気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    kimamamh62400444


     静岡の人妻と体験を書かせて貰います。


     名前は「恭子(仮名)」、年齢は45歳、ちなみに私は当時29歳でした。


     それは今年の3月の連休の前々日のことです。

    連休の予定が無かったので、チャットでエッチが出来る人妻さんを捜してました。

    「熟女のお姉さん、今度の連休にドライブしませんか?」のメッセージで待機していたところ、少しして、恭子さんが入ってきました。


     最初は恭子さんの方から「今度の連休に神奈川の不動産屋を回りたいのだけど、案内してもらえませんか?」と言ってきました。


     よくよく聞いてみると、4月から娘さんが神奈川の大学に入学することに成ったのですが、ネットや雑誌だけでは、なかなか部屋が見つからなく、こんな時期になってしまい、あわてて、神奈川で部屋を探すこととなったそうです。


     で、どうせ暇だし、色々と世間話していると感じのいい人だったので、案内をOKして携帯の番号を交換しました。


     ネカマかもと思い、こちらから携帯に電話すると、とても40代半ばとは思えないとても可愛らしい声が聞こえてきました。

    電話で30分くらい話し、待ち合わせの約束をしました。


     3月21日の当日、新横浜駅で恭子さんに逢ってビックリ、声と同様に小柄で可愛らしい人でした。

    ジーンズにタートルネックのセーターを着て、胸は大きくありませんでしたが、私好みの可愛らしい人でした。


     先に恭子さんの宿泊するホテルにチェックインをすませ、不動産屋巡りを開始しました。

    車、前もってチャットで聞いていた、大学の近くの不動産屋を数件回りましたが、やはり、時期が時期なだけに、希望に添う部屋は有りませんでした。


     恭子さんが「ごめんなさいね。

    引き吊り回してしまって・・・夕食ごちそうするわ」と言うので、恭子さんが宿泊するホテルの近くのレストランでお酒を飲みながら夕食をごちそうになりました。


     恭子さんは「明日は、一人で探すわ」と言いましたが、私は「この連休は暇だから、部屋探し手伝いますよ。

    車じゃないと、色々回れないしね」と言うと、「ありがとう。

    そうね、じゃぁ、明日も頼んじゃおうかしら」てニッコリ笑って答えてくれました。

    その日は、何もせず、ホテルまで送って、帰宅しました。

    その晩は、恭子さんを想像して一人エッチをしようと思いましたが、もしかしたらと思い我慢して寝ました。


     次の日の恭子さんは、デニム生地の膝丈のスカートに前日と同じセーター姿でした。

    スカート姿も一段と可愛かった。


     朝から不動産屋を数軒周り、運良く、大学からはそれなりに離れましたが、条件に合った部屋が見つかりました。

    聞くと20日に入居キャンセルされた部屋だったそうです。

    実際に部屋を見ると、2Kと一人暮らしにはもってこいで、オートロックのあるマンションでした。


     不動産屋に戻ると、早々に入居の手続きを行い、必要なお金を全て払い、マンションの鍵を受け取りました。


     「マンションの鍵の合い鍵作ってた方がいいですよ」と鍵を借りて、、合い鍵を作りに近くのホームセンターに行きました。

    恭子さんが「ちょっとお手洗いに行って来るわ」と行ってトイレに向かうと、お店の人に合い鍵を2本たのみ、1本をポケットにしまいました。





     恭子さんが戻ってくるとマスターキーとスペアキーを返して、恭子さんの宿泊ホテルへ向かいました。


     ホテルに戻る時に、「部屋が見つかったから、今日でお別れですね」と言うと、「そうね。

    昨日、今日と本当にありがとう。

    せっかく知り合えたのに、少し寂しいわね」と言いました。


    「もし、明日も時間あります?良かったら、横浜とか案内しますよ」と言うと、「本当? 子供っぽいけど横浜ランドマークにある観覧車に乗ってみたかったの。

