気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    kimamamh112400218


    当時は18の高3、セックスどころかキスすらした事なかった。




    男友達から顔は結構良いとは言われるものの俗に言うアジア・中東系の濃い顔だったのがコンプレックスで、

    自分に彼女なんかできるはずないと自暴自棄になり、当時流行り初めていた出会い系に手を出してしまった。


    そこは無料な事もあってか、興味本位で隠れて使う学生が多かったので、とりあえず、

    同じ地区の一つ上の女の人にメル友になろうと誘ってみた。




    メールしてみると同じ高校の補習課(浪人生のための勉強施設)の人だとわかり、会ってみる事になった。


    写真部という普段活動のない部だった俺は平日の放課後だったが、比較的すぐにその人

    (一応同じ高校なので、会うまで個人名は伏せてた)に会うことができた。


    その人は俺も初めてみるというか、普通に生活してたら絶対に接点が無いと思うような軽く化粧をした綺麗な人だった。


    その時初めて自己紹介をした。


    その人は真奈美さんという人だった。


    まさかこんなに綺麗な人が来るとは思わなかったが、出会い系で知り合ったという

    少し罪悪感の残る前提条件のためか、俺はいつもの自分が嘘のように喋りまくった。


    補習課の前で話すのもなんなのでと、俺は写真部の部室に真奈美さんを連れて行って

    進路や友人関係、家族の事について話した。





    ビックリすることに、自分達二人が一歳差という事以外は、家族構成も年齢も完全に同じだった。


    そんな話をしてる内に恋愛の話になった。


    真奈美さんが「マコト(俺)君は彼女いないの?」と聞いて来たので

    俺は「いたらこんないかがわしい出会いしてませんよw」と答えた。


    すると真奈美さんは、やけにこの発言に食いつき、「いかがわしいって〜?マコトお前エロいぞ(笑)」みたいな事を聞いて来た。


    まさかそんなとられかたをするとは思わなかったが、このままエロい話題にもっていけば何か起こる!

