気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    kimamamh112400222


    4泊5日の修学旅行、1泊目の夜、部屋の仲間数人と喋っている内に消灯時間。


    俺の部屋の仲間はまじめな奴ばかりなので、明かりを消してボソボソと話しをしていると、生活指導の体育教師が合鍵を使って入ってきた。


    「ごめんな、ちょっと調べるぞ」と明かりをつけて部屋の人数を数え、トイレと押入を開けたあと「よっしゃぁ、合格!」と出ていった。


    「何じゃこりゃ」と思っていると廊下から教師の罵声と男女生徒の声。

    翌朝聞いてみると、男女生徒が同じ部屋で喋っていたり、カップルで勝手に空き部屋を使っていた者などが全員捕まり、ロビーで2時間正座させられたとのこと。






    俺は、彼女の真美のことが心配になった。

    昨夜は、半数近くの生徒が正座させられたというではないか。


    真美とはつきあい始めて1年ちょっと。


    小柄で、そんなに美人というわけではないが、かわいいのとまじめなのが取り柄。


    俺も真美も進学志望なので、まだキスとか、服の上から体を触る位のつきあいしかないが、自分のために時間を割いてくれて、自分のことを想ってくれる人がいるだけで、気持ちに張りが出る。


    休日のデートは、図書館で勉強してから映画や買い物など、「高校生らしく」過ごしている。

    (双方の家に遊びに行くなど、親も認めているので、却って変なことはできない。

    合格するまでは・・・)





    2日目もバスで連れ回されたあとはおみやげタイム。

    生徒がみやげ物屋にあふれている。


    そこで真美と話をすることがてきた。

    昨晩のことを聞くと、真美の部屋に男子が入ろうとしたところを、生活指導のババアに捕まって連れて行かれたそうだ。

    俺もセーフだったと言い、お互いほっとする。







    「ねえ、二人きりで話とかしたいね」「ダメだよ。

    先生、今夜も巡回するって言っていたよ」

    「ここまで厳しくされると、逆に逢いたくならない?・・」

    そう、今こうやって二人でいるだけでも、通りがかった友人たちが冷やかしていくので、落ち着いて話せない。

    (当時、携帯電話は高校生の持つものではなかった)

