気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    1682kimama
    NTR嗜好の俺の体験した話

    まず自分語りになって悪いが、俺はNTR嗜好だ。


    彼氏持ちの女を男の目の前で犯す妄想をする日々。


    でも実行した事がなかった。

    童貞じゃないが彼女やら今いないしな


    そんな悶々と妄想するだけであっても、やっぱりこの願望を叶えたい。


    なんとか実行出来ないかと思い、大手出会い系サイトやらに書き込みをした。


    内容は、「寝取られ嗜好のあるカップル、または同類の嗜好がある方募集です。

    一緒に乱交やら楽しみませんか?」

    こんな感じに書き込んだ。


    正直期待はしていなかったけど

    翌日、一件の書き込みがあった。



    「はじめまして、私を私の彼氏の目の前で犯して欲しいです。



    と書いてあった。


    出会い系は初心者だし一瞬サクラかと思ったが、シンプルな文だし、とりあえずはやりとりする事にした。


    正直この書き込みにテンションが上がっていたし、これでついに…と妄想が膨らんだ

    少しのシンプルなやりとりをしていくと、
    女は「さっそくですが、25日に会えませんか?」と書いてきた。


    急展開だな、それともこんなもんなのか?と悩んだが、その日なら俺も仕事が早く終われそうだし、思いきって会う事にした

    そして25日の夜、俺は待ち合わせの駅に。


    車椅子を押しているらしい女を探した。


    待ち合わせ時間を数分過ぎた頃、エレベーターから車椅子を押している女が出てきた。



    女は降りるなりキョロキョロと辺りを見回し、暫くして俺に気付いたようだ。


    ゆっくり近付いてくるから、俺もゆっくり近付いていった。



    女は夏帆似の、大人しそうな可愛い子だった。



    女「俺さんですか?」
    俺「はい。

    女さん?」

    女「そうです、はじめまして、今日はよろしくお願いしますね」

    丁寧にお辞儀をされ、こんな可愛い子とヤレるのか、と内心ゾクゾクしていた。



    だが、それよりも気になる人物がいた。


    女が押している車椅子には、ぐったりとした男が座っていた
    顔は見えない。


    けれどこの男が彼氏だとすぐ分かった。



    俺「こちらこそよろしく。

    …彼氏さんだよね?…歩けないのかな?」

    失礼かもだが聞いてみた。


    2708kimama
    嫁のママ友のデカパイ人妻にパイズリしてもらった話。

    夏頃の話だが、嫁のママ友の家でおいしい思いをした。



    去年の7月頃だったかな?
    嫁のママ友(子供の幼稚園が同じ、旦那は単身赴任、歳は38)が大掛かりな部屋の模様替えをするから、仲の良い嫁が手伝いに行く事になった。


