気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    Pic00010010


    大学に入ったばかりでしかもほとんど男子の工学部。まったく期待してなかったGWだったがかなりおいしい体験をしてしまった。二ヶ月たつが思い出すたびにびんびんになってしまうくらいだ。

    始まりは入学式からつるむようになった仁。こいつは宮崎から福岡の大学に来ていた。

    仁がGW予定がないなら実家に置いてきた荷物を取りにいくので一緒に行かないかと言ってきた。

    予定もないし即OK。初心者マークの仁の運転はかなり怖かったが、関東出身の俺には初めての九州観光なので大分、宮崎と楽しいドライブになった。仁はかなりの金持ちらしく入学祝いに新車を買ってもらうほど。

    行きの車内でも実家では祖父が使っていた離れが自分の部屋になり、高校時代もヤリまくったとか自慢話をかなり聞かされた。半信半疑で聞いていたがその日のうちに証明される事になる。

    仁の家に着き缶ビールを飲むと寝てしまった俺達は夜中の二時くらいに起き、眠れそうになかったので24時間のカラオケに行くことにした。勢いで一時間歌ったが男二人で盛り上がることもなく、とりあえず精算。

    宮崎は田舎でナンパは存在せず、声を掛けても100パー無視と聞いていたのでそういう期待もせず、なんとなくロビーでタバコをふかしているとトイレからミニスカのかわいい子が俺達の目の前を通っていった。

    その子の入っていった部屋を確認して仁のほうを見ると仁も行こうぜって顔してにやにや。

    一回部屋の前を素通りすると女の子が三人で歌い疲れたのかソファーで寝てる。だめ元でいく事に。

    ドアを開けるとまず一人の子の大また開きのパンティ丸見えで俺の理性はぶっ飛んだ。

    実は高校時代はえっちの経験はあるが真面目に付き合った彼女との一人だけ。ナンパ経験はゼロ。

    行きの車の中では経験は10人位と仁に言ってた手前もう行くしかないって感じ。

    むちゃくちゃ驚かれて悲鳴みたいな声を出されたが、カラオケなので外には聞かれずにセーフ。

    Pic00010023


    3月の話である

    仲のいい男2人女4人で恒例の飲み会をした。

    中学の同級生と言う関係の俺達は、月に一度位の頻度で会っていた。

    いつもは飲んでカラオケ行って解散って感じなのに、

    今回に限ってなぜかどっかドライブ行こうぜって事になった。

    幸い友人の車はワンボックスで8人乗りだ。

    酒が飲めないのは正直残念だったが、ドライブの魅力に負けた。

    途中のスーパーで恐ろしい程食糧を買い込み、

    適当に山の方と向かって行く俺達は以上に盛り上がっていた。

    考えてみると飲む機会はあってもこのようにどこかに行く機会は無かったからだ。

    俺達は全員独身で全員彼氏彼女持ちであるのだが、

    実は俺はこの中の一人と関係があった。

    1年位付き合った事があったのだ。

    それも過去の話だし、別によりを戻そうとも思わないから、

    ずっと普通に仲良い感じで過ごしてきたのだ、この時までは。






    異常な位の盛り上がりで山道に着いたのだが、

    既にこの時で12時を回っていて、帰るにはまた2時間かかるため、

    ココで車中泊しちゃうかと言う事になり、

    俺は実を言うと帰りたくて、女の子が誰か反対するかなと思ったら、

    アッサリ全員賛成しやがるものだから、仕方なく賛成する事にした。

    恐ろしい程買った食糧と酒を広げ各々飲み食いしまくる我々。

    時間も遅いし、疲れもたまっていたのか、まずS実がダウン。

    スースー寝息を立て始めた。

    Pic00010020


    高校の時に、同じクラスで羽川のいう女子がいた。

    羽川は、まあものすごい美人というわけでもないんだけど少し天然でありつつ、おしとやかではないもののそれに近い感じがする女子だった。

    最初の席が出席番号順で男子女子で隣の席だったのもあるし一年の時は秋に一回した席替えでも、羽川は前の席に一年中席が近かった。

    1年の夏前にはっきりとは口にしてなかったけどどうやら彼氏ができたみたいで俺は複雑な気持ちだった覚えがある。

    はっきりと羽川の口から聞いたのは、他の女友達が羽川に彼氏の事を聞いていて羽川が少し照れながら「そんな事ないって〜」と彼氏の事で何か聞かれていて笑いながら否定していたのを聞いてその女友達から、羽川の彼氏どう思う?と聞かれた時だと思う。

    (どう思う?と言われても話を全部聞いてないから分からんかったけどさ)