    真美は、意外な作戦を考えてくれた。








    翌朝5時、まだ薄暗い時間。

    俺はロビーに降りると・・

    トレパン姿の真美が座って待っていた。

    「ほらね、誰もいないでしょ」

    玄関の外では、従業員が外を掃いていて「おはようございます、行ってらっしゃいませ」と声を掛けられ、妙に照れくさい。


    旅館が見えなくなると手をつないで、歩いて3分ほどの湖畔に着いた。


    朝もやが湖を覆っており、幻想的で美しい。



    kimamamh112400217


    私は、建設会社で工事の請負の仕事をしていますがこの不況で、なかなか採

    算がとれません。


    そんな時ある工事会社の役員が、いい仕事があるよと3人で家にきました。


    私の妻は自分の手料理で3人を一生懸命もてなしました。


    妻が他になにか、おつまみつくりましょうかと言うと3人のうち先に酔った

    40代前半の社員が、、、

    奥さんのつまみを、よろしくなどと下品な事をゆうようになりました。


    私は、困りましたが子供2人も、二階で寝ている事だしまあ、大丈夫だと思

    い安心していました。


    そして3人のうち私の知り合いの部長が私に、仕事の打ち合わせをするから

    図面をとってきてくれといいました。


    私は図面は事務所に置いてあると言うと、どうしても必要だとゆうので往復

    1時間もかかる事務所に取りにいくことになりました。


    そして図面をとって帰ってくると妻と3人の男たちがいません。


    外へでてみると3人がのってきた乗用車がありませんでした。





    私は、自分の車をだして周りをさがしましたが、見あたりませんでした。


    2時間位すると車が家の前から走りさる音がして妻が、帰ってきました。


    なにかあったのか?ときくと妻は、

    別になにも、、、と意味ありげに首を横にふりましたが、私は、おかしいと

    思い、犯れたのか?ときくと少し涙ぐんでいました。


    妻の体に少し精液臭さを感じました。


    私は、妻を強引に寝かせパンテイをおろすと男たちのだしたものがこびりつ

    いていた。


    私は、証拠を残すため携帯をもってきて男たちのだしたものを撮影した。




    次の日、なにも知らない事にして仕事の電話を、部長にしてみるとその話は

    なくなったといわれた。


    1週間ぐらいたって妻の携帯を夜中に見てみるとやはりあの部長から電話が

    はいっていた。


    そして妻は、最近でかけると少しずつ帰りが遅くなってきたことに不信を感

    じた私は仕事にいったふりをして車の中から妻を見張っていた。


    すると家にきた時と、同じ乗用車が迎えにきて妻は乗り込んで走りだした。


    私も当然、車で後をつけた。

    30分ぐらい走るとあるマンションの前で停車

    した。


    車からおりてきたのは部長と見たこともない男が1人だった。


    私は、3人の後をつけるとマンションの1室に入っていった。


    20分ほど時間をつぶしてマンションに戻り、妻が中にいる部屋の扉に耳を

    あててみた。


    中には3〜4人ぐらいの男の声がする。


    聞いていると私も異常に興奮してきて耳が離せなくなり放心状態でした。


    中で誰の物が、一番いい?などと妻を挑発する声が聞こえていた。

    kimamamh112400218


    私は 37才のごくごく普通の主婦です。


    優しい主人と3人の子供たちに囲まれて平凡ですが

    幸せな毎日を過ごしていました。


    結婚して16年・・主人とのSEXは今でも 週1ペース。


    でも そのSEXで私が絶頂に達することはほとんどなく

    それどころか濡れることさえ困難な状態です。


    なのに 求めていくのは いつも 私。


    そんな女として満たされない思いを 隠しながら

    過ごしていました。


    自分が求めている物が 何か・・それに気がついているのに。


    そして

    子供たちもそれなりに大きくなり 自分の時間がもてるように

    なった今・・私は “出逢い系サイト”という危険な場所に

    足を踏み入れてしまいました。


    そこで 知り合った彼は 私の住んでいるところから目と鼻の先。





    近所というだけで恐怖を感じた私・・でも “単身赴任”という文字に ためらう気持ちよりも

    “彼が ここにいる間だけ 何もかも忘れて 女の喜びを感じたい”

    そんな気持ちで 彼と メールのやりとりが はじまりました。


    私が ずっと長い間、抑えていた欲情は 二人の距離を縮めるスピードを どんどんどんどん 早くしていきました。


    まずは 彼の姿を見てみたくて・・。


    レンタルビデオ屋さんで 待ち合わせて顔だけ確認し合おうということになりました。


    【ダークグレーのスーツ。

    メガネをかけている】

    私は お店に入るなり 彼を見つけました。


    そして 笑顔で 初対面。


    彼はとてもステキな人で 私は ほとんど 一目惚れ状態。


    それだけで帰るつもりが 店内には

    私たちしかお客は いない・・私たちは店の奥の方へ。


    そこで 言葉を交わしました。

    誰かに見られたら・・そう思うと長い時間そこにとどまってはいられません。

    帰り際 ごく自然に彼が握手の手を差し出してきました。

    私もごく自然に手を差し出し 握手・・すると彼は その手を強く握り 私を引き寄せ 顔を近づけてきました。


    驚いた私は 軽く唇が触れたところで 彼から離れ 彼の目をじっと

    見つめてから お店を出ました。


    その夜は

    彼がステキな人だったことがうれしいのか

    彼にいきなりキスを求められてドキドキしたからか

    それともあのキスが物足りなかったからか

    なかなか 眠れませんでした。


    翌日

    そのことを メールに書いて送りました。


    すると 仕事の都合をつけてくれた彼が

    少しだけでいいから逢いたいと言ってくれて

    逢うことになりました。


    そして 待ち合わせ場所の駐車場の車の中。


    もう 抑えることが出来なくなった私は

    “あのキスじゃ物足りなかった”と

    激しく 唇を 重ねて 舌を絡ませ合い 唾液を吸い合いました。


    そして 私の手は 彼のズボンの中へ。


    久しぶりに触る主人以外の物・・

    それは 今まで私が 手にした物の中で

    比べようがないほどの大きさ・・。


    色も形も とても 卑猥。


    まじめな私をどんどん大胆にさせるような・・

    なんのためらいもなく私は 彼の大きい物を

    口に含みました。


    “私の求めていた物が やっと手に入ろうとしている”

