気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    kimamamh00129000433


    汚いとかは感じなかったけど、ショックだったなあ。




    受付の子は、肌が透き通るような真っ白なんだよ。





    絡んでるとこ想像すると・・

    ちなみに場所はラブホじゃないよ

    だからなおさら・・状況的にゴム準備できるとも思えんし、
    生だったんだろうな、やっぱり・・・

    ホテルで会合があって、それに海外支社のエンジニアであるマークも参加した。


    その人の接待役を受付やってる優希が担当することになった。

    27歳、小柄でスレンダーで胸は小さめ、可愛い系の娘。

    美人であることに加え、英語力堪能だから選ばれた模様

    マークは日本語カタコトのため、彼女は通訳としても活躍。

    会議後に食事会があり、通訳の関係でその場でも彼女はずっとマークの隣にいた。


    マークの視線は頻繁に彼女の胸元や腰に向けられ、気に入られてるのは2人の様子を見ても明らか。

    前から優希が気になってた俺としては気になってしょうがなかった。


    食事会が終わって一応解散となり、俺は同僚と軽く外に飲みに行った。


    明日があるので30分くらい、という感じで軽くすませ、ホテルへ戻って彼と別れた。


    何か予感があったのか、ホテルのバーをのぞき込んでみた。


    隅のテーブルで、マークと優希がカクテルか何かを飲みながら楽しそうに談笑しているのを発見。


    悔しかったが、そけへ割り込んでいける立場でもない。


    部屋に戻って眠ろうとしたが、さっきの事が気になって眠れない。

    意を決した俺は、再びバーへ向かった。

    バーには2人の姿はなかった。

    もう寝たんだろうな、そう思ってまた部屋へ戻ることにした。


    エレベーターの中で、ふと思いついて優希が泊まっている階のボタンを押した。


    酔っていたせいもあるだろう。

    何か口実を作って、話ができないものかと考えたように思う。

    静まりかえった通路に降り立ち、優希の部屋の前まで行った。


    この向こうに優希がいる・・しかし呼び鈴を鳴らす事まではできず、おとなしく引き返そうとしたその時・・・。


    中から楽しそうな話し声が聞こえてきた。

    まさか・・・

    俺は心臓の鼓動が速くなるのを感じながら、ドアにそっと耳を当てた。


    英語で何か話しているのが聞こえてきた.
    マークだ・・・彼女はマークを部屋へ上げている。


    俺はドアに耳を当てて会話を聞き取ろうとした、

    俺もヒアリングだけは少々できるが、アメリカ人のマークやネイティブ並の優希の英語には完全には通用しない。


    半分も聞き取れない感じだが、盛り上がっているのはよくわかった。

    優希のあんな楽しそうな声は初めて聞いた。


    いつまでもいたら誰かに見つかるかもしれない。


    悔しさと敗北感で胸をいっぱいにしながら、すっかり酔いが覚めた俺は部屋へ戻った。


    明日も仕事があるからだ。

    それはあの2人も同じはずなのだが。


    もう一度ベッドに入ったものの、やはり寝付けなかった。

    優希の楽しそうな笑い声が耳に残って断ち切れない。

    30分ほど眠れないまま横になっていただろうか。

    俺は衝動的に再び起きあがり、優希の部屋へと向かった。


    自販機を使いに出たという言い訳を作るため、片手に缶ビールを持って。


    1時を回っていただろうか。

    通路はひっそりと静まりかえっていた。

    いくら何でもマークは部屋へ戻ったろう。

    それさえ確認できれば、安心して眠ることができる。

    ただそれだけを期待して優希の部屋の前に立った。


    ふと何か違和感を感じた。

    ドアの縁から漏れていた光が消えている。

    kimamamh00129000435



    4年くらい前に俺が幹事の合コンがあった。

    しかし、知り合いの女の子の都合が悪くて女の子のメンバーが集まらない。

    そこで彼女に頼んで彼女の女友達3人と彼女を含めて4対4の合コンをしたんだよ。

    男のメンバーは俺と俺の友達、友達の友達AとBの2人。(この二人は俺とは面識なし)