    と童貞ながらにも直感した俺は

    「いやだってサイトで知り合った。

    二人が密室ですよ?危機感とか無いんですか?」と切替えした。


    すると真奈美さんは

    「マコトがここに連れて来たときからあたしは、いつ襲われても…良いと思ってたよ?」って言ったんですね。


    いきなりの発言に、完全に頭が混乱してたんで 、あまり記憶ないけど確か

    「じ…じゃあ…襲いますよ?」とかかなりテンパった発言をしてた気がするorz

    それを聞いて真奈美さんが大爆笑したんで、「あぁ、なんだ遊びかぁ…」といろいろ萎えてしまった。


    それで、その後お互いの恋バナなどで一応は盛り上がるものの、俺はなんだかお預けをくらったみたいで、いまいち盛り上がり切れなかった。


    でもなんだか気に入られたようで、週に一回程度の頻度で放課後話をする仲になり

    いつの間にか、俺は彼女の事が忘れられなくなっていった。


    それで文化祭最後の後夜祭、相手は浪人生なんだから、フられても当然だと自分に言い聞かせ、

    知り合って二か月程度だったが、玉砕覚悟で告白した。


    すると真奈美さんは下を向いて押し黙ってしまった。


    何分たったか分からなかった。

    ・・・ が、やっと口を開いて

    「あた。

    しもマコトの事が好き…だけどあたしもマコトも受験があるし、あたし補習課だし…だから今は付き合えない、来年まで待っててくれる?」

    との事だった。


    今は付き合えない事より、真奈美さんが俺の事好きだったという事が嬉しくて思わず抱き付いてた。


    真奈美さんも、少し力を込めて俺を抱き締めてくれた。


    俺が「キスしていい…ですか?」と聞くと、もう俺は真奈美さんに唇を奪われていた。


    あまりにあっけないファーストキスだった。


    が、むちゃくちゃ嬉しくて俺もキスを返していた。


    そこは、運動系の部活の部室が集まるとこだったので、後夜祭の最中はだれもいなかった。


    だから音がでても気にしなかった。


    そのうち二人とも興奮してきとディープキスまでいった。


    しかしあまりに刺激が強かったのか、普段オナニーしても出ない我慢汁が、ドクドクでてるのがわかるくらいギンギンに勃起してた。


    それで俺が「エッチはダメですか?」と聞くと、「エッチしたらきっとマコトもあたしも離れられなくなる…だから今はダメ」と言った。


    「でも初めて会った。

    日は…しても良かった。

    んでしょ」?と俺

    「あの時は正直ヤリモクの子だと思った。

    から…今はエッチなんかしたら無理だよ、つらくなるもん…」

    というその真奈美さんの言葉が俺には嬉しすぎて、抱きながら泣いた。


    合格発表が終わるまでは、恋人気分は捨てると決めた。


    俺と真奈美さんは、たまに一緒に勉強する以外はメールと電話だけの付き合いになった。


    前期試験で合格して、少しでも真奈美さんと会えるように勉強しまくった。

    kimamamh112400219


    中学3年のときの副担任(25歳)を男子生徒たちはいつもからかっていた。


    副担任もまじめな感じで、真剣に怒ってくるから余計におもしろがって、からかわれる。


    でも、みんなは否定していたが男子生徒たちはその副担任のことが好きだったと思う。


    かわいかったし、少しポッチャリだったけどいい体してたし・・・。


    「恋人いるの?」と質問するとマジで悩んでしまい、

    「そんなこと答えられるわけないでしょ」と、生徒たちの質問をマジに受け止める。


    「じゃあ、オナニーばっかりなんだ、先生」と言われて、図星とわかるほど動揺する、マジメタイプの副担任。


    進路が決まり、放課後副担任と教室で二人っきりになったとき「先生、合格したらやらせてよ。

    」といつものように冗談っぽく言ったら、困った顔をする。


    その困った顔をおもしろがっていたら「じゃあ、合格したらよ」と答えた。


    「約束だからね」と言い残して帰ったが、途中で副担任がOKした事実を半信半疑で考えていた。


    急に、副担任を女として感じている自分がいる。


    高校も合格し、学校に報告に行ったとき副担任はすごく喜んでくれた。


    「約束覚えているよね?」と耳元で言うと、「あんたは3月までは私の生徒なんだから、その後で・・・」と言う。


    4月に入ってすぐ副担任の部屋に呼ばれ、童貞を捧げた。


    副担任は処女だった。

    (本人談)高校時代の彼女はその副担任だった。

    kimamamh112400224


    4年前に付き合っていたKちゃんは弁護士を目指している女の子でした。


    大学4年時に何とはなしに受けた司法試験で、2次試験の択一に受かり、 本格的に司法の道を目指しだした、とのことでした。


    付き合いだした当時、俺が28で彼女は26、5度目の試験を終えた後でした。


    彼女は真面目で頑張り屋でしたが、ふとした時に「私、もしOLやってたら、今一番いい時期なのにな」と寂しそうな顔で呟いていたのを思い出します。


    それでも、「私、プチひきこもりだからw」と自嘲気味に笑いながら、きゃしゃな体で過酷な戦いに向け、必死に勉強していたKちゃんを、僕は心から応援し励まし、そして尊敬もしていました。


    試験が終わって10月の発表までの間の8〜9月が、僕たちが頻繁に会う時期でした。


    いくら司法試験の受験生といっても、普段勉強しかしていないので「この時期に遊ばなかったら、私発狂するよw」と、会えなかった時間を取り戻すように、時間の合う限り会って、そして愛し合いました。