    」と言うので、「じゃぁ、今から行きましょうよ。

    夜の観覧車って綺麗ですよ」と誘ってみました。


     すると「そうね、まだ時間もあるし今から行きましょうよ。

    どうせなら、ランドマークの所でご飯食べて、観覧車に乗りましょう」と恭子さんは乗り気で了解してくれました。


     恭子さんを乗せ急いで車を桜木町へ向けて走らし、休日で込んでましたが、何とか市営の駐車場に車を止めることが出来ました。


     クィーンズ・スクェア内のレストランで食事とお酒を飲み、ほろ酔い加減でコスモワールドの観覧車へ向かいました。

    向かう途中は恭子さんの腰に手を回し寄り添うように歩きました。

    kimamamh62400101



    2001.9.11の同時多発テロから15日後の話です。



    こんな大事件があっても毎年取ることになっている遅めの夏期休暇を

    消化するのに俺は何のためらいもない。

    そりゃ、死んだ3000人以上の人たちには少し後ろめたい気もしたが・・・。

    ま、関係ないわな。



    九月の末に、一週間、毎年恒例のバンコク一人旅。

    年一回の贅沢。

    これを辞めるわけにはいかん。



    目的は、タイマッサージ、タイ料理、そしてセックス。

    日中はバンコク市内至る所にある古式マッサージ店にて、マッサージ三昧。

    とにかく安い(日本の十分の一くらい)。気持ちいい。

    あそこも元気になる。




    飯は、そこらにいくらでもある屋台で激辛タイ料理。

    辛いなんてもんじゃない。

    痛い。

    それを現地タイ人どもは涼しい顔で食うんだから、信じられん。



    夜はお待ちかねゴーゴーバー。

    トップレスで腰をくねらせて踊る女たちを眺めながら一本240円ほどのシンハビールをちびりちびりとやる。

    何時間いようが一本しか頼まなかろうがウェイトレスに1バーツもチップをあげなかろうが、追い出されることはない。

    まったく、日本人は馬鹿だから求められるままにチップやりすぎなんだよ。

    日本人全体の評価を下げるから、やめろ。

    いい女が見つかったら、腰の番号札をウェイトレスに告げ、交渉に入る。

    だいたい1000?2000バーツ(3000円?6000円)でお持ち帰りだ。

    ホテルに連れ込んで、ショートなら2時間くらい、気に入ったら朝まで一緒にいても最後にチップを少しばかり上乗せしてやれば女も喜ぶ。

    この日のために旅行の二週間前から禁欲を課している。

    一週間みっちりセックス三昧の生活を送るため、そしてセックスの喜びは禁欲が長いとその分大きいから。

    kimamamh62400026



    スペック:都内女子大生 身長150cmくらい

    似でめちゃくちゃ顔の整った美人さんだった

    まず交換した写メにビビった。何この子w(゚o゚)w

    さすがに実物は写メほどではなかったが十分かわいい

    めちゃくちゃアニメ声で背も低いので、あった時「君はメイ

    ドカフェでNo.1を目指せ!」と話したほどだ

    当日は新宿で待ち合わせ

    電話で会おうよ!って言った時は「えっ!?本当に!?どう

    しよう…恥ずかしいよ…」とアニメ声での反応

    純なのか演技なのか、楽しみに待っていた

    電話がつながり待ち合わせ場所に行くとずーーっとうつむい

    ている子がいる

    「あすかさん?」と聞くとビクっとしチラッとこちらを見上

    げ、またうつむく

    あすか「ハイ…///」


    kimamamh62400270


    大学の頃、男女6人でサッカーの試合で賭けをしました。


    どちらのチームがどのくらいの点差で勝つかを予想。


    勝った人は王様になって命令できる、という内容でした。