    合コンを盛り上げるためにAとBには俺と俺の彼女が付き合っていることは内緒にしておいた。

    1次会で結構盛り上がり、2次会はAの家ですることになった。



    皆は1次会で結構飲んでたんだが、その勢いで2次会へ突入した。

    しかし、2次会が始まってから2時間くらいしたら俺の友達や彼女の友達が次々とダウンし始めていった。

    俺の彼女は万人受けするタイプじゃないが、ちょっとHな雰囲気があるせいか友達の友達AとBの2人に口説かれるような雰囲気になっていた。



    彼女と付き合っていることを内緒にしている俺も調子にのって、AとBと一緒に彼女を口説いていた。

    彼女は俺に口説かれることに新鮮味を感じているらしく、まんざらでもない様子で口説かれていたが、いまいちパンチに欠ける口説きだったので俺はSEXがすきなの?とか、オナニーってどれくらいするの?とかサンザンセクハラな質問を繰り返していた。

    するとAとBも段々と興奮してきているのが分かったので、俺も面白くなり質問もエスカレートしていった。



    「Mっ気とかあるんじゃなの?縛られたり、無理やりされるのって好き?」

    などと、普段の彼女の性癖を知っている俺は暴露にも似たセクハラを始めると彼女も興奮してきているらしく

    「う~ん、Mだと思うよ、、無理やりされた事はないけど、感じちゃうかも」

    などと答えるようになっていった。

    しかし、少し横になった俺は1次会からの酒でいつの間にかウトウトしてしまった。

    その間も彼女はAとBに口説かれているらしく3人の話声が何となく聞こえてきてた。



    しばらくして、その内彼女も寝てしまったらしく、俺のすぐ横で寝息を立て始めていた。



    すると、AとBはエロトークで高ぶった興奮が収まらないらしく、

    「やりて~」だの

    「ティムポおさまらねー」などの声が聞こえてきた。

    そのうち、Aが俺の彼女の顔を撫ではじめるが見えたが俺はドキドキしながらじっとその様子を観察していた。

    Aの行為に触発されたのかBも彼女の腕を撫で回すようになっていた。

    俺が言うのもなんだが、彼女の肌は色白でとてもキメが細かく手触りがいい。

    AやBも口々にそのことをいうと、どんどんエスカレートして彼女のスカートから出た足も撫で始めた。



    AとBは

    「マジで興奮してきた」とか

    「でもやばくねー?」など自分たちで葛藤している様子だった。

    しかし、Aが彼女の胸をもみ始めたらその葛藤も吹き飛んだらしく、2人の行為は更にエスカレートして、彼女のブラウスのボタンをはずし初めているようだった。

    このころになるとAとBの2人は無言になり、散々彼女の体を触りながら徐々に彼女の服を脱がし始めていた。

    彼女のブラが上に押し上げられると彼女のおっぱいが丸見えになり、普段みなれている俺も異様に興奮して、荒くなった呼吸を気づかれないようにするのが必死だったのと彼女のおっぱいがBカップなので、AとB2人に小さいと文句を言われないかハラハラしていたのを覚えている。