    彼女は処女でした。


    初めてそういう行為になった時、「私、今時ほんと馬鹿かもしれないけど、結婚してからじゃないと・・・なんか駄目なの。

    今時ほんと古風過ぎて馬鹿かもしれないけど」 と言われました。


    彼女の気持ちは、彼女のおかれている環境を考えれば理解できたので、挿入はしませんでしたが、いつも彼女の股間に顔をうずめ、口と舌でしてあげてました。


    不思議と挿入欲は湧いてこず、クンニをしているだけでとても愛おしく感じられ、僕も先端が濡れる位いつも感じていました。


    発表が近づいたある日、僕らは横浜に旅行に行きました。


    映画を見たり、ショッピングをしたり、夜景を見ながら自分たちの将来に思いを馳せたり。


    ホテルでの夜、いつもと違った高揚した気持ちが火をつけ、僕はいつもよりさらにソフトに、ゆっくり、そして大胆に彼女を愛撫しました。


    よつんばいにさせお尻をつき出させ、「恥ずかしい」と言う彼女に「全部預けていいんだよ」と囁き、かなり長い時間愛撫しました。

    kimamamh112400220


    敦子は31歳のバツイチ女。

    去年離婚してうちの会社に契約社員で入ってきた。


    岡村孝子似でおっとりした感じのおとなしそうな可愛い女だと思った。

    同じ課で仕事の接点も多く

    話すことは多かったが別段付き合いがあるわけでは無かった。


     そんな彼女と飲みに行ったのは先輩が彼女を連れてきたからだった。

    てっ

    きり先輩(独身)の彼女なのかと思ったら、まったくの飲み仲間だとのことだった。


    それから時々のみに行くようになり年末飲み会のカラオケでみんなに見つからないよ

    うにキスをした。




     その時だった同じ課の男(27歳・既婚)と出来ていたのを彼女から聞い

    たのは。

    そして彼とはもう喧嘩続きで別れそうになっていること。

    そろそろ職場の人

    間にも知られかかっていること。

    など。

    ビックリしたがまあそれもいいんじゃない

    かと思い、その時は終わった。




     年が明けて二人で飲みに行くことになったとき、カラオケでキスをして勢

    いでホテルまで行ってしまったのだがその時は例の同じ課の男から携帯に電話が




    入り、涙を流しながら「帰らせて」と言われ、帰ることに。

    金も無かった俺

    は1月の寒空の下、始発が出るまでコンビニで過ごした。

    もう関わり合うの

    はごめんだと思いそれからは職場の良き仲間としてつかず離れず距離を置き

    ながら接していた。




     ある4月の終わり頃、暇そうにしている敦子からメールが来た。

    「飲み

    に行こうよ!」との返事。

    前回の件もあり、深入りするのはこりごりだったので身構えて飲

    みに行く。

    1軒目、9:00に終った。

    まだ時間があるのでカラオケに行く。


    11時に出れば終電に間に合う、そう思い時計を気にしながら歌を歌った。


    中から敦子がいつものパターンでキスをしてきた。

    俺も警戒しながらも理

    性と息子は暴発寸前。

    「今日はとまっちゃおうかなぁ」と敦子が言うので「逃

    げる娘に付き合えない」というと「今日は逃げない」との事。

    ならとまっち

    ゃえということで近くのシティーホテルに。

    高い出費は

    痛かったがそんな事は言っていられない。

    kimamamh112400223


    中学校卒業間際にクラスメイトの女子を騙してセックスした。


    彼女は処女だったので罪悪感はちょっとだけあったが、楽しさが上回った。


    当時のクラスにはオレが把握している限りでは2人非処女がいた。


    1人はオレの彼女で、あと1人はとんでもない不良娘で売りのウワサが絶えないヤツだった。


    オレ達はクラスの中で1番堅物だけど、1番カラダがいいと思われている優●が

    やるときはどんなだろう、と話し合っていて、ついついオレは「じゃあ、オレが実際に確かめてみるわ」

    と言ってしまったのだった。


    もう3月で卒業式まであと数日。

    丁度高校の合格発表の日にオレと優●は進学先の高校に発表を見に行った。


    一応地区のトップ校で、毎年東大が15名前後の有名校だ。


    優●はそんな高校にふさわしい絵に描いたような優等生だが、3年間でそのボディラインの素晴らしさは誰もが

    認めていた。

    バストはクラスメイトの女子によればEカップだし、腰も脚も細くて色白。

    顔は童顔系。


    お互いの合格を確認してから喫茶店に誘った。


    「みんな卒業の思い出とか言って、色々やってるね」

    「えっ?」

    「●●と★子がこの前やっちゃったし、▲▲と◆美もやったんだよね」




    「やったって・・・・?」

    「セ・ッ・ク・ス」

    「うそ〜」

    「ホントだよ」(実はウソ)

    「なんで・・・」

    「お互い好きだったりもあるけど、卒業の思い出つくりらしいよ。


    他のクラスでもどんどんやってるね」

    「え、知らない。

    みんな、そんなに・・・?」

    「中学卒業のときに大多数の女子が経験するのが常識だしね」(オレが決めた常識)

    「・・・」

    「ねぇ、オレ達で思い出作ろうよ」(卒業後も同じ高校に進むのに)