    私の身体は その喜びで 溢れかえっていました。


    “触って欲しいの?”彼の言葉に 首を縦に振りました。


    こんなになってる自分に少し恥じらいながらも。


    “もう ビショビショになってるじゃないか・・”

    今すぐ ここで入れて欲しい・・でも 時間もないし

    それ以上進むことは出来ませんでした。


    “欲情”を我慢しながら 帰途に就きました。


    その夜 メールで  我慢できない・・と

    お互いを求め合うメールを交わし合いました。


    そして 翌日、逢う場所と時間の約束をしました。


    私は どんどんどんどん大胆になっていきました。


    「これで三日連続、逢いましたね・・」

    彼とこんな会話を交わしながら身繕いをしていた私は

    “現実のしがらみを忘れたただのひとりの女”になっていました。


    レンタルビデオ屋さんでの初対面・・・唇が軽く触れただけのキス。


    その翌日、車の中・・・・・・・・激しいディープキス、久しぶりに

                    触った主人以外の物。


    そして そのまた 翌日・・・

    私は彼と同じベッドへ・・。


    その日は 私のほうが 先に待ち合わせ場所に着きました。


    じきに彼がやって来て 私は彼の車に乗り込みました。


    彼の顔を見るなり 私は 自分のからだが 急激に熱くなるのを感じました。


    そして ホテルの部屋へ・・。


    彼が仕事の電話をしている間に 私は 先に 軽くシャワーを浴びて

    ベッドの中へ。


    冷たいシーツにくるまって彼を待ちました。


    ドキドキドキ・・自分の鼓動を聞きながら。


    そして 彼がベッドの中へきました。


    まずは

    “どうしても 早くこうなりたかった・・”と

    はげしく唇を重ね合いました。


    お互いの口の中で絡み合う舌と舌・・

    唇を離して 目を見つめ合っては また 吸い合って・・

    そして 彼の唇は私の耳へ・・

    耳を舐められるのなんて 何年ぶりだったでしょう・・

    ぁぁぁ〜思わず息が洩れて からだの力が抜けていきました。


    私の乳房に彼の手が・・

    そして 乳首を吸う・・乳首を摘む。


    『とてもいい色・・いい乳首だ・・』

    彼の言葉は 私の女心をくすぐります。


    私の右手は 彼の物を握りしめています。


    そして 昨日の続き・・彼の物をお口に含みました。


    ホントに 大きい・・そう確かめるように

    口を動かし 舌で舐めあげていきました。


    口を離すと

    『ゆうのも 見せて・・』と

    私の恥ずかしいところを覗きこむ彼の顔・・

    『もう こんなになってる。


    そんなに欲しかったのか・・』

    そんなことを言いながら

     そこに 彼は顔を近づけていきました。


    熱くなってるところに冷たい舌を感じるのも

    久しぶりで・・

    喜びに溢れかえる私のからだ・・

    「もう・・入れてほしいの・」

    うつろな目で彼に 訴えました。


    そして 私の上に身体を重ねようとする彼に

    私は

    「上に なりたい・・」

    そういって  彼の上に跨り

    彼の物を 私の中に・・・

    あぁ〜スゴイ・・・

    改めて彼の大きさを からだで感じた瞬間。


    それから 私は クリトリスを擦り付けるように

    腰を動かしました・・

     私は久しぶりに ホントに久しぶりに

    深い絶頂に達しました。


    そして  もう一度 私の好きなように

    腰を動かしていると また・・・・

    そのあと 彼は 私の上へ・・

    彼に

    「まだいかないの?」

    と 聞くと

    『そろそろいきそうだョ・・どこに出そうか・・』

    「口の中に出して・・」

    彼は ストロークを早めながら

    『イクょ・・』

    彼は 私から離れると 小さく開けていた私の口の中に

    射精。


    私は 口の中で溢れ出ている彼の精液を ためらうことなく

    ごっくん!と飲み干しました。


    そのあとも まだまだ出てくる精液を舌でペロペロ舐めながら

    幸せな気持ちに酔っていました。


    ホテルの鍵は彼が閉めた。

    kimamamh112400221


    スペック






    174cm 80kg



    昔、スポーツ(柔道)やってたので、太ってはいない



    フツメン嬢



    160cm



    Gカップ(サイトではそう書いてあったけど、お腹がHPの写真よりでてた)