    しかし、AとBの2人は彼女のおっぱいをみて

    「すっげー綺麗なおっぱい」とか

    「乳首が綺麗」(だったかな?)ような事を言ってくれたので俺もうれしくなり、2人の行動を見守ることを決意した。



    2人は彼女のスカートを捲り上げるとすぐにパンツを脱がしにかかった。

    さすがに彼女は寝返りを打とうとしたが、興奮した2人はそんなことにかまいもせず、あっさりと彼女のパンツを脱がすと、マムコを覗き込んだり、触ったりしはじめた。



    俺の位置からは彼女のマムコは見えなかったがAとBの2人が

    「おっ、もしかして濡れてる?」などと言ってかなりうれしがっていたのを覚えている。

    2人は

    「さっきのエロトークで濡らしたんじゃない?」とか

    「この子もHしたいんだよ」

    などと言いながらズボンを脱ぎ始めた。

    俺は生でやられたら妊娠するんじゃないか?と心配もしたが彼女がやられる興奮には勝てずに、じっと成り行きをみていた。

    するとAがついにティムポを彼女に入れたらしく

    「やっちゃったw」といいながら腰を使い始めた。

    さすがに彼女も気がついたらしく、最初はボーっとしている感じだったがすぐに

    「何やってるの?!やめてよ」見たいな事を言ったが、もう遅い。

    Aは彼女の言葉を無視して腰を振っている。

    Bは横から彼女のおっぱいを一生懸命に揉んだり、乳首を吸ったりしていた。



    驚いたことに彼女は大きな声ではなく小さな声で

    「やめて、気づかれちゃう・・・」などと言いながらも抵抗はしている様子だったが、徐々に

    「あっ、、はぁ、、・・」と小さくではあるが喘ぎ声を漏らし始めた。

    俺は嫉妬で頭が狂いそうになりながらも、同時に童貞を捨てたとき以上の物凄い興奮をしたことを覚えている。

    kimamamh00129000434


    うちの大学にサオリちゃんって娘がいるんだけど、その娘が友達にヤられちゃった話をします。


    サオリちゃんは俺が入学当初から憧れている娘で、顔は童顔っぽいけど綺麗な顔立ちで色白。

    小柄だけどDカップらしい。

    実際はサイズ以上のボリュームがあって、ゆったりした服の上からでも豊かな膨らみが分かるほどです。

    ちなみに21歳。

    おっとり系ですが、ガードがめちゃくちゃ固いらしく、入学してから3年経っても男との噂が無いくらいです。

     
     


    しかし、最近友達が「サオリちゃんとヤっちゃった!」と興奮した様子で俺に言ってきたのです。

    まさか…と思いつつもめまいがしそうな程ショックを受けたことを思い出します。

    俺はそいつに「サオリちゃん可愛いよな~」くらいしか言ったことがなかったので、悟られないように振る舞います(笑)
    そいつはいつも「サオリちゃんと一度でいいからHしてみたいよな~」とかエロい目線でしか見てなかった奴なので…
    名前は馬場で、目が細く、ちょっと清潔感の無い感じです。

    もちろんモテません(笑)
    しかも俺と馬場はサオリちゃんと学部が違うのでほとんど接点がないので、全然信じられません。


    俺は真相を確かめたく、興奮する馬場を落ち着かせ、話を聞き出しました。


    俺「どうせ嘘だろ?誰も信じないから」

    馬場「マジだから!昨日の合コンでサオリちゃんが来て、それで……」
    と、詳しく話し始めました。


    馬場の話によると、昨日女友達のアパートで合コンっぽい飲み会があったらしく、そこに偶然サオリちゃんが来てたらしい。

    人数は女3人、男3人で、馬場と仲の良い内田っていう女の友達がサオリちゃんを連れてきた
    みたいだ。

    ほぼいつもと変わらぬメンバーで、今回知らないのは内田の女友達とサオリちゃんだけ。


    そんな訳で呑むことになり、アパートだったこともあって、馬場はこの時点でエロい方向に持ってくことを考えていた。


    時間と酔いで、みんないい感じになってきたらしいが、サオリちゃんは笑みを浮かべながら話を聞いている程度で、その様子が超可愛く見えたと言っていた。

    kimamamh00129000439


    大学を卒業して某企業に入社した夏の出来事。

     
    その日も、満員電車に乗り込み事務所に向かっていた。

     
    つり革に掴まりウトウトしていたら、自然と勃起♂。

    エッチな事を考えていたわけでもなく、朝立ちのような感じだった。

     

    他の乗客にバレたら嫌だなぁと思いながら、すこし前屈みにしていた。

    しかし、こういう時に限ってピンチは訪れる。

     
    駅での乗り降りで、自分の前に20代後半くらいの女性が押されてきた。

    背を向ける体制で、電車が横揺れするたびに勃起した息子が、女性のお尻を突いていた。

     

    その状況にスリルと興奮を覚え始めた頃に、彼女も違和感を察したのか、後ろを気にしだした。

     
    やばい、痴漢と思われてるかもしれない。

    騒がれたら終わりだ。

    どうしよ。

    とりあえず、片手で掴んでいたつり革を両手で持ち、手を上にあげていれば何とかなるかなと冷や冷やしながらも、一向に収まらない息子は、揺れるたびにお尻を突いていた。

     
    そのまま、目的の駅に到着し、助かったと思ったら、彼女もここで降りてきた。

    一瞬、睨むような表情でこちらを見たが、そのまま足早に去って行った。

     



    まさか!が起きた。

     
    自社内の設備の仕事をしていたので、電話機の故障で呼ばれた部署に今朝の彼女がいた。

    彼女もこちらに気づいたのか、チラチラとこちらを見ている。

     
    とにかく、その場を早く立ち去りたかったので、予備の電話機に交換して引き上げた…が、廊下に出たところで、 
    女「ちょっと、待ってください」 
    と呼びとめられた。

    振り返ると、やはり彼女。

     

