気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    Pic00010015


    ずーっと昔の話。

    僕が未だ二十歳の頃の話。

    ご多分に漏れずやりたい盛り・女大好きだった僕は女の子との出会いを求め

    とあるファーストフードでバイトを始めた。

    ちなみにハンバーガー系のお店では無い。

    カッコイイとはお世辞にも言えないけど流行のヘアスタイルやファッションをして

    雰囲気美男子だった僕は姉が2人いる末っ子の長男で、その影響もあり

    年上の女性にまったく興味が湧かなかった。

    ライフスタイル全てにおいてマイナー志向が強くつき合う女の子も

    美人系よりも可愛い系を好んでいた。

    口も上手かったせいか二股をかけていた時期もあり

    まあまあの青春時代といったところ。

    ただ、今思うとそんな全てが自分が抱えるコンプレックスに対して

    自己満足させるためのものだった様な気がする。

    が、その頃はそんな事は考える事も無く




    ただ、ひたすらH道を邁進していた。



    でも今までの人生の中で一度だけ年上の、しかも7歳離れた女性と

    つき合ったことがある。

    自分の中では特別な経験なので今でもよく覚えている。

    名前はユウコ。

    出会いはユウコがうちのお店にシェイクを買いに来た事から始まった。

    担当は勿論、僕。

    僕がお付き合いをした女性の中では一番の美人。

    芸能人でいうなら高木美保をもっと美人にした感じ。

    年上だという事はわかっていたが凄く胸がときめき、緊張したのを

    覚えている。

    年齢は27歳なのだがこの時は24歳位かなと思っていた。



    それから ゆうこは良くお店を訪れる様になった。

    特にやましい気持ちを持っていた訳ではないが彼女が来ると

    ふざけ半分も手伝い、他のスタッフが対応していても無理やりチェンジして

    彼女と接触を持った。(バイトの中では古参だったから出来る技)

    後輩のバイトには「あのお客様は、俺が専属だから」と言ってまでいた。

    でも年上の女性というキーワードが僕にはなかったのと

    こんな美人俺には無理という思いが相成って

    本当にやましい気持ちがあり、そうしていた訳では無い。

    ただ彼女と一歩でも近づきたい憧れの気持ちが強かった。



    ある日、僕はショッキングな光景を見る。

    町を歩いていたら前から女の子を二人連れた親子連れが近づいてきた。

    「こんにちわ」と声をかけて来た主は ゆうこだった。

    その瞬間、終わったと思った。

    今は人妻大好きな僕だがその頃はパーフェクトに守備範囲外。

    その日、僕はいつもこの件で話を聞いて貰っていた友達と飲んだ!飲みまくった!