    「・・・」

    「興味あるでしょ?」

    「ないことはないけど・・・」

    「だったらさ、やっちゃおうよ」

    「考えてみる」

    これで彼女が友達に事実確認したらアウトだったけど、彼女は恥ずかしかったのか、

    そういうことはしなかった。

    kimamamh112400005


    当時片思いをしていた娘(M)から内線電話がかかってきて、

    「K君、今暇?うちらの部屋に来ない?」

    特にすることの無かった俺は同室のTを誘って、Mの部屋に行った。


    部屋では、Mの他、HとUの3人の♀がいて、ウイスキーを飲んでいた。


    「3人で飲んでたんだけど、やっぱり男の子と一緒の方が盛り上がるし…迷惑?」

    俺らが部屋にはいるとMは言って来た。


    「全然。

    俺らも呑みたいな〜って話をしていたところだからちょうどいいよ。


    俺らはその輪に加わり、飲み始めた。


    俺はMとHの間でHの向こうにT、その横にUでUとMが横になる感じで、輪になって座った。


    最初はとりとめのない話で盛り上がっていたが、そのうち、エロトークになっていった。


    Hは5人とやったということ、Uの胸はGカップだということ等を聞いたが、俺にとっては

    Mが処女だけど、3人の中で一番、オナニをたくさんしているという話を聞いたときが一番興奮し、

    思わずモッキしてしまった。


    みんなだんだん酔っぱらってきて、TとUはその場で眠ってしまった。


    俺はMと二人っきりになりたかったが、Hは酒に強く、寝る気配がなかった。





    仕方なく、3人で話しているとMがトイレに行った。


    するとHが「K君、実はね、MはK君のことが好きなんだってw

    それで、処女はK君に捧げるって決めてるんだよ。

    K君はどうなの?」

    俺は正直うれしかったが、当時童貞だったので、うまくできる自信がないことを

    Hにいうと、「じゃあ、あたしが二人のするのを指導してあげるよ!」

    と訳のわからないことを言い出した。


    そうこうしている内にMが戻ってきた。


    HはMに「K君OKだって!だけど…」とMに耳打ちをした。


    Mの顔は酒のせいもあるだろうが、さらに赤くなった。


    そして俺の方を見て、「初めてだけど、気持ちよくなりたいから、Hに指導されながらしよう!」

    と言った。


    俺はうれしいんだかなんだかわからない状態のまま、HとMと3人で、俺の部屋に行った。


    TとUはまだ寝ていた。


    俺の部屋につくと「まずはシャワーを浴びなきゃ」とHが言い、Mをバスルームに連れて行った。


    シャワーの水音に混じり、内容まではわからないが、二人が何か会話してるのが聞こえてきた。


    二人は裸にバスタオルを巻いた状態で出てきて、俺もシャワーを浴びるように言った。


    俺は言われるままバスルームに行こうとしたところ、Hが「K君!」

    と声をかけてきたので、振り向くと、Mのタオルを引きずりおろした。


    俺はMの全裸を見て一瞬固まったが、すぐに目をそらしてバスルームに入った。


    Mは訳わからないと言う感じで、胸とまんこを隠してHに何か言っていた。


    俺はシャワーを浴びながら、さっきのMの裸を思い出し、またこれからMと

    SEXできることに興奮してきた。


    俺も腰にバスタオルを巻いて出ると、Mは何も身につけずにベットに座っていた。


    Hの姿がなかったので、Mに「あれ、Hは?」と聞いたとたんにバスタオルを引きづりおろされた。


    Hはバスルームのドアの陰に隠れて俺の後ろにいたらしい。


    タオルを落とされると、俺のモッキをもろにMに見せつける形になった。


    Hは、「へ〜、K君のって意外に大きいんだね〜」

    後ろから覗き込んで言った。

    kimamamh112400007


    僕が社宅に住んでいた時の事です。


    親父の仕事の関係で社宅に住んでいました、