    夏休みを終わって二学期。

    教室にいって羽川を見ると、何か変わったなぁという雰囲気を受けた。

    いかにも女子高生みたいな感じとか、そういう感じではないけど夏休み前が中学生の延長なら、夏休み後は垢抜けて女子高生になった感じかな。

    膝上前後だったスカートは膝上15センチぐらいになり白のソックスだった靴下は、当時流行が終わったのか微妙だったけどウチの高校では主流だったルーズソックスになりブラウスも上2つボタンが空いて、ネックレスを着けていたし髪の毛も派手な茶色ではないものの、これくらいなら女子の中ではそんなに目立たないくらいの色にはなっていた。

    あと俺の主観だけど、胸が大きくなった感じで足が前よりいやらしくなった感じがした。




    夏休みの間に彼氏としたんだよなと思いつつもあんまりそれを認めたくない俺がいた。

    それでも、羽川が相変わらず、少し天然でおしとやかに見える感じの女子だった。

    まあ、その頃になると、他の女子でも垢抜けた人がいたし夏休み前から抜けてる人もいたんだけど、休みあけからそれが加速した感があり友達の話で「○○、スカート短くなったよな?もうちょっとで見えそうだったのに!」というようなエロ会話も増えてきた。




    女子の会話でも、彼氏がどうこうという内容はとぎれとぎれ聞こえるけど、さすがに男子の前でいう奴はいなかったので女子の中で終了して、たまに一部分が聞こえて、その女子があわてて制止する感じだった。

    こうして、一年の冬が終わり、もうすぐ一年が終わる時にふと羽川が彼氏と別れたという話を聞いた。

    女子数人に俺と友達で聞いていたのだけど羽川はけして彼氏が悪いと言わずに、「もう終わったことだしさ」といい自分の中だけで完結させているような口ぶりで真面目な羽川の性格が俺には逆に痛々しかった。




    終業式の日に男女7人で羽川の事と、一年が終わったという事でN駅で降りて、ボーリングしてカラオケをした。

    それが終わり、電車に乗り、俺と羽川は方向が一緒で液が一つ違いだったので、一緒に乗り、一つ前の駅で羽川は下りた。

    別れる前に「今日はありがとう」といったのは羽川らしいと思った。





    そして、春休みは特に何もないまま二年になった。

    クラスは基本的にほとんど変わらない事になっているので数年入れ替わったのだが、ほとんど一年と同じメンツで出席番号順なので、俺の隣は羽川だった。

    羽川は特に一年の時と変わっていなかったけど前より休み時間でも、席を移動せずに俺と話す事が増えた感じでそれとともに、荒木という羽川の友達の元に数人が集まってきて5〜7人ぐらいで話す状態だった。