    ある1人の家で飲みながらサッカー中継見て盛り上がり、結果はR(男)の勝ち。


    私は前々から背も高くて男前のRの事が気になっていたので何を命令すんだろ?とドキドキ。




    Rはエロキャラとかじゃなかったので普通に「じゃあ皆飲め!!イッキだ!」って感じで普通の命令でした。


    そしたら男の1人が「つまらんよー」と。


    「そうだもっとスゴイのいけー!」と私も言ったら「じゃあM(私)に命令?♪」と他の人たちが野次を入れ出しました。


    「えー」なんて言ってましたがRはお気に入りだったしちょっとワクワク。


    Rは「じゃあお酒もなくなるし、M一緒にコンビニ買出し付き合えよ」

    私は「めんどいー」と言いながらも嬉しくて仕方なかったのです。

    そして外に出ると「罰ゲームの続きだな」とR。


    「ノーパンで買出しにしようよ」と笑って言われた。


    正直キャラに合わないなぁと思ったけどだいぶ酔ってたみたいだし私も笑って聞いてました。







    ちなみに私はその日スカートをはいていたのですが、

    「ほら早く脱げ?」って腰を持たれてちょっとエッチな気分になっちゃって脱いじゃいました。


    そしたらRも興奮したみたいで私の腰をRの方に寄せて尻をスカートの上から触りだし・・

    私はもう濡れ濡れでしたwんーって言って腕にしがみついたら、手がスカートの中に。

    そしてもっと中に・・。


    ちょっとした物影にいたのですが、外でエッチなことをするのは初めてだったのでドキドキして余計に濡れちゃいました。


    腕にしがみついてその手がスカートの中に入ってきたとき、その手の温度だけでもう私は声が「あっ・・」て出ちゃいました。


    Rは耳元で「ダメだよ?声出しちゃ」って。


    普段からRはちょっと冷たい言い方する所があって、そこがMの私には余計に萌えちゃう。


    「すごい濡れてますよ?Mさん?」と意地悪に言うR。




    クリちゃんを触られて私は体がびくっとなってしまった。


    でも正直言うとこの頃はまだ経験も浅かったしクリちゃんは刺激が強すぎて楽しく気持ち良くなれなかったんです。


    早くアソコ触って?・・と思ってる私。

    Rの指がついにアソコの中に入ってきます。


    まず一本・・。

    するっと最初に指が入る時の感覚が1番好きな私。


    Rは背が高くてがっちり体型だったから指も太くて「男の手」って感じで、さらに萌え。


    優しくゆっくりと中を撫でまわされました。


    嫌じゃなかったけどRの腕を掴んで抵抗してみるw

    でも彼に触れたとたん余計に興奮してしまって腰に手を移動。


    しばらくはゆっくりとじらされて「だめぇ・・」と言うとRはいったん指を抜いて二本入れてきた。


    kimamamh62400028


    あれは確か4年前の夏だったと思います・・・



    私はオバQ線で通勤しているのですが、オバQは帰りの時間帯も朝ラッシュと同じくらい

    混雑するんです。

    最近は少し緩和されましたが、当時はまだ複々線工事が全然進んでいな

    くてひどいもんでした。

    ですから下車しやすいよういつも出発ぎりぎりに乗ってドアの隅

    っこに張り付くようにして乗っていました。




    蒸し暑いある日、いつものように発車ぎりぎりに乗ると、ドアの閉まりかけに女の子が飛

    び込んできて私は定位置からずれてしまいました。

    (アンダヨー、チェー)と思いました

    が、その子の顔を見てビックリしました。

    なんと私お気に入りの新人グラビアモデルだっ

    たんです!!

    私はよくエロ本を買うのですが、「素人初脱ぎ」みたいな企画で最近良く見かける新人の

    娘でした。

    しかも、そのときの服装が、先月号のURECCOに出てたのと同じ服装だっ

    たんです!