    まあ、良い環境では無かったです、壁が薄いため隣の夜の営みが見えてる画てら聞こえてきますし、

    夜、外に出たらスケスケのネグリジェー1枚で涼んでいるおかあさんやで当時の僕の目には栄養源がいっぱいでした、

    そんな僕の童貞はあこがれていた友達のおかあさんでした、一回だけの約束だったので逢ってはいません。




    母親の友達がこの社宅いたので頻繁に出入りしてた「礼子さん」に逆レイプされたのを告白します。


    最初は辺見真理さん似の礼子さんと卓球やキャッチボールしたりするのが楽しかったです



    、当時僕は15歳、特別不良でもなく優等生でもなく普通の中坊でした、

    母がパートしていて夕方6時から夜10時までの食堂の手伝いをしていました、

    僕の家は鍵をほとんど掛けません、まあ社宅で鍵を掛ける家はほとんど無かったですが

    、母がパートに出てから暫らくして、

    急に礼子さんがやって来て「まこちゃん、ちょっと家に来て!!」と呼び出されました






    、行くと大きな蜂が台所にいました「怖くて怖くて・・・」僕が新聞紙を丸めて叩き潰しました



    「あ〜良かった」と抱きついてきました。




    久しぶりの大人の香りがしました、礼子さんが家に来るようになってオナペットは礼子さんでしたので嬉しかったです



    、礼子さんには子供がいて生後3ヶ月位の女の子です、

    新聞紙の叩く音でビックリして泣き出しました

    「ビックリしたね〜よしよし、おなかすいてたのかな〜おっぱいあげようね」

    と言っておっぱいを出して飲ませ始めました

    、僕は礼子さんの綺麗なおっぱいや乳首を始めて見ました、

    帰ってオナニーしようかなっと出ようとしたら

    「ちょっと待ってよ、もう直ぐ飲み終えるから」と居間を見たら食事してたんだ、

    ビール飲むんだと思いながら、座って待つことにしました

    「まこちゃん、ごめんね、おばさんとゴハン食べない?」

    「はい」とちゃぶ台に前に行き座りました、

    母が礼子さんは前、札幌でホステスしていたんだってと聞いたことを思い出しました

    「まこちゃんビール飲んだこと有る?」

    「あるけど苦くてあまり好きじゃないです」

    「じゃ飲みやすくしてあげようか、

    あっ未成年にお酒勧めちゃまずいかな・・まッ良いか」と言って

    台所に行く姿を見てペニスが立ってしまいました、



    だってピチピチしたホットパンツにTシャツ一枚しかもノーブラで、

    しかも、台所の下の奥に在る物を出そうとしてこっちにお尻を差し出しているのですからエロイですよ、

    梅酒を持ってきて「梅酒をビールで割るとおいしいよ、作ってあげるから飲んでごらん

    」とそれを作ってくれました、ビールの苦さが減り梅酒の甘さがあって一気に飲んでしまいました

    「強いのね〜」また作ってくれました、

    「ゆっくり飲まないと酔っちゃうよ」しょっと酔ったみたいなので、

    ゆっくり飲みました「まこちゃん、彼女いるの♪」「いませんよ!」

    「じゃ〜まだ女知らないんだ、童貞ちゃんなんだ♪

    」僕はカラカワレタのでちょっと頭に来て「童貞じゃないですよ!!」

    礼子さんはちょっと驚いた様子で「じゃ誰としたの、もしかして、おかあさん?」

    「そんな馬鹿な!!」「じゃ誰よ!」と強い口調で聞いてきました、

    礼子さんはすでにビール3本目にはいりました

    kimamamh112400008


    Y子と知り合ったのは、雑誌に載っていたメル友募集サイトがきっかけだった。


    そこはいわゆる「出会い系」ではなく健全な所だったし、自分も多忙な仕事の息抜き程度のつもりだったので

    あまり会う事までは考えておらず、趣味のバイクと温泉の話ができればいいな…程度の気持ちで登録したら、

    その翌日位に一番初めにメールをくれたのがY子だった。


    その時俺は28歳、Y子は大学4回生だったので21or22歳だったかな?