    時期は6月になり衣変えになった。

    たまにブラウスから見えるブラと、ブラウスのボタンの隙間や腕をあげた時に見えるブラちらや単純にワキにドキドキしていたなと少し考えると、何やってるんだろうと思う。

    夏休み少し前に俺と羽川は日直だった。

    元々、一緒になる事は多かったので、三か月に3日間は一緒に帰っていた。

    その日も日直で、二人で暑いなぁといいつつも掃除をしていた。

    羽川は無防備なのは、胸元をあけ、下敷きで仰いだり俺にはパンツは見えない方向で下敷きを内輪がわりにしていたけど俺にはマトモにその方向を見る勇気はなかった。


    Pic00010028


    会社が小さい頃の話。

      事務所は自宅の裏庭に、風呂もトイレも我が家で兼用。田舎の若者を住

    み込みで呼びよせ、離れで雑魚寝で三食付き。夏の汗だく作業の汚れを家族

    も社員もゴッタで銭湯状態。   おれの田舎、男女関係が緩やかなんだ。



      裏庭でマッパになって、下駄を突っかけてタオル一本。女子社員に息子

    (子供たち)を洗わせたり、娘も構わず男子社員の背中を流している。5人

    も入れば一杯の風呂場で。



      雑魚寝の離れが「若塾」、そこで処女・童貞を卒業する。  俺が処女

    担当、家内が童貞を担当した訳だ。  ソープやホストクラブは病気が怖い

    と、若者教育。



      5年位続いたかな、未体験者を集めて丸く輪になって、俺と家内が始め

    に実地で合体、処女と童貞を組ませて俺と家内が手取足取り実地指導。見守




    る皆全裸でもエッチモードならなんだ。普段から混浴だから。

    Pic00010030


    数年前、大学時代の思い出を書きます。


    バイトでお盆休み前の飲み会やった帰り道、

    ちょっぴりいい気分で一人家路を歩いていると、

    向こうの方で金網と格闘している女発見。

    真夏の夜中の0:00頃。

    よく分からんが、がっしゃーんと金網を何度も蹴ったかと思うと、

    今度はもたれかかったり、また両手でがしゃがしゃと揺すったりしている。

    「け〜」とか「ぅえい!」「ばかぁ〜」とか何か奇声に近い声まであげてらっしゃる。

    関わらん方がいいなと思いつつ、通り道だし、怖いもの見たさもあるし、

    知らーん顔して近づいていく。予想通り酔っ払っている模様。

    チラチラと横目で見つつ、すれ違おうとした時、急に、

    「うっ」

    とか言ってその女、その場にしゃがみ込んだ。





    おいおい、吐くのか?

    つい、「大丈夫ですか?」と声をかけてしまった。

    するとその女、「はぁ〜?」とか言いながら、

    焦点の合ってない目で睨んでくる。怖っ!

    ・・・あれ?この女・・・。知ってる人だ。

    大学のサークルのOG。俺より2つ上の。

    どうやら向こうも俺に気付いたらしい。

    「おおっ、お前は〜」

    ロレツのまわらん舌でいきなりお前呼ばわりされたが、

    別にそこまで仲が良かったわけではない。

    ただこの女、当時から酒癖悪いってのは評判だった。


    Pic00010018

    知り合った大学生の女の子

    メールをしてみると大学は違ったけど近所だった

    親近感があったんだろうね

    けっこうすぐに会う事になった

    あまり期待はしてなかったが、会ってみると俺好みのメガネっ娘

    なんつーか、遊んでない感じ

    大学生らしい

    とりあえずカラオケへ

    事前にメールで好みとか聞いてたから、プレゼントを買ってた

    カラオケしながら、渡す

    かなり喜んでた

    あと、書き忘れたが、カラオケの前に居酒屋行ってた

    盛り上がり、そうこうしてるうちに終電を逃した俺

    もちろん作戦ww

    金無いとか泣きついて、メガネの家へ



    Pic00010011


    この体験は8年位前の事です。

    会話の内容とかは、うろ覚えなのでその辺は記憶を頼りに書きます。



    その当時俺は17歳でした。高校2年生でしたが、進学校だったために

    毎日勉強勉強の日々で、たまに友人とカラオケに行く程度の毎日。

    でも受験が終わったら、楽しい大学生活が待ってると思っていました。

    まぁ、そういう妄想に近い理想は誰でも持ってると思いますけど。



    そんな自分にも普通の高校生のように好きな女性がいて、同じクラスの麻紀(仮名)

    と言って、目鼻立ちがはっきりしたちょっとハーフみたいな女の子でした。

    色が白くて、背はそれほど高くは無かったんですが、スタイルは良かったです。

    だけど凄く美人だったのにあまりモテませんでした。

    クラスの男子の好きな女性のタイプが、いわゆるアイドル系のようなかわいい女性

    だったのが、原因だったと思います。少し性格がきつい感じに見えましたし。






    自分はそれでも凄く気になっていたのですが

    向こうもこっちと同じく猛勉強の真っ最中。告白する所かたまに教室で話す程度。

    なかなか仲良くなれず、もうその時は半分諦めていました。

    受験が終わってチャンスがあったらデートにでも誘おうと、今思うと

    随分かわいらしい事を考えていました。



    そんなある日、最近勉強に身が入らず試験でも良い点が取れず、

    少し焦っていた自分は、担任に勉強について相談しに行きました。

    家に帰っても勉強に集中が出来ないし、どうしたらいいかと。

    担任はしばらく考えて、放課後に他の何人かも特別教室(とは言っても只の空き部屋)