    重いものもあるから俺にも来いと借り出されて、せっかくの休み何で俺まで…と渋々ついて行った。



    7月で暑かったにも関わらず、そのママ友(尚美さん)は節電でエアコンかけてなくて、正直帰りたいと思った。


    だけど、お互いの家をしょっちゅう行き来する仲で、俺も交えてウチ飲みしたりもするんで、そういうわけにもいかず、手伝いはしっかりやった。


    本棚から一旦本を箱詰めにして運んだり、本棚移動したり、他にも確かに男手がいりそうな事が結構あった。


    もう、みんな汗だく。


    大方終わって、出した本を戻すだけになったんだけど、どういう並びで戻すのか聞こうしたら、尚美さんがいない。



    嫁はのんきにその本読んでやがって、俺に「聞いて来い」と。


    トイレじゃないのかと思ってノックしてみたが、返事がない。


    部屋の配置は知ってるので、自分の部屋かな?と思い、尚美さんの部屋に向かった。


    冗談で驚かそうとノックせずにいきなりドアを開けてやった。


    もし中に誰もいなければ、ただのアホだったが、今でもあの光景は目に焼き付いてる。



    中には尚美さんが上半身真っ裸。


    どうも汗をかきすぎて気持ち悪くて着替えてたらしい。


    それにしてもブラまで着替えるって…そんなに汗かいてたのかよ。


    それまで38なんて俺より大分年上だし、デカパイだなぁとは思ってたが、どうせ垂れてダルダルだろ、と正直興味なかった。


    が!目の当たりにすると話は別。



    尚美さんのデカイおっぱいは、実際垂れてはいたが、服の上から見るより、かなりのボリュームがあり、黒ずんだデカイ乳輪もあいまって、メチャクチャ興奮してしまった。


    なんて卑猥な体なんだと。


    嫁の貧乳とはエライ違いだ。


    「ゴメンナサイ!」と言ってドアを閉めた。


    その後、尚美さんが出てきて、片付けの事を聞いて戻った。


    俺も尚美さんもさっきの事には触れず、昼ご飯をごちそうになって、一旦帰宅。


    その後、幼稚園にお迎えに行って、その日は終わった。


    ちなみに俺はサービス業で平日休みの事が多い。



    その日以来、尚美さんのあの熟したいやらしいデカパイが目に焼き付いて離れない。


    すっかり尚美さんの体にとりつかれてしまい、実際ネタにして何度かヌイてしまった。


    嫁には悪いが、尚美さんとどうにかなりたいと思うようになり、嫁とでは満足できなくなった。


    そこで俺は何かと口実を作り、尚美さんと会うようになった。


    とは言っても、最初は、お迎え帰りに、ちょっと帰りにお茶でもしましょうか、とか子供も一緒で少しずつ二人で会う事の抵抗感をなくしていった。


    今思うと、旦那が単身赴任てのも大きかったのかもしれない。


    そして、ついにチャンスは訪れた。



    毎日毎日、尚美さんのデカパイで頭がいっぱい、あの時見れなかった下半身への妄想も広がる。


    ムッチリした体をアピールしてるかのようなピタピタのデニムの下はどんなパンティーなのか、どんなオ○ンコなのか…毎日毎日童貞に戻った気分だった。


    しばらくして、恒例のウチ飲み開催。


    尚美さんは子供を実家に預けてくる。


    いつものように、嫁と尚美さんはガンガン飲んだ。


    俺はというと、何かあった時のためにノンアルコールしか飲ませてもらえないorz
    そしておつまみ作り係。

    まぁそれでも楽しいんだが。


    遅くまで飲んで尚美さんは帰ろうとしたが、かなり酔ってるので、送っていくことになった。


    尚美さんは酔って上機嫌だ。


    俺はシラフである事をこの日ほど感謝した事はないw
    これはチャンスだと。


    今日しかないと。



    尚美さんは上機嫌で車中でも笑いまくっていた。


    熟女に興味なかった俺だったが、ほんのり赤くなって潤んだ目を見て、すごく可愛く思った。


    きっと下心フィルターの補正がかかっていたんだろうな。


    尚美さんの家に着き、家の鍵を開けて靴も脱がしてあげて、肩に手を回して、とりあえずリビングへ運んだ。


    水を飲ませて、まぁその辺は一般的な感じ。


    ちょっと落ち着いたので、尚美さんの部屋に運んだ。


    すると「○○さん、前に私の裸見たでしょぉ。

    どうだったのぉ?」と。



    こんなんAVでしか有り得ないと思っていた俺は、正直予想外の展開に驚いた。


    5311kimama
    同窓会で再会したズリネタの彼女をついに・・

    友達ってわけでもないが、まあこのスレが一番近いかなと思ってココで書く。



    去年の盆に高校の同期会をやったんだが、その準備を一昨年の秋くらいからしてた。


    まあ音頭取りのヤツが個人的に各クラス1人くらい声かけて10人で準備し始めたんだが、
    積極的にやってたのは5人くらいでそのなかに俺と、2年のときに同じクラスだった美佐がいた。



    高校は県下でも有数の進学校で、美佐も弁理士の資格を持っていて、主婦ながら子供が学校に
    行ってる間は実家の法律事務所を手伝ったりしてるらしい。


    ちなみにダンナはフツーのサラリーマンなんだが、毎日通うには少し離れたところに単身赴任中で
    週末や週中にたまに帰ってくるくらい。


    まあ、あとでその旦那の浮気が元でこのスレに書くような事になるんだけど。



    会合は初めは月イチで夜7時くらいからファミレスに集まって、1時間くらい話して終了。


    ところが自営とか家で嫁がうるさいとかの連中が多くて
    「たまに出てきたんだからカラオケでも行こうと思ってたのにー」
    という美佐を後にしてさっさと解散してた。