    趣味が同じだった事もあって結構すぐに仲良くなり、2ヶ月位で一緒にツーリングする仲になった。




    初めて会ったY子はメールの印象通りボーイッシュな感じ。

    美人では無いが割と可愛い。


    肩に少しかかる位のショートヘア、身長は150cm代後半(160cm弱)位はあるが、体型はかなり細い。


    その小柄な身体で某1200ccネイキッドをそこそこ上手に乗りこなしていた。




    その後も2回程一緒に走って、メールのやり取りを重ねているうちに九州の温泉の話になった。





    俺はそれまで職場がちょっと忙しく、休日出勤の代休や年次有給が溜まりまくっていた為、

    9月に日・祝日をからめて8日間の連休をもらえる事になっていて、その時に九州に行くつもりだった。


    そこで半分以上冗談のつもりで「Y子ちゃん、一緒に行かない(笑)?」と聞いてみたところ、

    何とOKの返事が出てしまった。


    向こうは学生なので、往復のフェリー代は俺が持ってあげる事になったけど。




    さすがに二人で泊りがけのツーリングともなれば、ナニかを期待するなという方が無理(w

    しかしそれまでに会った時には、本当に「ただの普通のツーリング友達」って雰囲気だったし、

    向こうもサバサバしてるから、そっち方面はあんまり考えて無いようにも思える。


    まぁ一応初日だけは別々の部屋で宿を予約しておいて、その後は成り行きまかせって事に…。




    そんなこんなで出発当日。

    仕事を早めに切り上げて、雨の降る中、とあるSAで待ち合わせ。


    あいにくの雨はフェリーに乗ってからも激しく降り続き、Y子が少し憂鬱な顔をしていたので、

    ちょっとネタを振ってみた。


    「俺の念力でこの雨止ませてみせるから、もし九州に上陸した時に雨が止んでたら、

     一つ目の温泉(※貸切の露天風呂)にバスタオルだけで入ってきてくれる?」

    駄目だったら昼飯に美味しい地鶏おごるから、と言うと、その賭けに乗ってきた。


    でも、この時点で外は大雨。

    俺自身もほとんど期待はしていなかったのだが…。




    翌朝、別府港到着1時間前。

    …雨止んでる。

    それどころか薄日も差してる。




    エ  ロ  の  ネ申  が  舞  い  降  り  た  の  か  ?  (w



    湯布院の街並やミルクロードの爽快な風景の中を走りながらも、頭の半分位はその後の温泉が占めていた(w

    昼過ぎ位に目的地の某温泉へ到着。

    20分程先客があがってくるのを待つ間、Y子が恥ずかしそうな顔をしている。


    その顔を見て「…あのさ、昨夜の賭けは半分冗談だったから…水着でもいいよー」とか言ってしまう莫迦な俺。


    頭の中でもう一人の俺が『おまえ何言ってんだゴルァ!』と暴れていたが、結果的にはこの一言が好印象を与えたのか、

    順番が回ってきた後、Y子はちゃんとバスタオル姿で入ってきた。


    入る時とあがる時の「あっち向いてて#12316;」というお願いは聞いたが、こっちは正直、一緒に入ってる間中、

    白い手足や濡れたタオル越しの体のラインにボッキしっぱなし…バレてただろうなぁ(w



    その後風呂から出て服を着る時、壁一枚向こうにいるY子に「しまった、先に来て壁に穴空けとけばよかった#12316;」

    等と莫迦話しながら冗談で壁をさぐる…と。

    …げげっ、マジで穴開いてる。


    …はい、誘惑には勝てませんでした。

    割と貧乳&下の毛は濃いめ。

    その晩のオカズに最適でした(w



    翌日は朝から阿蘇の有名な某混浴温泉に。

    昨日で吹っ切れたのか、Y子は今日もバスタオルのみ。


    周りのおばちゃん方に「湯舟の底に溜まった泥を塗ると、お肌がツルツルになるよ#12316;」と言われたので、

    早速顔や腕に塗るY子…が、片手でしっかりバスタオルの端を押さえていたので、上手く塗れないらしい。


    そこで「仕方ないな#12316;」とか言いつつ、うなじから背中や肩から鎖骨のあたりに俺が塗ってあげる事に。


    …柔らかい感触に、またもや反応してしまいそうに…昨日と違って今日は周りの眼があるのでヤバい(w



    その後ループ橋やえびの高原の温泉等に寄ってから、今夜の宿泊予定地の宮崎市内へ。


    夕方から降り出した雨の中を走り続けたので、PM7時頃に宮崎駅に到着した頃には二人ともヘトヘト。


    駅から電話帳で探したビジネスホテルへTELした時に、横のY子に聞こえるようにツインの部屋を予約した。


    …Y子は何も言わない。

    これで期待は最高潮へ。




    部屋に荷物を置いて、近くのファミレスで夕食を取った後、コンビニでお酒を仕入れて戻ってくる。


    別々にシャワーで汗を流した後、飲みながら話しているうち、疲れが出たのかY子がうつらうつらし始めた。


    (…おいこら、寝るなよ!これからが大事なんだろうが!)という心の声とは裏腹に

    「大丈夫?今日は疲れちゃったし、少し横になっておく?」と声をかける。


    Y子はただ眠いのかそれともお酒に酔っているのか、椅子に座ったままフニャフニャになっているので、

    仕方なくお姫さま抱っこでベッドに運ぶと、俺の首に腕を回して軽く抱きつくような格好になった。


    (…これは、その…多分、いいって事だよな。

    うん。


    こっちはもうすっかりその気でベッドにY子を横たえる…途端に聞こえる、Y子の寝息…寝やがった…_| ̄|○。




    (本当に文章まとめるの下手だなぁ…ここまで長過ぎ。

    スマソ)