    Pic00010021


    5年くらい前に、上司にバイトを探すように頼まれたことがあり、

    仕方なく、学生時代のサークルの仲のいい後輩Aに頼み、

    同じサークル内の一番器用な子Mを雇うことにした。

    MはAの彼女で、160cm48kgBカップ、色白で結構美人なタイプで、

    男はAしか知らないようだった。



    ある日、そのMから電話で相談を受けた。

    彼氏であるAの家に留守中に行ったら、

    ゴミ箱にコンドーム5つがあったらしい。

    オレは、Aから「コンドームのせいで萎えやすい。」

    と冗談まじりに聞いていたので、きっとトレーニングだよ。

    と流すように言ったが、彼女はその助言を聞くことができなかったようだ。

    Aは、浮気をするようなヤツではないとオレは思っていたが、

    彼女も他の友人も、Aの浮気を信じて疑わない。






    そうして電話がちょくちょくかかってくるようになり、

    セックスの相談も多くなって、エロ話が主流になってきた。

    しかし、話の裏には、やはりAの浮気が気になっているようで、

    しかも、ゴミ箱をあさったということから、Aに問いつめることも

    していないようだった。

    エロ話の内容は、セックスが物足りない、ひいては、オレにやってほしい

    などと冗談ぽく言ったりするようになっていた。

    おれも、それにのって「やっちゃうよ?」というと、

    「お願いします!」というやりとりが続くようになった。



    もちろん、半分は冗談で半分は本気なのは、お互い様だと思っていた。

    当時、俺にも彼女はいなかったが、AとMは趣味も似ていて、

    似合いのカップルだと思っていたし、Aと俺とは舎弟関係が成り立っていたので

    Mを自分のものにしようとは、思っていなかった。

    むしろ、Aを疑っているMを少し腹がたった。



    Mがバイトに来た金曜日、めずらしく早く仕事がおわり、

    Mを飲みに誘った。彼女は喜んでついてきて、そこでも

    エッチしてくださいと冗談交じりに言った。

    俺は、酔いも手伝ってじゃあこれからホテルに行こう。

    と誘った。彼女は躊躇することなく、彼女は妖艶な顔をして

    行きましょうと言い放った。

    俺の中の葛藤は、Aとの信頼関係、MのAに対する疑念、そして、

    目の前の色白で尻の大きな女を自由に抱く欲望で酒の勢いで

    高速でいつもより多くグルグル回っていた。

     