    あぁ、終わった…と思いながら、足を止めて彼女の出方を待った。

     
    女「少し、お話があります。

    いいですか。

    」 
    と冷たい感じで言われた。

    kimamamh00129000444


    妹と援交していた、なんて兄はそういないはず

    はじめは妹から学校の授業や雑誌から興味もってて、それからチンコ握らせてた

    一回500円

    手コキから始まり、2,3ヶ月後には口で抜いてもらうように

    ごっくんすればプラス500円

    格安なのは、同時に俺も妹に奉仕していたから 



    親が寝てから俺の部屋でこっそりしてる

    69の体勢で

    小5の終わり頃にはオナホ購入、妹の股に挟んだりで素股っぽいことしたり

    これは1000円

    ただ親にバレるとタイヘンだし、夜やるにしても妹の眠気の都合もあるのでなかなかできない

    どれも頻繁にやれるわけではない

    財布の都合もあるし






    小6の夏休み中

    だんだん生意気になってくる妹

    手コキしてもらいつつ携帯いじってたり

    なんだかんだで自分でシゴくよりも誰かにやってもらったほうが気分的に良いわけで

    めんどくさくなってきたのか、妹は値上げ交渉してきた

    だるい、疲れる、もっとほしいと

    正直気持ちが良いし、一人でやるよりはイイ

    しょうがないので全部1000円となった



    ある日のこと

    いつものように手コキしてもらっているとき

    「兄ちゃんカノジョ作れば?」と






    作れないし作る気もない

    「なんでよ、カノジョいればタダでできるしエッチできるじゃん」

    めんどくさいじゃん別れるとき

    「別れるの前提かよ…」

    お前はカレシいるのか?

    「いるよ、当たり前じゃん」

    当たり前なのか……

    どこまでしたん?