    芸能人詳しくないからを若干可愛くした感じってことで 90分22000円です 今日、俺は仕事中にあんまりにもムラムラきてしまい、



    どうしても自分の手では収まりがつきそうになかった明日は休みだけど、社会人になって2年目で



    知らない土地に1人暮らしなので、暇も潰しづらい



    なので、人生で初めてデリヘルを呼ぶことにした 携帯で色んなデリヘルを見て、



    ホテル借りるお金ももったいないので、自宅呼べる前提で探した



    まず、目に付いたのはA店のマミさん(仮名)



    早速ドキドキしながら電話するが、あいにくマミさんは予約でいっぱいだった仕方なく、次点で気になっていた









    Gカップのデリヘル嬢の黒沢を呼ぶことにした



    予約も空いてなく、9時半には来れるというので、



    食事を済ました後に普段飲まないレッドブルを飲み、



    亜鉛のカプセルを2つも飲んだwwwww ロ○ハーを見ながら、約束の時間を越えて



    10分くらいして、ドアのノックを叩く音が聞こえた



    ドアを空けると、先述の通り、黒沢をちょっとかわいくした嬢が入ってきた黒沢「どうも~、はじめまして!!」



    俺「どうもはじめまして、俺と申します、よろしくお願いします」



    俺は自分が風俗初めてであることを正直に言って、部屋の中に入れた友達から借りたメタリカのCDを見て「こわ~い」って言われたり、



    飾ってたライダーのマスクコレクションに興味をもたれたりしたそして「じゃあシャワー浴びましょうね~」



    というと、部屋で服を脱ぎ始める嬢



    ・・・背中にタトゥー彫ってあった・・・ドラゴンみたいな・・・



    思わずアイシールド21の阿含を思い出した・・・



    そして、HPで見たグラマラスボディではなく、樽のような体系だった正直、ここで少し萎えたが「せっかく22000円も払ったんだし、



    物凄いクリーチャーではないのだから、楽しもう!!!」と思い、風呂に入った風呂では乳首をイジられたり、手コキされたり、フェラされたりした、



    プロの技は初めてだったので、ずっとビクンビクンしてたそして、ベッドの方に行くと、



    黒沢は俺に馬乗りになって、ローション手コキを始めた黒沢「気持ちいい?」



    俺「はい、気持ちいいです、黒沢さん・・・」



    そうすると、黒沢は俺の乳首を舐めてきて、



    俺はかなり感じて「あっあ・・・あああ・・・気持ちいい~~・・・」



    とか言ったり、「こ、こんなの始めてぇ・・・」とか



    同人誌みたいなセリフを吐きまくった 黒沢は魔性の笑みを浮かべて



    (部屋は間接照明だけだったので、肌がキレイに映り、かわいく見えた)