    Pic00010017


    家庭教師をしているNの話で、教え子は中学校2年生の真美ちゃん。小岩に住んでるちょっとマセた中学

    2年生。胸はあまり無いのだが、髪の毛が長くて優香に似たかわいい+美人な、将来有望な女の子。最近

    の悩みはおっぱいが大きくならないことらしく、勉強の合間合間にその事を相談され、Nも困り気味だった。

    Nはどちらかというと不真面目な男で、そこらじゅうでコンパやっては女を食ったり、逃げられたりの

    繰り返し。元々女の子が好きなもんだから、当然中2とは言え、かわいい女の子には体が反応する。




    Nも最初は遠慮して(というか当たり前だけど)椅子を隣に並べて色々と教えていたんだけど、そのうち

    真美ちゃんを自分のももの上に乗せて、一緒に勉強するようになった。途中でお母さんが入ってくるタイミ

    ングは分かっているので、その時間だけはももから下ろすように注意している。真美ちゃんをももに乗せる

    時は、ちゃんと真美ちゃんのアソコに自分の息子が当たる位置に乗せ、真美ちゃんも下から盛り上がってくる

    物体に気づいていても、それが何なのかは良くわかっていない。





    そんな地味な楽しみはすぐに飽きてしまい、Nは真美ちゃんの相談に真剣な顔をして答えるようになった。

    それで真美ちゃんのおっぱいを見たり、触ったりするうちに真美ちゃんも癖になってきたらしく、授業の合間

    に必ず乳繰り合う時間が定例となってきた。そんなある日、真美ちゃんから意外な台詞を聞いてNは焦る。

    「ママに、先生におっぱいの事を相談してる、って言ったの。」と。。Nはセンターから派遣されている大学

    院生なので、当然クビになることを覚悟した。そしてその日、部屋から出て真美ちゃんのお母さんにどういう顔

    をして謝ろうか、口止めしようかを考えていた。




    後半の授業がすぐに終わり、Nはこれといって良い案を思いつく事が出来ないまま、部屋を真美ちゃんと

    一緒に出た。階段を下りて、そのまま玄関まで勢いよく歩き「失礼します!」と逃げる様に飛び出した。

    エレベーターのボタンを連射して、1Fまで降りきってホッとした瞬間、1Fでは買い物袋をぶら下げた

    真美ちゃんのお母さんが。実年齢は35,6歳なんだろうが、見た目は20代後半に見える、世間的に「若奥様」

    と言われる年頃。素晴らしくかわいくは無いが、綺麗系と言えば嘘では無いレベル。そんなお母さんが

    「あら、先生。今日の授業は終わりですか?色々話したいこともあるので夕食一緒に如何ですか?」と。




    その1時間後、夕食のテーブルには真美ちゃんと、その両親2人とNを合わせた4人がついていた。居心地

    最悪な中、Nは真美ちゃんの家族とすき焼きを食べることに。お父さんからは真美ちゃんの成績について

    聞かれ普通な感じだけど、お母さんは含みがある事ばっかり言ってくる。ただ1つ安心したのは、お母さん

    は決して怒ってるわけでは無い、ということ。Nはホッと安心しつつすき焼きを平らげる。その日の食事は

    和やかに終わり、帰りはお母さんがエレベーターまで送ってくれた。帰り際「これからも末永くよろしく

    お願いしますねー」と言われて、Nは安心。



    Pic00010026


    昨日、新宿の超有名百貨店のエレベーターの中で、痴漢した。

    その時はまさしく、お昼時で、最上階のレストラン街に行く人達で

    エレベーターホールはとにかく混雑していた。

    やっとのことで直通のエレベーターが来て、ドアが空いたのでいっせいに乗り込んだ。

    まさか、こんなところで痴漢とは考えてもいなかった、そのときは、、、。



    ドアが閉まる直前に、さらに大勢の人が無理やり乗り込んできた。

    その人ごみにドドッーと押され、かなり奥の方に押しこまれ、

    倒れそうになったがなんとかまっすぐに立った。



    ふと気付くと、自分の目の前に清楚な奥さんの顔があった。

    年のころ40前か?、、。私好み。

    エレベーターの中で、その奥さんと互いに正面を向き合い、

    体を押し付けあって、ぴったりと抱き合うような形になっていた。

    一瞬、目が合った。




    が、その奥さんは、気まずかったのか、すぐに下を向いた。

    身動きは取れない。

    その奥さんは、小さいバッグを胸の前でかかえ直して、

    自分の胸を守っているように見えた。

    私は、心の中でつぶやいた。 



    (大丈夫です。手は上げませんから、何しろ動かせない。

     胸は、だいじょうぶですよ。胸には触りません・・・・) ※注 括弧内は心の声です。

    ほんとに、始めはそう思った。



    そのとき思いがけず、おろしていた自分の手の甲が

    目の前の奥さんのやわらかい部分にふれているのに初めて気づいた。

    (アレッ!!もしかして???)

    私の手に、今、ふれているのは、目の前にいる奥さんのあそこ??

    かすかに感じるやわらかな感触で、みょ〜にいやらしい気持ちが、

    いっぺんにむくむくと芽生えてきた。

    すぐに、心の中でこう、思い直した。

    (ただ、胸は触りませんけど、今、この私の手の甲にふれていのは、

    奥さんの一番敏感な部分ですか? そこを、さわってみても、いいですか?)



    そう思い始めると、もう、我慢できない!。

    思い切って、右手の甲を少し外側にそらして、やわらかい部分に押し付けてみた。

    ゆっくりと、、おそるおそる、、、。

    押し付けたのとほぼ同時に、”ピクッ”、と小さく身もだえした。



    明らかに、触られていることには、気づいているはずだ。

    が、動きはそれだけだった。

    (だいじょうぶ?)

    もうすこし、手の甲を、奥さんのやわらかい局部に、押し付けてみた。

      ぷにゅ〜。

    奥さんは、さらに下を向いた....。

    (嫌がってない??   これはOK???)

