどれくらいの時間が経ったのかわからないが、テレビは放送を終了し、画面には夜景が映されていた。


俺はテレビの光に彩られた杏美の顔を眺めながら、甘美な摩擦を思う存分に味わう。


チンポの先からはとめどなく我慢汁が出ているのが感じられる。


彼女の胸を揉みながらチンポに意識を集中させていると、杏美が

「交代な」

と言って俺を持ち上げた。

俺は彼女が何をしようとしているのか理解して、彼女の背中を抱えると、持ち上げて今度は俺が仰向けになった。


再び彼女が俺にまたがる形となり、彼女は俺の胸に手をついて自ら腰を振った。


「うちな…こうするの…好き。

気持ちぃとこに…当たる…ねん…あぁん」

俺の上で乱れる杏美。

友達だった筈の杏美が、ゆっくりと腰を動かし、俺のチンポを味わっている。


杏美は洸惚とした表情で、俺を見つめながら悶えている。

ギシッ、ギシッとベッドが軋む音と、二人の息遣いだけが部屋に響く。


俺はたまらなく興奮し、チンポが更に固くなるのを感じた。


もうSが横で寝ていることなど忘れてしまっていた。


今度は杏美は俺に被さってきて、少し激しめに腰を使いだした。

俺も彼女のおしりをつかんで、彼女の動きに合わせて下から突き上げてやった。


チンポに絡み付く襞の刺激に徐々に射精感がこみあげてきた。


「杏美…俺…もうそろそろ…」

杏美もあえぎ声をもらしながら、絶頂が近付いていることを告げる。


「もうちょっとだけ…我慢して…ね?」

俺は彼女の乳首を甘噛みしながら片手をクリに持っていき、刺激しながら腰を振った。

体勢的にかなりつかれたが、杏美を気持ちよくさせてやりたいと思って頑張った。


それが良かったのか、杏美の声が更に高まる。


俺は射精したいのを我慢しながら更にガンガン突いた。


「Rちゃん、イクッ!!」

杏美が先に絶頂に達した。

同時に物凄い締め付けがチンポに伝わってきた。

もう限界だ。

イク…

チンポを杏美から抜かなければならない。

が、杏美がぐったりと体重を俺に預けてきたせいで俺も身動きがとれない。


「杏美、あかん、中に…」

すると、杏美は

「いいから中に出して。

…うちRちゃんのこと好きや」

その言葉で俺は果てた。


先程、物凄い量の精液を放出したにもかかわらず、この時も尋常じゃない量が出た。


20回以上チンポが脈打ち、その度に精液が絞り出される。

キンタマがキュッとなり、まるで杏美のマンコが俺のチンポを吸っているかのような錯覚を覚え、目の前が真っ白になった。


「Rちゃんの…いっぱい出てる」

俺がイッている間、杏美は俺の頭を優しく撫でながらキスしてくれた。

全てが彼女に包まれているような気がして本当に幸せだった。


射精が終っても、しばらく二人で抱き合ったままじっとしていた。


チンポがついにしぼみはじめる。

それを感じたのか、杏美が

「綺麗にしたげるから、抜くよ」

と言って腰を上げた。


直後、彼女の中から俺と彼女の混合液がボタボタッと流れ出た。

それが全部俺のチンポにかかり、ドロドロになったが、彼女はなんの躊躇いもなくくわえた。


俺は感動して、

「じゃあ俺も掃除したげるわ」

と言って、また杏美におしりを向けてもらい、シックスナインの要領でお互いの性器を舐め合った。


杏美のマンコも白濁した液でドロドロになっていて、生臭くて酸っぱい匂いがしたが、不思議と気にならなかった。


マンコの溝を舌でクリから肛門へと何度も舐め上げ、それから膣内に残ったものも全て吸い出してやった。


杏美も、カリを頬張り、サオを舐め上げ、もちろんアナルも綺麗にしてくれた。


お互いが綺麗になると、ちょっとだけ二人は正気に戻ったみたいで目が合った時にクスッと笑ってしまった。


「ヤってもーたなw」

「うんw…お風呂入ろっか」

「一緒に?」

「…あかん?」

「…いいよw」

二人で一枚のタオルケットにくるまって、俺たちはシャワー室へそ~っと移動した。


杏美は立派に女の子なんだなと改めて確信した。

Sには悪いが、最高に気持ちのいいセックスだった。









いちお本編もこれにて終了です。

長々とすみませんでした(^^;)



いや、まぁ結論から言うとSにはバレてました。

皆さんご察しの通り、コトの最中に目が覚めたけど寝たふりしてたみたいです。


俺が杏美と風呂から上がるとSがいなくなってて…

あの時は焦りましたね(==;)

で、Sとは冷戦状態になって今も連絡はとってません。

俺の負い目です。


杏美とはホントにそれっきりで、今は昔のように仲の良い目立ちです。


他にもフェラの話はありますが、支援あればもう少し簡潔に書きたいと思ってます(^^;)