    じゃあこんなのも気持ちいい?っていいながら、



    ローションのついた指で蟻の巣渡り(っていうの?」



    とか、イジリ始めた俺はあんまりにも気持ちよくって、



    喘ぎ声をあげながら、何度も体をくねらせたそして黒沢がローション手コキを続けながら、



    耳とかなめてくるので、俺のMスイッチに火がついた俺「へ、変態って言ってください・・・」 黒沢は最初は「え?」みたいな表情を浮かべるも、



    その後すぐに微笑みながら、



    「変態って呼ばれると気持ちいいんだ~~~www」



    といいながら、手コキを強めた



    俺は「あぁ、僕は変態です!!もっと変態って言ってください!!」



    というと、黒沢は「変態!!変態!!へんた~~い!!」

    kimamamh112400218


    当時は18の高3、セックスどころかキスすらした事なかった。




    男友達から顔は結構良いとは言われるものの俗に言うアジア・中東系の濃い顔だったのがコンプレックスで、

    自分に彼女なんかできるはずないと自暴自棄になり、当時流行り初めていた出会い系に手を出してしまった。


    そこは無料な事もあってか、興味本位で隠れて使う学生が多かったので、とりあえず、

    同じ地区の一つ上の女の人にメル友になろうと誘ってみた。




    メールしてみると同じ高校の補習課(浪人生のための勉強施設)の人だとわかり、会ってみる事になった。


    写真部という普段活動のない部だった俺は平日の放課後だったが、比較的すぐにその人

    (一応同じ高校なので、会うまで個人名は伏せてた)に会うことができた。


    その人は俺も初めてみるというか、普通に生活してたら絶対に接点が無いと思うような軽く化粧をした綺麗な人だった。


    その時初めて自己紹介をした。


    その人は真奈美さんという人だった。


    まさかこんなに綺麗な人が来るとは思わなかったが、出会い系で知り合ったという

    少し罪悪感の残る前提条件のためか、俺はいつもの自分が嘘のように喋りまくった。


    補習課の前で話すのもなんなのでと、俺は写真部の部室に真奈美さんを連れて行って

    進路や友人関係、家族の事について話した。





    ビックリすることに、自分達二人が一歳差という事以外は、家族構成も年齢も完全に同じだった。


    そんな話をしてる内に恋愛の話になった。


    真奈美さんが「マコト(俺)君は彼女いないの?」と聞いて来たので

    俺は「いたらこんないかがわしい出会いしてませんよw」と答えた。


    すると真奈美さんは、やけにこの発言に食いつき、「いかがわしいって〜?マコトお前エロいぞ(笑)」みたいな事を聞いて来た。


    まさかそんなとられかたをするとは思わなかったが、このままエロい話題にもっていけば何か起こる!