    Pic00010028


    何年か前の夏に友人カップル6名とバーベキューに行った時の話し

    丹沢にある大きなキャンプ場は夏休みシーズンともあり家族連れなどでたいへんな賑わいでした。

    自分の彼女は体が細い割りに胸が大きい、いわゆるやらしい体つきをした自慢の彼女です。


    準備をしている時もタンクトップから覗く胸の谷間は絶景で注目の的です。


    仲のよい友人達なので多少見えていても特に気にすることはありません。

    外で食べるお肉はとても美味しくお酒もかなり進みます。

    飲み会のような状況になり王様ゲーム的な方向へ発展していきました。


    傾向から初期はライトな命令ですが徐々に下ネタ要素が入ってくるのが定番です。


    キャンプ客がいる開放的な場所なのでヘビーな内容はNGですが、パンツデジカメ撮影や野郎同士で接吻などの命令も下ってきました。


    そんな命令の中でよりによって自分の彼女に「帰宅までノーブラ」という命令が下りました。

    かなりきわどい命令を友人の彼女等が実行してきたのでここで拒否は状況的に空気を悪くします。

    しかし内容的に彼女は絶対拒否だろうと思いきや俺のとこに来て

    彼女「どうする?いいの?」という意外な相談。


    お酒の力って凄いと思いました。

    同時に俺のエッチ心に火がつきます。

    Pic00010014


    オレは27歳。

    7年前に母親が死んでオヤジと二人暮らしだった。

    5つ上に兄がいるが転勤で関西に住んでいる。

    2年前、急に11歳下の妹が出来ることになった。

    オヤジが再婚した。

    当時妹は14歳。

    (ちなみに新しい母は今年40、オヤジは49だ)

    再婚当初、オレは「妹」というのがどうもピンとこなかった。

    次男坊で25年生きてたからね。


    逆に妹は一人娘だったのにいきなり「兄」が出来て、オドオドしていた。

    初めて会ったときには「あ、かわいいな」と思った。

    正直、そう思う。

    ネコ顔でやわらかそうな淡い色の髪をポニーテールでまとめてて。

    背は小さいけれど太ってもいない。

    そして、中学生にしては豊満なバストをしていた。

    オレは「おっぱい星人」なので、目の前の「妹」に激しく反応しなかせらも、心のどこかで「ウソだろ、こんなのはエロ小説の中でしかない話だ」と思っていた。

    だが、話はまさにエロ小説のように進んでいく……



    妹は厳しく育てられていたせいか、最近のバカ厨房や工房と違って品行方正だった。

    最初、オレのことを「あの……」とか呼んでいたが、「兄ちゃんでいいよ」と言ったら、ものすごく嬉しそうな顔をしたのをよく覚えている。


    オレは仕事とは別に下手の横好きでバンド活動をやっていて、部屋にはキーボードやらギターやらMacが積まれていたのだが、ある日、妹が某バンドのファンだということがわかり、妹の好きだという曲を軽く弾いてやったことから一気にうち解けたように思う。

    Pic00010006



    去年のことなんだけど。同じクラスに気になる男子がいました。



    とにかく優しくてちょっと頼りなさそうな感じがして、全然モテないんだけど私のタイプでした。

    その時に私には彼氏がいて、カッコイイから友人がうらやましがっていたけど、

    自分はイマイチ本気になれませんでした。

    最初は彼(名前は小島くん)をただ優しくて良い人としか思ってなかったけど、

    席が隣になった時に妙に気が合って…それから毎日学校行くのが楽しみになりました。

    授業中に好きな人いる?って手紙に書いて渡したら、いるって返事が返ってきて…。

    しかもそれが同じクラスの女子だったからショックでした…

    あまり可愛くない普通の子だったからとても悔しかった。





    自分には彼氏がいるから小島くんとは付き合えないのはわかっていたけど、

    どうしても好きになってもらいたくて、誘惑して振り向かせようとしました。

    スカートを超ミニしてさりげなく太もも見せたり、上目使いでじ―っと見たり、




    ブラウスから胸の谷間が見えるようにしゃがんだり…。グラビアアイドルのポーズとか研究しました。

    クラスの男子は言い寄って来るけど、小島くんの態度は全く変わりませんでした…

    でも、本気で小島くんを好きになってしまったから、彼とエチしたくなりました…。





    ある日、「テストが近くなってきたから、小島くんと一緒に勉強したいにゃぁ」って甘えてみたら、

    「じゃあ、うち来る?」って言われて。彼の家に行く事になりました。

    これはチャンスかも。

    頭悪いし、性格には自信がないけど、顔(熊田曜子似)と胸(Eカップ)は自信があるから、

    童貞(?)の小島くんをいっぱい気持ちよくしてあげようと思いました





    当日、授業が終わり小島くんと二人で自転車で彼の家へ行く。

    (なんか胸がドキドキするし、Hな気分になってきちゃった…小島くんはどうかな?)