    (新人だから自前の衣装だったんですかね?)彼女が顔を上げると(あ、まずい!)とい




    う感じですぐに顔を伏せてしまいました。

    私の鼻の下が一瞬にして伸びていたのでしょう。


    (苦笑)



    と、同時に列車が発車したのですが、ホームを出たすぐに線路が切り替わるので結構揺れ

    ます。

    ガタガタギシギシと揺れた拍子に、ドアの端から更に隅の微妙な空間にずれてしま

    い、私は外側を向いた彼女の真後ろにいました。

    車体の隅の三角に挟まるような感じで左

    右は壁です、なんだか私は妙に興奮していました。




    今まで痴漢とかそういうことは全然やったことも無いしやりたいとも思っていなかったの

    ですが、私は彼女がどういう人か気づいており、彼女も気づかれたことに気づいていると

    いう状況でちょっとだけ魔が差したのかもしれません。


    kimamamh62400362


     月曜日のこと。


     学校が終わって帰ってくると、家には鍵がかかっていた。


    「あれ?」

     今日は父も母も休みで、家にいる筈なのに。


     そう思って合鍵で家に入ると、キッチンにあるホワイトボードにメッセージ

    が書いてあった。


    「……二人で映画みてきます、だって」

    「食事もしてくるから、夕飯は3人で適当に食べてねって」

     僕と同学年の双子の妹、ゆかなとゆきのが確かめるように僕に言う。


     ……つまり、夜まで僕達3人だけで過ごせるって事だ。


     夕食をどうするか話しているゆかな達を眺めながら、不意に来た3人だけの

    チャンスをどう過ごそうか考えていると、不意にゆきのが聞いてきた。


    「ねぇお兄ちゃん、今日の晩ご飯、焼き飯とお味噌汁とサラダだけでいい?」




    「ん? いいよ」

    「それじゃ買い物行かなくていいから……今日は家で夜まで一緒だねっ」

     ゆきのが甘えて抱きついてくる。







     まだシャワーを浴びてないゆきのの体からは、ほんのり甘い汗の匂いがした。


    「うん、一緒だね」

     背中に手を回して抱きしめ返すと、ゆきのは嬉しそうに喉を鳴らして、子猫

    みたいに頬を擦りつけてくる。


    「ねぇねぇ、お兄ちゃぁん……」

     上目遣いに僕を見あげて、ゆきのが甘えた声を出した。


    「ん?」

    「シャワー、一緒に浴びない?」

    「いいけど……?」

     両親がいない時は大抵一緒に風呂入ったり、シャワー浴びたりしてるのに、

    どうしてわざわざ聞くんだろう。


     そう思いつつ答えると、ゆきのはにこっと笑った。


    「それじゃ、ボクとゆかなは後から行くから、お兄ちゃん先に入っててねっ」

    「あ、うん」

     訳は判らなかったけど、何となくゆきのの言う通りにした方がいいと思って、

    ゆかなの手を引いて2階に上がるゆきのを見ながら、僕は素直に風呂場にいった。


     ざっとシャワーを浴びた後、湯船に張ってある昨日の残り湯を暖めなおして

    ぬるめのお湯にのんびり浸かる。


     しばらく湯船でゆっくりしていると、脱衣所にゆかなとゆきのの気配がした。







    「お兄ちゃん……」

    「入るよぉ?」

    「お?」

     からからと戸が開いて、ゆかなとゆきのが入ってくる。


     僕は何気なく二人に視線を向けて……ドキッとした。


     ゆかな達は、学校指定の濃紺のワンピース――スクール水着姿だった。


    「ど、どうしたんだよその格好っ!?」

    「どうしたって……スクール水着だよっ」

     ほらほらと、ゆきのが笑顔で応える。


    「えっと、ほら……今日、水泳の授業あったでしょ? だから水着洗っとこう

    と思って……そしたら、ゆきのがこれでお兄ちゃん誘惑しようって……」

     羞しいのか、前を手で隠したゆかながしどろもどろに言う。


    「だってゆかな、お兄ちゃんったらボク達にこの格好させてHしたいよ?って

    書いてたんだよ? それなら、ボク達の方から迫っちゃおかな?って」

    「えと……うん、それはいいんだけど……」

    「……」

     僕はぼーっと二人の水着姿を交互に見つめた。


     授業で見た時もそうだったけど、ゆかな達の水着姿はとってもHだ。






     特にスクール水着だと、胸の部分がまるで無理矢理押し込んだみたいに強調

    されてて……水着自体が露出高い訳でも、切れ込みの深い訳でもない分、そこ

    だけが犯罪的なくらいに目立つ。


     思わず見とれていると、ゆきのが湯船に入って僕に抱きついてきた。


    「授業の時は駄目だったけど、今はいっぱい触ってもいいんだよっ」

     にっこり笑い、僕の胸に水着に包まれたおっぱいを押し付ける。


     布地の感触とおっぱいの弾力に興奮して、僕はゆきのの体に手を回した。


     腰に手を当てて体を引き寄せ、もう一方の手でお尻を撫でる。


     水着の布地とお尻の肉が、僕の掌に気持ちいい感触を伝えてくれる。


    「はぁっ……お兄ちゃぁん……」

     ゆきのも気持ちいいみたいで、お尻を軽く持ち上げて僕に合わせてくれる。


     水着の間から指を入れ、お尻の方からあそこに指を這わせてみると、そこは

    お湯以外のぬるっとした液体で溢れていた。


    kimamamh62400345


    スペックから行きます。



    1は175cm

    64kg

    今年19歳

    この前まで大学休学ニートで最近休学フリーターに昇格した

    顔面はルーキーズとかに出てた中尾明慶に似てるって言われる友達の彼女は152cmぐらい?