    漏れも妻子持ちではあるが、そんなに厳しくも無かったので、3、4回目の会合の前に
    「美佐が行きたがってるからたまには会議終わりにカラオケ行く?」
    と全員にメールしておいた。

    このときはまだ美佐と
    どうこうするとかは全く考えてなかった。



    さて、当日。

    ファミレスに集まって会議して、さて、じゃあカラオケに行くか!と
    言ったものの、参加者は俺と美佐の2人だけ。

    じゃあとりあえずと2人でカラオケに行った。


    部屋に入ると、美佐はそれまで着ていたコートを脱いだ。

    中は胸元の開いた、体のラインが出る
    ピッチリとしたセーターを着てた。

    会合では何度か会ってたが、そこで美佐の巨乳と谷間を見て
    (そういえば美佐ってエロい体してたんだな)
    なんてことを10年以上ぶりに思い出した。



    美佐は、見た目はよく言えば壇れい(壇蜜じゃないぞ)だが、
    正直顔は普通くらい。

    でも体がなんというかムッチリとエロかった。


    既に高校の時からそうで、一部の男子の間ではズリネタとして人気があった。



    2人でカラオケに行くと、歌ってる間にもう1人が曲を探すので盛り上がらないままになりがちだが
    俺は曲を選びながら美佐のエロいボディを場を盛り上げるフリをしてガン見してた。


    美佐はノリノリの曲では胸をガンガン揺らしながら歌って、俺もたまには並んで一緒に歌って
    谷間を堪能してたりしたが、変に肩を組んだり、腰に手を回したりすると警戒されると思い
    タッチとかせずに歌っていたが、何となく2時間くらいで盛り上がり切れず終了。



    「今日は沢山歌えたから、次の時は飲みに行こう。

    じゃあね!」
    とタクシーに乗って帰っていった。


    そして納まりの付かなくなった漏れは夜11時頃に家に帰って
    久々に嫁を誘ったが、拒否られたて、ひとりトイレで抜いた。


    勿論、人妻になって更に色気の増した美佐をオカズにしてだ。



    次は年が明けて1月半ばに会合の予定だったが、妄想が先走っていた俺はあえてその後の飲みの
    件は誰にもメールしなかった。

    というか、その話題に触れないのもまた美佐に逆に警戒されると
    思って忙しいフリをしてメールを出さなかった。



    そして、当日。

    いつものファミレスでいつもの様に19時から会議を始めたが、ちょっと俺と
    音頭取りのヤツとの意見の相違があってやや険悪な雰囲気に。

    そんなことで終わった時には
    22時を近くになって飲みに行く?と言い出す雰囲気ではなかったが
    「遅くなったけど、、、行く?」と美佐が言い出した。


    「俺は全然いいけど、そんなに時間無くない?」
    「娘がスキー合宿に行ってるので、今日はオールでも大丈夫で~す」
    そう聞いて、俺の気はパッと晴れた。



    タクシーで行きつけのバーに。

    繁華街から一本裏に入った場所でもう何年も来てるんだが
    それなりにオシャレっぽい上に、3軒くらい先のビルの間を抜けるとすぐラブホが並んでるという
    絶好のロケーション。