    …と思ってたが、1時間程でY子も眼を覚ます。

    その後同じベッドに座ってTVを見ている時に、

    「Y子ちゃんって、ここくすぐったい?」とか言いながら、脇腹や脚やらを触りまくるが、嫌な顔はしない。


    そして見ていた番組も終わり、日付けも変わった頃。

    「それじゃおやすみ#12316;」とY子がそのまま横たわる。




    …あ、もう駄目。

    kimamamh112400009



    大学時代、サークルのやつらと先輩の部屋で飲んでた時の話だ。



    メンバーは女が3人と、俺含めて男が2人だった。


    部屋の主の美人な先輩、おとなしい系の女、巨乳の後輩、

    俺の結構仲のいい友達、それに俺。


    みんな相当飲んでて、寒い季節だったから全員コタツに入って結構密着してた。


    で、俺の隣にいたのが巨乳の後輩、夏美。


    こいつが小柄な割に尻とか結構いやらしい感じに肉がついてて、

    色白でなかなか可愛いんだ。

    胸はEカップとか言ってたかな。


    みんなでビデオ見たりしながら普通に喋って飲んでたけど、

    たまに夏美と脚が触れ合ったり谷間が見えたりして、正直俺はちょっと興奮していた。







    飲んでる内に話題はなんとなくエロい方向に向かっていった。


    経験豊富らしい先輩と俺ら男二人が主導権を握ってて、

    清楚系の由佳子と後輩の夏美に話を振って恥ずかしがるのを楽しんだり。


    胸のサイズの話とかしてる内はまだ良かったんだけど、

    オナニー話とか初体験話とかになってくると女の子二人はもう顔真っ赤。


    もう酔ってきてテンションもバカになってるから、

    女の子が恥ずかしそうにしてるのが楽しくてしょうがない。


    由佳子はおとなしそうな顔してやることはやってるらしいけど、

    夏美はどうも本当に経験がないらしかった。


    彼氏はいたしそれなりにエロいことはしたけど、本番までには至らなかったとか。





    「マジで!こんなに可愛いのに〜!」

    とか言いながら俺がノリで抱きついてみたら、夏美も大分酔ってたのか、

    「そうなんですよ〜残念ながら…w」

    とか言ってぎゅ…って抱きついてきた。


    俺の胸に、夏美の柔らかい胸がふにって当たる。

    流石Eカップ、でかい。


    俺の首のとこに顔うずめてきて、白いうなじが見える。

    なんかいい匂いがした。


    …やばい。


    そこでもうなんか完全にスイッチ入ってしまった。


    その場は普通に笑ってはなれたけど、俺はもう完璧エロモード。


    しばらく悶々としながらまたエロ話してたけどすぐに我慢できなくなって、

    コタツで見えないのをいいことに、夏美のふとももをゆっくり触ってみた。


    残念ながらスカートじゃなかったから生では触れなかったけど、

    ぴったりしたジーンズだったからそれはそれでまた良し。





    ふとももの上で手をすーって滑らすと、夏美は微かに身体をびくっとさせた。


    俺の手の上に小さな手を重ねてくる。


    あ、やばいか…?と思ったけど、でも全然制止する感じじゃない。


    俺は勢いづいて、好き勝手にセクハラしはじめた。


    ふとももを指一本でつーってしたり、

    ゆっくり微妙な動きでさわさわしてみたり、

    膝のあたりを指でくすぐるみたいにしてみたり、

    クッションで隠しながら尻の方まで触ってみたり。


    夏美は表面上普通にエロトークし続けてたけど、明らかに感じてたと思う。


    俺が夏美の感じるところを触ると、

    俺の手の上に重ねた夏美の手が一瞬だけぴくって力が入る。


    酒のせいもあるだろうけど目元赤くして、

    たまにクッションの位置直すフリとかして腰をもじもじさせるのがすげーエロいんだ。





    俺はそのままアソコもいじってやろうと思ったけど、流石にそこはガードが堅い。


    触ろうとすると脚をぎゅっと閉じてしまうし、手で俺の手を払いのけようとしてくる。


    ちょっとの間コタツの中で攻防があって、

    俺は夏美の脚の間にうまく中指一本だけをするりと差し込むのに成功した。


    よし!と思ってすかさず人指し指も入れ、

    指二本でジーンズ越しにアソコをいじってやる。


    夏美はびくっとして真っ赤な顔で俺を見てきたけど、

    俺はにやっと笑って指の動きを更に激しくする。


    なんかジーンズの縫い目の固いところが、ちょうどクリトリスにあたってたらしい。


    夏美の腰が、かすかに、本当にかすかにだけどいやらしくくねった。


    さっきまではなんとか平静を保って喋ってた夏美が、

    色っぽく眉を寄せたなんともエロい表情になっていって、

    それと同時に夏美の手と脚もだんだん力が抜けていく。





    急に静かになってうつむいた夏美に、先輩が心配そうに声をかけた。


    「あれ、夏美大丈夫?飲み過ぎた?」

    「あ…大丈夫です、ちょっと酔っちゃったみたいで…」

    その頃にはもう友達は潰れてたし、

    なんかそれがきっかけでみんな寝るモードになった。


    由佳子と先輩の二人は先輩のベッドで寝る。


    残った俺たちはコタツで適当に雑魚寝だ。


    「夏美に変なことしちゃ駄目だからねw」