    小島くんの家に着く。家族は出かけていて誰もいない。

    とりあえず彼の部屋に入る。(マンガ本やゲームで散らかってるけど、それがまた可愛いなぁ)

    部屋でドキドキして待っていたら小島くんがジュースを持ってきてくれた。

    私   「じゃあ勉強始めよっか(笑顔)」

    小島くん「そうだね」

    15分くらいして…

    私   「やっぱり勉強つまんないやゲームしない?」

    小島くん「えっ…。何しに来たんだよ」

    私   「うーん…わかってるよ、だってあたし…小島くんのこと…」

    私は小島くんに抱きついてキスしました。

    私   「ダメ…?私のこと嫌いー?」

    甘えた感じで彼に抱きつく。

    小島くん「や。ダメじゃないけど、みほチャン本当にいいの?」

    私   「ぅん。小島くん初めて?」

    小島くん「当たり前だろ。全然モテねーし」

    小島くんが恥ずかしがってて超可愛い♪キスも初めてなんて、本当に可愛いょ。なんか興奮してきちゃったぁ…。


    Pic00010022


    私は27歳、妻20歳と1歳の娘と3人でくらしていました。

    昨年の10月、妻は事故に合い入院を余儀なくされてしまい、

    乳飲み子を抱え私は往生していました。



    そんな時に助け舟を妻の母が出してくれました。

    私は冠婚葬祭等を含めて何度もお会いしていますが、

    とても綺麗で若々しくとても48歳には見えません。



    妻は母子家庭で義母はホステスなどをして妻を育てたそうです。

    十朱幸代に似ている義母は知的でおしとやかである種独特のフェロモンがあります。

    妻の言う所ではかなり地位の高い方の愛人でもあったとの過去もあります。



    義母は簡単に「今、暇ですから大丈夫ですよ、家事全般も任せてね」と

    あっさりと我が家に泊り込んでくれました。

    私の目はその日から義母を女性として追っていましたが




    理性の大きな働きがあり義母の肢体をオナペットにするくらいで我慢できていました。



    数日後です、会社の外回りで繁華街を歩いていると義母の姿が見えます。

    私より若いかもしれない男性とラブホテルに入っていきます。

    そういえば今日だけは息子の健太を託児所に預けると言ってた、

    しかしあんな年下と…。

    意外な1面を見た私の中に義母に対する性的欲望が強く湧きあがったのです。



    私はその日から義母に対し小さなアプローチを仕掛け始めました。

    筋肉質で肉体に自信のある私は風呂上りに下着でウロウロしたりして

    義母と語らったり、馴れ馴れしく義母の方や背中を叩くように撫でたり…。

    義母も自宅でなんとなく軽装やネグリジェでいる事が多くなりました。

    義母の尻や太腿は弾力に富透き通るほど白くとても48歳には見えず、

    若い男のエキスのせいかな?などと考えると堪らなくなり、

    私の行動は徐々に大胆になりました。



    私はある休日に妻の見舞いの後に自宅でシャワーを浴び、

    リビングで素っ裸で昼寝をする振りをしました。

    義母がリビングにきた気配を察知した私は義母の反応への期待で

    一物を勃起させ、それを見せつけました。

    そのとき、義母は10分程リビングに居ましたが何のリアクションもなく、

    トイレに入っていきました。



    私はそっとトイレの様子を伺いました。

    すると小さな吐息が聞こえてきたのです…。

    小さい呻き声を上げて義母は達したようでした。

    これを気に私は義母とSEXで切る確信を得て、より攻撃を大胆にしていったのでした。

    Pic00010018


    10〜20代の人ならほとんどの人が入ってるであろう大手SNSを通じて知り合った子との話です。





    僕:23歳、都内某大学院生、一人暮らし、バイトは塾講師。



    ミサ:18歳、都内の高3生(受験生)、153cm、細身体型(B〜Cカップ位)、顔は安倍麻美似のロリ系。