    過去にもここからお持ち帰りした事もあった。



    まずはスパークリングワインを頼んで、2人で乾杯。


    「おつかれ~」
    「お疲れ~、でも今日のOO(音頭取り)はおかしいよねぇ。

    大体アイツは昔から・・・」
    ハッキリとモノを言う美佐にそう言われて、俺もまんざらでもない気分だった。


    その後、もう1,2杯飲んだところで、美佐が言い始めた。


    「実は謙さんに聞いてほしい話があるんだけど、、、」
    ・・・おっと、人妻からの相談ktkrである。



    面倒なのでまとめて書くと....
    ・旦那が赴任先でOLとよろしくやってるっぽい、、、髪の毛や持って来る洗濯物の香水とか。


    ・旦那の事が嫌いではないから、別れる気は今は無い。


    ・男なら浮気のひとつふたつはまあ甲斐性ってのもわからないでもないが、気が付いてないだろうと
     ナメられてる事には腹が立つ。


    ・どのくらいの付き合いかも不明。

    遊びならいいけど、問いただして、別れると言い出されたら怖い。




    5287kimama
    出会い系サイトで出会った人に女の喜びを感じさせてもらってます・・・

    私は37才のごくごく普通の主婦です。


    優しい主人と3人の子供たちに囲まれて平凡ですが幸せな毎日を過ごしていました。


    結婚して16年・・主人とのSEXは今でも 週1ペース。


    でも そのSEXで私が絶頂に達することはほとんどなくそれどころか濡れることさえ困難な状態です。


    なのに 求めていくのは いつも 私。


    そんな女として満たされない思いを 隠しながら過ごしていました。


    自分が求めている物が 何か・・それに気がついているのに。



    そして子供たちもそれなりに大きくなり 自分の時間がもてるようになった今・・私は 『全国妻の肉体関係掲示板』  という出逢い系サイトに足を踏み入れてしまいました。



    そこで 知り合った彼は 私の住んでいるところから目と鼻の先。


    近所というだけで恐怖を感じた私・・でも“単身赴任”という文字にためらう気持ちよりも“彼がここにいる間だけ何もかも忘れて女の喜びを感じたい”そんな気持ちで彼とメールのやりとりがはじまりました。



    私がずっと長い間、抑えていた欲情は 二人の距離を縮めるスピードをどんどんどんどん早くしていきました。


    まずは 彼の姿を見てみたくて・・。


    レンタルビデオ屋さんで待ち合わせて顔だけ確認し合おうということになりました。


    【ダークグレーのスーツ。

    メガネをかけている】

    私はお店に入るなり彼を見つけました。


    そして 笑顔で 初対面。


    彼はとてもステキな人で私はほとんど一目惚れ状態。


    それだけで帰るつもりが店内には私たちしかお客はいない・・
    私たちは店の奥の方へ。


    そこで言葉を交わしました。

    誰かに見られたら・・そう思うと長い時間そこにとどまってはいられません。

    帰り際 ごく自然に彼が握手の手を差し出してきました。


    私もごく自然に手を差し出し握手・・すると彼はその手を強く握り私を引き寄せ 顔を近づけてきました。


    驚いた私は 軽く唇が触れたところで彼から離れ彼の目をじっと見つめてからお店を出ました。



    その夜は彼がステキな人だったことがうれしいのか、彼にいきなりキスを求められてドキドキしたからか、それともあのキスが物足りなかったからか、なかなか眠れませんでした。