    先輩がベッドに入りながら冗談っぽく言った。


    「しませんよw」

    ごめん先輩、俺既に変なことしまくってます。


    「じゃ、おやすみー」

    「おやすみなさいー」

    由佳子が部屋の電気を消した。


    夏美はオレの隣で、下半身はコタツの中、上半身には先輩が貸してくれた毛布をかけて、

    俺に背中を向けて横になっている。




    俺はもう本気で収まりがつかなくなっていた。


    そろそろとコタツの中に手を伸ばして、夏美の尻を撫でる。


    途端、夏美の身体がびくっと大きく反応した。

    夏美も大分興奮してたんだと思う。


    身体をずりずりと移動させて夏美の毛布に一緒に入り、

    俺の身体を夏美の背中に密着させる。


    尻を撫でていた手を動かして、今度は胸を触る。


    表情は見えないが、夏美の動悸が伝わってきた。


    たまらなくなって、俺は既に勃っていたチンコを夏美の尻にぐいっと押しつけた。


    勢いで夏美の服をたくし上げて、ブラジャーも上にずらしてしまう。


    俺は夏美の生乳を下からゆっくり揉みあげた。


    肌がなめらかで、手に余るぐらいの量感があって柔らかくて、めちゃくちゃ気持ちいい。





    もうすっかり堅くなってる夏美の乳首を指でなぞったり、

    指で挟んだまま胸揉んだりする。


    どうも夏美は乳首が相当性感帯らしくって、

    くりくりいじる度に反応して身体を震わせるのがものすごく可愛かった。


    夏美の尻に押しつけたチンコを擦り付けるように腰を動かしても、嫌がる気配はない。


    しばらく腰を動かしながら乳首を中心に胸をいじりまわしてると、

    その内夏美が子供がいやいやをするみたいに首を振りだして、

    やめてと言わんばかりに俺の手をぎゅっと掴んできた。


    ここでやめる訳にもいかず、俺は両手で夏美の細い身体を抱き締め、

    両方の乳首を指で優しく揉むようにいじりまわし、擦り付ける腰の動きを激しくする。


    「…ん…っ」

    夏美は堪えきれなくなったのか、小さく喘ぎ声をあげた。





    先輩とかにバレると流石にやばいので、俺は上体を起こしてみんなの様子を観察する。


    先輩と由佳子の方からは、規則正しい寝息がふたつ聞こえてきた。


    友達はもう問題外だ。

    さっきから完全に撃沈している。


    「みんな眠ってる…」

    俺は夏美の耳元で囁いた。


    「え…?」

    夏美は少し安心したのかそろそろと身体を反転させ、

    やっと俺と向かい合わせの状態になった。


    俺は毛布の中で夏美を抱き締め、キスをした。


    背中や尻を撫でながら軽いキスを何度か繰り返し、やがて舌を絡めたディープキスに。


    夏美の太股の間を膝で割って、膝をぐいっとアソコに押しつけるみたいにしてみる。


    「っ、はぁ…」

    喘ぎ声とまではいかなくても、夏美は何度も熱っぽい溜息を漏らしていた。





    耳、首筋、喉元あたりとキスをしていって、乳首を口に含んで舌先で転がす。


    夏美は声を出さないように必死で堪えているみたいだった。


    もうその我慢してる顔がヤバいくらいエロい。


    乳首を舐めながらも、俺の手は夏美のジーンズのホックを外す。


    ホックは簡単に外れた。

    ジッパーも下げてしまう。

    抵抗は全くされなかった。


    俺は夏美のパンツの中に手を滑り込ませた。


    「ん…っ!」

    濡れてる。

    つーかもうぐしょぐしょだった。


    クリトリスを指で転がすと、夏美はたまらなさそうに喉を仰け反らせた。


    「…ん…ぁ…っ!」

    こんな色っぽい声出せるやつだったんだ、とか、俺はちょっと感心というか驚いた。


    引き続き乳首を軽く吸ったりしつつ、クリトリスを柔らかく刺激する。


    「や…ぁん…っ」


    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    【エロ話】ものすごい美人の中国人にフェラで抜いてもらった
    ものすごい美人の中国人にフェラで抜いてもらった
    【H話】長期出張の間に大学生の彼女のハメ撮り写真が送られてきた
    長期出張の間に大学生の彼女のハメ撮り写真が送られてきた
    【エロ話】高校2年の頃から付き合っていた彼女が寝取られて捨てられていた…
    高校2年の頃から付き合っていた彼女が寝取られて捨てられていた…
    【エロ話】バリでナンパしてきたアメリカ人の巨根に突かれて…
    バリでナンパしてきたアメリカ人の巨根に突かれて…
    【エロ話】昔、高級ソープで不思議な体験をしたんだが聞いてくれ…
    昔、高級ソープで不思議な体験をしたんだが聞いてくれ…
    【エロ話】1962年にイギリスで報告されたレイプする幽霊の話がエロい
    1962年にイギリスで報告されたレイプする幽霊の話がエロい
    【エロ話】高1の頃にオヤジが再婚した相手がブラジル人で…母とのエロい生活が始まった
    高1の頃にオヤジが再婚した相手がブラジル人で…母とのエロい生活が始まった
    【エロ話】中学2年生のお正月に可愛いと思っていた従姉妹の同級生とエッチした
    中学2年生のお正月に可愛いと思っていた従姉妹の同級生とエッチした