    「サイテー、そういうこと聞く?」

    別にいいだろ

    してもいいからゴムだけはつけろよ

    「そのうちつけるし」

    やっぱしたのかよ

    「うっさいバカ!」

    ギュっと思いっきり握られる愚息

    ちょっとマジで痛いので勘弁してください…





    見えそうで見えないぐらいの超ミニをいやらしく無く履けるのは高校生のうちだけだと思い、制服のときわざとパンツを見せることは頻繁にしてた。

    でも同性に見られると反感を買うし、同年代の男の子に見られるのは恥ずかしいから、ターゲットはいつもオジサン。

    高校生の頃一の番印象に残った露出を書きます。

    温泉でもプールでもありませんが、「わざと」なのでここに。

    長くなりますがすみません。




    高3のとき、大学入試の帰り。

    駅のホームにある風避けのための部屋?煙草を吸う部屋っていうのかな…名称は分からないけど、 そこで一人のスーツ姿のオジサンと密室でふたりきりになった。


    高校生活も残りわずか、ミニスカートを穿けるのもあとほんの数回。

    最後のチャンスだと思い、私はオジサンの向かい側の椅子に座った。

    そして靴を脱いで、両足を椅子に上げ、体育座りをした。




    オジサンは文庫本か何かを読んでいたみたいだったけれど、チラチラと私のパンツも気にしているようだった。


    そのまま5分くらい経過。

    私は携帯を弄りながらもオジサンの視線が気になって、アソコがじんわりと濡れてきた。

    また、ふと目を向けると、オジサンの股間はもっこりと膨れ上がっていて、さらに興奮した。




    田舎の駅なので人の気配はほとんど無く、部屋に入ってくる人は誰もいない。

    乗るはずの電車が途中で来たけれど、乗らなかった。

    きっとオジサンも。


    その部屋にはストーブが置いてあり、ポカポカしていた。

    私は「暑…」とひとこと言って、着ていたブレザーとカーディガンを脱いで、ブラウスのボタンをいつもよりひとつ余分に開け、胸の谷間がわざと見えるようにした。




    オジサンの反応が気になったけれど目が合うのが怖くて、携帯のカメラ越しにオジサンを見た。

    オジサンはもう文庫本には目もくれず、じっと私を見ていた。

    部屋はとても静かで、オジサンの荒い鼻息だけが響いていた。


    向かい合っている椅子の距離は人がひとり通れるぐらいの狭いもので、オジサンが手を伸ばせば私に触れることもできそうなぐらいだった。




    そんなことを考えていたからか、もう私のアソコは触らずとも分かるぐらいぐっしょりと濡れてしまっていた。

    きっとオジサンからは大きなシミがハッキリと見えていたと思う。


    見られているという快感から、アソコはピクピク…心臓はドキドキ。




    我慢できなくなってしまった。

    右手には携帯を持っていたので、左手を左胸にもっていき、ブラウスの上から乳首を刺激した。

    膝と膝をくっ付けて閉じ気味だった足も、少しずつ開いていく。

    携帯を横に置き、右手でも右胸を刺激。

    もうこの時点で自分を見失っていたと思う。


    私がひとりで悶えていると、オジサンはおもむろに靴をぬぎ、「ゴホン」と一度咳払いをし、足を組み、再び文庫本に目を向けた。

    私は「オジサン、私に興味ないのかな…」と思い、急に恥ずかしくなり、胸を弄る手を止めた。




    するとそのとき、私のアソコに“チョン”と何かが当たり、ビクッとしてしまった。


    見ると、オジサンが組んだ足の指先で、私のアソコを刺激してきていた。

    オジサンは本に顔を向け、うつ向いている。

    足先の動きはどんどん激しくなり、私も思わず声がでる。

    息も荒くなる。

    kimamamh00129000246


    彼女は、私が子どもを預けている保育園の保育士だ。


    担任になったことは無かったので、
    それまでは挨拶程度しか交わしたことは無かったが、
    スタイルの良い美人なので、お父さん達に人気があるのは知っていた。