    誰に似てるかわかんないけどそこそこ可愛くて、

    デブじゃないけどムッチリしてて推定Fカップの巨乳お互いの関係は高2の時同じクラスだったけど、

    特に関わり無かった同級生で俺の友達と付き合ってた 寝取った娘をMとします

    同じクラスだった時は関わり無かったけど、

    高3の春から俺の友達Aと付き合い出して、

    挨拶ぐらいはするような仲になってた。



    その頃の俺は家に引きこもりがちになり、

    昼夜逆転して不登校になりかけてた。



    んで結局冬ごろには単位足りなくなって通信制行って、

    なんとかダブらずに高校卒業してAOで地元の馬鹿大学に進学した。



    大学まで電車で片道2時間ぐらいで、

    乗り物酔いする俺にとっては最悪の通学だった。



    大学デビュー狙ってたけど、




    元々根暗な俺が初対面の人と仲良くなれるはずなく、

    また引きこもりがちになり、

    心療内科行ったら社会不安障害って診断されて、

    思い切って休学した。



    休学ニートじゃマズイと思い、

    元々車好きだったのて、

    教習所通い始めて、三ヶ月ぐらいで免許とった。




    んで夏からは高校ん時の友達Iと派遣のバイト始めて、

    休学フリーターに昇格した。



    そっから段々初対面の人とも何とか話せるようになり、

    いい加減童貞卒業しようと思い始めた。



    んでTwitterやりはじめて、

    友達A、I、そしてAの彼女のMをフォローしてみた。




    Mからリプライきたりするようになった。



    そんなある日、Aから電話が来て

    「イオン行きたいから車出して。



    あと彼女も行きたいつってる」

    って言われた。



    親に頼んで車借りて2人迎えに行ってきました。




    正直、車まで出してやってんのに車内でいちゃつかれてウザい。



    友達Iにもそれはないよなって言われて、

    「ガソリン代身体で払えってねとっちゃえば?童貞卒業できんじゃん」

    って言われて、マジでやってやろうと決心した。



    んで一昨々日Mが「明日暇過ぎ。



    誰か遊んで」ってツイートした。




    たまたまその次の日から親と弟が俺を置いて旅行の予定だったので、

    「家で1人になっちゃうから飯作って」冗談でリプライした。




    そしたらまさかの展開が待っていた… なんとTwitterでMがダイレクトメッセージを送るてきたのだ。




    内容は「内緒で相談したいことがあるから明日会って。



    あと、メアド教えて。



    」だった。



    メアド教えたら、早速メールが来た。




    詳しい経緯はわからんが、

    彼氏のAとケンカして別れようみたいになったらしい。



    昼から会う約束をし、

    翌日また親に頼み込んで車を借り、

    Mをこの前と同じイオンに迎えに行った。



    Mを車の助手席に乗せ、とりあえず昼飯でもどう?って言ったら

    「多分泣くから2人っきりになれるところがいい」って言われた。




    場所は近くのカラオケになった。




    こんなチャンス二度とないと思い、

    カラオケの中で口説いて襲ってやろうと思った。



    しかし、いざカラオケの中に入ってたMの相談を聞いていると、

    よっぽどケンカしたのがツラくて、

    別れの危機らしく、泣き出してしまった。



    かわいそうに思えて、

    ただ励ますことしかできず、