    と童貞ながらにも直感した俺は

    「いやだってサイトで知り合った。

    二人が密室ですよ?危機感とか無いんですか?」と切替えした。


    すると真奈美さんは

    「マコトがここに連れて来たときからあたしは、いつ襲われても…良いと思ってたよ?」って言ったんですね。


    いきなりの発言に、完全に頭が混乱してたんで 、あまり記憶ないけど確か

    「じ…じゃあ…襲いますよ?」とかかなりテンパった発言をしてた気がするorz

    それを聞いて真奈美さんが大爆笑したんで、「あぁ、なんだ遊びかぁ…」といろいろ萎えてしまった。


    それで、その後お互いの恋バナなどで一応は盛り上がるものの、俺はなんだかお預けをくらったみたいで、いまいち盛り上がり切れなかった。


    でもなんだか気に入られたようで、週に一回程度の頻度で放課後話をする仲になり

    いつの間にか、俺は彼女の事が忘れられなくなっていった。


    それで文化祭最後の後夜祭、相手は浪人生なんだから、フられても当然だと自分に言い聞かせ、

    知り合って二か月程度だったが、玉砕覚悟で告白した。


    すると真奈美さんは下を向いて押し黙ってしまった。


    何分たったか分からなかった。

    ・・・ が、やっと口を開いて

    「あた。

    しもマコトの事が好き…だけどあたしもマコトも受験があるし、あたし補習課だし…だから今は付き合えない、来年まで待っててくれる?」

    との事だった。


    今は付き合えない事より、真奈美さんが俺の事好きだったという事が嬉しくて思わず抱き付いてた。


    真奈美さんも、少し力を込めて俺を抱き締めてくれた。


    俺が「キスしていい…ですか?」と聞くと、もう俺は真奈美さんに唇を奪われていた。


    あまりにあっけないファーストキスだった。


    が、むちゃくちゃ嬉しくて俺もキスを返していた。


    そこは、運動系の部活の部室が集まるとこだったので、後夜祭の最中はだれもいなかった。


    だから音がでても気にしなかった。


    そのうち二人とも興奮してきとディープキスまでいった。


    しかしあまりに刺激が強かったのか、普段オナニーしても出ない我慢汁が、ドクドクでてるのがわかるくらいギンギンに勃起してた。


    それで俺が「エッチはダメですか?」と聞くと、「エッチしたらきっとマコトもあたしも離れられなくなる…だから今はダメ」と言った。


    「でも初めて会った。

    日は…しても良かった。

    んでしょ」?と俺

    「あの時は正直ヤリモクの子だと思った。

    から…今はエッチなんかしたら無理だよ、つらくなるもん…」

    というその真奈美さんの言葉が俺には嬉しすぎて、抱きながら泣いた。


    合格発表が終わるまでは、恋人気分は捨てると決めた。


    俺と真奈美さんは、たまに一緒に勉強する以外はメールと電話だけの付き合いになった。


    前期試験で合格して、少しでも真奈美さんと会えるように勉強しまくった。

    kimamamh112400219


    中学3年のときの副担任(25歳)を男子生徒たちはいつもからかっていた。


    副担任もまじめな感じで、真剣に怒ってくるから余計におもしろがって、からかわれる。


    でも、みんなは否定していたが男子生徒たちはその副担任のことが好きだったと思う。


    かわいかったし、少しポッチャリだったけどいい体してたし・・・。


    「恋人いるの?」と質問するとマジで悩んでしまい、

    「そんなこと答えられるわけないでしょ」と、生徒たちの質問をマジに受け止める。


    「じゃあ、オナニーばっかりなんだ、先生」と言われて、図星とわかるほど動揺する、マジメタイプの副担任。


    進路が決まり、放課後副担任と教室で二人っきりになったとき「先生、合格したらやらせてよ。

    」といつものように冗談っぽく言ったら、困った顔をする。


    その困った顔をおもしろがっていたら「じゃあ、合格したらよ」と答えた。


    「約束だからね」と言い残して帰ったが、途中で副担任がOKした事実を半信半疑で考えていた。


    急に、副担任を女として感じている自分がいる。


    高校も合格し、学校に報告に行ったとき副担任はすごく喜んでくれた。


    「約束覚えているよね?」と耳元で言うと、「あんたは3月までは私の生徒なんだから、その後で・・・」と言う。


    4月に入ってすぐ副担任の部屋に呼ばれ、童貞を捧げた。


    副担任は処女だった。

    (本人談)高校時代の彼女はその副担任だった。

    kimamamh112400224


    4年前に付き合っていたKちゃんは弁護士を目指している女の子でした。


    大学4年時に何とはなしに受けた司法試験で、2次試験の択一に受かり、 本格的に司法の道を目指しだした、とのことでした。


    付き合いだした当時、俺が28で彼女は26、5度目の試験を終えた後でした。


    彼女は真面目で頑張り屋でしたが、ふとした時に「私、もしOLやってたら、今一番いい時期なのにな」と寂しそうな顔で呟いていたのを思い出します。


    それでも、「私、プチひきこもりだからw」と自嘲気味に笑いながら、きゃしゃな体で過酷な戦いに向け、必死に勉強していたKちゃんを、僕は心から応援し励まし、そして尊敬もしていました。


    試験が終わって10月の発表までの間の8〜9月が、僕たちが頻繁に会う時期でした。


    いくら司法試験の受験生といっても、普段勉強しかしていないので「この時期に遊ばなかったら、私発狂するよw」と、会えなかった時間を取り戻すように、時間の合う限り会って、そして愛し合いました。