    翌日そのことを メールに書いて送りました。


    すると仕事の都合をつけてくれた彼が少しだけでいいから逢いたいと言ってくれて逢うことになりました。



    そして待ち合わせ場所の駐車場の車の中。


    もう抑えることが出来なくなった私は“あのキスじゃ物足りなかった”と激しく唇を重ねて舌を絡ませ合い唾液を吸い合いました。



    そして私の手は彼のズボンの中へ。


    久しぶりに触る主人以外の物・・
    それは今まで私が手にした物の中で比べようがないほどの大きさ・・。


    色も形もとても卑猥。


    まじめな私をどんどん大胆にさせるような・・
    なんのためらいもなく私は彼の大きい物を口に含みました。



    “私の求めていた物がやっと手に入ろうとしている”
    私の身体はその喜びで溢れかえっていました。



    “触って欲しいの?”彼の言葉に 首を縦に振りました。


    こんなになってる自分に少し恥じらいながらも。



    1020kimama
    混浴で出会った女性のお尻を開いて匂いを嗅ごうとしたら・・

    あれは山形の山間部の宿でのことでした。


    仕事でかなり遅くなったため、宿を探していたところ客先にその宿を紹介してもらい
    夜10時頃チェックインを済ませた。


    平日ということもあり、自分の他に客は2組だけということだった。


    夕飯はすでに終わったということだったが
    女将の計らいでおにぎりを出してもらい
    腹も膨れたので疲れをいやそうと11時頃風呂に行った。


    そこで気がついたのだが、風呂は混浴となっており
    7時から9時までが女性専用タイムということだった。


    夜遅かったので特に気にすることもなく浴衣を脱ぎ入口の戸をあけると
    22~25歳ぐらいの女性が入っていた。


    その女性が動揺しているようだったので
    「またあとで来ますね」と声をかけ出ようとすると
    「あぁ、大丈夫です。

    少し驚いただけですから・・」

    と言うので、再び入口を閉め体を洗い湯船に入った。


    その女性は恥ずかしいのか風呂から上がりもせず入っていた。


    湯船に入ってわかったのだが、恥ずかしいのではなくお湯がぬるいのだ。



    4706kimama
    彼女に内緒でエロい女と…w

    彼女いない歴1年半、でも今、ほっとしてますw

    それはなぜかと言うと、彼女ができたからです。


    実は昨年も含め僕は彼女がずっといませんでした。


    仕事が終わって、家に帰って、食事や風呂を済ませ、次の日日に備えて寝るだけ

    毎日そんな感じ、週末は外は盛り上がってるんだろうけど
    僕は、上京したばかりの22歳で、友達もいないから
    TUTAYAでDVD借りて、週末を過ごす腐った生活でしたww

    いつかは、友達もできて、その流れで女の子とも知り合って
    一人暮らしだし、家で一緒に友達とお酒でも飲みながら…

    みたいな夢を見てたんですが、この1年半本当になにも起きずにいたんですが、
    最近、掲示板に手を出したところ、流れが一気に変わったね

    きっかけは、TUTAYAでラブソングが流れていて、
    その曲が丁度昔付き合ってた彼女との思い出の曲で、僕自身がかなり奮い立たされた事がきっかけ
    ちなみに流れていた曲は【LOVEAFFAIR ~秘密のデート~ 】

    この歌本当に好きで、僕自身、もうどんな方法でもいいからって
    勢いで、とにかく知恵袋とかで、実際に出会い系とか、バーとか
    異性との出会いについて、真剣に質問してた

    すると一件かなり有力な情報が、入ってきたんです。


    5931erojd
    好きだった子がトイレで会社の同僚にパイズリしてた・・・

    新入社員の時の出来事です。


    泊まり込みの合同研修で出会った子が好きでした。

    例えるならグラドルの西田麻衣のような顔と体。


    誰に対しても明るくて元気な子でした。


    (なので、仮で「まいちゃん」と呼ぶようにしますね)
    研修時に同じテーブルで、隣の席になってから話す機会が多くて、新入社員同士ということもあり連絡先を交換して、宿泊部屋で携帯で連絡したり仲良くなりました。


    そのうち恋愛感情が芽生えて、付き合えたらいいなと思うようになりました。


    研修の休憩時間は二人でお茶したり、大学時代にどんな人と付き合ったり、とかプライベートなことまで聞いて、彼氏がいないことも把握。


    週1で研修お疲れみたいな飲みがあるときは、ほろ酔い加減なまいちゃんの表情がエロくて、たまに谷間が見えたりと、ドキッとすることもあり、早く付き合いたいと思ったので、今度デートに誘ってみようと思いました。