    襲えずにカラオケの時間が終わり、

    Mを駅まで送って、

    その後夜行バスの乗り場まで親と弟を送って、

    1人ぼっちの生活が始まった。


    kimamamh62400443


    高3のときの話なんだけど、彼女の両親に気に入られてて

    よく家に遊びに行ってたんだわ

    彼女が家にいないのに俺が彼女のベッドに寝に帰ったりしてた

    彼女は三人兄妹で、兄、彼女、妹がいた

    一つ上の兄が大学に受かったとかで新しい趣味を探してたんだよ

    俺はエヴァ好きなんで、兄にはエヴァを勧めてた

    最初「嫌やわぁオタクやーん」て言って嫌がっていたのだが、遂に見ると言い出した

    俺はエヴァのビデオ(高校生にDVDは高かったorz)を全部彼女の家に持って行って、兄が帰ってくるのを待った

    兄が帰ってくるまでは彼女の部屋でイチャイチャしていた

    処女だったんで、そんなにやらしてくれなかったんだよ

    彼女は既に部屋着モードになっていた

    スウェットパンツにパーカーみたいな感じ

    ブラはつけていたが、ホックは外してるスタイル

    兄が帰って来て、ちょうど夕飯どきだったんで、俺もご馳走になった

    チキンカツだった




    ご飯食いながらエヴァを見るのは嫌と言っていたがお構いなしに「使徒襲来」させる

    2.3月だったんでまだ彼女の家ではコタツにみんな足を入れて食卓を囲む

    普段ならテレビの隣は兄の席なんだけど

    集中するためにテレビの見やすいポジションに移動した

    だから俺は普段兄貴のいるポジションに

    左側に彼女(仮に新田としておこう)

    右にテレビと新田のおかん

    俺の前に兄、兄の右に妹

    妹の隣に新田のおやじ

    おやじの隣に新田ってポジションニング

    みんなご飯食い終わって、コタツから出るんが嫌だからみんなでエヴァ見てた

    新田だけが嫌そーにコタツに顔を入れたり出したりして、かまってちゃんになってた

    俺もエヴァは見まくっているので、正直ヤシマ作戦とかには飽きていた

    だから新田にちょっかいをかけ始めた

    新田は腰から背中あたりかわ性感帯なんです

    最初は横腹をつついてくすぐったりしてイチャついていたんだけど、手が横腹から腰に行って、腰から背中をなぞるかなぞらんかの微妙なタッチで攻めた

    それまではコタツから顔を出していたのだが「んー眠たくなってきたー」とか言って体をコタツの中に入れて顔をコタツの布団で隠しだした

    そのとき俺はここぞとばかりに背中、腰、お尻のラインを優しく撫でまくった

    彼女の息がだんだん荒くなっていくのがよくわかった

    俺は顔をコタツから出していたので「いやいや、寝んなってー!」とかふざけながらずっとら触っていた

    新田は「んー」とか言いながら感じていた

    新田はたまにこのままガチで寝るときがあるので、それは困ると胸に手を回した

    最初は服の上から触っていたのだが、服の上からではあんま柔らかさとかがわからないレベルの小ささなんで、即、服の中に手を入れた

    そこで、乳首は攻めないよーに優しく揉んでいた

    新田がどんな様子になっているから布団の中を覗いて顔を見た

    もちろん前にいる家族からは見えないよーな角度で見た

    いー感じに顔を赤らめてとろけていた

    イケる

    「大丈夫?眠いんやったら寝ていーよ」とか言いながら、先端をクリクリし始めた

    次はこれでもか!というぐらい乳首を攻めた

    しかし俺が使えるのは左手だけ!