    彼女は処女でした。


    初めてそういう行為になった時、「私、今時ほんと馬鹿かもしれないけど、結婚してからじゃないと・・・なんか駄目なの。

    今時ほんと古風過ぎて馬鹿かもしれないけど」 と言われました。


    彼女の気持ちは、彼女のおかれている環境を考えれば理解できたので、挿入はしませんでしたが、いつも彼女の股間に顔をうずめ、口と舌でしてあげてました。


    不思議と挿入欲は湧いてこず、クンニをしているだけでとても愛おしく感じられ、僕も先端が濡れる位いつも感じていました。


    発表が近づいたある日、僕らは横浜に旅行に行きました。


    映画を見たり、ショッピングをしたり、夜景を見ながら自分たちの将来に思いを馳せたり。


    ホテルでの夜、いつもと違った高揚した気持ちが火をつけ、僕はいつもよりさらにソフトに、ゆっくり、そして大胆に彼女を愛撫しました。


    よつんばいにさせお尻をつき出させ、「恥ずかしい」と言う彼女に「全部預けていいんだよ」と囁き、かなり長い時間愛撫しました。

    kimamamh112400220


    敦子は31歳のバツイチ女。

    去年離婚してうちの会社に契約社員で入ってきた。


    岡村孝子似でおっとりした感じのおとなしそうな可愛い女だと思った。

    同じ課で仕事の接点も多く

    話すことは多かったが別段付き合いがあるわけでは無かった。


     そんな彼女と飲みに行ったのは先輩が彼女を連れてきたからだった。

    てっ

    きり先輩(独身)の彼女なのかと思ったら、まったくの飲み仲間だとのことだった。


    それから時々のみに行くようになり年末飲み会のカラオケでみんなに見つからないよ

    うにキスをした。




     その時だった同じ課の男(27歳・既婚)と出来ていたのを彼女から聞い

    たのは。

    そして彼とはもう喧嘩続きで別れそうになっていること。

    そろそろ職場の人

    間にも知られかかっていること。

    など。

    ビックリしたがまあそれもいいんじゃない

    かと思い、その時は終わった。




     年が明けて二人で飲みに行くことになったとき、カラオケでキスをして勢

    いでホテルまで行ってしまったのだがその時は例の同じ課の男から携帯に電話が




    入り、涙を流しながら「帰らせて」と言われ、帰ることに。

    金も無かった俺

    は1月の寒空の下、始発が出るまでコンビニで過ごした。

    もう関わり合うの

    はごめんだと思いそれからは職場の良き仲間としてつかず離れず距離を置き

    ながら接していた。




     ある4月の終わり頃、暇そうにしている敦子からメールが来た。

    「飲み

    に行こうよ!」との返事。

    前回の件もあり、深入りするのはこりごりだったので身構えて飲

    みに行く。

    1軒目、9:00に終った。

    まだ時間があるのでカラオケに行く。


    11時に出れば終電に間に合う、そう思い時計を気にしながら歌を歌った。


    中から敦子がいつものパターンでキスをしてきた。

    俺も警戒しながらも理

    性と息子は暴発寸前。

    「今日はとまっちゃおうかなぁ」と敦子が言うので「逃

    げる娘に付き合えない」というと「今日は逃げない」との事。

    ならとまっち

    ゃえということで近くのシティーホテルに。

    高い出費は

    痛かったがそんな事は言っていられない。

    kimamamh112400223


    中学校卒業間際にクラスメイトの女子を騙してセックスした。


    彼女は処女だったので罪悪感はちょっとだけあったが、楽しさが上回った。


    当時のクラスにはオレが把握している限りでは2人非処女がいた。


    1人はオレの彼女で、あと1人はとんでもない不良娘で売りのウワサが絶えないヤツだった。


    オレ達はクラスの中で1番堅物だけど、1番カラダがいいと思われている優●が

    やるときはどんなだろう、と話し合っていて、ついついオレは「じゃあ、オレが実際に確かめてみるわ」

    と言ってしまったのだった。


    もう3月で卒業式まであと数日。

    丁度高校の合格発表の日にオレと優●は進学先の高校に発表を見に行った。


    一応地区のトップ校で、毎年東大が15名前後の有名校だ。


    優●はそんな高校にふさわしい絵に描いたような優等生だが、3年間でそのボディラインの素晴らしさは誰もが

    認めていた。

    バストはクラスメイトの女子によればEカップだし、腰も脚も細くて色白。

    顔は童顔系。


    お互いの合格を確認してから喫茶店に誘った。


    「みんな卒業の思い出とか言って、色々やってるね」

    「えっ?」

    「●●と★子がこの前やっちゃったし、▲▲と◆美もやったんだよね」




    「やったって・・・・?」

    「セ・ッ・ク・ス」

    「うそ〜」

    「ホントだよ」(実はウソ)