    メール麻衣ちゃんに「今度、買い物にいかない?」って連絡、「いいよー、どこいこっか?」と返信、その日に告白しようと決めました。


    研修がない週末土曜日にデート設定。



    メール後の金曜日は毎週恒例の週末飲み会。


    同期同士で10名くらいが安い居酒屋に集まるんですが、男子6名、女子4名といったところ。


    男子の中に、話が面白くてイケメンの部類に入るOがいて、たまに下ネタ入れ込んだりで、盛り上がっていた。


    酒も入ってきて、男女ともにボディタッチが多くなってきた気がした。


    麻衣ちゃんも隣の男子の腕触ったり、「ぷにぷにだね」って隣の男子にまいちゃんの二の腕触られて、軽く嫉妬。



    酔いもかなりまわり、麻衣ちゃんが「トイレ行く」と離席。


    俺は目の前の別の子と結婚だ、仕事だ、など人生相談みたいなどうでもいいことを聞き入っていた。


    その後、男子のOがトイレ行くと離れて、そろそろ解散かなーと思っていた。



    会計はワリカンだから、俺一人あとからトイレ行って会計遅らせるのも悪いから、目の前の女の子の結婚観にオチが着いたあたりから、俺もトイレと席を離れた。


    0998erojd

    童貞の俺が彼氏持ちの女を寝とった。

    俺はずいぶん遅くて26歳の時が初めてだった。


    それまで付き合った女や微妙な関係になった女はいたが、
    超奥手だったりちょっとヤンデレみたいな感じな風変わりな女だったりしたので、
    リアルで出会う女には縁が無かった。



    そんな中、もう10年以上前の話で今もあるかどうか分からないけど、
    某メジャーなWebチャットで知り合った女がいた。


    5~6コ下の女でほぼ毎晩チャットで話をしてたけど、
    暫くして連絡先を交換するまでの仲になった。


    チャットでも話してたけど電話も頻繁にする様になって色々話を聞いた所によると、
    彼女は一人暮らしで、どうやら彼氏がいるらしい。


    でも何だかうまくいってないとの話だった・・・。



    それから1~2ヶ月くらい連絡を取り合ってて、
    彼氏いるしやっぱちょっと疎遠になりつつあるかな?と思ったけど、
    その彼女がどうも俺との連絡を断ちたくないらしい事に気付いてからは、
    心理的に急激に近付いた。



    夜な夜な長電話をする様になり、お互い心理的に微妙な関係に発展し、
    ある意味殆ど付き合ってるのと変わらない感じ。

    この時点で既に浮気状態。


    いつしか会う約束をした。

    一応、軽く写真も交換した。



    0677kimama
    ハプニングバーでの体験談

    その日は、ハプバーで当日知り合いになったAくんと一緒に飲んでた。


    その間、たまに女の子や男の人が入ってきて、仕事の話とかエロ話とかだらだらしてた。



    んである程度時間がたって、そろそろ誰かターゲットロックして、そっち方向に持ち込もうかみたいな話になった。


    とりあえず、こっちが2人だったので2人組の女の子に目をつけた。


    ただ、その子たちは違うグループと話してたので、近くに行って「向こうで僕ら座ってるから、後で話そうね」とだけ言ってAくんと席に戻った。



    しかし、その子たちはグループで結構盛り上げっており、こっちに来る気配がなかった。


    Aくんと「仕方ないけど、あの二人は駄目かねぇ」なんて話をしてたら、「男二人でなにしてんの~?」と先ほどの2人組とはではないBちゃんが来た。



    Bちゃんは大学生。

    ただ風俗の仕事をしているらしい。

    たしかヘルス系だった気がする。


    見た目はちょっとハーフ系のBかCカップの割と細身の子。

    仕事で指名の話を言っていたので、そのくらいの容姿と思っていただいてよいと思います。


    もちろんこの娘も、別に以前からの知り合いではない。

    さっきちょいと話して仕事の話とかで盛り上がった感じ。


    で、俺が「男二人で、向こうの2人組みの子とハプろうと思ったんだけど(ハプるってのは、Hなことするって意味ね)、声をかけたはいいけど全然来なくてさー」なんて話した。