    その日は突然きました。



    去年の12月初旬、自分の日記にコメントを残していった人がいて、足跡を辿ってみると全く知らない女子高生でした。



    強いて言えば住んでる街が同じということ位で、なぜ自分の日記に辿りついたのか不思議に思ったものの、お返しに差し障りのないコメントを残しました。



    すると、その日のうちに申請が来て、「塾の先生やってるんですね! 私も受験生なんですけど、英語が全然わからないのでいつか教えて下さい!近所に住んでるみたいですし(笑)」とありました。






    「住んでる所が近いからといって、教えないだろう…」と思いつつも、社交辞令的に「近所のカフェで勉強してたりするんで、タイミングが合えばどうぞ」と適当な内容で送り返しました。



    すると、間もなくメッセージが返ってきて「いつ頃いますかー?ほんとに行っちゃおうと思ってるんですけど(笑)」とのこと。



    その日会った友人(♂)に「こんなことがあったんだが…」と話を振ると、「ひょっとすると良い出会いになるかもしれないし、一回だけ会ってみたら?もし変な子だったら二度と会わなければいいんだし!むしろ面白いから会ってきなよ!!」となぜかノリノリな返答が返ってきました…。



    予想に反してノリノリの友人に促され、その場で「土曜の夕方からいつものカフェ(カウンター席)で勉強してるので、都合良ければどうぞ」と送ると、「ほんとにいんですか!?アホで引くかもしれませんけど、お手柔らかにお願いします(笑)」とこれまたすぐに返事が返ってきました。





    そして土曜…。





    いつもの慣れたカフェだというのに勉強にいまひとつ集中できずにおり、何度か「帰ってしまおうか?」と思ったものの、それはポリシーに反するということでせわしない気持ちを抱えたまま数時間勉強してました。



    そして20時を過ぎた頃、隣席に女子高生が座ってきて、「○○(ニックネーム)さんですか?」と笑顔で話しかけてきました。

    Pic00010027


    小学校時代に通院していた、大学病院の小児科について、以前に何度か投稿させていただいた者です。

    私はその病院に小学校時代、3ヵ月間入院しておりました。



    私の入院していた小児科病棟の病室は大部屋で6人の子供たちが入院しており、男の子は私を含め2人、女の子が4人いました。

    その中に、学用患者として入院していた、女の子が一人いました。その子の名前は慶子ちゃんという、とてもかわいい女の子でした。慶子ちゃんは、小6で私達の中では一番の上級生。明るくて、面倒見もよく、私達からは、慶子姉ちゃんと慕われていました。



    そんな慶子姉ちゃんでしたが、毎日行なわれる、先生の回診や、検査や処置のある日は、いつも明るい慶子姉ちゃんも朝から、元気がありませんでした。

    慶子姉ちゃんは、先生の回診や、様々な検査、看護婦さんの行なう処置等の時は必ず、着ている物を全て脱がされ、全裸にされていました。

    ベットにカーテンはついていますが、慶子姉ちゃんの回診や、検査、処置の時は、閉められることがなかったので、私をはじめ、他の子供たちや、親からも、全裸で回診や、検査、処置を受ける、慶子姉ちゃんが丸見えでした。

    慶子姉ちゃんは、いつも先生や、看護婦、研修医、看護学生をはじめ、私達や、親達など、たくさんの人達に、自分の全裸になった恥かしい姿を晒し、様々な検査や処置をされていました。



    週1回必ず行なわれる体重測定(ナースセンターの前で行なわれる)の時も、慶子姉ちゃんは、全裸で測定を受けていました。(私達はパジャマのままで行なわれた。)

    会社の飲み会でイタズラされて…
    会社の飲み会でイタズラされて…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    嫁の日記がエロすぎる…
    嫁の日記がエロすぎる…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…