    短大卒7年目ということなので、26歳か27歳。

    ちょっと麻生久美子に似ている。

    離婚歴があるそうだ。




    しかし、そこがかえってその人気に拍車をかけているようなところがあった。


    保護者会の役員になり、行事のたびに手伝いに行っているうちに、
    俺は彼女と世間話程度は交わすようになっていった。


    とある大きな行事が終わり、
    打ち上げと称して保育士と保護者総勢20名ほどで飲みに行った。


    二次会、三次会と進むうちに人数が減り、
    いつの間にか私と彼女が話し込んでいることが多くなった。

    たまたま音楽や映画の趣味が近かったからだろう。


    三次会がお開きとなり、帰る方向が一緒だった私と彼女は
    二人でタクシーに乗り込んだ。


    タクシーが走り出してしばらくすると、彼女が俺の手を握った。


    彼女の表情をうかがうと、悪戯っぽそうにハスキーな声で
    「ニシシ」と笑うので、 俺は顔を近づけて触れるだけのキスをした。


    すると彼女は、離れようとした俺の肩を抑えて、耳元で
    「もっと」とささやいた。


    俺は運転手の様子をうかがいながら、再び唇を重ね、
    今度はゆっくりと舌を差し入れた。


    彼女が応じてきたので、次に私は服の上から
    形の良い乳房を手のひらで包み込んだ。


    彼女の激しい鼓動が感じられた。

    高ぶっているらしい。


    「ホテル行く?」と尋ねると、
    彼女は少女のようにコクンと頷いた。


    私は、運転手に行先の変更を告げた。

    ホテルに入ると、早速シャワーを浴び、ベッドへとなだれ込んだ。


    その間中、ずっとキスをしては、顔を見合わせて笑い合っていた。

    なんだか、頭がおかしくなった子どものような感じだった。


    ベッドに横たわった彼女の裸身は、手足が長く、
    子どもを生んだ経験が無いため線も崩れていなかった。


    俺は、形の良い乳房をすくい上げるように手で包み、
    乳首を口に含んだ。


    周囲からゆっくりとらせん状に舌先を這わせていくと、
    やや陥没気味だったものが徐々に堅く隆起してくるのがわかった。


    視線を上げると、彼女と目が合った。

    俺たちは、また、笑い合った。


    それが、互いに緊張をほぐそうとしてのものだということが、
    ようやく自覚できた。

    俺は伸び上がって、改めて唇を重ねた。


    舌を入れると彼女がそれまでよりさらに激しく応じてきたので、
    俺は彼女の両脚の間に身体を割り入れた。


    彼女は一瞬躊躇するような緊張を見せたが、すぐにそれを解いた。


    俺は、形の良い顎、首筋、鎖骨と舌でたどり、
    再び乳首を口に含み、舌先で転がした。


    舌と指先で左右の乳首を刺激しながら、右手を下へ伸ばした。

    毛流に逆らうように、軽く陰毛を撫で上げると、彼女はピクリと反応した。


    包皮の上から指先を軽く押し付けるようにクリトリスを刺激しながら、
    俺は舌で乳房、わき腹、へそ、腰骨、内腿とたどった。


    まだ少し緊張が残っているかのように力の入った両脚を、
    俺は手を添えてゆっくりと開かせた。


    「ヤダ…」とますますハスキーになった彼女の小さな声が聞こえたので、
    「ん?」と問うと、「なんでもない…」と目を閉じて首を振った。


    舌先で小陰唇を掻き分けるように舐め上げ、
    尿道口をそっとつついた。

    石けんの香りと味がした。


    堅く尖らせた舌先を膣口に埋めた後、悪戯心を起こして
    肛門をペロリと舐め上げた。


    再び彼女はピクリと反応したが、嫌悪感は無い様子だった。

    小ぶりのクリトリスの包皮に指をあてがって、先端を露出させた。


    刺激が強すぎないように、舌の裏側でそっと撫で上げると、
    「ん…」と彼女が初めて小さな声を出した。


    しばらくの間、クリトリスを集中して責め続けた。

    彼女のあえぎが徐々に高く、途切れの無いものになったところで、
    俺は人差し指をそっと膣に挿入した。

    kimamamh00129000248


    小1の頃から仲が良かった13才年下の子に筆下ろしされた。

    筆下ろしされた年齢は俺30相手17。

    学生の頃から中退してフリーター生活をしてもアパートを変えずに住み続けた
    結果隣の母子家庭の母娘とかなり親しくなった。

    母親が仕事のの間娘は廊下でひとりあそびをしてことがあり、それに構ってい
    るいるうちに呼び鈴を押して遊びに来るまでになった。

    母親(H子)は娘のK子がうちに遊びにきても御好意甘えるといった感じで面倒を
    見てもらう感じで遊ばせていた。

     


    童貞ではあるもののロリコンでもないため親戚や年の離れた妹を可愛がる感じ
    で悪いことをしたら叱ったり、ゲームをしたり本を読んであげたり勉強を見て
    あげたりする関係がK子が小4位になるまで続いた。

     

    K子が小5くらいになると色気づいてきて、俺から発せられるモテない童貞オー
    ラに気がついたのか友達がいる前ではシカトするようになったものの二人きり
    だと前と変わらず冷たくあしらったお詫びなのか向こうからさっきの埋め合わ
    せ懐く感じだった。

    おそらくK子は女のモテグループに属していたので、童貞オーラが漂う俺の存
    在を疎ましく思ったに違いない。

     

    中学になると本格的に生意気な態度を取るようになってきてヒゲそれだの臭い
    だの突き刺さるような言葉を俺に投げつけてくるようになり、ついにはイケメ
    ンと付き合い始めるようになると完全に向こうからは声をかけてくれない状態
    となってしまった。

    悲しく思いつつもこっちから挨拶をすると一言「うっせ」と言いながら蹴りを
    くれた。

    この言い方も半分本気で嫌ってる感じのトーンに感じられた。

     

    JCとなったK子はJC特有の線の細さと女のエロさを併せ持つ童貞の好物となって
    いたためこれもひとつのご褒美と受け取った。

    たまに受験のこととか近況につ
    いての話もしてくれたりしてJCとこんな砕けたやり取りができることをステイ
    タスに感じていた。

    こうやってこの娘も大人にっていくのかーと童貞ながら若干父親的な気分に浸っ
    たりしていた。

    K子の関係が急に進展したのはK子がJKになって暫くしてのことだった。

    JKになったK子はこいつはモテるだろうなという若干ビッチ臭がするものの、モテ
    オーラが漂うようになっていた。

     

    JK位になるとJCの時よりも少しとげがなくなって、昔の人懐っこいK子の感じで
    話しかけてくれたりはしていたが、さすがに昔のように遊ぶということはない。


    俺は童貞を拗らせまくりすぎてエロ漫画でしか抜けないという惨状になっており、
    エロ漫画を週2冊くらいのペースで買ったエロ本が貯まってくるとまとめて資源
    ごみの日に捨てていた。

    ある日、いつものようにエロ漫画を捨てようとゴミ捨てばに向かおうとすると
    アクシデントがおきてしまった。

    一度にまとめて持っていこうとしすぎて変な
    角度になった部分の紐がほどけで数十冊のエロ漫画が炸裂したのである。

    そこに夜遊びから帰宅してきたK子が鉢合わせ。

    「うわぁーっ、きめぇぇww」
    「いつもエロ漫画捨てるの〇〇(俺の名前)だったんだー」
    「うっせぇ、男の一人暮らしの楽しみ何かこのくらいしかねえんだよwww」
    恥ずかしさから開き直って思わぬことを口走る。

    散乱したエロ漫画を街灯の薄暗い明かりでパラパラと読みながら「らめぇぇっ」だの
    「ひぁっ(はぁと)」だの「ドピュッ」だの俺を小馬鹿にしてエロ漫画を朗読し始めた。