    A君も「今日はまぁまったり過ごすよー」なんて言ったら、Bちゃんが「ホントに~?まったりでいいの~?」とソファーに座ってる俺の上に乗ってきた。


    でBちゃんが「2人はもう今日はハプった?」って聞くので、NOと答えると、「それじゃ、私が二人一緒に相手してあげよ~か?いや?」と言った。



    自分は別に複数プレイに対して、嫌悪感はないので「別にいいよ、むしろ嬉しい」と答え、A君は複数未経験だけどやりたいって答えた。


    それを聞いたBちゃんは「じゃぁプレイルームいこ!」と元気に答えて、3人で仲良くプレイルームへ。



    プレイルームは薄暗くて、ほぼ物のない6畳くらいの空間。

    特にベッドがあるでもなく、ゴムやティッシュのあるたながひとつある程度。

    あと廊下から覗ける覗きマジックミラーがあるかなw

    プレイループに入るとBちゃんはすぐ脱ぎだした。


    3935kimama
    満員電車で背中にオッパイ押し付けられた時の話

    15年前。

    20時過ぎ。

    ビールの匂いも充満する準急列車内。


    吊革も空いてなく、俺は両手を降ろし、おしくら饅頭の中で“気を付け”の状態だった。


    気が付くと俺の左腕と背中に、後ろからオッパイらしき感触。


    振り向く勇気がなく確認はできなかったが、女性の右胸が押し付けられてるようだった。


    俺が左脇を少し開くと、その胸がちょうど挟まるように入ってきた。


    こうなると、女性は大抵ガードするか、向きを変えるだろうと思っていたが、
    彼女(の胸)は動く気配がなかった。



    ここで俺のスケベ心が脳みそをフル回転させ、ある計画を思いついた。



    まずは自分の立ち位置を左にずらし、彼女の両胸の感触を背中で味わいたい。


    俺の心「ばれないように、電車の揺れに合わせて、自然に、自然に…」
    5分もいらなかった。

    見事彼女の両胸が俺の背中にフィットした。


    彼女はやはり無反応(のように感じた)。

    それでもこの状態で俺は幸せだった。


    しばらくこの感触を背中で感じていたが、俺のスケベ心はさらに次の計画を思いついた。



    6061erojd


    この前の大雪で女とセクロスした話

    一昨日だかその前だかの雪で

    帰宅困難になったやついるだろ?

    まあ俺もその1人だったわけ。


    夜7時くらいに都内の某所から
    とにかく家に帰ろうっつって
    車に乗ってたわけだ。



    だけどまあ全然進まないのよこれが。


    それでなんか面倒臭くなっちゃって
    次の日学校サボろうって決めて
    コンビニに車停めてしばらくしてから帰ろうって思ったの。


    それが20:30くらいかな。



    特に眠かったわけでもないから
    車の中でボケーっとケータイみたりして
    過ごしてて
    そんでふと車停めといて何も買わないのもアレかとおもって
    コンビニ入ってコーヒー買って戻ってきたら
    車のところに知らない女がいた。