    右手を使えば、新田に覆うスタイルになるので、明らかにおかしい!

    俺は左手に全神経を集中させて、胸、乳首、腹、腰、背中あたりを撫でまくった

    新田は必死に声を抑えよーと、コタツの布団を咥えていた

    ヨダレでビショビショになってた

    新田が必死に我慢してる顔を見て俺のペニ夫はもはやジーパンん突き破るぐらいまで成長していた

    新田の手を取り、ペニ夫に回す

    新田はペニ夫を撫で始めた

    コタツの中で俺は新田の上半身を撫で回す

    新田は俺のペニ夫を撫で回す

    という状況が出来上がった

    しかし、俺はジーパン越しなんで満足がいかない

    俺は自分でチャックを下ろしてチャックに新田の手をブチ込んだ

    オーバーサイズの服を着ていたので、チャックも大きいからチャックの中でモゾモゾ手を動かし、トランクスの下から手を入れて直接ペニ夫を刺激してきた

    俺のペニ夫もヨダレだらけになっていた

    やられたらやりかえせ

    俺もコタツの中に体をうずめて、左手を新田の陰部に回した

    パンツの上からなぞる作業を飛ばし、速攻パンツの中に手を入れた

    こいつ生理か!

    ってぐらい熱くなってた

    そこから左手でできることを全部しようとした

    ワレメを指でなぞり、中指でクリを弄くり、中に指を入れて、できるかぎり愛撫した

    やはりクリを弄るのが一番やりやすかったので、ワレメを指でなぞり、クリを弄るのを繰り返した

    gakki6


    まぁ新垣がブサイクだとか、ブサイクとは言わないまでも凡庸で華が無いとか

    むしろ華があるかないかというよりは鼻が低いんじゃないかとか

    そういう意見もあるとは思うんだが、それをぐっとガマンして、アンチ新垣の人には

    ちょっと想像してもらいたいね。


    例えば、寒い冬の夜、吐く息がそのまま凍って地面に落ちて割れそうなくらいの寒さで

    でも関東特有の雲ひとつ無い空で、東京の空でも星がちょっと見えてる、そんな夜にだな

    自分のアパートに帰ろうと思って自転車をこいでいると、帰り道の街灯の下で

    段ボール箱に入った新垣がうずくまってたらどうするよ?

    時代遅れの手編みのマフラーと手袋なんかつけてて、でもそんな防寒具じゃ

    寒さは防げない。

    たとえ気候の変化にはついていけても、都会の人心の寒さは防げない。


    そんな新垣が涙目でこっちを見てるんだ。

    でも目が合うと目をそらす。


    「ごめんね、かっちゃん(オレ)。

    私なんかついて行っても邪魔だよね。

    心配かけてごめん。


    でも平気だから。

    私一人でも平気だから」そんな声が一瞬で脳細胞に届くよ。


    間違いなく拾って帰るね。

    0.2秒の速さで抱きかかえて、自転車の荷台に載せるね。





    次元大介の早撃ちが0.3秒だから、まぁそれよりも僅差で速い、そんな感じで

    実際には出ていないとしても気分的には「マッハ5で」連れて帰るね。


    マッハ5ってことは音速より速いから、「いいからウチに来いよ新垣」ってセリフが

    オレの口を旅立って新垣の耳に届くよりも先にアパートに着く、みたいな。


    まぁ実際はアパートについてからしゃべってるんだけど、結果的には音速を超えたみたいなもんだろう的に。


    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