     

    これが久しぶりの世間話以外の長い会話(というかやり取り?)であった。

    すっかり美少女になったK子と散々オカズにしたのエロ本。

    俺にとって見たらどっちもおかずにしたことがあるもの同士というのが妙にエロい。


    K子は大量のエロ本を前にして本気で俺を拒絶して気持ち悪がっている感じもなかった、
    俺を拒絶しない寛容さと夜遊び帰りの砕けた様子に無限の可能性を感じた。

    要するに「これは行ける!!」という気がしてしまったのである。


    「あっ、あのさぁ」
    「こんなところでいうのもなんだけどセックスさせてくれないか?」

    これが童貞の限界である。

    ※正確には覚えていない多分こんなことを言ったはず。

    我ながらK子のマリアナ海溝よりも深い慈愛がなければブタ箱行きの確定の発言であった。


    「えっ!?うん、いいよ~♪」

    あっさりとOKの返事が返ってきた。

    しかも、心なしかうれしそうですらある。

    いいよ~ の「よ~♪」のぶぶんのなんともいえない「OKだよ~」な感じに聞こえてガチ
    ガチにフル勃起した。

    早速エロ本をゴミ捨て場に捨ててから、ちょっと掃除するからまってろと言いつけて危険物
    を隠そうと思ったが、「私も掃除してやんよ」といってドカドカと入ってきた。

    「うわーTENGAあるしエロ漫画だらけじゃんwすげー童貞臭っww」
    オナホを知っているとはさすがネット世代。

    男の生理についての知識も熟知しているといったところか。

     

    余りに荒んだ部屋に平気で入ってくるK子をみて現実感がなくなって思わず質問をしてみる。

    「なんでOKだったんだよw」
    「だって○○昔すっごくやさしくしてくれたしさぁ」
    「性格的には一番タイプだったのにみた目がキモくて童貞で可哀想だったから」
    「っていうか私昔○○で処女で捨てようとずっと思ってたし」
    「童貞童貞いうなっww童貞じゃないかもしれないだろww」
    「童貞なんでしょ?」
    そういって顔がキスできるくらいの距離までつめてきた。

    年不相応にキョドる俺。

    「どっ、童貞です……ごめんなさい……」
    「やっぱりね、私の中で100%○○は童貞だと思ってたしww」
    「わたし以外の女の子と話すときテンパリすぎだったしすぐわかったよ」

    幼いころから慣れているK子とは比較的まともに話せるが、それ以外の例えばたまに遭遇するK子
    の友達などと会話するときは挨拶する僅かな時間ですら女子にびびり挙動不審な態度をあらわにし
    ていた。

    かなりだめだなと自覚していたもののそこまで見抜かれていたとは恥ずかしいかった。

     

    K子は洗濯乾燥機に感動して早速使いたがったので下着を入れてスイッチを入ると、ユニットバスに
    ぬるま湯を注いでビオレUを溶かし込み泡風呂みたいにして洗いっこをすると、昔幼かったころのK
    子とじゃれているような不思議な感じになった。

    「昔泥だらけになったときこうやってお風呂は入って遊んだことあったよね~?」
    K子がめっくちゃ深い泥沼(表面的には浅い水溜りに見える)を作って落とし穴遊びをした時腰近くま
    で泥だらけになったのを叱り付けてその後風呂に入れたことがあったのを思い出した
    そんなノスタルジーとは無縁とばかりにチンコがいきり立ってK子のうちももの間でフル勃起している。

    「ちょっと、すっごい硬いんですけど……」
    「もうここでいれちゃう?ビオレだし多分ここで入れても大丈夫だよ」 

    「うわっぁかてえぇぇぇっ、しかも結構でかい」
    チンコがでかいといわれるのはすごく誇らしい気持ちになるんだなと学ぶ童貞。

    K子は俺の120%勃起チンポをビオレのぬるぬるを利用してスライドさせ、硬さを楽しむように扱ってきた。

    「まてっ、楽しみは後からだ!」
    入れたらすぐイッってしまいそうなのをなんとかごまかしたそうとしたが、そこは童貞。

    「あへぅさsvもけあwrfd!!!!」
    余りの気持ちよさに程なく暴発。

    まだ入れてもいないのにいろいろと気持ちよすぎてしまった。

    K子がチンコを弄びはじめてからわずか20秒後のことである。

     