    たいしてコミュ力あるわけでもない俺は「えーっと…何すか?」みたいなことぼそぼそいってたかな
    そしたら女が「寒くて家に帰れない。

    送ってくれなくてもいいから雪が収まるまで車に入れてくれ」みたいなことを言ってきた。



    0037
    親の再婚相手の連れ子の姉・・

    まずはスペック。



    俺、当時は高校1年から2年。


    DQN、ボッチ。


    身長は170ちょい。


    結構モテたからブサメンでは無かったと思いたい。







    姉、身長160無いくらい。


    黒髪のストレート。

    結構髪が長かった。


    年齢は俺の一つ上。


    Dカップ。

    これは下着見たから間違いない。



    妹、身長150ちょい。

    ちっちゃい子。


    俺の一つ下。

    父親の連れ子。


    俺と姉は母の子。

    つまり血縁関係はない。


    再婚は小学3年の時。

    ついでに言うと現在は離婚してる。

    俺の高校卒業と同時に。


    妹は、姉より胸でかい。

    たぶん。



    俺と姉の関係なんだけど。


    まず、俺の母親はスナックのママさんをやってる。

    親父と離婚してかららしいが、実の父親の顔は俺も姉も知らない。


    ある程度俺と姉が歳をとってから親が再婚してるから、両親の、その。

    エロいシーンとかは幾度となく目撃したりしてる。



    幼い頃の俺と姉はそう言うのに興味を持ったりした。


    当時の姉はもう知識があったかもしれないが、少なくとも俺にはなかったな。



    その両親のやっていた事は、これまたマニアックなのだが、緊縛だった。


    俺はカクレンジャー世代なので、忍者ゴッコがすきだった。



    それで、姉に「なわぬけー!」とか言われ、縛られ。

    エッチな事をされた事もある。


    これが後々影響してるのかは分からんのだけどw

    妹が俺の家に来たのは小学3年の時。


    俺は自分より年下の兄弟とかいなかったから純粋に嬉しかった。


    しかし姉は違ったようで、当初は妹を凄く毛嫌いしていた。


    今思うとその気持ちは分からなくもないなって思う。

    俺は本来末っ子だからな。

    姉の嫉妬心とか、深いところは分からないけど。



    名前を考えよう。


    最近、というかシュタゲと言うアニメが好きなので、そこから名前をとらせてもらう。


    残念ながら、キャラも性格も全員違うのだけどw

    俺、倫太郎!
    姉、クリス!
    妹、まゆり!

    そんな感じで行こうと思う。



    姉は妹を嫌っていると書いたが、それは最初のうちだけで、姉が中学に上がる頃にはむしろ妹にぞっこんな感じになってた。


    元々姉は正義感の強い方なので、そう言う、言い方は悪いが。

    遇われな感じを持った妹は放っておけなかったのだと思う。



    まあ、当時の俺等はいたって普通な家族だったと思う。

    姉とちょっとエロいことはあったが、今思うとやっぱり遊びの延長だったしな。



    妹も俺になついていたし。

    普段クールで、人の前に立ちたがる姉も妹には色々と適わない、そんな、バランスのとれた家族だったと思う。



    そんで俺、高校に入学。


    結論から言うと、俺も妹も、姉と同じ高校に入学した。


    理由は自宅から近い!!!

    俺と姉は誰に似たのか分からんが、なぜか運動は得意だった。


    姉は剣道で全国大会出場。

    俺は空手で全国大会出場(型だけだから喧嘩とか強くない)
    まあそんな自慢はいいのだけど。


    俺は高校に入って、中学に引き続き空手部に入った。

    入部してすぐに辞めてしまったけど。


    この辺は普通に高校生活を過ごしていただけだから飛ばす。


    何月だろう。

    生徒会の入れ替えみたいな時期。


    姉、クリスは生徒会長に立候補しやがった。



    その、生徒会とか決める式?って。

    なぜかその演説の助手みたいなのをつけるんだよな。


    それで俺は姉直々にその役をやらさせられるわけだ。


    なんで実の弟が姉のPRをしなきゃいけないんだよ!って、当時はブルーな気持ちになったのを覚えてる。



    とりあえず、姉は生徒会長だった。


    そんで、今の学生とかは流行ってるか分からないけど。

    俺が高校生の頃は、適当なアドレスにメールを送って、そのままメル友になる。

    みたいなのが流行ってたんだ。


    それでメールをやり取りしてた女の子がいる。


    名前。





    ルカちゃんとしよう。



    その事の出会い、出会ってないのだけど。

    なんか「どうも、適当にメール送ってみました」みたいな感じだったと思う。


    ルカとは結局メールのやり取りしかしてないな。


    当時高校1年だったし。

    特にエロい話とかも無かったけど。

    学校ではあまり女子と話さないというか、人と話せなかったからルカとの話は楽しかった。


    ルカ「部活とかしてないんですか?」
    俺「してないなー」
    ルカ「また空手やればいいのに」
    そんな、他愛のない会話だった。



    そんなこんなで高校2年に上がるちょっとまえ。

    冬の事だったかな。


    靴箱の中に手紙が入ってた。


    差出人の名前は無かったのだけど、同じ学校の人らしかった。



    その人の手紙は少し特殊で「もしお返事を頂けるようでしたら、○○著の○○という作品の○○ページ目に挟んでおいてください」みたいな感じだった。


    だから俺自身も、その人に返事を求めるときは図書室にある本の間を指定したりした。


    ちなみに内容は、スポーツ大会の話題だったり。

    定期テストの話題だったりと当たり障りの無い内容だった。



    この人は、名前どうしよ。






    えなちゃん。

    としよう。


    登場人物多くてほんとすまん。



    高校1年の時は、こんな感じだった。

    ほんと、普通w

    そんで、妹が同じ高校に入学してくる事になる。


    姉が高3、俺が高2、妹が高1。



    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