    「なんで・・・」

    「お互い好きだったりもあるけど、卒業の思い出つくりらしいよ。


    他のクラスでもどんどんやってるね」

    「え、知らない。

    みんな、そんなに・・・?」

    「中学卒業のときに大多数の女子が経験するのが常識だしね」(オレが決めた常識)

    「・・・」

    「ねぇ、オレ達で思い出作ろうよ」(卒業後も同じ高校に進むのに)

    「・・・」

    「興味あるでしょ?」

    「ないことはないけど・・・」

    「だったらさ、やっちゃおうよ」

    「考えてみる」

    これで彼女が友達に事実確認したらアウトだったけど、彼女は恥ずかしかったのか、

    そういうことはしなかった。

    kimamamh112400005


    当時片思いをしていた娘(M)から内線電話がかかってきて、

    「K君、今暇?うちらの部屋に来ない?」

    特にすることの無かった俺は同室のTを誘って、Mの部屋に行った。


    部屋では、Mの他、HとUの3人の♀がいて、ウイスキーを飲んでいた。


    「3人で飲んでたんだけど、やっぱり男の子と一緒の方が盛り上がるし…迷惑?」

    俺らが部屋にはいるとMは言って来た。


    「全然。

    俺らも呑みたいな〜って話をしていたところだからちょうどいいよ。


    俺らはその輪に加わり、飲み始めた。


    俺はMとHの間でHの向こうにT、その横にUでUとMが横になる感じで、輪になって座った。


    最初はとりとめのない話で盛り上がっていたが、そのうち、エロトークになっていった。


    Hは5人とやったということ、Uの胸はGカップだということ等を聞いたが、俺にとっては

    Mが処女だけど、3人の中で一番、オナニをたくさんしているという話を聞いたときが一番興奮し、

    思わずモッキしてしまった。


    みんなだんだん酔っぱらってきて、TとUはその場で眠ってしまった。


    俺はMと二人っきりになりたかったが、Hは酒に強く、寝る気配がなかった。





    仕方なく、3人で話しているとMがトイレに行った。


    するとHが「K君、実はね、MはK君のことが好きなんだってw

    それで、処女はK君に捧げるって決めてるんだよ。

    K君はどうなの?」

    俺は正直うれしかったが、当時童貞だったので、うまくできる自信がないことを

    Hにいうと、「じゃあ、あたしが二人のするのを指導してあげるよ!」

    と訳のわからないことを言い出した。


    そうこうしている内にMが戻ってきた。


    HはMに「K君OKだって!だけど…」とMに耳打ちをした。


    Mの顔は酒のせいもあるだろうが、さらに赤くなった。


    そして俺の方を見て、「初めてだけど、気持ちよくなりたいから、Hに指導されながらしよう!」

    と言った。


    俺はうれしいんだかなんだかわからない状態のまま、HとMと3人で、俺の部屋に行った。


    TとUはまだ寝ていた。


    俺の部屋につくと「まずはシャワーを浴びなきゃ」とHが言い、Mをバスルームに連れて行った。


    シャワーの水音に混じり、内容まではわからないが、二人が何か会話してるのが聞こえてきた。


    二人は裸にバスタオルを巻いた状態で出てきて、俺もシャワーを浴びるように言った。


    俺は言われるままバスルームに行こうとしたところ、Hが「K君!」

    と声をかけてきたので、振り向くと、Mのタオルを引きずりおろした。


    俺はMの全裸を見て一瞬固まったが、すぐに目をそらしてバスルームに入った。


    Mは訳わからないと言う感じで、胸とまんこを隠してHに何か言っていた。


    俺はシャワーを浴びながら、さっきのMの裸を思い出し、またこれからMと

    SEXできることに興奮してきた。


    俺も腰にバスタオルを巻いて出ると、Mは何も身につけずにベットに座っていた。


    Hの姿がなかったので、Mに「あれ、Hは?」と聞いたとたんにバスタオルを引きづりおろされた。


    Hはバスルームのドアの陰に隠れて俺の後ろにいたらしい。


    タオルを落とされると、俺のモッキをもろにMに見せつける形になった。


    Hは、「へ〜、K君のって意外に大きいんだね〜」

    後ろから覗き込んで言った。

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