    で勉強してるから、家に帰る前に3時間位なら勉強していっていいぞと教えてくれました。

    そして分からないとこがあったら、職員室に来いと。



    そして翌日から友達と帰るのを止めて、放課後にその教室で勉強を始めました。

    教室には自分と他に男子が一人と、あまり知らない女子が二人いました。

    その教室は本当に静かで、職員室も近かったので勉強に向いていました。

    エアコンも効いていて、とても快適だったのを覚えています。

    Pic00010024


    中2の時、おれは学校にアイドルの盗撮写真とか載ってる某雑誌を学校にもってってまわりのやつにみせてた。

    そんでなんか隣の女子がその本みせてって言ってきた。

    なんかスピードが好きらしいので見たいらしかった。


    「いいけどエロいよこれ?」

    っていったけど、「いいからいいから」とか言われたんで見せた。


    「へぇー、やっぱ男ってこういうの見るんだねぇ」とか言ってた。

    その時はそれで終わったんだけど。


    掃除のときにさっきの女子(以後Sにする)が来た。


    「さっきはありがと。

    実はこの前いとこ(♀)とああいう本買ったんだけど、見る?さっき見せてもらったしね」といってきた。

    おれはどうせたいした内容じゃないと思ったし、冗談かと思ったので

    「あぁ、じゃあ明日もってきて。


    と適当に返事してその日は帰った。


    次の日、おれは昨日のことなんか忘れてて、普通にSと会話してた。

    そして放課後、Sが周りを見回しながら

    「ねぇ、もってきたよ」と言ってきた。

    おれは完全に忘れてた。


    「はぁ?なにが?」

    「ほら、あの本だよぉ」

    Sの手には紙袋が。


    「え、あれマジだったの?うん、じゃ借りるわ」

    「うん、それじゃね。





    って感じで家に帰った。


    家に帰って、本を見ることにした。

    すでに裏本とか結構見てて、女が見るような本じゃものたりねーよと思いながら、その本を見た。

    表紙はいかにも女子が見るような雑誌って感じだった。

    中身を見ると、そんなに過激な写真とかはなかったけど初体験やエッチな体験の投稿のコーナーとかあった、もちろん全部女子の体験だったので普段マムコの写真とか見まくってたおれもなんか興奮した、ページをめくってると、四十八手の解説とかいろいろのってた。

    あいつこんなの読んでるのか、とか思いながらまたページをめくってるとなんかちぢれた毛が挟まってた。

    おれはまだズボンおろしてない。


    Pic00010022


     旦那様お元気ですか?。

    ネットの書き込みはもう見られましたか?それともPCのファイル見つかりましたか?先日、かおり奥様と産婦人科へ1ヶ月検診にいってきました。

    4ヶ月目に入り、順調だそうです。

    ご安心くださいね。




     旦那さん、かれこれ半年は奥様とセックスしていないでしょう?私と知り合ったのが去年の暮れで、その時が私たちの思い出の初セックスでした。

    それから、渉夢君と寝ることを理由に旦那様とは別室で寝させてセックスを禁じてますから。

    かおり奥様が言ってましたよ。

    最近、PCの履歴を調べると女子高生とか、パンチラサイトのURLが出てくるそうですね。

    これからも奥様と一生セックスはできませんから。

    エロサイトを見て、ご自分でシコシコ頑張ってくださいね。




     私たち二人は、2月に結婚式を挙げたので1ヶ月半でのスピード婚になります。

    奥様が3月に入ってから渉夢君を実家に預け、パートに出ているでしょう。

    実はね、私のマンションに来ているのですよ。

    私は自宅が事務所を兼ねている在宅ワーカーなので秘書、兼、通い妻として通わせています。

    遅めの朝食を済ませた後は、新婚らしく毎日セックスしてます。

    午後からは秘書としての仕事をこなし、夕飯を作らせてから帰しています。

    残業だと言って帰りが遅い日があるでしょう?あれは夕方からもセックスし、気持ち良過ぎて長引いた時なんですよ。


    Pic00010030


    「いってくるー」

    「いってらっしゃーい」

    玄関の閉まる音。雪尋がバイトに行った。

    「…はぁ」

    どさっ、とソファに寝そべる。その音が響くほど、家の中は静かだった。

    お父さんは仕事、お母さんは買い物、そして雪尋はバイト。今この家は、私一人だった。

    だからといって、何かをする気力もない。テレビをつけるのも面倒で、そのままぼーっと寝転んでいた。

    そうしていると、自然に思い浮かぶ事。



    雪尋の、こと。



    (暇つぶしに弟を思い浮かべる姉って…なんだかなあ…)

    そう思いつつも、イメージは勝手に組みあがっていく。



    悪戯っぽい笑みを浮かべた雪尋。何かからかおうとする時は決まってする顔。だからわかりやすいのだけど。




    しどろもどろになって慌てる雪尋。悪戯するのは好きな癖に、あたしがちょっと乗ってやるとすぐにあたふたする。全く、可愛い奴め。

    怒った雪尋。笑った雪尋。「仕方ないな」という顔をして、いつもあたしの我が侭を聞いてくれる雪尋。



    大好きな、雪尋。



    ああ、どうしよう。

    ついさっき、送り出したばかりだというのに。



    あたしはもう、雪尋に会いたくなってる。



    バイト場に行こうかとも思ったが、それはさすがに迷惑だろうから却下。

    だから、雪尋の部屋に行くことにした。

    会社の飲み会でイタズラされて…
    会社の飲み会でイタズラされて…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    嫁の日記がエロすぎる…
    嫁の日記がエロすぎる…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…