    自分でもその飛距離に驚いた。

    「めっちゃ飛んだねw、びゅぅぅぅって」
    「カメレオンの舌みたいだったしww」
    余裕の面持ちで形容されてしまうとなんか情けない。

    普段の射精方法は布団を汚さないように仮性包茎のかわを閉じて包むように射精していた。

    なので、生まれて初めて全力で精液を外に飛ばしたのである。

    kimamamh00129000250


    何年か前に、旦那とその友達と部屋飲みしてそのまま雑魚寝になったときに、友達にされたイタズラが忘れられない



    もともとお酒は強くて、尚且つ寝付きが悪い方だから、その日も寝る努力をしようと必死に目を瞑ってた

    横向きで寝てたんだけど、気が付くと隣に寝ていた旦那の友達の吐息がめっちゃ近くなってきて、ヤバいと思いつつなんとなく、目を開けたら悪いかなと思って寝たふり

    パジャマの前ボタン全部外されて、胸の前で重ねてた両腕の間に下から頭をスポッといれてきた

    私が相手の頭を抱っこしてる状態で、友達はおっぱいに顔押し付けて左右に動かしたり乳首を吸いまくったり好き放題




    乳首が凄く感じる方だから、息が荒くなっちゃって少し声が漏れたりしてた

    私が声を出すと、乳首を口に含んだままジッとしてて、なんだか焦らされてるみたいで下着は洪水状態、 

     

     

    かなりねちっこく責められた後、やっと解放されたので寝返りを打って仰向けになった

    半身痺れてたせいもあっての仰向けだったけど、前がはだけてたお陰でおっぱい丸出し状態

    しまったと思ったら、案の定友達が覆いかぶさってきた 



    布団ごと覆いかぶさってきたので、私からはモゾモゾしている布団しか見えなかったけど

    布団の中でおっぱい揉んだり乳首舐めたり好き放題してて、私も興奮で身をよじったりしてた



    そのうち友達はトランクスを脱いだみたいで、私の太ももに押し付けてくるようになった

    先っぽがヌルヌルで、相手の興奮も伝わってきた



    私は緩めのショートパンツを履いてたんだけど、そのうちそれを脱がそうとしてきた

    泥酔とはいえ、同じ部屋に旦那ともう一人別の友達もいるし、ヤバいと思ってうつ伏せになったら、寝返りを打つ瞬間にパンツごと膝まで降ろされた

    どうしようどうしようと焦ってるうちに、お尻の間にめり込ませるみたいにスマタしてきた



    スマタならまぁいいかなと思ってたら、ピストンしながら入り口を探してるみたいに上にむかって腰を動かしてくる 



    すでにスマタのせいで内股全部グッショリだったので、何回かそうしてるうちにニュルッ



    生だしヤバいけどメチャクチャ気持ちいいし、なんだかわけわからなくなって、されるがままに

    友達は凄くゆっくりピストンしてて、奥まで突くとそこでグーっと押し付けたまま止まってた

    うつ伏せで寝てる私の耳元くらいに友達の顔があって、凄い息が荒かったのがまた興奮



    イキそうになったのか一度抜いて私から降りたので、ちょっと安心して仰向けに

    正直イキたかったから、正常位で入れてほしくての仰向けだった

    相変わらずショートパンツと下着を膝まで降ろされた状態で、ひざを立てての仰向け



    期待通り友達は、下着ごと全部はぎとり、脚を開いて正常位で挿入してきた

    入れられただけで私も声を押し殺すのに必死、向こうも声を出さないようにしてたけど、フゥゥーーッフゥゥーーッて凄い息してた

    相変わらずピストンは超ゆっくりで、もどかしかったけどあくまでも寝たふりをしてたから、されるがまま 



    数分もしないうちに、奥に押し付けたまま友達が小さい声で、「あっあっ」って言ってお尻を持って更に奥に押し付けてきた

    凄い勢いでビクビクしてて、中に出されてるのがわかった

    射精時間が凄く長く感じて、私も出されてる!っていう背徳感にイっちゃってた



    子供はまだいらないからピル飲ませてるって旦那も普通に話題にしてたし、あっちもわかっててのことだろうけど、イって冷めたあとさすがに焦った

    でもあくまでも寝てるを貫きたかったので無言



    その後友達は何故かトイレに行って拭いてたみたいで、その後戻ってきて私のあそこと布団を必死に拭いてた

    下着とショートパンツを履かせてくれたけど後前が逆で気持ち悪かった



    その後も宅飲みのたびに色々されたけど、お陰で寝てる間にイタズラされることに異様に興奮するようになっちゃった 



    んじゃ後日談をば

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